鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhoneで八方塞がりになる恐怖のエラー53、壊れやすいホームボタンにより起こる・・・が今でも少なくないホームボタンのトラブルとサードパーティーの修理屋さん問題

iPhone 6を文鎮化して死に至らしめる「エラー53」の恐怖 ~ GIGAZINE
iPhone 6がある日突然ロックされてしまい、内部のメモリにも一切アクセスできなくなるという出来事が世界中で発生しています。被害を受けたユーザーに共通するのは、画面に「Error 53」と表示され、iPhone 6が使い物にならない「高級文鎮」と化してしまう恐怖のエラーメッセージとなっています。
「エラー53」が発生する条件として「Apple以外のサードパーティーによって、ホームボタンを交換する修理を行った後に、iOS 9にバージョンアップした場合」というものがあることがわかっています。

iPhoneのホームボタンは昔から壊れる場所の代名詞みたいなところで、ホームボタンの
修理や交換部品が売っていて、自分で交換するのも半ば当たり前的な雰囲気になっていました。
そのぐらいiPhoneのホームボタンの問題は知られています。

iPhoneでエラー53というと、サードパーティーの修理屋さんによってホームボタンの修理を
行った場合ということが知られています。未だに壊れやすいiPhoneのホームボタンですが、
Touch IDが組み込まれてからもその壊れやすさは変わりません。まあ異常な程に一円でも
部品のコストを削るという事をやり続けている限りはこの傾向が消える事は無いでしょう。

問題はそれをサードパーティーに任せられないという事。
アップルストアや正規の受付窓口は十分というほど多いわけでは有りません。
修理の価格も含めると、非正規の修理屋が有ってこそという所が有ります。

そのエラー53を回避するには正規の窓口でなければ・・・というのが今回の記事の趣旨です。

取材で訪れていたマケドニア国内にはApple Storeがなかったため、やむを得ず地元の修理ショップに端末を持ち込んで修理を依頼。修理完了後は、特に問題もなくiPhoneを使えていたそうです。
その後、修理をしたことも忘れていた頃にオルモスさんはiOSをバージョン9にアップデートする通知を受け取りました。特に警告メッセージもなく、ごく普通のアップデートであったことから更新を開始したオルモスさんでしたが、その数秒後に画面に「Error 53」の文字が表示されて端末がロック状態に。その後は一切の操作を受け付けなくなり、文字どおりiPhoneが「お亡くなり」の状態になりました。

これ、今まで使えていたものがiOS9にすると何らかのチェックを行い、エラー53を出していると
いう事が伺えます。ということは、iOS8迄はホームボタンを変えても使えていたというものだった
ということになります。

しかしこのエラー53問題は実は以前からあったものです。
Touch ID(指紋認証)が調子悪い、壊れているときはアップデート・リカバリをしないように ~ オモロイことが好きやねん
この便利なTouch IDですが壊れると結構面倒なことになります。

成る程、Touch IDが壊れると出る事が有ったのですか・・・ふむふむ。


しかしそれだけではなく、ホームボタンが効かない状態でiTunesアップデートや復元を行うと起こるというものでした。
◆加古川でiPhone修理/iPad修理&買取専門店『SPICE』◆
まずiPhone6以降の機種で指紋認証が機能しない、ホームボタンが効かない状態でiTunesでアップデートや復元を行うと【必ず】不明なエラー53が発生しアップデートも復元も行えずリカバリーモードから復旧する事が出来ません。
故障条件によっては当店で作業を行う事でエラー53が出ることなくアップデート、復元を行える可能性がございます。

今回記事になったケースとどこまで関連性が有るのかは残念ながらこれだけの情報では
詰め切れませんが、冒頭の記事のケースでは普通に使えていたものをiOS9にアップデート
するとエラー53が発生するというもので、既にホームボタンが効いている状態だったと思われます。

この修理屋さんの記事ではiOSのバージョンが明記されていませんが、2015 12/21という記事の
日付と、iPhone 6の修理の記事という事で恐らくiOS9での記事かなと思われます。

この修理屋さんはどんな技術を持っていて、どんな方法で修理を行っているのかは分かりませんが、
もしiPhone 6 + iOS9でエラー53を回避できたのでしたら冒頭の記事は正解では有りますが、
必ずそうとも限らないということになります。


しかし普通に使えていたiPhoneがiOS9にして使えなくなったので、その事では修理屋さんの記事
ではカバーしきれていない内容とも言えます。

普通に使えていたiPhoneが修理履歴次第でエラーが出るようになるならば、それってアップルが
何かいらないチェックをかけている可能性も無きにしも非ずといった所も考慮に入れる必要が
有るのではないかなという気がします。

iPhoneを含む数々のデバイスを発売後すぐにバラバラにしてしまうことで有名な「iFixit」の技術者、カイル・ウェインズさんは「iFixitのサイトでは、『error 53』が18万件以上も閲覧されており、Appleユーザーにとって大きな問題になっていることがわかります」と現状を語っています。

エラー53が無視できない程の数が発生しているとの報告も有り、これアップルはどうするの?
って所ですかね。

このエラー53が出るチェックは安全の為にやむない事なのか、それとも安全を隠れ蓑にした
修理商法なのかは知る由も有りませんが、少なくとも壊れやすいハードキーを備えた端末が
サードパーティーの修理によってトドメを刺される事が有るという事実には変わり有りません。

アップルの正規店なんて、多くあると言える国は数えるほどしかないわけで、そんな状況で
頑張ってiPhoneを使っている人って勇気が有るなとしか思えません。

日本はまだ恵まれている方ですが、それでも修理は混雑しているという話が主流です。
アップルストアは予約していく必要が有りますが、予約無しでも受け付けてはくれます。
しかし予約無しで行く場合はそれなりに並ぶ覚悟は必要です。

Androidではホームボタンなどのハードキーはオンスクリーン化が進んでおり、ホームボタンの
ハードキー自体が消えていく方向になっています。一方iPhoneは未だにホームボタンが
ハードキーとして有りますし、Touch IDと併用という形でより酷使する方向へ進んでいます。
一番壊れやすいものが一番酷使されるようになっているのです。

防水性能的にもハードキーは私はお勧めではない最大の部品ですが、iPhoneでは
iPhone 7の予想図を見る限りではまだ残っている事になりそうです。
iPhoneユーザーのホームキー要因での苦難はまだしばらくは続きそうです。

関連記事
  1. 2016/02/08(月) 19:33:07|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27
<<Google、Android WearのAndroid 6.0アップデートを本日より開始、新ジェスチャー、スピーカー、音声コマンドの対応拡大 | ホーム | Chromerで複数のWEBページをフローティングバブル化して画面に置けるWeb Heads機能が追加されてとても便利に>>

コメント

誤:iPhoneで発表塞がりになる恐怖のエラー53、壊れやすいホームボタンにより起こる・・・が今でも少なくないホームボタンのトラブルとサードぱてぃーの修理屋さん問題
正:iPhoneで八方塞がりになる恐怖のエラー53、壊れやすいホームボタンにより起こる・・・が今でも少なくないホームボタンのトラブルとサードパーティーの修理屋さん問題

そのうちバッテリーも自力(正規店以外で)交換すると起動不可になるなんてやらかしそうです。
または、iphone7あたりから分解を検知して、専用の機器経由で認証を終えないと起動不可やら。
  1. URL |
  2. 2016/02/08(月) 20:04:23 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

新しい買えっていうことだよ!
  1. URL |
  2. 2016/02/08(月) 20:58:18 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

なんでホームボタンを勝手に交換されるとまずいのか、それは指紋認証モジュールが搭載されているからです。
指紋認証によるロックをかけてあっても、指紋認証モジュールを不正な(つまり合致していなくても合致したという結果を出すような)モジュールに
交換されてしまえば簡単に指紋ロックを突破されてしまいます。
そのため、指紋認証モジュールと本体(基板)が対になったものでない場合はエラーが出るようになっているのです。
そして、モジュール交換時にこのペアリング情報を書き換えることがApple以外の第三者にできてしまえば、それもセキュリティホールになります。
したがって、モジュール交換は正規修理店でしか行えない、ということになります。
  1. URL |
  2. 2016/02/08(月) 21:11:24 |
  3. kksm #-
  4. [ 編集]

>kksmさん
同じことをSRADで書いた人が居ましたねぇ
http://hardware.srad.jp/story/16/02/06/050240/

>今回のはサードパーティの修理業者が交換したために起きたわけじゃないとはいえ、
>ちゃんとやることはやってるんだなAppleって思ったんだけど、これ、指紋認証センサ
>搭載してる他のメーカーも同じ仕組み取り入れてるん?

これに対するAnonymous Cowardの容赦無い指摘
>>ちゃんとやることはやってるんだなAppleって思ったんだけど
>
>アップルの言い分を信じるならば、OSアップデートするまでの期間は盗まれ放題なんですが・・・

>あっ…(汗

つまり、本来はOS起動時にやるべきなんですよ。アップルの言い分を信じるならね(私は信じてないけど)
だから、これは体のいい勝手交換を封印する方法でしかないです。
  1. URL |
  2. 2016/02/08(月) 21:18:07 |
  3. Nexus #uCPF.7wc
  4. [ 編集]

それ容赦ない指摘というより、直前の文面しか見てない上っ面だけの指摘ですよ。

スラド読んでるんなら大元トピック内の文章に書いてあるでしょ「交換するとTouchIDが無効化される」って。
これがOS起動時のチェックによるもので、それで不正が行われかねない方法によるロック解除を無効化してると。
その場合ロック設定時に指定したパスコード入れてロック解除する必要があるから「盗まれ放題」にはならないんですよ。

で、OSアップデート時はそれとは別にアップデートするハードウェアの不具合をチェックしてその結果Error53を出している、ただそれだけの話。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 01:46:30 |
  3. kksm #-
  4. [ 編集]

その交換したらエラー53が出るのを回避している店をわざわざ紹介しているのに、
それがまるで存在しないかのごとく論を進めるのはどうかなと思います。
自らの意見に都合のいい所しか見ていないような気がしてなりません。

ただ私はTouchIDのハードを交換したらスルーできる事は脆弱性とは考えていません。
スマホにそこまで重要な情報は保存しないだろうという考え方からです。
セキュリティーを厳重化すると面倒になるだけです。
しかしどれだけ厳重化しても指紋認証が乳首レベルだとそれはそれで問題です。
その辺り、うぬぼれも含み、バランスがいい所で収まるのが一番ユーザー的には嬉しいんですよね。
厳重過ぎるのも、緩すぎるのも喜ばしくない事なんで。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 01:57:22 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

エラー53回避できる店はiOS9以降も対応しているんですかねぇ?
Appleによると専用サーバを利用した再ペアリングを行わない限り回避できないそうなので、
その店がエラー回避して復旧できると言う事は、ある意味凄いことかもしれません。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 09:40:19 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

読んでるので知ってますよ。そして素で忘れる(-1:どうでもいい)
ただ、ここのトピックはエラー53ですから。

じゃあ何でエラー53を出してまで文鎮化させるのか?

お話はここです。TouchIDを無効化出来るなら交換時に文鎮化させるべきでしょう? アップデート時に地雷を組み込む辺り、ロクでもない気しかしませんね。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 10:02:20 |
  3. Nexus #uCPF.7wc
  4. [ 編集]

べきでしょうって。
べきなの?アップデートすんな、でいいじゃん。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 11:28:13 |
  3. す #-
  4. [ 編集]

よそ

あの会社のやり口というか対応はまぁおいといて

よそはどうなのかなぁ?とかおもったり
あの会社よりずっとまえから指紋認証を搭載してるこの会社とか、
(ここのタブレットはあの会社と同じでホームボタンにつけてたよね)

最近端末の縁にある電源ボタンに搭載したその会社とか…

他にも指紋認証を搭載したのってあるけど
これらは部品故障に対してどうしてるんだろう?って思う
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 12:31:09 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

なぜ文鎮化させないか。「応急的に修理し、とりあえずパスワードでロック解除できるようにして中のデータをバックアップできるようにする」という考え方だってありますよね。「一発文鎮化で中のデータにはまったくアクセスできなくなります。かといってホームボタンの具合も悪いのでそのままの使用にも支障があります」という状態とどっちがいいのか。
特に全部よく読んでみれば「交換した場合だけでなく、どうもそのモジュールの具合がおかしい場合であっても発生する」という情報もあるんですから。
その状態で通常の起動時に文鎮化されたらたまりませんし、そうなったらそうなったでそれを叩く人が出てくるでしょうね。だからとりあえずTouchIDを無効化すると。

個人的には製造メーカー以外の第三者が修理したものは本当に正しく修理されているのかあやしいと考えていますので、まずサードパーティ修理業者で修理した人はその時点で自己責任、何があっても自分の選択が悪い、としか思ってませんが。メーカーの正規保証も切れますし、こういうことだってあり得ると言うことですから。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 16:52:42 |
  3. kksm #-
  4. [ 編集]

いつも楽しく拝見させて頂いてます。
P&Aといいます。よろしくです。

普通、指紋認証ユニットってただのリーダーなんですよね。
置かれた指の指紋パターンを取得出来るだけなんです。
(認証OK/NGを返しているわけではない)

なので、実際の認証はその指紋パターンを受けた
本体側で行っているハズです。
仮に不正な部品に交換したとしても
その指紋パターンが分からない限りは
認証を突破する事は出来ませんので、
セキュリティ上、問題になるとは思えません。

Appleのやり方はやり過ぎな気がします。
他社はそんな事ないと思いたいですね。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 18:18:21 |
  3. P&A #62/4nzbo
  4. [ 編集]

端末のロック解除だけでなく、Apple Payにも、つかてるからでしょうね。
脱獄しても、解読できないそうです。

ここがセキュリティホールになると、知らんうちに、購入されまくりになったり?

ただ、OSのアップデートで、エラーで止まるのは、どうかとおもいますが。

非正規に持ち込んだときに、ホームボタンを変えられると、ダメになります。
あとは、何もしてなくても、ホームボタンなどが、自然故障した場合も、そうなります。

結論としては、ホームボタン、指紋認証センサーは大事に扱おう!ということでしょうか。。


  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 22:02:43 |
  3. fly #jP1e52aw
  4. [ 編集]

確か僕はiPhone4までですね、ホームボタンの調子が悪くなったりしたのは。
3GSと4で一度ずつ記憶あり。
5からでしたっけ、一応ですがiPhoneのホームボタンの強度は劇的に改善されました。
(まあ個人的には毎年買い替えているのが大きいでしょうが…汗)
昔の、1年で調子が悪くなることがあるホームボタンは今思うとヤバかったです。
3年4年使うと今のホームボタンも調子が悪くなるんでしょうかね。
  1. URL |
  2. 2016/02/09(火) 22:43:18 |
  3. WLDX #-
  4. [ 編集]

この記事がでる少し前にappleが故障iPhoneも下取りするプログラムを始めています
タイミング良すぎですよねw
appleの儲けにならない非正規店での修理は故障扱いにしてこれを下取りに売り上げの落ちてるiPhone6sへ
と........
勘ぐりすぎですかねw
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 12:30:38 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

訂正
近く開始を予定しているでした
対象は5sから
ちょうどtouchIDを使い始めた機種からですね
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 12:40:59 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

なんか色々情報を見ていくと、やはり指紋認証ユニットが、どうも単純な構造のリーダーに、
アップルロックがかかっただけのもののような気がしてきました。

画面割れも対象、iPhoneを非正規店で修理すると使用不可に
http://mobilelaby.com/blog-entry-error-53-apple-iphone-can-not-be-use.html

どうもNexus7持ちさんが書かれているように、エラー53を出して再起不能にし、その端末を故障扱いで
回収を目論んでいる事までがセットのような気がします。

TouchIDのこの問題は、単純にTouchIDの各ユニットにユニークなシリアルを振っておき、
それをバージョンアップや復元時にプロセッサのセキュア領域か、アップルのサーバにある情報と比較して、
変更されていたらエラー53を出すだけの簡単なお仕事のように思えます。

アクティベーション時に部品のシリアルを読みだしたものを保存しておけばいいだけなので、
非常に簡単かつ確実なチェック方法と言えますね。

もしその通りなら、旧部品から新部品に付け替える時に、シリアルが入っているチップを新部品に
移植すればエラー53を回避する事が可能かもしれません。なんかもうAndroidのロム焼きで
prerootedを焼く勢いでイタチゴッコな作戦ですけど。

勿論事前にシリアルを保存しているとかは私の想像の範囲を超えませんが、私がすアップル側ならこの方法を取ります。
TouchIDのような、交換する可能性が高い部品に限ってそういう対策が取られている所からも、
これは単純にアップルが意図的に仕込んでいたサードパティーの修理屋潰し策じゃないでしょうか。

データの安全性云々は恐らく周囲の後付けの意見が広がっているだけのような気がします。
確かに副産物としてはいいメリットでは有ると思いますけどね。


中国への発売を去年より前倒しで開始したりと既に販売数減少対策を取ってたことも含め、
売り上げ減少に対する対策を、色んな所で準備していたと考えるのが妥当でしょう。
修理代すら貴重な収益源と考えるようになったのでしょうか。

勿論これは私の想像の域を出ませんけどね。
でも不自然なく色々と事情が繋がるなということは感じています。
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 16:18:57 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ロック解除や、支払いなどで、本人確認するのに使いたいから、指紋認証をいれたのが、元々でしょう。

解析されると困るから、特殊なペアリングをしたために、センサーを交換すると、指紋認証が使えなくなるようになってしまったが。
(元々は、解析屋を弾くためのものだが、一部の一般ユーザーも弾いてしまうために、問題になっている)

ただ、iOS 9へのアップデートで、エラーで止めるのは、どうかとおもいますが。。

それなら、それで、非正規で修理したら、どうなるかを、契約の時に、説明する義務があると思います。

個人的には、iPhone 修理の最大の理由は、ガラス割れだと思うのですが、早く、割れないガラスにして欲しいです。(^^;;
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 20:21:59 |
  3. fly #jP1e52aw
  4. [ 編集]

あと、元々付いていたホームボタンを、持ってきてくれないと、修理を受け付けない。という修理業者もいたようですね。

Apple から見ると、ホームボタンが交換されたiPhone が増えれば増えるほど、せっかく作った、指紋認証はもちろん、Apple Payも使えなくなります。

Apple Payは、使える国がまだ少ないですが、もし使ってくれたら、幾らかの手数料が入る。のに、ホームボタン交換されたiPhone では、Apple Payが使えない。
いわば、正当な商売を邪魔されているわけで、何らかの対策を打ち出しても、不思議ではないのかもしれませんねぇ。。
  1. URL |
  2. 2016/02/10(水) 22:35:45 |
  3. fly #jP1e52aw
  4. [ 編集]

> Apple から見ると、ホームボタンが交換されたiPhone が増えれば増えるほど、せっかく作った、指紋認証はもちろん、Apple Payも使えなくなります。
> いわば、正当な商売を邪魔されているわけで、何らかの対策を打ち出しても、不思議ではないのかもしれませんねぇ。。

いや、Apple Payを使わせたいのならTouch IDを交換したiPhoneを「使えないように」するのではなく、そのまま「使えるように」しておけばよいだけでは?
  1. URL |
  2. 2016/02/11(木) 03:24:17 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

正規店で修理しろ(そして金を落としていけ)というメッセージにしか見えません。
さらに53という数字。ゴミ?
  1. URL |
  2. 2016/02/11(木) 06:31:29 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

エラー53がゴミとかそういう意図があるとはとても思えない(米国企業ですからね)ので、数字と略語の組み合わせから、5[JKL]-3[DEF]をぼーっと眺めてみました。
例:Kill Finger(KF→53)説:指だけじゃない全般のエラーだから不適当?

私はLock for Disassembly(分解が理由のロック)(LD→53)を提唱してみます。

他に語呂合わせとして、英単語長を利用する場合もあるらしいので、5文字-3文字で意味有る組み合わせを考える……のは時間の無駄ですねw
  1. URL |
  2. 2016/02/11(木) 10:34:03 |
  3. Nexus #uCPF.7wc
  4. [ 編集]

53だからゴミというのは冗談です。
たとえば13だったら、アメリカでは不吉な数字としているので、
そっちの角度からいろいろ確認してみましたが、特に何も該当はありませんでした。
エラー表は通常、メーカーが独自に抱えているでしょう。httpError403など、国際規格に基づくものは除きますが。
なので特に意味はないと思います。それでも「許可無く分解しやがったなこのやろう」という意志は感じます。

今後、もしかするとフロントパネルに接触するスイッチを埋め込んで、一度でもスイッチがオフ(押し下げるものがなくなった)にされたのを検出して起動不能エラーを出すようにするんじゃないかと勘ぐってしまいます。(専用の機器で認証するまでエラー解除不可)
もちろん、本体落下などで誤動作しての誤爆エラーは既定路線としますが。
  1. URL |
  2. 2016/02/11(木) 13:58:10 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

よく見つけたなあ、と感心してるところです。
『iPhoneで「1970年1月1日」に設定すると使用不能に? 実際に試してみた』
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1602/12/news125.html
  1. URL |
  2. 2016/02/12(金) 19:09:58 |
  3. die #-
  4. [ 編集]

起動不能バグですね。
新規に発生したらしく、9.1では発生しなかったそうです。
  1. URL |
  2. 2016/02/12(金) 20:05:41 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

>>dieさん
OS Xに放置された脆弱性、root権限を取得される恐れ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1309/02/news024.html

>sudoの認証回避の脆弱性は3月に報告されたもので、時刻を1970年1月1日に設定することにより、パスワードを入力しなくてもroot権限を取得できてしまう恐れがある。
>特にOS Xなどでは危険が大きいと指摘されていた。この脆弱性はsudo 1.8.6p7と1.7.10p7で修正されている。

むしろApple的には二番煎じって感じのネタですよ
  1. URL |
  2. 2016/02/13(土) 23:44:37 |
  3. Nexus7持ち #-
  4. [ 編集]

あれ? 指紋認証の付いているAndroid端末の方が
ずっと大問題だと思うけど。
どこで修理するんだ? 電子決算に使えないじゃん。
  1. URL |
  2. 2016/02/16(火) 00:11:44 |
  3. 玉ねぎ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6572-0d0b101a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。