鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ユーザー報告でMashmallowの3月セキュリティーパッチでメモリリークが修正が確認された模様+XperiaがMashmallowアップで指紋認証がネイティブ化・・・その結果(追加編集)

Google、Lollipop時代から続いたメモリリーク問題をようやくを修正した模様 ~ juggly.cn
Google は Lollipop 時代に問題として報告されてきた Android のメモリリーク問題を 3 月のセキュリティアップデートで修正した模様です。
これはユーザーの報告によって明らかになったことで公式発表ではありませんが、Android 6.0.1 の最新版である「MMB29V」ビルドにアップデートしたユーザーからは、RAM 使用量の肥大化が止ったと報告されています。

Lollipop時代から言われてきたメモリリーク問題。
この3月のセキュリティーアップデートでようやく修正された模様です。

Lollipopがクソ化した理由の一つでは有りましたが、これはARTランタイムの導入など、
大手術をした結果なので、私は甘んじて受け入れていました。こういった根幹的な
手術が出来ないシステムはいずれ沈没していきますから。

Lollipopを導入した頃から約一年半と長い時間を掛けましたが、ようやく決定的なバグが
解決したようでほっとしています。

この夏発売される各メーカーの端末が、この3月のセキュリティーパッチをきちんと当てて
出してこれるかに私の興味が向いています。もう4月ですからね、製品のパッケージ化や
量産を考えるとそろそろOSレベルでは締切り直前といった所ではないでしょうか。

そんな時期にこのセキュリティーパッチを適用できる余裕がメーカー側に有るのか、
ちょっと心配な所です。

例えばドコモなら、ドコモ系で出す端末は3月パッチ適用を強制化するなど、キャリア側が
はっきりと旗振りをするなど、安定化に対して責任を持つべきだと思います。

それが出来ないなら、以前から言っている通端分離を速攻でして、もう全面的に
SIMフリーでもええやろって事になりますからね。


とは言うものの、私は以前Nexus 7(2012)でクソ過ぎたLollipopの状況下でずっとドッグフードを
食っていたのですが、確かにNexus 7(2012)で使っていたLollipopは最低ですが。

しかし私がXperia Z4をソニモバから借りて使っていた時、一度だけ怪しい動きは有ったものの、
基本的にはとても安定していました。ソニーが気付いて直していたのか、それともたまたま
私の使い方だとリークしにくいのか理由は分かりませんが、Nexus 7の頃とは違った安定感を
感じていたのは間違いありません。同じAndroid 5.0.2では有りましたが。

それはともかく、Mashmallowの3月パッチで直ったのは目出度い事です。
Android Nにもそのパッチは生きてきますから、今後は更に安定していくと思われます。



Xperiaの話題を出したのでついでに。

Xperia Z5シリーズはAndroid 6.0アップデートで指紋認証にネイティブ対応 ~ juggly.cn
結論から言うと期待どおり、Nexus 5X / 6P と同じように指紋リーダーを使用できるようでした。ロック画面の解除はもちろん、Google Play ストアの指紋認証や「アプリロック」といった Android 6.0 以上で指紋認証が可能なサードパーティアプリを利用できるということです。

Xperia Z5では指紋認証が搭載されているのが売りですが、Android 5.1.1スタートの端末なので、
指紋認証は当然ながらソニー独自の実装になっています。

しかしAndroid 6.0では指紋認証はネイティブ対応されてます。
というわけで、MashmallowにバージョンアップされたZ5では、OS本来のネイティブ指紋認証になりました。

Z5でMashmallowにアップした人の意見の多くで、指紋認証の精度が上がって解除の成功率があがったと
の報告を沢山見かけました。Mashmallowの指紋認証は性能がそこそこいいようです。

またこのネイティブ化でGoogle Play ストアの指紋認証やアプリロック等のAndroid 6.0 以上で
指紋認証が可能なサードパーティアプリを利用できるとのこと。

将来的にはQrio Smart Lockといったようなロック解除のアプリ等でも利用される事になるかも知れませんね。

スマートロック「Qrio Smart Lock」がAndroid Wearに対応 ~ juggly.cn
Sony と WiL のジョイントベンチャー Qrio 社は 2 月 25 日、スマートフォンで自宅の錠を開け閉めできるスマートロック「Qrio Smart Lock」の Android Wear 対応を発表しました。
Qiro Smart Lock は、ドアの錠にかぶせることで、スマートフォンアプリからの開け閉めや鍵の共有を可能にするセキュリティ製品です。これまで、Android では専用アプリによる操作が必要でした。
Android Wear に対応してもなお、スマートフォンを持っておく必要がありますが、Android Wear の画面で操作が可能になるので、ポッケやバッグからスマートフォンを取り出す手間が省けます。


関連記事
  1. 2016/04/04(月) 22:37:47|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Android NではARTのプリコンパイルを一部JIT化して、アプリのインストール時間を短縮して数分の一の時間に | ホーム | ARMとTSMCが7nm FinFET技術で協力、2016年は10nmプロセス、2017年は7nmプロセスと毎年更新の勢いが続く>>

コメント

書く場所間違えました。
  1. URL |
  2. 2016/04/06(水) 05:42:03 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6665-7e6b6dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。