鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

手持ちのZとGXでAndroid 6.0.1とAndroid 4.4.2のセキュリティーやらアプリでの使い勝手を比較しながらチェック

昨日記事にしたSO-02Eを手に入れて触っている件についてです。
まだ数日しか触っていませんが、何となく見えてきた所が有るので記事にします。

普段からここを読んでいる方には今更ですが、念の為に比較環境を書いておきます。
検索で飛んでこられる方もおられますし。
ちなみにえらく古い機種を使っていますが、この記事は2016年の1月の記事ですから誤解の無きよう。

【SO-04D】
 CM13 (Android 6.0.1_r3 2015/12/26リリース)
 Snapdragon S4 PlusMSM8960 1.5GHz (Krait×2コア)
 RAM 1GB / Dual-channel 500 MHz LPDDR2
 eMMC 16GB Version 4.41 100MB/s(DRモード)

【SO-02E(ドコモ標準状態)】
 Android 4.4.2
 Snapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHz (Krait×4コア)
 RAM 2GB / Dual-channel 533 MHz LPDDR2
 eMMC 16GB Versionは4.5 200MB/s(HS200モード)

まずはセキュリティーについてチェック。

■SO-02E(Android 4.4.2 [ドコモ標準状態])
■SO-04D(CM13/Android 6.0.1_r3 [2005/12/26])


今一番ポピュラーになっている、間のAndroid 5.xが無いのがアレですが、とりあえずこんな感じ。
Android 4.4.2の方はもう壊滅的ですね。ちなみに初めは4.1.2が入っており、それでチェックしても
このアプリでは同じ結果になりました。補足情報。


では実際にブラウザにどう反映されているのか。





上のSO-04D + Android 6.0.1はどこからどう見ても完璧です。
Android OS内部のWebViewを利用する場合も、Chromeの機能を利用する場合も、
オールオッケーの安全状態です。

ちなみに前二つがChromeの機能を利用して表示しているもので、後ろ二つがWebViewを
利用して表示するものです。なので、古いAndroid OSでもChromeさえ動けばChromeとそれを
利用するChromerでブラウジングする場合には最新のセキュリティーでガードされています。
上記の結果からもそれが良く分かると思います。

Chromeがセキュリティーのカギという訳ですね。
ちなみにChromerはChromeのカスタムタブを利用するブラウザで、基本的にウェブの表示機能は
Chromeそのまんまです。機能が少ない分軽いです。ぱっぱと表示されるので、ちょっと開いて
すぐ閉じる分にはChromerを私は使っています。
先日の記事でChromerがv1.4でプリフェッチに対応したという事で、「無駄読み」が発生するんじゃないの?
ってツッコミをコメ欄で頂きましたが「先読みをWiFiオンリーに限る」設定が有るので、モバイル回線
時に無駄アクセスをする事を防げますので問題ないです。

とりあえずWEBのセキュリティー関係はこんな感じ。
Android 4.4.2での結果は今一つですが、回避策も有るという事で。



では上記のコンピュータ部の性能差がどう響くのか。
実際の動作で確認出来てきました。
分かり易くて初めに気付いたのはTwitterの標準クライアントを使っていた時です。

Zの方が明らかに重いです。
最近色んなコンテンツがツイートされており、画像等もよく張られています。
そういうのをどんどんスクロールしていくと、Zの方は明らかに重い。
コンテンツ類が多く張られていると操作感がちょっと不快な感じ。
※ZでのTwitterの話は裏で何かが動いていたみたいで、
  後でやったら不快な程重いという程では有りませんでした。
  スクロールのスムーズさではGXの方が上で、Zはちょっと引っかかりがあるという感じです。

一方6.0.1のGXの方は軽い。
すっすっとスクロールしていきます。
これがARTとDalvik VMの違いです。
その差がモロに出ましたって感じです。
RAMの速度もストレージの速度もZの方が速く、容量も大きいのですが、しかしARTと
Dalvikの違いはこういう所で効いてきます。

ただしガンガンと使っている時、アプリの切り替えなどを頻発するような状況では、
さすがにRAMも多くてオンメモリ状態で作業が出来、しかもストレージにアクセスを
してもGXの倍の速度のZの方が快適です。
アプリをどんどん切り替える場合、Zの方が圧倒的に有利です。

つまり大量のメモリを一気に扱う状況が発生した時はZの方が有利になります。
RAMやストレージへのアクセスがある程度の範囲に収まり、演算量が増える
状況の時はGXの方が有利と分かり易い結果になったと思います。

これは古い端末での比較なので分かり易く顕著に出てくれましたが、基本的には
最新の端末でも同じ事が起こります。RAMが足りなければそこでストレージアクセスが
入るのでそれでウエイトが発生しますし、演算が必要な時は演算が得意なプロセッサが
速かったりします。しかしその端末が必ずしもRAMやストレージへのアクセスが速いとは
限りません。


また別の例ですが、例えばiPhoneはカクツキが無くスムーズなスクロールなどをする
とかいう方もいますが、例えばiPhoneのウェブブラウザでのスクロールはとても遅いです。
ウェブブラウザはとにかく大量のメモリへのアクセスが必要なので、速いスクロールを
許可すると、そのアクセスが間に合わなくなりカクツキが発生しやすくなります。

なのでそれを隠す為にiOSのブラウザは基本的にはスクロールに強いブレーキを掛ける
ようにして表示が乱れるのを防ぐようにしてあります。何が得意で何が不得意なのか、
それをよく研究した結果だと思います。


とりあえず現状での手持ちのGXとZの比較は上記のとおりです。
Zはしばらくはサブ端末として純正状態で堪能した後、色々遊びたいなと思っています。
セキュリティーもChrome関連を使っている限りは特に問題なさそうですし。

関連記事
  1. 2016/01/13(水) 00:29:11|
  2. Android
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<授業中にゲームをして、先生にiPhoneを取り上げられて教室から飛び降り自殺を図る学生 | ホーム | 【驚愕!】ソフトバンク、紙の資料を配布する!!>>

コメント

誤:Andriid 5.x
正:Android 5.x

Rooted、OSの非正規保守性で選ぶとは鈴さんらしいですね。
こっちもWi-FiモデルズルトラをRootedしてみようかな。

そういえば一部ブラウザでも「自動で画像を読み込む」設定でモバイル回線利用時を除くってあったな。
その手の設定がChromerにあったのですね。
補足ありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2016/01/13(水) 06:20:37 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
正規のストックROMの安心感も捨て置けないメリットなんですが、
やっぱり最新ROMへのリーチを考えると、このラインを置いて他は無いんですよね。
現状お世話になっている赤星氏に着いていくのがベストだと思ったのと、
もしお役にたてる事が有るなら立ちたいなという事も有りまして・・・。
  1. URL |
  2. 2016/01/13(水) 16:36:46 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6512-ef681192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。