鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

総務省の携帯端末0円売りの禁止で中古白ロムが値上がり、以前ならキャリア正規端末に客が戻ったところが格安SIMフリー端末が充実している現在では・・・

中古スマホ、下取り価格上昇 「実質0円」禁止で品薄に ~ 日本経済新聞
携帯電話端末の大手販売店がスマートフォン(スマホ)下取り価格を引き上げている。総務省が新品「実質0円販売」見直しを求める指針を4月から適用した影響で新品の売値が上昇。割安な中古スマホが人気を集め品薄になっているためだ。

携帯の実質0円販売が一応終了したことになっている。
しかしながら、実際にはあの手この手で0円販売は続いていることが少なからず報告
されていて、完全になくなったわけでは有りません。

総務省は「チクリ制度」を導入するも、ユーザーがわざわざ目先端末の値上げに
つながるチクリをすることはまれでしかなく、実際の効力が疑われます。

チクリ情報によって実際に指導がなされたなら、1~3万円程度の報奨金とか
有れば、街中に0円ハンターが溢れた事でしょう。ややこしい条件で0円提示して、
摘発逃れをするような怪しい販売店も、報奨金目当てのハンターの目をかいくぐる
事は不可能。とか、総務省にはたった数万円の現金の怖さを理解出来ない方々が
おられると思うので、こういった事は無理でしょうね。


それはともかく、安倍首相のツルの一声をきっかけに始まった影響が色んな形で
波及して、実際に0円販売が減ったのは間違いないことで、それによって中古の弾が
減っているのもその通りです。

なので中古端末の価格が上がってきているのを実感しています。


中古端末の値が上がると、キャリア端末の新品との値段差が無くなり、キャリア端末の
魅力が再認識されるようになります。中古の白ロムとキャリアで買う端末の値段が
ほぼ同じなら、キャリアで縛られてもいいかと思う人も増えるでしょう。

キャリアはその発想が出来ない。
下らない端末の価格競争で端末を投げ売って、結局安くない回線代で回収する。
まあその辺りの色々は何度も指摘しているので今回は触れない方向で。


中古端末の値上がりはキャリアにとって追い風になるということですが、しかしもうそうはなりません。
格安のSIMフリー端末がじゃんじゃん出てきていますから。

キャリアって本当に馬鹿ですよね。
もっと前に0円販売合戦をやめておけば、キャリアの端末の収益性が上がっていたはずなのに、
SIMフリー端末が充実し始めてきた頃に中古端末が値上がりを始めると、キャリア端末に戻る
人よりも、SIMフリーに流れていく人が増えてしまいます。


中古のキャリア端末を求めていた人は、曲がりなりにもキャリア製の端末のメリットを感じて
買っている人なので、また正規のキャリア端末に戻ってくる人も少なからずいます。

しかしSIMフリー端末の味を一旦覚えてしまうと、キャリア端末のデメリットを嫌というほど知らさせる
事になり、もうキャリア端末に戻ってこなくなる人も多いと思います。余計なアプリが無い事の
メリットは絶大ですから。

対応電波種も以前ほど問題にはならなくなってきていますし、尚更キャリア端末へ戻るメリットが
無くなりつつあるのです。


今後キャリアは中古端末の値上がりをどうにかして味方にしなければなりませんが、SIMフリー端末に
客を逃がさない方策が要求されると思います。

この辺各キャリアがどう出るのか、ちょっと楽しみでは有ります。
この夏端末と、次の秋冬端末である程度の結果が見られると思います。

関連記事
  1. 2016/05/09(月) 21:50:39|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<初代Xperia Zに2016年5月1日版セキュリティーパッチのAndroid 6.0.1が降ってきた、赤星氏がGW版のCM13をリリース | ホーム | アップルファン「おらがAppleWatchの販売がロレックスの売り上げを抜いただべ」←「だから嫌われているってなんで気づかないんだろうね(ひそひそ)」>>

コメント

そう言えば…

値上がりと言ったら、インテルがスマートフォン&タブレット向けのAtomを廃止するとの事なので、

タブレット市場がますます減退するかも?
  1. URL |
  2. 2016/05/10(火) 00:33:02 |
  3. 小型スマートフォン支持派 #jC7BB/2Q
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6734-672ff68c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。