鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

eMMCよりもUFS、今後に向けた内蔵高速フラッシュメモリ規格

第741回:UFSとは ~ ケータイWatch
「UFS」とは、汎用的なフラッシュストレージを意味する英語「Universal Flash Storage」の略で、MLC/TLC NAND型フラッシュメモリーにコントローラーを搭載したものです。読みは、そのまま「ユーエフエス」と読みます。

 もともと、リムーバブルストレージと組込型ストレージの両方に使えるフラッシュメモリーのバスの規格として策定されましたが、2016年現在、製品化されたものは組込用途向けのみです。つまり、用途としては、現在スマートフォンなどで使われている内蔵フラッシュストレージであるeMMCと同様の使われ方をするものだと思えばいいでしょう。
半導体の規格の標準化を行っている業界団体「JEDEC」で標準化が行われ、2011年にUFS1.0がJEDEC標準規格(JEDSD) 220として、2013年にUFS2.0と周辺規格であるUFS UME(Unified Memory Extension)1.0がJESD220B、223-1として公開されています。

スマートホンの内蔵フラッシュメモリと言えばeMMCが長らく使われてきましたが、eMMCだけが
内蔵向けのメモリではなく、JEDECではUFSも標準化が行われています。

eMMCはJESD84として、UFSはJESD220、JESD223、JESD224として規定されています。

UFSはeMMCと同等レベルの省電力ながらも、アクセス速度が速いという事で、今後ハイエンド
用途を中心にeMMCに取って代っていく可能性が高いと思われます。
量産効果で値が下がってくると、ミドルやローエンド用途にも広がっていくかも知れません。

今はまだ分かっている所ではGalaxy S6 edge位しか有りませんが、今後はそれ以外でも
使用端末が増えていくものと思われます。

関連記事
  1. 2016/04/18(月) 19:20:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<熊本地震で被災したソニー(SSMC)のCMOSイメージセンサー工場、その影響を検証してみる | ホーム | 熊本地震[0415]、それぞれの状況(追記)>>

コメント

当然S7もだろう。

S6でSDを廃した理由としてこれの搭載を語っていたので、正直ムカついたユーザーの方が多かったろう。

無駄に高速なストレージ、その使い道は未だ多くはない。
Macなんかもアホみたいに高速だが、使い道は特に無い。
デッカイ動画読み書きばかりやる人間限定。
  1. URL |
  2. 2016/04/18(月) 21:10:54 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

単体で1.7~1.9トンと馬鹿みたいな重量で競技には不向きなのに競技に使えそうなほどやたらとハイパワーなレーシーカーみたい。
ただし初速をつけるのには町中でもそのハイパワーが使える。PCの起動も同じ。
  1. URL |
  2. 2016/04/18(月) 21:41:22 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6693-1582b835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。