鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

クアルコム発表のBluetooth 経由でハイレゾ再生を可能にする新コーデックaptX HD、今年年末機種以降に採用の流れか、一年先行したソニーのLDACは持ちこたえられるのか?

Qualcomm、Bluetoothでハイレゾ再生が可能になる「aptX HD」を発表 ~ juggly.cn
Qualcomm は 1 月 5 日(現地時間)、Bluetooth 経由でハイレゾ再生を可能にする新コーデック「aptX HD」を発表しました。

aptXからaptX HDへ。
Bluetooth経由でのハイレゾ再生を可能とする新コーデックをクアルコムが発表していました。

Bluetoothでの音楽再生環境はいいとは言えません。
特にハイレゾの音楽ソースが増えている現状ではBluetoothでのハイレゾ再生環境の整備は
急ぐべき課題だと思います。

去年の年末でもハイレゾ対応のヘッドホンが発売されていますが、ケーブル接続時だけ
ハイレゾ再生が可能で、Bluetooth接続時はAACやaptX経由となるので精々23.5kHz位まで。
40KHzクラスまで再生できるヘッドホンでもBluetooth接続時には性能を発揮できない状況に
なっていました。

aptX HDコーデックが広がって一般的になれば、量子化ビットが16bit→24bitに広がり、
音の解像度も飛躍的に高まります。

CSR8675120MHz以上の
動作クロックに対応し、enhanced Kalimba DSPは120MIPS以上の性能を発揮するとの事。
96kHz/24bitまで対応できるので、一般的なハイレゾ帯域の音楽ソースには十分対応できる
性能だと思われます。

対応SoCのCSR8675も同時に提供開始されており、AV WAtchの記事によると

「スマートフォンやタブレット、メディアプレーヤーなどのAndroidデバイスからスタート。
 '17年にはさらにより広範囲に対応機種を拡大していく。」

との事ですので、年内にAndroidスマートホンやタブレットに搭載され、来年にはより広範囲に
aptX HDへの対応が広がりそうです。


しかし既にBluetoothでハイレゾ転送が皆無だったわけでは有りません。
ソニーが2015年1月にLDACを発表し、ソニー製品で展開されてきました。

ソニー公式ページ
LDACは、ソニーが開発したハイレゾ音源をBluetooth経由でも伝送可能とする音声圧縮技術です。
ハイレゾ対応オーディオ転送技術LDAC



Xperiaでの対応はXperia Z4からとなっています。[#Xperiaアンバサダー]
Z4は810を搭載したお蔭で何だかんだと言われていますが、実はやれば出来る子です。
発熱を抑える使い方が出来るスキルを持っている方がZ4を使えば、それなりの機能や
性能を発揮して快適な環境を手に入れる事が出来ると思います。

ただクアルコムがaptX HDを発表して対応SoCの出荷を始めた事で、LDACの今後の立場が
微妙になってきました。ソニーがもっと素早くLDACを広める努力をしていればよかったの
ですが、LDACの環境はソニーのみである程度揃うとはいえ、今後aptX HD対応の機器が
増えてきたら相対的にLDACの市場価値はシュリンクしていくことになります。

この記事を書いていたら、偶然こんなものが発表されていたのでついでに紹介しておきます。

Sony、ハイレゾやLDAC、Google Cast対応のコンパクトワイヤレススピーカー「h.ear go」を4月17日に国内発売 ~ juggly.cn
Sony は 3 月 1 日、同社が CES 2016 で発表したハイレゾ対応製品の中でも世界最小を謳うポータブルワイヤレススピーカー「h.ear go(SRS-HG1)」の国内発売を発表しました。価格は 27,380 円 + 税で、4 月 16 日に発売されます。
この製品は Google Cast for Audio や Spotify Connect、Sony SongPal アプリによるマルチルーム利用、DLNA、LDAC に対応しており、Android でも様々な方法で音楽を楽しめます。特に Google Cast への対応はアプリの利用範囲が拡大するので注目です。




Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーは音が悪いと言われてきましたが、aptX HDや
LDACの普及で、Bluetoothでもハイレゾの音が聞ける時代になっていくと思います。

iPhone 7ももう乗せるべき新機軸が無いので、こういった新コーデックなどへの対応を
地道に進める事になっていくと思いますので、私は恐らく7には載せてくると思っています。

関連記事
  1. 2016/03/01(火) 19:35:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドコモ版Xperia Z5/Z5C/Z5PのAndroid 6.0へのバージョンアップが国内版先行で開始されるも、まともなグローバル仕様が国内で使えるXシリーズに目が向いてクソ化されている国内仕様端末からは興味が消え初めている | ホーム | 「iPhoneから送信」を消す紹介記事、iPhoneユーザーの方も以前の指摘で気にし始めた?>>

コメント

ソニーとしてはどうでもいいのでは?
LDACは今までのチップと互換性がありますし、おそらくaptX HDでも互換載せて来ると思います。
あとはaptX HDと違っていくつのモードも設定されてますから、ソニーの周辺機器と利用した際に差別化が可能程度でもいいですし。
もしかしたらですが、ソニーはハイレゾを推す為に規格を作り上げたわけで供給側が対応を促すのが目的だったかもしれません。
  1. URL |
  2. 2016/03/01(火) 20:35:07 |
  3. あのに #-
  4. [ 編集]

http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20141201_678269.html
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dal/20151019_726244.html
ハイレゾは、まだまだOS側のサポートが一定していないですね。
  1. URL |
  2. 2016/03/02(水) 00:34:45 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6611-2bf5365e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。