FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【驚愕!】ソフトバンク、紙の資料を配布する!!

なんと、事も有ろうか。
ソフトバンクがプレゼン資料を紙で配付しているという事案が発生。


以前ソフトバンクの発表会か何かで、「ソフトバンクの発表会の資料を今後はデジタルデータで配信する。
みんなiPadを買って持ってこい」みたいな内容を孫正義氏が壇上で言った事がある。

さてみんなiPadを持ってくるようになったのか。
まあ一部の信者は持ってきていたのかも知れない。
しかしリアルタイムでツイートする系の方達は、相変わらずキーボード付きのPCを持って行っていた
みたいだし、そもそも紙メディアがゼロで困らない状況に出来ていたのかも不明。
紙メディアが招待状を含んで本当にゼロだったのかは定かではない。

更には孫正義氏はソフトバンク社内でのペーパーレス化を宣言。
また30年後には紙の新聞なんて有り得ないよね~~~とぶち上げる始末。

「紙の新聞なんて100%ありえない」孫正義氏が描く“30年後”のメディア事情 ~ ログミー
ソフトバンク・創始者の孫正義氏が描く30年後の未来。孫氏はデジタル情報革命によって「紙媒体が無くなる」「字幕式翻訳メガネが登場する」など、あらゆるライフスタイルが変化していくと語りました。

紙を使うものは人間ではない? ペーパーレスは実現可能か ~ BLOGOS
「2週間前に社内で無謀な宣言した。社内業務でペーパー、コピーは一切許さんと。社内で紙を使う者はもう人間ではない」

まあこれは、「誰か言いだしっぺが言い出したら世の中がそう動く」という、ファッション業界では
有り勝ちな手法をITの世界に持ち込んだだけの陳腐なやり方でしかないのだが、世の中の反応は
全く相手にしていなかったと言える状況。

ソフトバンク社内がペーパーレスとか新聞が電子化するとか、「やりたい人だけ勝手にやれば?」
状態で、ほぼ忘れられてしまった形となりました。


ちなみに私は紙メディアは優れたメディアと考えています。
薄くて軽くて携帯性に優れ、色んな形に変形して水には弱いが乾かせば原状復帰は可能。
電源を必要とせず視認性に優れ、書き換え不可で改竄すればそれを検証する事も出来る。
光センサーでの読み出しに対応するが、エンコードの問題で読みだせないなんて事は無い。
その気で保存性を高めれば数百年どころか、千年以上保管が可能。
基本的には読み出し専用だが、追記も容易で、必要な所だけ切り取ることも容易。
デジタルメディアとカタログ性能で競い合うと強すぎるとしか言えないでしょう。


孫正義氏はこのメリットを持つメディアが30年と経たずに消えていくと豪語していたのです。
紙メディアが使用されているのはデジタルメディアの容量のみが不足しているからであり、
容量問題が解決すればデジタルメディアしか使わなくなる的な論調を繰り広げていました。

しかし私は紙には上記のようなメリットが有り、何百年や千年単位で使われてきたのは
伊達ではないと考えています。

最後に昔書いていた紙メディア関連の記事をリンクしておきます。


当ブログ・紙メディア関連記事
 〇電子書籍、新聞、雑誌
 〇紙メディアが証明した事実
 〇iPadはやっぱり落ちてきているんですね
 〇Googleの副社長が何でもかんでもデジタル化される今の時代を「デジタル暗黒化時代」と嘆く

やっぱり紙最強ですよ。
PCの発展の歴史は如何に紙に印刷するかという所がベースになっていると思います。










この記事と直接関係ないですが、記事を漁っていたらこんなのが見えてちょっとほっこり。
証券取引法ヽ(´ー`)ノバンザーイ。



関連記事
  1. 2016/01/12(火) 19:58:07|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<手持ちのZとGXでAndroid 6.0.1とAndroid 4.4.2のセキュリティーやらアプリでの使い勝手を比較しながらチェック | ホーム | Xperia Z3+はAndroid 5.1.1を飛ばしてAndroid 6.0にアップデートされる模様>>

コメント

誤:何百年や専念単位
正:何百年や千年単位

CD-RWの規格を決めるオレンジブック会議の時だったかな。
締めくくりにこんな話がありました。

今は人類が滅んで100年が経過した地球。
地球に降り立った知的生命体は地球に生きていた生命の痕跡を探りました。
最初に見つけたのはHDDやCD。
これは劣化がひどくて使いものにならない。
次に見つけたのは紙です。
これは劣化してるもののなんとか読み出せる。
そして、完全な形で読み出せる媒体を見つけました。
それは石版です。
同席した人は苦笑しながら席を立ちました。

これが現実なんですよね。
小さく情報量が多いものほど反比例して物理的には脆弱。

あとこれ投下しときます。

ソフトバンクグループ
TYO: 9984 - 01/12 15:00 JST
5,528.00Price decrease167.00 (2.93%)
夏を待たずに5000円切りそうです。

時価総額200兆円、やろうと思えば可能ですね。
株式を20兆株くらい発行して一株10円。
1株あたりの価格は度外視して安売り。
「嘘はついてない」ことになれます。禿お得の恒例言葉遊びに付き合いたいならどーぞどーぞ。
  1. URL |
  2. 2016/01/12(火) 20:15:41 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

紙といえば
エプソンが企業や自治体など事業所向けのプリント済み用紙のリサイクルマシンを開発
http://www.epson.jp/osirase/2015/151201.htm


  1. URL |
  2. 2016/01/12(火) 23:31:54 |
  3. 英雄 #qx6UTKxA
  4. [ 編集]

個人的にはデジタルメディアが普及してほしいし、普及すると思ってます。
・読むときに拡縮が自由
目が悪い私にとっては、世界が広がるできごとでした
・遠隔地の親戚に渡すのが簡単

単行本は紙を買いますね
・紙媒体は家族に貸すのが簡単
・電子書籍と価格は大きく変わらないのに、売却できる

どちらの良さを取り込むのが楽そうか?便利そうか?と考えたときに、
電子媒体の方が良いなーと思っています
  1. URL |
  2. 2016/01/13(水) 13:24:11 |
  3. こっそり #mQop/nM.
  4. [ 編集]

実は重力とは神の力です。

実は、紙の本当の弱点は「重さ」だったりします。
たとえば大きさにもよりますが、大きな段ボールいっぱいの紙を持ち上げてみてください。
かなり苦労するか、下手をすると一人では持ち上がりません。

因みに、最強の金属である「鉄」の最大の弱点はやはり「重さ」だったりします。
実は人間の最大の敵は重力(質量)なんですよね。
  1. URL |
  2. 2016/01/18(月) 03:57:23 |
  3. 故思我 #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

我らがソフトバンク、株価がエラいことになってます。

ソフトバンクグループ
TYO: 9984 - 01/18 15:00 JST
5,111.00Price decrease437.00 (7.88%)

明日にも5000円切り・・・か。
カチ上げ部隊がどれだけ踏ん張れるかが運命の分かれ目です。(カチ上げ部隊のスタミナ消耗戦とも言いますが)

情報の量と保存性のバランスというのは落とし所が難しい問題なんですよね。
保存性に優れたものはすでに証明されています。
石版。
体積あたりの量に優れたものは、現時点である程度証明されています。(コストは判断基準外)
SDカードなどの駆動部品を持たない記録媒体。

SSDなど含めて、駆動部品なしの記憶装置って、磁気ディスクより保存性が脆弱なんです。
不揮発性メモリ、と言われていますが、実際には数ヶ月~年単位の間通電しないと、揮発してしまうのです。あくまでも高速RAMに比べて(速度は遥かに劣り)不揮発を実現したに過ぎません。

人類が滅んで、知的地球外生命体が地球に降り立った時、SSDは読み出し不可能な状態になっているのは間違いありません。
HDDやCD/DVD/BDですら、人類が決めた規則に従った情報の蓄積手段ですから、フラグメント化した状態では規則を知らない生命体では読み出し困難です。
Googleの関係者が今の時代は空白の時代になるといったのは「(人類がいますぐ滅んだとして)生きていた痕跡」が残りにくいからです。

別に石版がいいとも、電子データが悪いとも言いません。
新聞のような時事、鮮度が命の情報は転送速度に優れた電子データ。(バックアップで紙)
契約の証跡など保存性が命の情報は最低でも紙。(バックアップ兼アクセスに優れたデータ化も有効)
考えも使い分けもせずにいっときの迷いで統一するのは愚か者の発想です。
  1. URL |
  2. 2016/01/18(月) 20:32:57 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6510-29803727
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。