鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

【#Xperiaアンバサダー[Z5/10]】Xperia Z5冷凍庫AnTuTuの巻、カメラ関係の不満、人気ゲームを試す、Z3の方が速い(?)の秘密の解説⇒解決法(微修正編集)

この記事はXperiaアンバサダープログラムのモニター企画でお借りしたXperia Z5(SOV32)を使用して書いています。

【Z5(シリーズを)買った人は概ね満足し、買ってない人は爆熱と叩く】
Z5を使い出し、早二週間が経ちました。
その間には色々と日々のドラマが有り、普通の生活も有ります。
当然ネット界隈も色々と見ています。

思うに買った人はなんだかんだと不満点を言っていたりしても、それは細かい部分の事がメインで、
Z4のような加熱や遅いなんてことを言っている人はまず見かけません。
そうでない人が爆熱とかそう言って煽っているだけだなと私は感じます。
そのZ4でもきちんと処理すれば十分快適に使えるのですし。


実際使っていて熱くないしね。
昨日試しにAnTuTuベンチをまた動かしてみました。
最高速を目指そうと、冷凍室に入れて動かしたら・・・逆に遅い結果に。
冷蔵室の方は試しませんでしたが、外に出して二回目のテストをやってもまだ記録が伸びない。
端末が室温並に戻ってきてから放熱のいいガラステーブルの上で動かすと[01]の記事で計測した
一番目位の記録に近い値
が出ました。勿論64bitでの計測です。

◎冷凍庫でキンキンに冷やした状態(60792)
◎常温に戻した状態でガラステーブル上(64104)


冷やせば電気抵抗が減るので高速化するのかなと思えば、とにかくキンキンに
冷やせばいいってものでもないみたいです。冷凍庫は今の気温が低いから出来る事であり、
夏場じゃ結露の可能性が有るので下手にやると水濡れでぶっ壊れるかも知れないので
気をつけてやらないと危険です。冷蔵室を経由して順に温度を上げていかないと。

記録を狙うなら、恐らく流水を使っての水冷辺りが一番適度な冷え具合なのかも。
面倒なので試してはいませんが・・・。


番外編です。
AnTuTu Bechmark v6.0 Beta 4を拾ったので試してみました。



Exynos 7420を搭載したGalaxy Note 5とほぼ同スコアという事がよく分かります。
Snapdragon 810とExynos 7420のAnTuTuベンチマークスコアでほぼ互角という記事が有りましたが、
V6.0でも全く同様の結果に。

ちなみに一位のMeizu Pro 5もExynos 7420なので、まだ上を目指せる余地が有るという事かも?




【やっぱりまだまだ出てくる不満点】

Z5のカメラアプリ、まあよく出来ていると思います。
どんなに適当に撮っても、まず汚くて撮り直しとなる事が余りないです。
スナップショットに持ってこい。
いいカメラだと思います。

しかし起動がちょっと遅い。
やっぱりiPhoneを使った後ではちょっとがっかりする起動速度です。
普通に使っているとそれほど気にはならないのですが、急いでいるとやっぱり気になる。
昔のXperiaと比べると速くはなりましたよ、でも世間平均から見るとまだちょっとだけ遅い。
少なくともトップクラスの起動速度とは言えません。

ピントは速いのに、何故かシャッターが切れるまでに少しのラグが有る。
だから車に乗っている時に面白いものが有って撮影しようとすると間に合わない事が有る。
最近人の車に乗せてもらう機会が増えたので、なおそういう可能性が高いので実感します。
道を歩いていても同じ、面白い車等がいても間に合わない可能性が上がる。
先日ジョギング中に警察に追われているポルシェを撮ろうとして遅れてしまって撮れませんでした。

ピントはぴか一で速いのですが、トータルのカメラや機器と見てどうよとなった場合、
Xperiaの完成度は決してトップクラスとは言い難い部分がまだ残っています。
言っちゃえばゼロヨンマシン的に、部分的に得意分野が飛びぬけているみたいな感じ。
だから特定のベンチやレビュー記事には強いのですが、日々の取り回しで細かい不満点が
どうしても出てきてしまう。この辺りはiPhoneの気の配り方にはまだ及ばない部分が残ってる。
まあiPhoneは逆にジョブズがもういないので全体的に劣化方向では有りますが・・・それでも
元の完成度は高いので、トータルのまとまりはまだまだ分が有ると思います。

特にカメラに関してはXperiaの売りになる部分のはずですので、iPhoneに比べて劣化したと
感じる部分が僅かでも有ると、iPhoneユーザーに勧めにくいという所も有ります。
「綺麗だけどなんか遅い」とか言われるとなんとなく申し訳ない気持ちになるんですよね。
いや、でもiPhoneから移ってきた人は基本的には満足はしておられますよ。
特にiPhone 5c⇒Xperia Z3の人は感動的に満足しておられました。

Z5のカメラで致命的にダメだと感じた所。
横向きで撮影した時に右上の撮影済みの写真が見られるやつ。
あれをタップすると、アルバムアプリが立ち上がりますが、それがソニー純正しか起動できなくなっており、
それを無効化するとアルバム機能がカメラから一切使えなくなるという仕様になっています。
有り得ない!!

敢えて言おう、カスであると。

私はずっとquickpic愛用者でしたが、実はZ5が来てからquickpicに変わるアプリをテストしておりました。
実はquickpicが中華企業に買収されても頑張って使っていたのですが、quickpicによる怪しい通信が
有るという事と、CMクラウドの押し売りを始めたので使うのをやめることにしたのです。
既にquickpicの使用はやめ、数あるアプリの中からF-StopとPiktures Galleryの二つにまで絞り込みました。
とは言え現在F-Stop寄りで、ほぼ決まりつつありますが。
ただし若干F-Stopの動作や仕様に違和感が有るので保険でPiktures Galleryを残している状態です。
この件に関しては気が向いたら別記事にまとめます。

ソニー純正のアルバムが、quickpicやF-Stopに匹敵する使い勝手を提供する事が出来ているならば、
私はソニーアルバム縛りもそれはそれで納得します。
いや、確かに試しに触ってみたら純正アルバムでもそこそこの出来です。
超高速スクロールにも小気味良く着いてくるし、まずまずの操作感では有ります。
PlayMemories Onlineのクラウドへの保存が原版サイズのまま無料・無制限で利用可能だと表示され、
「ソニーもなかなか頑張ってるな」って思いました。でもこれ、私がGXに戻ったら使えませんよね。
しかもソニー以外の端末、例えばNexus等のタブレットではどないしろと・・・?
複数端末遣いのヘビー層を全く考慮していませんよね。
おまけに私のようにGoogleのサービス等を使っている人も無視したような思想で作られているように思います。
それともどこかにGoogleサービス等からデータを引き継ぐ為の仕組みとか有るのでしょうか?
また何年も前から自家LANが動いていて、それを前提に汎用性の有るアプリを選択してきた
人まで否定するような作りになっているように思います。少なくとも私には使えない。
それは移行措置が有ったとしても同じ。

メーカーのアルバムアプリがスーパーマンのような個人や、専業の企業が作っているアルバムアプリの
使い勝手に対抗できるなんてまず無理ですから、アルバムアプリに凝るわけにもいかないでしょう。
そんな所に優秀なソフト系の人材を割くならカメラやサウンド処理、OS周辺にその人材を回すべきですし。
だったらカメラから呼ぶアルバムアプリの決め打ち固定化はやめるべきです。
これ完全にマニア層の否定ですから。

ソニーのアルバムをチェックすると、顔認識機能のパーミッションを取得していたりするので、
まだ気づいていない色々な仕掛けが有るのでしょう、きっと。恐らくその機能を動作させると
Photo Analizer Serviceを起動して重くなるあれじゃないのでしょうかね・・・そんな気がします。
まあ私は既に先日の120個ものアプリを無効化した掃討作戦でPhoto Analizer Serviceを
無効化したので関係有りませんが・・・。
ちなみにソニー純正のカメラも当然ながら顔認識機能のパーミッションを取得していました。
これは「例のアレ」ですね、カメラを使ったら過熱していた原因のアレ。

アルバムを無効化していたのでカメラからアルバムを立ち上げるのは諦めていました。
カメラを終了してF-Stopを立ち上げるようにしていましたが、ブログ記事を書くにあたって仕方なく
純正アルバムの無効化を解きました。あと一週間ですから最後までこのままで行ってみます。
この事で記事を書かないならば恐らくカメラは不便な状態で使い続けていたかもしれません。

で、時々思い出したように書くんですよ。
「Xperia Z5のカメラはクソ仕様」って。

ちなみにFV5のカメラアプリを試してみました。
無料のLite版なので640x480の0.3MPでしか記録できませんが・・・。

フル版を買ってもZ5では8MPまでしか対応していないみたいなのですが、私は普段から8MPで
記録しているので問題はないです。買っていませんけどね、あと一週間だし。
勿論アルバムアプリは選べましたよ。



ちなみにGoogleカメラはそもそもアルバム機能は内蔵になっていて外部のアプリは呼び出して
くれませんでした。Google純正もちょっと考えてもらいたい所が有りますね。




【今のうちにゲームを試しておく】

重いゲームを探していたのですが、プレイ時間をそうそう取れないので、人気が有りそうなやつと
いうことで、よく見るキーワードが「デレステ」でした。白猫も試そうかと思っていましたが、こっちの
方がキチガイみたいに騒いでいる人が結構いたのでデレステで。

何のゲームかと思ってGooglePlayへ辿り着くと、アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
というのが一番目に有って・・・・・・え?もしかして、これやるの?ww

タイトルを目で追うと「デレステ」と略せる所が有る・・・ぉぃ;;

仕方ないのでダウンロードして動かす。
え?Chromeを呼んでるんだけど・・・もしかしてHTML5+JavaScriptモノ?

ゲームをしていると選択型のシミュレーションゲーム。
2D画像を重ねて表示する選択制のゲームになっていました。



「これの何処が重いねん!!!」
「Z5で重いのかどうとか暴れて聞いているやつらに騙された!!」

って思って進めていました。


で・・・ステージを開くと・・・



ああ、なるほど。
こういう事でしたか。

ステージを開催・・・これでゆっくり眺められますな。



あ・・・・・・・・忘れてた(;´∀`)

これ音ゲーでした。
仕方なく音ゲーを一曲終らせます。

まあ普通に女の子は3D標準で踊っていますし、音ゲーも特にタイミングのずれとか感じません。
しかし、横に持つと、上部のプロセッサなどが入った基盤が有る発熱部を持つことになります。
手が吸熱してZ5の特徴らしい丁度いい温度なんですが、これは夏場は辛いかも。

ゲームを終わらせて慌ててCPU-Zを立ち上げたらセンサーベースの温度では60~70度ぐらいでしょうかね。
まあでも女の子の動きにぎこちなさやコマ飛びは一切感じられません。
恐らくブラウザ利用しているのでChromeや3Dエンジン類がきっちり64bit対応出来ていると
思われますから、下手なJNI(Java Native Interface)を使った32bitゲームよりも綺麗に
3D描画されているのでしょう。

この辺りの最適化を自前で行うと結構大変ですが、Googleに丸投げした形になっていますので、
Googleの優秀なエンジニアが最適化した64bitのエンジンを利用していると思われますから。


このゲーム、とりあえずアイドルマスターのシリーズですが、そもそもアイマス自体を
やった事がない(ゲームをそもそもしないw)ので、非常に苦労しました。

シリーズが進んでいるので登場人物が異常に多い。



初めに強制的に使わさせられる子に気に入った子がいない。
一人だけなんとなくいいなと思う子がいたのですが、こんなサムネイルで見せられても
さっぱりわからない。やっぱりこの手のゲームは私には無理ですわ。


ところでステージの音ゲーをするに際し、タッチずれの補正設定が有るのですが、
私が何度が自動修正のテストをやってみると+21位でした。
これ、恐らく実際のタイミングよりも+21ms判定を遅らせるという意味でしょう。
要はタッチデバイスの遅い端末(+どんくさい人)の為の補正という訳です。
Z5のタッチ処理がちょっと遅いのか・・・?いや多分違うような気がします。
恐らく私自身がゲーム慣れしていないのでタッチが遅れ気味なんだと思います。
上手い人がやってみても同じぐらいずれていたらZ5のタッチが遅いのでしょうけど。
他の人でデレステやっている方、補正値教えてもらえたら嬉しいです。





【Z5がZ3よりも遅いという噂の謎を解く】

最後に、ゲーム界隈を漁っていて何度か見かけたのが、「●●のゲームはZ5はZ3よりも遅い」というもの。
これは当たり前の話なんですが、やっぱり一般の人には分かり辛いのでしょうか。
この件について説明します。


まずはプロセッサの確認を・・・

 〇SH-01H(Xperia Z5) Snapdragon 810 MSM8994 (A57-1.5GHz×4 + A53-1.5GHz×4) 注:あくまでZ5での設定
 〇SH-01G(Xperia Z3) Snapdragon 801 MSM8974AC (Krait 400-2.5GHz×4)

ここで一部の人は既に分かってしまったのではないでしょうか。(笑)


アプリはJavaをコンパイルした形で配布されています。
全てをJavaで書かれたアプリはARTで動作しているのでVMが64bitコードを駆使してコードを動作させます。
しかしJNIを使って高速化したゲームであった場合、32bitのネイティブコードを直にアプリ内に
持っていますから、これを内部で再変換できず32bitコードのままで動作してしまいます。
そういうゲームはダウンロード後のARTの変換による64bit対応が働かないのです。

従って本来一番速度の欲しいJNIの部分だけが32bitで実行されます。
32bitコード同士で競争すると、当然クロックがモノを言います。
で、再度確認。

 〇SH-01H(Xperia Z5) Snapdragon 810 MSM8994 (A57-1.5GHz×4 + A53-1.5GHz×4)
 〇SH-01G(Xperia Z3) Snapdragon 801 MSM8974AC (Krait 400-2.5GHz×4)

Z3はKrait 400 2.5GHz、対してZ5はA57&A53 1.5GHz。
多コアと言っても処理がどこまで並列化しているかにもよりますし、恐らく32bitに最適化
されたコードは4コア迄を前提として組んでいるでしょうから、8コア有っても恐らくきちんと
利用できていないと思われます。

というわけで、1.5GHzと2.5GHzが競争して1.5GHzが勝てるという事が有る筈はありません。
もしkrait 400よりもA57の32bitコア部が優秀だったとしても、これだけのクロック差を埋める
効率の差はないと思います。

しかも64bitプロセッサの32bit互換部なのですから、それほど力を入れているとも思えません。
ダイ面積的に節約できるなら、32bit部は多少性能を落としている可能性も考えられます。
そんなわけで、互換用おまけ32bit機能の1.5GHzコアと、Apple A7やA8の64bitプロセッサを打ち落とす
勢いで最適化されていた本気32bit 2.5GHzコアとの競争では端から勝ち目はないと・・・いうことで。

新しく出てくるJNIを使ったゲームは恐らくARMv8の64bitコードも抱いていると思われますので、
それに期待しましょう。恐らくARMv8コードなら、1.5GHzでも32bit 2.5GHzも凌駕するはずです・・・はずです・・・w
上のデレステの所で書いてたことが全てだったということで。

プログラム上、一番間違いなのはデレステ方式でGoogle様の最適化に丸投げする方式です。
それともJNIを使うのを諦めてARTに丸投げか・・・これもGoogle様に丸投げか。
頑張って自力で最適化していた優秀なプログラマさんはご苦労様という落ちでした。
遅いと言われたらビルドし直して再アップすればいいだけと思うのですが、他人の事情までは
分かりませんのでまあそういう事で。


この記事がSnapdragon 810を搭載した端末の追い風になるといいなという事で、Z5の事と
ちょっとずれると思いますが、書いておきました。

関連記事
  1. 2015/11/26(木) 21:55:25|
  2. Xperiaアンバサダー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<NOTTV&モバキャスが2016年6月末に終了、無駄事業がまた一つ終了 | ホーム | iOS9のバグが原因でGoogleがChrome上でサードパーティーのキーボードアプリを無効化>>

コメント

内容はともかく、一つの記事としては一寸、長すぎませんかね。分割したほうが良いのかも
今、ノートPCで見てるからいいけどスマホから見る人は、飽きてしまいそう
  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 00:26:53 |
  3. Beep #-
  4. [ 編集]

デレステに限った話ではないのですが、スマホのリズムゲームの問題は、
背景の演出は遅延なく再生するのに、肝心のリズムゲームの方で遅延したりタイミングがズレたり、処理が飛んだりして、マトモに遊べなくなるという事なんです。

高難易度になってリズムカーソルが増えると問題が顕著になるので、低難易度や背景をみていても、
問題があるかどうかの判断基準になりえません。

肝心のリズムゲーム本体の処理を蔑ろにして、演出処理優先というのはゲームとしてどうなのかと思うのですけどね。


あと、スナドラ810の説明が
Snapdragon 810 MSM8994 (A57-1.5GHz×4 + A53-1.5GHz×4) 
になっていますね。

正確には
Snapdragon 810 MSM8994 (A57-2.0GHz×4 + A53-1.5GHz×4)

かと思われます。
  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 03:24:38 |
  3. b #FUfi/TkY
  4. [ 編集]

>シリーズが進んでいるので登場人物が異常に多い。
おっとこれを差し置いてもらっちゃ困ります(^^;
初期:http://legendius.web.fc2.com/bestgame/streetfighter2/sf2_ryu_ken_snap/sf2_select1.gif
近年:http://dengekionline.com/elem/000/000/588/588941/c20130129_stfttekn_03_cs1w1_720x.jpg

先日Tsukumoの自社ブランドPCデモ機でみかけましたが、知らないキャラが半数以上を占めていました。
  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 05:38:36 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

Z5ではなくZ4になりますが何もしないと3D標準では難易度最高のMasterではまともに出来ないレベルになります ソフト面で発熱対策をしても多少ましというレベルでまともにできないのは変わりなく、放熱シールなどでハード面で改造にならない程度に対策を施して数回カクついてフルコンボは狙えないが快適にできるレベルになりますね
Z4でのタイミング補正は18~19くらいになります
ハード面で対策をすればZ4でもZ5の1割落ちくらいのベンチスコア出ました
  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 07:37:37 |
  3. 404 #-
  4. [ 編集]

>Beepさん
長いなーと自分でも思いつつ、やりかけたが最後突っ走ってしまいました。
最後のZ3の記事位分けようかと思ったのですが、途中で少し触れちゃったのでそれも分けずじまいに・・・w

>bさん
ああ・・・そういう事ですか。
私は10回もステージをやってませんからね。
それも初めのあの曲オンリーしかプレイしていませんし。
後の方で難易度が上がっていけば操作できなくなっていくのですか・・・それは辛い。

それと演出優先でプレイを後回しにしているとはこれまた論外な作りですね。
何を考えてそんな馬鹿な作りになっているのでしょうかね。
ゲームって何を置いても入力を拾わないといけないものだと思っていたのですけど。

810の1.5GHz迄の件は、Z5でそういう設定になっているのでZ3との比較という意味で敢えてそう書きました。

>7SUXENさん
格ゲーも伝統溢れるシリーズでえらい事ですなぁ・・・。
私は知り合いが嵌っていたネオジオ辺りに有ったシリーズまでしか分からんです^^;;

>404さん
レポ有難うございます。
Z4では5人も3Dの演算が入っていたらソフト的にどれだけ軽くしても処理と発熱が飽和してしまっても仕方ないですね。
しかしハード的に放熱処理を加えてあげればZ5に近い値が出るというのは納得する所です。
結局は放熱以外の部分ではほぼ同じ端末なんですよね。
1割は内部的な放熱経路のボトルネックの存在の違いでしょうかね。
ヒートパイプやグラファイトの放熱板を増やした分の差でしょうか。
そんな状態でも、その差を一割まで縮めることが出来たというのは非常に貴重な情報です。
有難うございました。
  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 12:48:57 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

この記事とも話が変わってしまいますが、SF2の話題ついでに。
http://tenku-ad.com/kei-suwabe/
これは笑わせてもらいました。
話題逸れして申し訳ない。
  1. URL |
  2. 2015/11/27(金) 20:14:43 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

前404でコメントしたものです
一応Z4のハード面で行った発熱対策についてTwitterで公開したのでご参照ください 一応Z5と比べて悪い点だけではなく優れている点もあるので参考になるかと
https://twitter.com/SHIBITO_GGT/status/670290890871574529
https://twitter.com/SHIBITO_GGT/status/670291465851932673
https://twitter.com/SHIBITO_GGT/status/670291976198029312
https://twitter.com/SHIBITO_GGT/status/670292546216587264
https://twitter.com/SHIBITO_GGT/status/670293070366142464
https://twitter.com/SHIBITO_GGT/status/670293616212840448
https://twitter.com/SHIBITO_GGT/status/670294146976886784
  1. URL |
  2. 2015/11/28(土) 02:36:32 |
  3. 屍人P #-
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
何じゃこりゃーなネタですねw
人気作品だけにパロディーも力が入っていると思います(笑)

>屍人Pさん
これはすごい!
ここまで本気で後付けの自作のヒートシンクを作り込んだ端末は初めて見ました。
熱伝導をよく理解し、極めた作品ですね。
素晴らしいです。
  1. URL |
  2. 2015/11/28(土) 23:11:58 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

初回起動時に一瞬ブラウザを起動するアプリって結構ありますね。
あれコンバージョンや経路測定のためらしいのですが、鬱陶しいです。
ですのでブラウザで動作しているのではなく、アプリ自体はネイティブのはずです。
  1. URL |
  2. 2015/12/02(水) 16:38:39 |
  3. 佐倉 #-
  4. [ 編集]

Z5のCPUの設定が8コアとも1.5GHz!?

Z3ユーザーの私はZ5のカタログスペック見るだけなので詳しいクロックとかはわからないんですが、auのサイトを見るとZ5のコアクロックが1.5と2.0GHzになっているんですが(http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/sov32/spec/)、実際の設定では1.5GHz×4と1.5GHz×4なのですか?
  1. URL |
  2. 2015/12/03(木) 21:15:22 |
  3. k9 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6422-b31efcf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。