鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

サムスンがスマートウォッチGear S2をアップデート、しかしTIZENで動くソフトは存在しているのか?

Samsung、Gear S2の最新アップデートで様々な新機能を追加 ~ juggly.cn
Samsung が Tizen スマートウォッチ「Gear S2」に最新のアップデートで Gear S2 の利便性を高める様々な新機能を追加しました。

サムスンがGear S2の最新アップデートで色々な新機能を追加したということです。
Gear S2はあのTIZENで動作しているスマートウォッチ。

スマホではほぼ壊滅状態のTIZEN OSですが、スマートウオッチで細々と生きています。
確かにミニマム用途の軽いOSであり、スマートウオッチとの相性がいい事は理解できます。

しかしTIZENのOS自体、マイナーも超マイナー。
どんな機器のOSでもその上で動くソフトが無ければ利用価値はゼロです。
ドマイナーのTIZEN OSでしかもリンクできるTIZEN OSのスマートホンは有りません。
となるとGear S2向けにアプリを開発してくれる企業は無いに等しいでしょう。
個人もどこまで期待していいのやら・・・。

私はこの事でサムスンはスマートウオッチの世界ではそもそも存在感どころか、
存在すら危ないだろうなと思っています。スーパーを付けていいほどの判断ミスですね。

素直にAndroid Wearで作っておけば、まだフォローのしようは有ったものを・・・。
自ら繋がりを捨て、ガラパゴス化の道を選んだ奇異な企業でした。

まるで日本の総務省や、いつぞやのドコモみたいなものですかね。
最近はドコモですらここまで酷い事はないと思います。

関連記事
  1. 2015/12/06(日) 22:23:13|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<Xperia Z6世代は4.0/4.6/5.2/5.8/6.4インチの5機種との情報をAnTuTuがお漏らし、但し正式にこうなるかどうかは不明 | ホーム | TAG HeuerのスマートウォッチConnected、大量の受注で米国でオンライン販売を一時中止>>

コメント

田中社長が酔狂で販売した「Fx0」にちなんで、動きがありました。

「Firefox OS搭載端末の開発・販売終了」報道にMozillaエンジニアがコメント
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20151209/Itmedia_news_20151209026.html
> グランドン氏はコミュニティグループでの発言で、「Firefox OSの開発は続けるが、その目的は当初とは異なるものになる。キャリアによる商業販売ではなく、多様な接続端末のためのプラットフォームとして使う計画だ。Firefox OSのβテスターはこれからも非常に重要なので、このOSの使用とテストを続けてほしい」と語った。

PCの世界でいう、UNIXみたいになりたい、ということなのでしょうか。(このままいつのまにかFade Outしそうな雰囲気もありますが…)
  1. URL |
  2. 2015/12/09(水) 20:44:50 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

>壱さん
うわーーっ、これなんか「AかBか」の後始末CMっぽい言い訳ですね。
「多様な接続端末のためのプラットフォーム」ってどういう意味で言っているのでしょうかね。
いまいち言っている意味が分かりません。

何よりも、Firefox OSの端末を買ったユーザーをβテスター扱いしたのは万死に値する気がw
バージョン2まで出ているのにβ版から抜け出してなかったのかよって・・・。
  1. URL |
  2. 2015/12/10(木) 18:00:33 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ちょっと失礼。
好意的に捉えてみた結果、こう受け取れます。

>多様な接続端末
カラオケシステムはAndroidが使われているそうです。
故障してもクリティカルなことにならない端末の例です。
他にもLoppiや博物館の電子案内画面のようなタッチパネルベースのシステムへの参入を狙っていると見ました。

>Firefox OSのβテスター
メジャー新バージョンを出すにあたって、ベータ無しでリリースってするものでしたっけ?
メジャー新バージョンのβテスターなしでリリースしたらそれこそ大惨事かと。
(主に通信キャリアで採用実績のある)KDDIには、ベースシステムを感じさせない(通信を行う情報)機器に導入するβテスターとして継続取引して欲しい。(KDDIから主に企業向けで提供する据え置き型システムのテスト)

と解釈できました。

で、ここでバッサリ切らせていただきます。
Androidベースでありながら別システムというクセのあるベースシステムを採用するメリットは、ハッキリ言って無い。
開発者が、果たしてブラウザプラグインのような作りで動かすシステムに載せるアプリのノウハウをどれだけ醸成できるでしょうか?
今や珍しいCOBOL開発者みたいなニッチ分野に収まるかと。
Firefoxブラウザプラグインの開発者やノウハウは百歩譲ってメジャーだとしても、アプリとして機能させるのはどうでしょうか。
おそらく希少種になるでしょう。

とまあこんな感じで持ち上げた後にバッサリしてみました。

ちなみに、Win7でもAndroidでもLinuxでもChromeとFirefoxを使っています。
どちらも重宝しています。
ですが、Firefoxとして動くシステムまで使いたいとは思いません。
  1. URL |
  2. 2015/12/10(木) 20:10:38 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
>メジャー新バージョンのβテスターなしでリリースしたらそれこそ大惨事かと。
世界中で毎年9月から壮大なβテストを行う林檎屋なんて企業も有りますよw
  1. URL |
  2. 2015/12/10(木) 22:47:31 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

個人的な印象として、AndroidWearは今のところメリットがあるOSではないと思います。アプリ自体もほぼ硬直化していて、便利にあつかえるアプリもほとんどでていませんし。酷すぎる4.4時代から5.0でかなりまともにはなったのですが。
正直スマートウォッチOSとしてのできならTizenのがまだ上といっていいと思うというか、サードが集まってるかどうかが現状ではあまり差になってないように感じます。これはAppleWatchも同様ですが。腕時計から、たとえばカレンダーや今日のスケジュールを見るだけでもAndroidWearは未だに操作量が多すぎて腕時計UIとしてはいまいちです。Tizenはリングをまわすだけでカレンダーやリマインダーなどのウィジェットに即切り替えられるので、実質アプリまでわざわざいかなくとも大抵のことが出来る仕様ですし。そもそも腕時計からアプリをわざわざ使い分ける必要って現状薄いんじゃないかと思ってます、そこまでする時点でスマホ使えばいいってことになるので。

AndroidWearが他を圧倒できるのはおそらくGoogleサービスが使えることですが、これ自体まだ開発状態がいまいちですよね。乗り換え案内も未だに腕時計画面では確認できませんし(ナビは使いやすいと思いますが)、Gmailすら現状連携してません。AppleWatchがいまいちなこともあって、Google自身がAndroidWearに未だにノリ気でないように感じます。ほぼGoogleNow専用機な気がします。
なのでスケジュール確認やメモ確認、歩数確認などへ即アクセスできる単純な実用性だけに振ったGearS2は今の時点ではそこまで悪くない気もします。AndroidWearはウィジェットや外部ノブへの対応はどうしても必要になってくるんじゃないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2015/12/10(木) 23:48:26 |
  3. abc #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6444-3955b5f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。