FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

H2Aロケット 29号が本日打ち上げ成功、衛星の切り離しも順調に完了

H-IIAロケット29号機(高度化仕様)による            ~ 三菱重工業株式会社
通信放送衛星Telstar 12 VANTAGEの打上げ結果について ~ 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構

三菱重工業株式会社および国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、種子島宇宙センターから平成27年11月24日15時50分00秒(日本標準時)に、カナダの通信放送衛星Telstar 12 VANTAGEを搭載したH-IIAロケット29号機(H-IIA・F29)を打ち上げました。
 ロケットは計画通り飛行し、打上げ後約4時間27分にTelstar 12 VANTAGEを正常に分離した事を確認しました。
 また、JAXAが開発した高度化仕様の第2段機体を適用し、長時間慣性飛行や第2段エンジン再々着火を実施することで、従来よりも、衛星をより静止軌道に近い軌道に投入しました。

H2Aロケット、衛星分離に成功 商業衛星の受注に弾み ~ 朝日新聞DIGITAL
H2Aロケット29号機が24日、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。約4時間半後、搭載していたカナダ・テレサット社の通信放送衛星を予定の軌道に投入。国産ロケットによる初の商業衛星打ち上げが成功した。国際的に商業衛星の需要が高まる中、商業衛星打ち上げで海外と競争を繰り広げる三菱重工業が初めて受注。この成功で今後の受注に向けて弾みがつきそうだ。

H2Aロケット 29号が本日打ち上げ成功、衛星の切り離しも順調に完了した模様です。
日本で初めての商業衛星事業の成功に拍手ですね。

しかも静止軌道に近い34000Kmまで運んでからの切り離しを成功させましたからこれで世界の
トップ技術に追いついた形になります。
ハヤブサ以来、日本の宇宙開発の明るいニュースが続いていてうれしいです。


とりあえず今回打ち上げに成功したH2Aロケット29号機(高度化仕様)はペーロードの増加と
地上設備の簡素化を実現して打ち上げコストの低廉化を可能にしたものです。

その辺りは以下の動画とビデオで紹介されています。



JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)
 ●基幹ロケット高度化開発の取り組み
 ●H-IIAロケットとは

上記ページの中の上側のリンクで肝になるエンジンの事が詳しく書かれています。
詳細を知りたい方は是非ご覧ください。


今後JAXA関係のの大きなイベントと言えば、2015年12月7日に金星探査機あかつきの
金星周回軌道投入
となっています。

こちらも楽しみなイベントです。

関連記事
  1. 2015/11/24(火) 22:58:48|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<SIMフリー端末が百花繚乱、ASUSのスマホ端末が対前年で240倍以上の伸びに・・・キャリア端末販売への不満の裏返し | ホーム | KDDIはauのXperia Z3 (SOL26)のAndroid 5.0(Lollipop)へのアップデートを開始>>

コメント

宇宙の話が出たのでちょっと長いコメントを。

地球外生命体は存在するかという問いが時々議論されますが、確実にいます。
ただ、確認する(観測)手段が事実上存在しないのです。

太陽系があり、その中に地球があります。
ちょうどいい距離にある物質に恵まれた地球は生命を育みました。
太陽は恒星であり、光を放つ宇宙の天体です。
その光を放つ恒星と、惑星の軌道との相関関係が生命を誕生させました。
恒星と惑星があれば、生命誕生の機会は存在するわけです。

さて、一番近い恒星はケンタウロス座アルファ星と言われています。
その距離、4.3光年。
光の速さで移動したところで4年ちょっとかかるわけです。
光の速さで動くとしても、宇宙船の中で4年過ごせますか?
オリンピックが開催される年数よりも多くの時間を要するのです。
それこそ宇宙船自体に自給自足の惑星機能を持たせない限り継続した航行は不可能です。
光の速さで移動したとして、片道4年以上をかけて他の惑星と生命体への接触を試みるでしょうか。

光の速さは最速と言われていますが、そもそも光の限界速度はどれくらいなのでしょうか。
約30万キロメートル/秒?
違います。
答えは「わかりません」
なぜなら、限界速度を計測する手段が無いからです。
なぜ限界速度がわからないのか。
答えは単純です。
「宇宙空間の中にいるから」です。
宇宙空間を勘違いしている人も多いと思いますが、これは一種の箱庭であり、箱庭の外側も当然存在するわけです。
この宇宙空間は速度に制限があり、約30万キロメートル/秒です。
光はこの箱庭に設定されている制限速度を決して超えられないので、現時点で計測可能な光の速度が約30万キロメートル/秒なのです。
実際にどれくらいの速度で光が移動できるかは「(計測不可能なため)わかりません」。
宇宙空間の外に出れば、外の理(ことわり)に従った速度計測が可能なわけです。
実際に行ったある実験が、光の速さは宇宙空間の限界速度であることを証明しました。
光を放つ実験機を、例えば東に高速移動させます。
西へ高速移動する受光体を用意して、その実験機から放たれた光を受信したところ、約30万キロメートル/秒をわずかに超えた(光速度に東西へ遠ざかる実験機の速度を足し合わせた数値だ)そうです。

では宇宙空間の外に出るにはどれくらいかかるのか。
光の速さで移動したとして、最長465億光年(宇宙の推定半径)と言われています。
光の速さで移動しても、465億年はかかるわけです。
興味は尽きませんが、現実で宇宙の外へ到達が実現できるかは別問題。

銀河を構成する恒星ひとつひとつの周りに生命の可能性があるわけで、文字どおり「星の数」ほど可能性があります。
ぼんやりとしている星雲にいたるまで、可能性はあります。光ってる「恒星」の集合体のはずですから。
しかし光の速さをもってしても最短で4年超かかるわけで、その時間をかけて接触してくるでしょうか。
答えは「可能性ゼロとほぼ等しい」
仮にあるとしても小数点以下ゼロが「星の数」ほどつくでしょう。

そもそも光の速度で進むことすら困難ですから、実際の到達速度は途方も無い時間を要するわけです。
先のアルファ星まで4年は、実際には最短でも軽く40年はかかるでしょうし、片道にそれほどの時間をかけるでしょうか。
考えるまでもありませんね。

地球以外に生命が存在する可能性は「星の数」ほどあり
その生命が地球へ接触してくる可能性は小数点以下のゼロが「星の数」ほどつくわけです。
なので「観測手段がない」と断ずるのです。
そして「存在はする」とも言い切れます。それが確認できないだけで。
確認できないだけ、はシュレディンガーの猫と同じ理屈ですが、量子的可能性は存在するわけです。
「存在することを確認できていない」と同時に「存在しないことを確認できていない」のですから。

唯一現実的(?)な可能性があるとすれば、量子的時空の重ねあわせで宇宙の理(ことわり)が適用されない空間(ワームホールへ飛び込ん)で宇宙空間の「光の速度」を超える移動くらいでしょうか。
もちろん、そこの「外の理」に突入できるとも、
「外の理」の中で燃料噴射式推進機が使えるとも限りませんし、
光の速度を越す移動が技術的に実現可能とも限りませんし、
理が異なる空間(ワームホール)から元の宇宙空間に戻れるとも限りませんし、
その「外の理」ではダークマターやダークエネルギーがワームホールへ突入した宇宙船に物理的干渉してこないとも限りません。(ダークマターは太陽の中央部を含めてあらゆる物質を通過すると言われています)
  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 06:57:26 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

光速でx年かかるからといって宇宙船の中の体感時間でもx年かかるというわけではない
光速度の99.99…%の速度が出せるなら宇宙の端にも生きてる間に行ける
  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 11:34:01 |
  3. ごん兵衛 #-
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
宇宙の話としては白熱教室でやっていたネタが最高に面白かったですね。
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/newyork/index.html
http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/cosmology/index.html
この宇宙空間とは別のパラレル宇宙が存在する事を物理的に証明したという解説をした
ミチオ・カク教授の超弦理論。
我々が存在する宇宙が今のまま永遠に膨張し続けるのか、いずれは縮小へ向かうのか、
銀河や太陽等の恒星自身も膨張し、いずれは縮小する事までを物理的に証明し説明
してくれたローレンス・クラウス教授の回と共に、次の回が待ち遠しい思いで見ていました。

パラレル宇宙が物理的に存在する事が証明されているとか、ダークマターやダークエネルギーの
分布が一様でなく偏りが有り、それが宇宙の歪を作っている。
とか、その辺の話題。再放送がった時は是非。

>ごん兵衛さん
是非宇宙の端を見てきて欲しいです。
宇宙の果て迄行く為の加速・減速と、帰りの加速・減速の技術まで完成すれば、
宇宙の端との往復が可能になるという事ですかね。
時間的な制約が撤廃されたと考えての話ですが。
出発した人と、帰ってきた人の世代が違うことが前提なら可能になるかも?
  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 13:32:03 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ちょっとしたネタですが

宇宙の端の外側には何があるかってので、更に宇宙がそのまま広がってると言うのを解説されてました。
導き出せるらしく今後その説がどうなるか気にしてます。

てか、更にバナーがムカつく動きを始めましたね(--;)
少し前は下段に小さい幅のバナーと思いきやぶっといのがフェードインしてくる仕様だったのが、ぶっといのが下段2本分上からフェードインしてきて誤爆押しを誘い。
下に到達したら最上部にワープ、、、
スマホからだとキーボード、変換候補のせいで見える範囲が限られてるのにほぼ遮る仕様になりました(;´∀`)
お陰で最近は書き込むのすら遠ざかってしまいました、、、
PCからでも良いのですが思い付いたときに書き込みたいからPCの前に座ってると書こうという気持ちにならないんですよね(´・ω・`)
  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 16:25:58 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

>ジャホさん
fc2は幾ら要望を出しても全然聞いてくれようとしない上に、今話題になっているように
広告が余りにもウザすぎる仕様に変更になったので、よそのブログシステムに引っ越しや、
WordPress等での自前サーバーも含めてちょっと考えてみます。
自前サーバーは維持・(故障時など)メンテが大変なんで、アクセスが今みたいに膨れている
時は怖いので避けてきたのですが・・・。
しかし余りにfc2の広告が誤爆誘いでウザすぎるので考えざるを得なくなってきましたね。
  1. URL |
  2. 2015/11/25(水) 19:00:46 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ごん兵衛さんの
> 光速度の99.99…%の速度が出せるなら宇宙の端にも生きてる間に行ける

は光速の99.99…%というスピードが出せたらと言う事が前提なんですよね。

つまり物質の速度が高速に近づけば近づくほど、その物質の質量が無限大になる為、
時間の進み方が無限小になるから。と言う話です。
# ブラックホールの表面では時間の進み方が無限小になるのと同じ理屈です。いわゆる浦島効果ですね。

LHCなどの大型加速器が粒子を光速の99.9999991%にまで加速させるのに莫大なエネルギーを必要とするのは、
光速に近づくことにより、粒子の質量が増大しているせいですし、
粒子の寿命が100フェムト秒なんて極端に短くても、光速に近ければ近いほど長時間観測できる様になります。

もっとも、宇宙船ほどの質量を光速の99.99...%にまで加速させるだけの方法もエネルギーも無いので、
完全に理論上の話だけですが。
  1. URL |
  2. 2015/11/26(木) 10:11:35 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

>生ぴーまんさん
どこかの恒星か惑星一個分使えばそのエネルギーも稼ぎ出せるかも・・・とか完全にSFアニメの世界ですなw
  1. URL |
  2. 2015/11/26(木) 13:49:37 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6419-41ac38ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。