鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

「Google Playがまたやらかした!」・・・アップル好きITライターの柳谷智宣氏の記事に対し突っ込み、そして説明を要求する

Google Playがまたやらかした! 人気アプリに偽装したマルウェアが審査通過、DL時には十分注意を ~ 日刊サイゾー
またもやAndroidスマホの問題が勃発。Android向けアプリをダウンロードできる「Google Play」にマルウェアが混入したのだ。今回はブラックジャックのゲームアプリに偽装し、ダウンロードした人の端末から金融データやメッセージといった個人情報を抜いて、外部に送信するもの。ダウンロードしたのは5,000人程度のようだが、別にこれは珍しいことではない。現在このアプリは、Google Playから削除されている。

(゚Д゚)ハァ?

「Google Playがまたやらかした!」
ナニコレ?
やらかしたって・・・、GooglePlayって基本は審査無しでしょう。

これを書いたのは柳谷智宣氏という、バリバリのアップルファンの方のようです。
こんなこと書いていますけど一応肩書は「ITライター」となっています。

Appleアンチの声に惑わされるな!  iPhone 6は現状最高峰のスマホであることは間違いなし ~ 日刊サイゾー
9月19日に発売された、iPhone 6/6 Plus。売れ行きは過去最高で、最初の3日間で1,000万台を突破。すでに多数のユーザーが手にしていることだろう。筆者も6と6 Plusの両方を使っているが、どちらも不満なく活用できている。
しかし、Appleアンチも一定数存在し、iPhoneが売れれば売れるほど、難癖をつけたがる。一番多かったのは「iPhone 6 Plusが曲がる・折れる」というものだ。実際に何人ものユーザーが折れ曲がった写真や動画を投稿しており、海外ではAppleストアの店頭にあるiPhone 6 Plusを折り曲げるという、悪質ないたずらも発生している。

末端であれ一応メディア上での記事で有りながら、一般のブログクラスの記事を書いています。
まあいいですよ、それは。


GooglePlayというのは特に審査は有りません。
ですが、冒頭の記事ではGoogleの審査がマルウエアを通したと思わせるようなタイトルを付けています。

いや、まったくノーチェックではないのでしょうけど。
基本的にはGoogleのアプリ登録した後の流れは以下のようになります。

AndroidアプリをGooglePlayでリリースする方法【今さら聞けない!】 ~ TechAcademy
Google Play Developer Consoleの[すべてのアプリ]で、登録したアプリのステータスが公開中になっていることを確認してください。
これで、Androidアプリのリリース作業は完了です。
実際にGooglePlayで公開をされるのは、この手順が完了してから2、3時間後になります。公開までタイムラグがあるのでご注意ください。また、GooglePlayで公開するための費用は発生しません。



GooglePlayは登録後2~3時間で公開なんですよ。
登録時に機械チェックを通しますが、最新のマルウエアの場合がすり抜ける可能性はあります。

その場合、後からGoogleのクロールが回ってきてチェックするのですけど、それまでの間に
幾らかの時差が有ります。その間に幾らかダウンロードされてしまう可能性も有るのです。
しかしアプリのレビュー欄にきちんと書けば、クロールに関係なく、すぐに対応してもらえます。
Googleの対応と、他のユーザーへの影響を減らす為に、おかしいと思ったらすぐにレビュー欄に
コメントする事だ大事です。

基本はこうして公開された後、後チェックで削除されていくスタイルなんですよね。


それと柳谷智宣氏のこのコメント、決して捨て置けない。

『AppleのAppStoreではほとんど見ないのに、
 Google Playでしょっちゅうやらかしている』


見せてもらおうか、AppStoreの安全さとやらを・・・

当ブログ記事
 ●iPhone・iOSの危険が危ない、バックドアにマルウエア4000個もうどうしようもない現実から目が離せない
 ●iOS9.1でも不具合満載、Touch IDの不具合にマルウエア問題、どの辺りが安心安全なiPhoneなのかアップルにきちんと説明してもらいたい
 ●2015年のソフトエアの脆弱性でアップルが1位,2位を独占で脆弱天国を確立

なめとんのかおい!

さあ柳谷智宣氏、安全なAppStore伝説の言い訳を聞きましょうか。

GooglePlayは業者単位程度の数十本レベルのは確かに有りました。
しかし4000本クラスというのはGooglePlayでは報告された事が有りません。


しかも既報の通り、2015年の脆弱数が発見されたOSでMacOSとiOSはダントツで1,2フィニッシュを飾っています。


『それでも今回のように、トロイの木馬タイプのマルウェアを完全スルーしてしまったのには驚いた。
 Google Playのチェックを回避するテクニックが、裏で出回っているのだろう』

ならば、AppStoreに4000本ものマルウエア感染アプリを登録したアップルについて、何かコメントを頂きたい所。
たった一本登録されただけでこの大騒ぎようですから、その4000倍は期待していいですよね?([Y]/n)

iOSデバイスも聖域なし? 100台以上管理の企業は"ほぼ"マルウェアに感染 ~ マイナビニュース
モバイルアプリのリスク管理を行う企業であるAppthorityは、iOSデバイスを100台以上保有する企業のほとんどにおいて感染したデバイスが1台以上見つかっていると報告している。

Googleはやらかし、Appleはやらかしていないはずですよね・・・?
なにこれ。
柳谷智宣氏が大好きで大好きで仕方がない、安全なはずのiOSデバイスがこの体たらく。
この件についてきっちりと説明を聞かせてもらいましょう。
まさかこれを知らなかったとは言わせませんよ。
しかも知った上でこの記事を書いたというのなら、恣意的な記事を書くクソライター認定です。

曲がりなりにもITライターを名乗り、「ITライター柳谷智宣の「賢いネットの歩き方」」のように
冠付きで連載持ってるんですよね。

通常の速報記事よりも重いと思いますよ。
クソな言い訳はやめて下さいね。

過去の実績やデータを積み上げたわけではなく、一般的な印象論で書かれたように思うのですけど、
そんなブログレベルの記事で金取ってるのですか?

それなりのコメントを期待しておりますので、是非是非立派なコメントを期待しております。

関連記事
  1. 2016/05/27(金) 19:31:08|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【#Xperiaアンバサダー[Z4/番外]】今更Xperia Z4が快適になった事と、そうなる迄の苦悩の期間と悪循環の過程を考察してみる | ホーム | インドでアップルストアを開設しようとしていた所、iPhoneに30%インド製の部品を使わいと無理という無慈悲砲炸裂>>

コメント

Googleは出足は遅いですけど、マルウェアの検出には一定の品質があるようです。
Gmailでも、過去の傾向から自動で検出して排除する動きをしています。
もちろん誤爆されたこともあります。仕事で必要なファイルだというのに、そのリンク数と文字のクセから、フィッシング判定されてファイルを消されました。
結局ファイルの本文に貼ってあるリンク数を減らすことで解決したというオチです。
一見無秩序に見えるGoogleのシステムですが、やることはしっかりやっています。
誤爆されたのはさすがに困りましたが、野放しにはしていません。
スパム対策は精度を高めてほしいところです。
また、APPSはスパムメーリス判定でアカウント停止措置など、自浄構造もあります。

パスなし圧縮されていても、圧縮を解析しているのか、それも消されたことがあります。
圧縮にパスワード設定されているものはどうなのか興味があります。

APPSではないフリーのGoogleドライブは信用しません。
約款に「Googleドライブに保存してあるデータはGoogleが自由に使うことができる」とあるためです。
ビッグデータの元ネタになるだけでしょうが、あまり気分のいいものではありません。
  1. URL |
  2. 2016/05/27(金) 19:59:43 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6772-5e987835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。