鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

「iPhone SEが売れている!!」 「へー」 同期間世界販売シェア:4s=4% 4=2% SE=0.1% 「iPhone SEが売れている!!」 「へー」

iPhone SE品薄の謎 ~ 日経テクノロジーONLINE
米Apple社のスマートフォン(スマホ)で4型新モデル「iPhone SE」の売れ行きに注目が集まっている。「出足が悪かった」「旗艦モデル『iPhone 6s』シリーズの落ち込みを相殺するほどの売り上げは期待できない」との見方が出る一方、発売が2週目に入ると同時に世界的に品薄が広がり始めているためだ。

iPhone SEについて情報が錯そうしています。
「売れない」、「品薄」、色々と。

販売現場の状況を見る基本的な考え方です。
4.0インチサイズを欲しがる一定の層が居ます。
iPhone 5sを持っている人はまだ安泰として、5よりも前の人は買い替えには悩み所でした。
やっと4.0インチで最新の技術を載せてくれた端末が出た。

しかしそういう人は壊れるまで買い替えない人も多い。
だから出してもすぐには売れません。
安くなって叩き売るになるまで動かない人も多いでしょう。

次にアップルがどれだけ出荷するか。
インとアウトの両方が分からないと、「品薄」と言われる状況が読み解けません。

今回は早期にアップルが出荷を絞っている情報が出てきました。
今まではちょとタイムラグが有る時もあたのですが、早期から「SEが入荷してこない」という
情報を摑んでいました。

「あーまたアップルの品切れ作戦ですか」

iPhoneの新製品ではもう当たり前の事です。
いつぞやの年の3月のiPhoneの販売のように、一月の発売時の3.5倍の台数を特に
混雑も無く普通に売っていたし、アップルも日本へと出荷していました。
本当はそれを出来る実力が有るのです。

だけど上手に絞って出さない。
相変わらずです。

どれだけ売れなくてもさすがに発売直後で一台も売れないなんて日はまだないでしょう。
入荷しなければ予約が積み上がっていくだけです。

そうすればとんでもなく売れている様子を演出できます。
これはジョブズが作り上げた演出法を今でも踏襲しています。
私がジョブズを天才と考える要素でもあり、汚い商売人と馬鹿にする要素でもあります。



この記事にiPhoneへの世界での興味が薄れつつある様子が伺える事が書かれています。

SimilarWeb社によると、Apple社が2014年に同年の旗艦モデル「iPhone 6」シリーズを発表した同年9月9日(米国時間)、Apple社のウェブサイトへのトラフィックは発表前日に比べ195%増加した。また、iPhone 6sシリーズを発表した2015年9月9日は、前日比で87%増だった。これに対してiPhone SE発表当日は同83%増と、過去の2つのモデルに比べ、トラフィックの増加は最も低かった。ところが、インドからのトラフィックは160%増、中国からも150%増と、いずれも世界平均を上回ったという。このデータを引用した新浪科技は、iPhone SEは世界的には関心が今ひとつだが、Apple社が期待する新興国の2トップである中国とインドでは売れる可能性があることを示すものだと評した。

これを分かり易く整理する。

iPhone 6:  195% up
iPhone 6s:  87% up
iPhone SE:  83% up (インド:160% up 中国:150% up)

前日比でアップルのウェブサイトへのトラフィックがこれだけ増加しています。
6の時は195%もアップしたので前日の3倍にトラフィックがあがった事になります。
しかし6sやSEの時は倍にすら届いてません。
かなーる興味が失われているのがよく分かりますね。
SEのインドと中国では興味を引いているようですが、それでも6の世界平均と比べると低い数字です。

興味を引いていると言っても結局は6越えならずといった所でしょうか。
しかも特定の国だけの話。

それが利益率の低いSEの話というのですからちょっと壊滅的。
だって世界平均は前日比83%アップでしょう。
どんどんとiPhoneに興味を持つ人が減りつつあるという事ですよ。


Apple社が4型新モデルを出した目的は、「信じられないほど巨大な」新興市場の需要にあると指摘。2018年までにスマホの登録ユーザーは世界で16億件の純増になると見られているが、うち15億件は新興市場の需要だとした上で、Apple社はこのうちの10~12%を獲得するだけで1億5500万~1億8500万件という驚異的な数字の新規ユーザーを手に入れる計算になるとし、iPhone SEの潜在力に期待を見せた。

iPhone SEを購入するのは、「iPhone 5s」「iPhone 5c」などApple社の4型旧モデルのユーザーだとした他、米Google社のAndroid OS搭載スマホでも大画面旗艦モデルのシェアを後発の小型機が奪う現象は過去に起きていないとして、iPhone SEに一定の需要が存在するとの見方を示した。

SEでこれからまだ広がるであろう新興市場を取りに行くと勇ましい。
SEという武器が有れば新しい市場を取りに行ける。

と思うのは勝手ですが、その役目は以前から既に2世代位の旧モデルで行われてきた事です。
SEで新たに攻め入る市場では有りません。
新興市場向けののiPhoneが単にリニューアルしただけの事。

そういう意味では新興市場向けだから売れ残り部品で組んでも全然今までと変わりませんし、
ただ旧モデルの名前が新モデルになり、今までよりも新しいプロセッサが流せるという訳です。

ユーザーからすれば新興市場の客も新しいプロセッサが使えるという喜びは有ります。
アップル的には古い機種の部品のラインを停止する事が出来、余計なコストを抑えることが出来ます。
そういう意味ではWinWinでしょう。
しかしそれを新市場を切り開いたかのように書き立てるのはおかしいなと思います。


●iPhone各機種の販売台数/iPhone全体の販売台数 (iPhone SE発売の最初の週末の終了時点)

Localytics

なんと、SEの発売時点で6がダントツ売れています。
6sでは有りません。
iPhone全体で売れているのは6です。
結局は叩き売りになっている旧機種を皆買うのです。

SEが売れない?
ええ、5sが18%、5が7%、5cが5%も売れてますよ。
とうの昔に生産が終了している4sが4%、4が2%も有りますね。
え?これiOS9.xが入らない、大量のバグ入り危険、食べたら死ぬで機種では・・・って?
そんなのアップルの儲けの為ならどうでもいい小さなことですよ。

でね、SEが0.1%しか売れてなくても5s/5/5cで4.0インチ端末を30%も売っていますし、
4s/4を加えると、36%が4.0インチ以下の機種という事になります。

客からすると別にSEが売れなくてもいいし、そもそも今存在しなくても問題ないわけです。
SEなんて何年か先に買いたい時に安くなっていればいいだけの話って事ですよ。


●新発売機種の販売台数/iPhone全体販売台数 (各機種の発売最初の週末終了時点)

Localytics

という訳で今はSEは特に売れているわけではないです。
何年か経って安くなったらね。
それまでに頑張って生産して倉庫に在庫を溜めておいてください。


早い話が発売終末で全体の0.1%しか売れてない機種が、通常だと「品薄」な訳が有りません。
同期間にiPhone 4が2%でSEの20倍、iPhone 4sがSEの40倍の台数を売っているわけで、
既に生産や出荷が停止されている機種よりも話にならない位販売されていないのが現実です。

そんな状況で品薄を語るなよって言いたいですね。



で、お花畑ってみましょうか。

品薄状態が続くiPhone SE、今年は1,500万台売れると強気の試算が登場 ~ iPhone Mania
■見通しを上方修正
調査会社RBC Capital MarketsのアナリストAmit Daryananiは8日、iPhone SEは本年度に1,500万台売れ、売り上げは68億ドル(約7,300億円)になるだろうとし、実店舗やオンラインストアで同端末の品薄状態が続いていることはアップルにとって良い兆候だとの見解を示しました。


いや、売れているのは5sと5のようですよ。
SEはその4インチ端末の中の販売数のたったの0.4%に過ぎません。





やはり販売が期待外れだったと言われるスマートウオッチ「Apple Watch」は同月末で発売開始から丸1年が経過する。Apple社はこれまで具体的な販売台数や売上高を公表せず、「Apple Watchへの皆様の関心はあらゆる点で私たちの予想を超えるものでした」(2015年6月4日プレスリリース)、「そしてApple Watchの素晴らしいスタートにより、素晴らしい四半期となりました」(2015年7月21日同)等々、数字ではなく「予想を超える」「素晴らしい」などという言葉でApple Watchの売れ行きを表現してきた。iPhone SEについて、Appleは何らかの数字を出すのか、はたまた形容詞で表現するにとどまるのか。間もなく結果は出る。


>やはり販売が期待外れだったと言われるスマートウオッチ「Apple Watch」は
>やはり販売が期待外れだったと言われるスマートウオッチ「Apple Watch」は
>やはり販売が期待外れだったと言われるスマートウオッチ「Apple Watch」は
>やはり販売が期待外れだったと言われるスマートウオッチ「Apple Watch」は

アップルは必死に

「Apple Watchへの皆様の関心はあらゆる点で私たちの予想を超えるものでした」

こーんな事いってますけど、みんなばれていますよ。



これって・・・こゆこと?

「Apple Watchへの皆様の関心の無さはあらゆる点で私たちの予想を超えるものでした」

こっちの方が適切なような(げふんげふん)





SEの販売低迷のおかげで、今後の7や7sと、iPhoneの売れ行きが明らかに悪くなっていても
メディアが今までのようなアップルへの遠慮をしなくてもよくなる素地が整ってきたように思います。

関連記事
  1. 2016/04/11(月) 23:01:33|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<SIMフリースマホのHUAWEI Y6、5型HD液晶に4コアCPU搭載で1万円半ばで4月16日に発売 | ホーム | 【Google様直して】Google謹製のソフト、ChromeとGmailでの問題を取り上げる>>

コメント

iPhoneSEの売上が品薄が続いてる=良いって考えを日経が言うのはどうかと思いますね 品薄なんて元々その地域ではあまり売れないことがわかってるなら生産を絞ればいくらでもその状況が作れるわけですし
生産が全く追いつかず、それでも注文が殺到しており生産強化を迫られてるとかならまだしも
  1. URL |
  2. 2016/04/12(火) 00:54:05 |
  3. 404 #-
  4. [ 編集]

そもそも生産数を絞っているだけだと思います。
難民が多発して、2chでは失望の声が多く上がっています。
初日に予約してもお届けが4末(予定)というありさま。
しかも4初旬からいつの間にか後ろへスライドしてるとの投稿もあります。
さらには初回入荷以後、次回入荷は4下旬とも。

おそらく裏舞台は
・SEは少数生産に縛る(その心は大型化が間違っていたと認める判断材料を封じ込めるため。また6sならびに次期7のカニバリ・買い控えを防ぎたい)
・しかし需要は供給する生産数を遙かに上回る
・7発売を前に工場のリソースを空けておきたい
といったところでしょうか。
「売れてない」ではなく「売ってくれない」がより表現としては実態を表してるかも知れません。
このSE反響を見て、7sあたりで本格的に3サイズ・4~5色・3~4容量・3キャリア+SIMフリー(都合108~240種類の組み合わせ)展開を標準にしてくるかもしれないです。

あと、ちょっと前は期待に沸き立って盛り上がっていたのでともかく、今は盛り下がって惨めさが目立ってきています。
なので、私が狂信者のふりをして書き込むのも躊躇っているようになりました。
もうあまりに惨めすぎて、傷に塩を塗り込むような気がするため、今は一日に一度書き込むかどうかというところです。
私のROM専化が始まっています。
  1. URL |
  2. 2016/04/12(火) 05:33:40 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

当て込んでた5Sの余剰部品が
・部品の余剰数に偏在があった
・余剰在庫の保管状態が悪く劣化が始まってた
とかで部品不足発生→現在調達中につき製造数を絞ってる

とか供給不足の原因をAppleに好意的に考えてみる。

部品調達は製品の製造計画に基づいて生産開始より前には行われてる筈だから、実際は上記のような事は起こってないと思いますが、起こってたらアレだなぁ。
  1. URL |
  2. 2016/04/12(火) 08:27:51 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

中国とインドで25億人くらいいますからね~
どこまで食い込むか楽しみですね。
  1. URL |
  2. 2016/04/12(火) 16:35:11 |
  3. タコライス #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6680-fdfc0317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。