鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップルの価格政策や端末政策の動きが示すスマートホンの成熟期と一気に火が付かないウエアラブルの流れ

アップルが噂されていた通りにiPhone SEの発表を行いました。
そしてApple Watchの廉価版のバンドを追加して価格を日本では6000円(ドルベースでは50ドル)下げて、
Apple Watchの販売にテコ入れをしてきました。

皆さんはこの動きを見てどう感じますか?
 「勢い有るアップルがどんどん攻めている!」
 「前向きで素晴らしい戦略だ!」
等と思っている人は皆無だとは言いませんが、どちらかというと上のように思っている人は仮に
居たとしても極少数に留まるのではないかなと思います。

敗戦処理とまでは言いませんが、もっと欲しかった所に届かなかった数字へカンフル剤を与えようと
しているような感じかも知れません。決して大負けはしていないけれど、数字への達成感や満足感が
薄い所をカバーしようとしている印象が強いですね。

それはiPhoneもApple Watchも。
「まだ負けてはいないけど勝てても居ない」
といった所でしょうか。

例えばApple Watchならまだ「一番売れているスマートウオッチ」という売り文句が適用できます。
事前の盛り上がりを考えると今の印象では圧倒的な勝利感はなくとも、一応機種毎では一番
数が出ているだけにそこは誇れます。

いうなれば、全日本では箸にも棒にもかからないけど、オラが村大会では圧倒的な強豪・・・と。
それがApple Watchでしょうか。いや、スマートウオッチは全日本の試合も行われていない
競技と言った方がいいかも。


かたやiPhoneは、まだ第一線級の全日本メンバーですが、そろそろピーク越えで、若手に
追い上げられているといった感じか。ここらで特別練習を積んで追い込んで再起を図ろうと
している所・・・。

思い付きの適当な表現ですけどこんな所?


いずれにしても
 「勢い有るアップルがどんどん攻めている!」
 「前向きで素晴らしい戦略だ!」
ではないわけで。

だから以下のような記事すら書かれてしまう始末。

「iPhone SE」は誰に向けた製品か? 購入すべきか迷っている人へ  ~ IT Media Mobile
筆者が発表を見て最初に思ったのは、「これは誰に向けた新モデルなのだろう?」ということだった。誤解してほしくないのだが、これはいわゆる反語表現のようなつもりはなく、純粋にそう思ってしまったのだ。つまり、iPhone SEが魅力的なモデルであることは感覚としてすんなり理解できたのだが、同時に「今までとどこか違うな」とも感じたのだった。

いや、私はこれに関しては明確な回答を持っている。

「6/6 Plus/6s/6s Plus」で取りこぼしている、安価や小型端末を欲している層を再度取り込む為の端末。
なわけです。

特に4s/5/5c/5sで大型化を嫌って止まっている層が意外と多い。
Androidからの乗り換えでも「6sでは大き過ぎる」という人もいる。

私はこのブログでも時々小型端末について何度も記事を書いていますが、4インチ(やそれ以下)クラスの
小型端末を持つ人の中にはポリシーを持って「大きいのは嫌」という人が居ます。

そこにどうリーチしていくのかということですが、そういう人達には「中身が最新の5s」でぴったりなんです。
入れ物が6シリーズ系統でなければ嫌とかそんな我儘を言う人はまれでしょう。
問題は中身です。


アップルは今回はパクリではなく、ちゃんと考えてきちんと売りを作ってきたなという印象です。
先の記事にも書きましたが、価格設定を見ても、今迄に比べてかなりまともです。

私はA8を搭載してこの価格帯かと思っていましたので、A9を搭載して(恐らくRAM 2GBで)この価格設定と
いうことは、アップルもちょっとまともになってきたんじゃないかと勘違いしてしまいそうになります。;-D


まあ普通に考えて尻に火がついてきただけなのですが、それが本気の火事になる前に手を打っている
のも分かるのですが、しかしこのタイミングでこれを出すには6sを発売する頃には既に開発に着手して
居なければならないわけで、アップル自身も4インチユーザーの取りこぼしをどうにかしなければならない
事を理解していたわけですね。

こういう所で適切な手を打てる辺り、やっぱりソニーとの違いを見せつけられて気がします。
iPhone 6シリーズで大型化すると話が出た頃、私はソニーに4インチクラスのXperiaを作って小型端末の
ユーザーを取り込む機種が必要と訴えていたのですが・・・。

当ブログ記事

前の方は4.0インチ未満の55mm切り端末の記事を主に扱っており、後ろの方では4.0インチクラスで
60mm切りに拘った記事展開をしています。

55mm未満なんてまあ欲しがるのは特殊かも知れません。
だけど60mm切りはiPhone 5シリーズのクラスのサイズ感です。

 ・iPhone 5   123.8 × 58.6 × 7.6 mm
 ・iPhone 5c  124.4 × 59.2 × 8.97 mm
 ・iPhone 5s  123.8 × 58.6 × 7.6 mm

このサイズ感を欲しがる人は必ずいると。

アップルはこれを察知していたのでSEの発売にこぎつけたのだと思います。
ソニーは折角の「鬼の居ぬ間」のタイミングを逃すという・・・。
以前はそのサイズを作っていたのに。

自社がどんな端末を出すという戦略も大事ですが、それは他社の戦略とのタイミングも
有ってこそ意味が出てくる問題と思います。

今回私はアップルはその勝負に勝ち、ソニーは負けた側だなと思っています。
アップルのこの動きは盛り上がりに欠ける戦略では有りますが、やるべきフォローは
きちんとやっているのを感じさせるのですよね。


後今回はこんな記事に有りました。

スティーブ・ウォズニアック氏、「今のアップルはかつての姿を失ってしまった」 ~ iPhone Mania
アップルの創業者の一人であるスティーブ・ウォズニアック氏が、インターネット掲示板に登場し、ユーザーからの質問に回答しました。そのやりとりの中で、同氏がアップルの方向性について懐疑的に見ていることがが判明しました。
価格レンジが大きく設定されているものの、異なるのはバンドだけという現実は(正確には違いますが)、彼にとって「宝飾品市場」と変わらないとのこと。同氏は、「(いまのApple Watch製品カテゴリーは)宝飾品市場、つまり自分を1人の人間としてどれほど重要に考えているかという思い入れによって何かを購入する場所へ、(アップルを)連れて来てしまった」とアップルの行き先を心配しています。

いや、ウォズ氏の言っている事は正論だし合っているとは思う。
だけど、ガジェオタとしてAndroid端末を集めていたかと思ったら、一気に全部それを処分して
iPhoneユーザーに戻ったり。(私はそれはアップルが宣伝に利用する為に金で釣ったと思っています)

言動が一貫しないウォズ氏の信用度は既にガタ落ちです。
なので今回の発言は「おま言う」なわけです。

多分ガジェオタしていた頃の発言と同じ方向性なので、これが実際の本音であろう事も理解できます。
だけど(恐らく)企業の理屈で金になびいたウォズ氏の動きを今回は納得して受け入れる気にはなれません。
いや本音だろうけど、素直に聞きたくないというか・・・。


【動画】街中でAndroid端末を「iPhone SE」と偽って渡すとどうなるのか? ~ iPhone Mania
ロサンゼルスで、Android OSで動くニセモノのiPhoneをiPhone SEと偽ってユーザーに手渡す動画が話題となっています。Facebookではすでに500万回以上も再生されるほどの白熱ぶりで、動画では次々と「すごいクール」「以前のアップルにはこんなウィジェットはなかったわ!」と絶賛する「被害者」が登場します。

これ。

これ。

これw


いや、面白いんだけど、もういいんじゃないでしょうかね。
この手の悪趣味な引っかけ。

どうせ世間はAndroidの方が使いやすいことはもう知り始めていますよ。
だけど、アップルのイメージによるユーザーかく乱作戦でうんこをティアラと思いこませた
戦略が成功しているのだから、こういう答えは当然でしょう。

私がもしスマホに詳しくなくてこういう質問をされたら、仮に「なんかおかしい」と薄々
分かっていても、一応乗っかってそれらしい回答をすると思います。

現状の私のそのものがこの質問にあったら、真っ先に設定画面の端末情報にアクセスして
Androidのバージョンを見に行きます。iOSとAndroidの設定画面を見ればなんのOSか
見えまくりですからね。

現状の私の意地悪さはさておき、一般人エミュレーションの私だと、内心どう思っていようが
"空気感"に合わせた回答をしてしまうわけで、寝起きが悪いと「このウィジェット最高、
まるでAndroidみたいだね」等と幅寄せするかも知れません。でもインタビューを破綻
させたりはしません。あくまで押したり引いたり、乗っかったまま合わせて遊ぶと思います。
しかしこういった編集をすると、真意が見えなくなるわけです。

まあ大半は普通に引っかかっていると思います。
でも私のようなちょっと変な人も混じっている事も考えながら見てみると若干意味合いが
変わる動画になると思います。


それもこれも、スマホ熟成の時代に入り、スマホが珍しいものでもなくなり、車やPC並に
「もう何でもいいや」の時代に入ったことを告げているのかも知れません。

関連記事
  1. 2016/03/23(水) 19:54:47|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<大手キャリアの2年縛りの無いプラン、結局違約金上乗せで長期に使うと損なプランに・・・MVNOの応援にしかならないふざけたプラン | ホーム | 4.0インチ版のiPhone SEやっと出てガッカリした的な記事が少ないないが、余計な事をせずに6sの性能を4.0インチに収める事だけに徹したのですから待っていた人の勝利じゃない?日本のメーカーみたいに余計な事をしないだけ絶対マシだと思います>>

コメント

個人的にはXperiaAでも大きいと思います。
スライドアクオスフォンのサイズで、バッテリーパック式、Andorid5以後、XperiaA程度の中身であれば間違いなくそれを選んでいます。
ドコモ利用可、バッテリーパック式、物理ホームボタンなし、メモリ2GBの条件だけでさえ選択肢はこれしかありませんでした。
  1. URL |
  2. 2016/03/23(水) 20:19:19 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

SEは時季外れですしね、6S後継は秋なのでしょう

件の記事は、iPhoneのサイクルを知らないんじゃないでしょうか…。
それはさておき。

敗戦処理は必要なので、値段を下げるなりなんなりは今後もするのでしょう。在庫ある限りは仕方ないです。

時計に関しては、大型端末利用者向けに通知ニーズは少なからずあるし、活動量計へのニーズもスポーツ愛好家などにまたあるので、安価かつある程度のバッテリー駆動時間をもっていれば、Appleが求めるほどの数ではないかも知れませんが売れると思います。(事実活動量計は世界的にはそこそこ売れている)
ただ、Appleというブランドに必要かと言われると…。

映像の件は、まさにそのブランド力を別の意味で見せつけていると思います。
なんだかんだ言って、ファンが多いのです。

国内ではガジェオタくらいしか手を出しませんが、安価だけど低性能なAndroid端末は世界にごまんとあります。
最近国内に出てきたミッドレンジで価格もこなれたものを含めてそれらフラッグシップモデルではないものが、Androidの大勢です。
かといってAppleが安価な低性能モデルを出し始めたら、ブランドが毀損されるおそれがあってそれは難しい。(と、Appleは考えていると感じています。彼らの妥協点がかつての5Cなのでしょう。国内ではdocomoタイミング且つ実質価格やCBの所為で爆死でしたが。SEは5Sに続く4インチモデルのフラッグシップと言えなくもないので除く)
しかし、ストアの面を考えればシェアの維持は必須でしょう。無料アプリもショバ代(dev費)ありますからね…。
まだ金もブランドもあるうちに、さっさと上記二点に答えを出さないと、Macintoshの二の舞ではないでしょうか。

好悪は脇に置くとして、鈴さん含めてこちらの※レギュラーの方にも是非「Appleは今後どうしたらいいのか」を聞いてみたいです。

(国内とあと中国もその傾向があるようなので別として)世界的にはAndroidプラットフォームが独占しつつあります。
一方、iPhoneが誕生せず、Android(とSymbianやブラックベリー)だけの競争では、今のスマートフォンはなかった(もしくは大きく遅れた)だろうという点は、比較的賛意が得られると思います。
iPhoneあってのいまのAndroidではないでしょうか?
ある程度iPhoneがシェアを維持し続けることは、きっとAndroidのためにとってもよいことだと思います。
  1. URL |
  2. 2016/03/23(水) 21:41:43 |
  3. ろむ #CYlO8Gic
  4. [ 編集]

55mm以下となると・・・
Xperia rayにHD解像度とミドルモデルのS650載せてRAM2G、Storage16Gor32GぐらいのXperia Xの小型版・・・
需要はありそうだとは思う
  1. URL |
  2. 2016/03/23(水) 23:15:41 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

http://taisy0.com/2016/03/21/66716.html
一方、iPhone6には火が付いた模様
永遠に調査中だったりして
  1. URL |
  2. 2016/03/24(木) 00:59:04 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

>>Beepさん
JR中央線、航空機を止めた件、一軒家の寝具を焼き払った件、ポケットに入れていてやけどした件は続報ありましたっけ?
記憶してる限りありません。
つまり今回も同じパターンでしょう
これらを信者はどのように考えるのだろうか。

>>ろむさん
アップルは今後どうすればと?
賢明なあなたなら、ジョブズが確立したブランドイメージも次第に錆が見え始め、
「ふつうのメーカー」と大差なくなっていることはお気づきだと思います。
時代の先を見通すことも、生活のシーンを変えるだけのアイデア・視点も感じられません。
ならばアップルは実質的にジョブズの個人商店であったことを認めて、
ふつうのメーカーその1として再スタートを切り、過去の栄光にしがみつくのはやめたほうがいいでしょう。
トヨタとレクサスみたいに一般市場部門と高級部門へのれん分けして、独自路線一本調子をやめる。
高級部門はそのままにして、新たに一般部門を作って公式に声明を出す。(トヨタがレクサス設立と逆に一般部門を設立)
グループ会社としてスタート。もちろん電子機器分野に限らず、です。
もちろん競合他社と同じ土俵で戦うことになりますが、このままではどのみちジリ貧になり、かつての破綻寸前なアップルの再現になるのは時間の問題なので、一般市場で競合他社と戦う基礎体力を身につける必要があります。
そのための準備を今から整えなければ、今度こそ消滅が待っているだけかと。

家電メーカーは同社製品を組み合わせることで連携する囲い込み商法をしてきましたが、いずれもその存在すら知られることなく消えていったものばかり。
アップルの囲い込み商法はおそらく未来永劫超えられることのない成功例の壁として立ちはだかるでしょうけど、囲い込みは長続きしないことを同時に知らしめる前例として語り継がれることでしょう。
もし長続きするとすれば、その分野の商品が生活に欠かせず、かつ権利保護を全世界規模で徹底的にするしかありません。(他社が一切参入できないようにする)
実際に、ワコムは電磁誘導式ペンタブレットの特許を囲い込んで、事実上他社が一切参入できないようになっています。(それでも生活に欠かせない、の要素が欠けているため大成功とも言えず小規模ながら独占が続いていますけど)
囲い込みは、軌道に乗れば短期で大きな利益を得られても、技術の進歩が遅くなるため目新しさが無くなります。
そのため「生活に欠かせない」の要素が不可欠。どちらもできないなら、尖った何かが必要です。
ひたすら軽量。ひたすら頑丈。ひたすら便利。ひたすら気が利く。ひたすら高効率。
独占できないなら、ユーザーの声に耳を傾けて応える機動性がカギです。
もちろん、権利保護を怠れば台湾、韓国、中国あたりに水をあけられるのがオチですが。

利益の額は「どれだけ消費者の『困った』を解決したかを示している」と、稲森和夫氏は言葉を残しています。
利益ありきの商品ではなく、解決ありきの利益なのです。商品とは解決の手段に過ぎません。
果たして今の「ジョブズ没後」のアップルはどれだけ「消費者の困った」を新たに解決してるのでしょうか。

どの会社、集団でも同じです。
特徴や役割があり、特徴を出せず役割が果たせないなら消えゆくのみです。
レノボに買収されたIBM一般部門や、ホンハイに買収される予定のシャープみたいに。
  1. URL |
  2. 2016/03/24(木) 05:54:14 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

4S・5・5cのユーザーはともかく、5sのユーザーは買い換えたいものかなあ?
ピンクが出る以外はガワ全く同じ。
性能アップがどれだけ響くものなのか、よくわかんない。
モノは悪くないと思うけど、じゃあどんな人が買うのかな?よくわかんない。
  1. URL |
  2. 2016/03/24(木) 08:36:08 |
  3. すいか #-
  4. [ 編集]

5S使ってますが、SEいいですね。
正直6Sではでかい。ポケットにスッと入って取り出せるのは4インチ程度が限界でしょう。
大手で買う利点がほぼ消滅してるので、SIM FREE版を買います。
ドル円レート134円くらいの設定みたいなので、もう少し値下げしてくれないもんかな。
でも、思ってたより高性能で安値設定なので、さっさと買っちまいそうです。
  1. URL |
  2. 2016/03/24(木) 09:39:11 |
  3. うりふたご #X1Bnzqx6
  4. [ 編集]

>>すいかさん
5sユーザーはそろそろ物理的にバッテリーがヘタってきた方もいるでしょう
キャリアの値段次第ですがバッテリー交換するくらいならいっそ買い換えようという層が多いのではと
  1. URL |
  2. 2016/03/25(金) 06:56:16 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6645-5cbe5b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。