鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

CM12.1(Android 5.1.1)を焼いたXperia GXをしばらく使ってみて・・・思いの外快適、しかし・・・

今週の12日の木曜に、#Xperiaアンバサダーミーティング に参加するので、それ以降は
暫くXpria GXの電源を切って触らなくなってしまうので、先日のROMを書き替えて以降の
使用感などを今のうちに書いておきます。

最近行った私の端末の改造(?)
当ブログ記事


Nexus 6向けのLMY48WベースのAndroid 5.1.1から作成されているCM12.1を入れて使っています。
海外TX向けの4.3から作成したprerootedを焼いてrootを取り、販売状態ではOFFに設定されて
いたMSM8960内に組み込まれているGen8AのIZatをONにしました。(build.propの編集)

お蔭でちょっと重めだったアプリの動作もAndroid 5.1.1になったおかげでARTの効果でサクサクに
なり、穴だらけだったAndroid 4.1.2から5.1.1へ移行できたので既知のセキュリティーホールが
全部塞がって安全になりました。Chromeも最新版を入れているのでカスタムタブでも最新版の
セキュリティーへリーチできました。


当面は言う事がない状況になりましたね。しばらく触ってみてもその意見は変わりませんでした。
OSのレベルでは事実上この冬端末を買ったのと同じような状態までいけましたから。
プラスして思い付きで設定したIZatでしたが、本当にこの効き目はすごかったです。

しかし3年前の端末だけに全方面で文句の付けどころがないわけでもなく、メモリ関係にはちょっと苦戦
しています。アプリ領域のパーティションが2GBで切られているので、これが全ての問題の元凶です。

ここはOSのスワップ領域にも使われているので、ここの空き容量が無くなってくると、いきなり端末が
固まったように動作が遅くなります。昔から入れているアプリはそう大して増えていないのに、
バージョンアップを繰り返すごとにアプリは肥大化を続けてきました。

しかも長年使っているとデータもゴミだらけになって肥大化し、二重苦で2GBしかないパーティションを
食い荒らしてくれます。なので定期的なお掃除が必須で、それをESファイルエクスプローラー等の
ファィラーでキャッシュ類を小まめにクリアしています。

本当の所を言えばデータ領域の10GBのパーティションとアプリ領域を一つのパーティションに
まとめて12GBの一つにしたい所です。でも内蔵メモリのパーティションの切り直しは無理っぽいので、
アプリ用の2GBのパーティションとLinuxの論理ボリュームマネージャ(LVM)で一つにまとめるとか、
それが面倒なら、2GBのパーティションは無かった事にして10GBのパーティションだけで全てを
賄うようにして、保存するデータは外部のMicroSDだけで運用するようにするとか、そういった
運用が出来るようにしたいと考えています。

例えば/dataのパスを全部10GBのパーティションへ向けるとか、出来ると思うのですけどね。

ARTになって/data/dalvik-chacheがやたらと膨らんだのは間違いないです。
なのでこれだけ2GBのパーティションを使って他で10GBのを使うのがベストですかね。
まあこの辺の微調整は色々と考えられます。

CPUに関しては折角rootが取れているのでクロックダウンをしています。
1.5GHzのMSM8960を1.2GHzまで落としています。
ゲームとか特に重いこともしないので、CPUパワーは必要ないんです。
メモリとバススピードだけ十分に有ればいいのでそのバランスがいい所が1.2GHz辺りと
いう事でこのクロックに設定しています。クロックダウンの目的はバッテリーの持ちをよくする為です。
結構効きますよ、クロックダウン。体感パフォーマンスも落ちはほとんど感じません。

CM11を入れたXperia arcの方は結局はLink2SDを入れてメモリ不足を乗り越えました。
それはそれでなかなか使える状態です。逆に過熱状態で速度が低下したZ4よりもはるかに快適です。
やっぱりうまく調整出来た端末は使っていても気持ちがいいです。
逆に販売されている状態の端末が、どれだけ有り得ない状態で売られているのかを
実感する事でも有るんですよね。悲しい程に。


でも、GXには可能ならLink2SDは入れたくない。
Link2SDを入れるとMicroSDを別のメモリと差し替えられなくなるので、出来たら
内蔵のeMMCメモリで何とかやりくりしたい。現実に余っているんだし。

Android側の設定で行うべきか、Linuxカーネル側の設定で行うべきか、まだ方針も方法も
決まっては無いですが、カーネル側でmountの設定をいじるのが一番現実的かな?

そこでmountでリストを取ってみたらその一部に以下のような感じの所が有ったので
恐らくこれをいじるんだろうなーって思うのですけど、下手に弄って文鎮化したら嫌だしね。
もうちょっとよく調べてから実行したいと思っています。

/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/System /system ext4 ro,seclabel,relatime,data=ordered 0 0
/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/Cache /cache ext4 rw,seclabel,nosuid,nodev,noatime,data=ordered 0 0
/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/Userdata /data ext4 rw,seclabel,nosuid,nodev,noatime,noauto_da_alloc,data=ordered 0 0
/dev/block/vold/179:15 /mnt/media_rw/sdcard0 ext4 rw,dirsync,context=u:object_r:sdcard_posix:s0,nosuid,nodev,noexec,noatime,data=ordered 0 0
/dev/block/vold/179:15 /mnt/secure/asec ext4 rw,dirsync,context=u:object_r:sdcard_posix:s0,nosuid,nodev,noexec,noatime,data=ordered 0 0
/dev/fuse /storage/sdcard0 fuse rw,nosuid,nodev,noexec,noatime,user_id=1023,group_id=1023,default_permissions,allow_other 0 0
/dev/block/vold/179:33 /mnt/media_rw/sdcard1 vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,uid=1023,gid=1023,fmask=0007,dmask=0007,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0/dev/block/vold/179:33 /mnt/secure/asec vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,uid=1023,gid=1023,fmask=0007,dmask=0007,allow_utime=0020,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0
/dev/block/vold/179:33 /mnt/media_rw/sdcard0/.android_secure vfat rw,dirsync,nosuid,nodev,noexec,relatime,uid=1023,gid=1023,fmask=0007,dmask=0007,allow_utime=00
20,codepage=cp437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,utf8,errors=remount-ro 0 0

/dataの中身を全部10GBのボリュームにコピーした後に、mountの
/dev/block/platform/msm_sdcc.1/by-name/Userdata /data
          ↓
/dev/block/vold/179:15 /data
にするだけでいいのかな?
何か安直すぎてコワイ・・・(;´∀`)

まあ/data/dataの中身を10GBのボリュームに移すだけでもいいんだけどね。
それだけでもかなり2GB側のボリュームに空きが出来るし。
それって現状の上に重ねて
/dev/block/vold/179:15 /data/data
って定義するだけでいいのでしょうかね?

それでもいい気がしなくもないけど、実際やった時の挙動が分からんのでやるのが怖い・・・。

それとこのmountの情報の定義がどこにも見当たらんのだけど、/etc/fstabも無いし。
もしかしてこれってコマンドラインで送ったものを、不揮発メモリで覚えている系みたいに
なってるのでしょうかね、ようわからんです。

とりあえず試しに

# mount -w -t vfat /dev/block/vold/179:33 /mnt/media_rw/sdsd1

とかやってみたら当然ですが普通にmount出来てmicroSDカードがファイラーで読み書き出来ました。
でも再起動してみたら跡形もなくなっているので、やっぱり不揮発メモリ説は無し。
/etc/fstab相当を探さないといけない模様・・・無い。
リカバリーモードだと見えるとか見えないとかなんとかかんとかげふんげふん(-_-;)

ついでですが..../sdsd1に/dataフォルダのマウントもやってみたら成功しています。
後は定義場所を見つけて既存のアロケートと入れ替えるだけですなぁ・・・危険が危ないw


そう言えばarcでLink2SDを使うに当たって、32GBのMicroSDHCのメモリをWindows上の
パーティションツール(EaseUS Partition Master)でパーティションの切り直しを行って
いたのですが、何かをミスして認識しなくなったんです。

Xperia arc上のCWMやCM11でも認識しなくなったので、そのメモリは捨てるしかないと
思いながらも最後の希でGXに挿したらなんとVFATのパーティションを認識しました。
速攻初期化をすると32GBの容量が戻ってきました。

でTWRPやCWMにもパーティションの切り直しの機能が有ると知りまして、そこで
パーティションを切り直したら見事Link2SDの第二パーティションとして認識できました。
TWRPのパーティションの切り直し機能便利ですね。CWMは4GBまでしか設定できない
のですが、TWRPは128MB区切りで好きなだけ設定できるので8GB分を割きました。
そんなにアプリ入れないけど。




最後に。

一時は捨てるしかないなと思っていたGXが、CM12.1が動き始めて格段に使える端末に
なってしまったので、ご褒美に保護フィルムの張り直しを行いました。
エレコムのPD-SOX8FLAという反射防止の保護フィルムなのですが、これが思いの他使い勝手がいい。

これを選んだのは、古い端末で余り選択肢がなかったので、選べる中で一番ましそうだったので、
消去法でこれになっただけです。

今迄のはメーカーは覚えてません・・・ラスタバナナだったかも?
どうも動作に誤動作が若干混じる事が有りました。
スワイプが付いてこない時が有ったりとかも。

それがこのエレコムのに張り替えてから操作性が格段に良くなりました。
保護フィルムって操作性にものすごく影響しますね。
ここまで影響が大きいとは正直驚きです。

でもその事を伝えている記事等は私が見ただけの部分ですが見た事が有りません。
ガラスフィルムがどうとか等はよく見るのですが、それは見た目や傷がどうのと
いう観点ばかりで、操作性や色んな影響が考えられ、理屈に関してはほとんど見られません。

操作性の事を書いてあっても「薄いから操作性がいい」とか、「マットで指に張り付かず、
滑りがいいから操作性がいい」とか、私が言いたい事とはなにか違う事が書いてあるだけ。
静電容量方式では保護フィルム自体の静電気の帯電によっては誤動作の可能性が有ります。
恐らく新しく張ったエレコムのは静電容量を溜めこみにくい素材を使用しているのでしょう。
タッチ切れや指に吸い付き度合いなど、フィルムが変わるだけでかなり操作性の印象が変わりました。
フィルムを張る派の方、フィルム選びは大事ですよ。
今回フィルムの張替えで操作性の違いをとても実感しました。


今はこんな感じです。
後は先のストレージの問題だけ解決したら全く問題の無い快適な端末になれるんですけど・・・さて。

関連記事
  1. 2015/11/10(火) 19:56:42|
  2. Android
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「ソフトバンクっていまだに嫌われてるんですよね?」「なんでなんでしょう?」・・・記事に見せかけた広告で悪印象の改善を始めたソフトバンク | ホーム | 【Kantar Worldpanel】3月以降続くAndroid勢の優位はiPhoneが発売されても揺るがず、来月が正念場だが余りiPhoneの勢いを感じず(微修正)>>

コメント

154氏はすごいですねー。CM以外のカスタムROMまで動かせるようになっていますとは。良い当たり機種になったものです。

質問させて欲しいのですが、クロックダウンには何のアプリを使用しておりますか?
  1. URL |
  2. 2015/11/11(水) 20:59:01 |
  3. 八ツ橋 #6QQOQyOg
  4. [ 編集]

>八ツ橋さん
下手に新しい機種よりもROMが豊富になっちゃってすごい当たり機種になっちゃって驚いています。
クロックの変更はCPU Master or System Tunerを使っています。
CPU Masterの方が簡単で分かり易いですけど、System Tunerの方が出来る事が多いのでその時で使い分けています。
  1. URL |
  2. 2015/11/11(水) 23:27:52 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6369-4d48080b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。