鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

CES2016で山盛り出てきたAndroid関連端末

CES2016で色々なものが発表されましたが、Android関連のものも多くは発表されました。

カシオ、アウトドア向けAndroid Wear搭載スマートウォッチ「WSD-F10」。7万円 ~ AV Watch
カシオは、米国ラスベガスで1月6日(現地時間)より開幕するコンシューマエレクトロニクス展示会「CES 2016」の開幕前プレスカンファレンスにおいて、タフネス仕様のAndroid Wear搭載スマートウォッチ「WSD-F10」を発表した。米国では500ドルで発売する。日本では3月下旬発売で、価格は7万円。カラーはオレンジ、ブラック、グリーン、レッドの4色。
山登りや自転車、釣りなどアウトドア向けのスマートウォッチ。50m防水で、米国の軍用基準であるMIL-STD-810に準拠。GPSを活用した山の地図などさまざまなAndroid Wearアプリを利用できるほか、気温や気圧、コンパスなどのセンサー類も装備。日の出や日の入り時刻なども確認できる。フィットネスアプリのRunkeeperなどを使ってランニングやサイクリング、ウォーキングなどの運動にも利用できる。

カシオ初のAndroid Wearスマートウォッチは登山に釣りに大活躍の予感:CES 2016 ~ engadget日本版
Smart Outdoor Watchは、カシオ初のAndroid Wear搭載スマートウォッチです。アウトドアなどのタフなシーンでも持ち出せるよう、5気圧防水のほか米軍の物資調達規格 MIL-STD-810Gに準拠。落下や振動などさまざまな環境下の試験をクリアしています。

CES 2016 : ニューバランス、GPS内蔵のAndroid Wearスマートウォッチをホリデーシーズンに発売 ~ juggly.cn
スポーツブランドのニューバランスが CES 2016 イベントで今年のホリデーシーズンに Android Wear スマートウォッチを発売すると発表しました。


CES 2016 : Kenwood、カーステレオ 4 モデルでAndroid Autoをサポート ~ juggly.cn
Kenwood が CES 2016 イベントで、Android Auto 対応モデルを含む 15 機種の車載用マルチメディアレシーバー 2016 年モデルを発表しました。
Kenwood は昨年から自社のカーステ製品で Android Auto をサポートしているのですが、今年は昨年の 2 モデルから 4 モデルに対応を拡大しました。

Google、Google Cast for Audio対応スピーカーにもマルチルーム機能を提供へ ~ juggly.cn
Google が自社の公式ブログを通じて、2016 年中に Google Cast for Audio に対応したデバイスにもマルチルーム機能を提供する予定だと発表しました。

CES 2016 : Polaroid、Androidを搭載した新型スマートフォン「Power」と「Snap」を発表 ~ juggly.cn
現在、米国・ラスベガスで行われている CES 2016 イベントで、Polaroid ブランドの新型 Android スマートフォン「Snap」シリーズと「Power」が発表されました。これらは Polaroid 自身が発表した製品です。

CES 2016 : Polaroid、Androidと繋がる次世代のインスタントカメラ「Snap+」を発表 ~ juggly.cn
カメラ・写真用品メーカーの Polaroid が CES 2016 イベントで “次世代のインスタントカメラ” 「Snap+」を発表しました。
Snap+ は ZINK フォトペーパーによるプリント機能も備えたデジタルカメラで、撮影した写真をカメラ本体の 3.5 インチタッチパネル、または Android アプリで加工・編集して、その場でプリントすることができます。

ぱっと目についたものでもこれだけ有りました。
この他にも探せばもっと色々有ると思いますが、今まではスマートホンとタブレットが
Androidを利用した端末の主役でした。

どうやら2016年はAndroidを搭載した端末、Androidのスマホなどと繋がる端末がかなり
色々出てきそうな雰囲気です。つまりはAndroidの環境にぐっと幅が出てきそうな予感です。
この中で便利なもの、使い物になるものはどんなものが有るのか、その辺りはまだ分かりません。
どれが生き残るかというともっと未知数です。

しかしながらAndroidの世界が広がる事だけは確かなように思います。
それはAndroidが元々スマホやタブレットだけを目的としたものではなく、もっと広く利用される
事を想定していたということに尽きると思います。

競合OSの中ではWindowsがこれに近い所にいるとは思いますが、Android程柔軟ではないと思います。
勿論WindowsはATMや電車の駅の電光表示等、意外な場所で使われているぐらいですから、
もっともっといろんなところで使われているでしょうし、今後も使われるよ思いますが、それは
スマホなどを使っているエンドユーザーではなく、どっちかというと企業が使っているイメージ。

Androidはもっと一般のエンドユーザーに近くて軽い場所。
例えばTVやビデオ等、そういった場所へ広がっていくだろうことが今回の発表で示されたと思います。


その中で上記の6つの記事の内の上3つはAndroidWearの記事。
両方とも今までのいかにもなスマホを出しているメーカーとかではなく、ランニングウオッチや
GPSウオッチを出しているいるメーカー。特にカシオはGショックシリーズと世界的にも通じる
ブランドを持っています。二つの記事を載せている一つはそのGショックです。
勿論ニューバランスもランニングをっちを出しています。


で、Gショックなんですが常時表示が出来ないというスマートウオッチの弱点を克服してきました。

ディスプレイは、時計用のモノクロ液晶とアプリ用のカラー液晶の2つの層を持つデュアルレイヤータイプ。
カラー液晶の解像度は320×300ドット。

時計用にモノクロレイヤーを重ねてきました。
スマートウオッチの問題である常時表示の問題をデュアルレイヤーで解決です。
今まで抱えていたスマートウオッチの問題を日本のメーカーが解決してきました。
ただ実際い見てみないと本当に問題が解決できているレベルなのかはわかりませんが。


何はともあれこれから色んなAndroid関連製品が見られそうです。

関連記事
  1. 2016/01/11(月) 19:35:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<iPhone 4sにiOS9を入れたらクソ化したという事で集団訴訟 | ホーム | LenovoはWindows 10の共通仕様のハードウエアのThinkPad 13 Chromebookを発表>>

コメント

G-Shock、タグホイヤーに焦りを感じたのか、Apple信者たちは相当焦りを感じてるようです。
必死にバッシングして排除する投稿を繰り返しているのがその証拠。

ただしiPhone5cの後継、6cまたは5eの具体的な情報が出始めて、信者たちからもさすがにがっかりな声が出てきています。
ぼちぼち信心も薄れてきて、一般市場はもはや飽和。
崩壊は目の前に迫っているのかもしれません。
  1. URL |
  2. 2016/01/11(月) 21:07:17 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

さすが本物

カシオのWSD-F10はG-Shock等のノウハウ満載ですからマジ欲しくなりましたね。(3万円くらいなら即買いしそう)
なぜ腕につけなければいけないのかが解ってる。電池の持ち具合も。これが本物と偽物(林檎)の決定的な差です。
  1. URL |
  2. 2016/01/12(火) 00:35:20 |
  3. 京 #Qi8cNrCA
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
そりゃ腕に付けるデバイスのなんたるかを知っている両社と、腕に小型パソコンをそのまま着けてやれの発想のアップルじゃ話になりませんな。
必要な情報の常時確認や、ぜい肉を落とし切った情報の表示ツールに徹する必要が有ると理解出来ているのか否かでは
仕上がりがこうも違うのかと・・・w

>京さん
そうそう。
「なぜ腕につけなければいけないのか」なんですよね。
情報は身に近づくほど洗練されていなければ邪魔になるって事をカシオは長らくの時計屋としてきちんと理解しているんですよね。
コンピュータ屋を卒業しないままこの分野にやってきたアップルは「山盛り情報を腕に持ってきたよ~」ってやれば喜んでもらえると
思っているから垢抜けないままなんですよね。
  1. URL |
  2. 2016/01/12(火) 17:37:18 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

カシオのWSD-F10は物理ボタンが右に三つって言うのが良いですね。
Moto360でストップウォッチ アプリを自作して(自分の要求仕様を満たしたのが無かったので、自作するしか無かった)使っていますが、
やはり画面をタップするのは使い勝手としてはイマイチなので、期待大(アプリ側でコントロールできるのなら)。
それから充電端子が横というのは良いですね。充電しながらでも使えそうですし。
そして目玉の二層ディスプレイ。
一ヶ月バッテリの持つタイムピースモードだとアプリ側で制御できなさそうですが、
シアターモードであれば大丈夫な気がします。
SDKが早く公開されないかしら...
  1. URL |
  2. 2016/01/13(水) 10:26:26 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6507-2a237777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。