鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

スマートウオッチのOSは2020年にはAndroid WearとwatchOSのシェアが拮抗する

IDCが2016年と2020年のスマートウオッチの出荷とシェアの予測を出している。

Apple Watch、2016年のスマートウォッチ市場シェアは50% ~ iPhoneMania
2016年のスマートウォッチOS別の出荷台数予測を見ると、1位はApple Watch(watchOS)で1,400万本、2位はAndroid wearで610万本、3位はTizenで320万本となっています。市場シェアはそれぞれ49.4%、21.4%、11.3%です。
しかし2020年までには、Android WearとRTOS(リアルタイムオペレーティングシステム。独立型ながらサードパーティーのアプリを動作するもの)が大幅にシェアを伸ばし、首位は37.6%でApple Watchが維持するものの、2位のAndroid Wearが35%と肉薄、3位のRTOSが10.1%のシェアを獲得すると、IDCは予測しています。

iPhone Maniaの記事はともかくとして、私が気になったのは2020年の数字。

まずはIDCの発表資料を確認。

Top Smartwatch Operating Systems with Shipments, Market Share and 5-Year CAGR Growth (Units in Millions)

SmartWatch OS

2016 Units (M)

2016 Share

2020 Units (M)

2020 Share

2016 - 2020 CAGR

watchOS

14.0

49.4%

31.0

37.6%

22%

Android Wear

6.1

21.4%

28.8

35.0%

48%

RTOS

1.4

5.0%

8.3

10.1%

56%

Tizen

3.2

11.3%

5.4

6.6%

14%

Android

1.0

3.6%

4.3

5.2%

44%

Linux

0.6

2.3%

2.3

2.8%

37%

Pebble OS

2.0

7.0%

2.2

2.7%

3%

Total

28.3

100.0%

82.5

100.0%

31%

Android Wear + Android

7.1

25.0%

33.2

40.2%

47%

Source: IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker, March 17, 2015



2016年から2020年に主要なOS単位でどう動くかだけをピックアップ。

 ・watchOS          49.4 %⇒ 37.6%
 ・Android Wear       21.4% ⇒ 35.0%
 ・Android           3.6% ⇒ 5.2%
 ・Android Wear + Android 25.0% ⇒ 40.2%

watchOSが2016年の49.4%から2020年には37.6%へと大きくシェアを落とす一方で、
Android Wearが21.4%から35.0%へwatchOSが失ったシェアをまるまる食う伸びっぷり。
2020年時点ではこの二つのスマートウオッチ向けのOSでトップ2でほぼ同じシェアに
なるとの予測です。

普通のAndroid OSも2020年には5%までシェアを伸ばし、Android Wearと合わせると
40.2%でwatchOSを抜き去ってしまいます。

つまりIDCは将来的にはスマートウオッチでもAndroid(Wear)はwatchOSを抜かすと
考えているという事になります。


スマートホンに比べて移行速度はゆっくりになりますが、しかし標準のAndroid OSを
使ったスマートウオッチも含めると、それほどかからずにシェアを逆転するとの予測。
この世界でもアップルはシェアを取りこぼすという事になります。

実際はこうなるかは不明ですが、これに関しても私は「そうはならない」という感触は
全くしてこないので、案外この通りに事が進む可能性は低くないと思います。

関連記事
  1. 2016/03/18(金) 22:11:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<島野の対アップル裁判は理由も示さず東京地裁が棄却、想像させる臭い臭い舞台裏 | ホーム | 「Chrome For iOSが速くなり、あまりクラッシュしなくなった…新しいフレームワークの採用で」→正直このタイトルを見てずっこけた、馬鹿にしてるよね?>>

コメント

シェアがどうなるかは知らないが、20年でもこの手のデバイスは対して市場が広がらない。
  1. URL |
  2. 2016/03/19(土) 00:27:19 |
  3. む #-
  4. [ 編集]

http://www.earthpost.top/56695345.html
バッテリーが切れなければ、役に立ちますね。
自動巻みたいに振動で充電出来れば良いのにね。
  1. URL |
  2. 2016/03/19(土) 00:30:45 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

>振動で充電

セイコーのキネティックですね。自動巻きの機構を使って自己発電するという......耐久性に難ありみたいですが。

と思えばこんなモノが
http://www.itmedia.co.jp/mobile/spv/1405/23/news059.html
  1. URL |
  2. 2016/03/19(土) 01:15:37 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

腕時計がこれほど普及しているのは

・必要最低限でありながら重要な情報(時間)を得られる
・電池交換メンテナンスは年単位(充電など不要。拭きクリーニングはデイリーとしても)
・枯れた技術であり表示内容の精度を高める研究が日々行われている
・他の機器と連携を必要とせず単体で機能している

スマートウォッチはどうでしょうか。
・必要最低限ではない(ただし自分で使い方を縛れば必要最低限にとどまる)
・ほぼ毎日充電を必要とする
・未知の領域である(それはクォーツ型時計でも初期は同じ)
・他の機器と連携を必要とする(単体で機能しない/または単体では時計と大差ない)

携帯電話やスマートフォン、これはヒットするなと思いましたが、
スマートウォッチはまったくひらめくところがありません。
ただし、一般向けには。
将来は姿を変え、福祉・医療機材としての道に落ち着くのではないでしょうか。

具体的には、心拍数や血流を計り、ボタンを押すとナースコール。(押し間違え防止の仕組みは必要ですが)
さらに音声通話機能を搭載(ただし使えるのは施設内のみ)
検温や食事提供の際に付け替え。外した分は充電する。(要は施設利用者の倍数を揃える必要がある)
この分野に関して、スマートウォッチは定着する予感がします。

機器にて機器(の情報)を管理、ではなく、機器で施設利用者を管理するという管理対象の置き換えです。
ですが、そうなるとおそらくAppleの出番は無くなります。医療専業メーカーあたりから提供を受けるでしょう。
そもそもその分野で普及し始めた時にはAppleWatchそのものがまだ続いているかも疑問。
いや、ウェアラブルに興味を無くしてるかもしれません。

ウェアラブルというカテゴリに挑むのは決して悪いことではありません。
福祉・医療分野に投入するにあたってのウェアラブルに関するノウハウの蓄積という意味ではとても有意義でしょう。

スマートウォッチのシェア(割合)はともかく、母数はどれだけ多くても全世界で1億人を超えないくらいの数で推移するかと見ています。
  1. URL |
  2. 2016/03/19(土) 07:23:24 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6639-40caf96f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。