鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhone6sが売れず生産工場で進む解雇の波、閉じる生産ラインと初期の予約分を吐き切った後のアップルの地獄絵図の物語

iPhone6sが売れない―悲鳴上げるサプライヤー、現場では続々と生産ライン閉鎖 ~ iPhone Mania
Pacific Crest証券のJohn Vinh氏が先日、アップルはiPhone6sの部品発注を15%ほど減らすようだと分析したことが話題となりましたが、これを受けてIT時報の記者がサプライヤーの工場へ赴いたところ、すでに工場では従業員の募集を停止しており、人員整理を始めていることが明らかとなりました。
■募集センター前には影1つ見当たらず
IT時報の記者が10月27日、上海に位置するPegatronの工場に取材へ訪れると、元より10月末だった人員募集は10月半ばで締め切られ、3ヶ月前には行列を成していたはずの門前にある募集センターは、影1つ見当たらないという驚くべき状況が待ち受けていました。代わりに目を引くのは、荷物をまとめて離職していく従業員の姿ばかりだったとのことです。

■iPhone6sが売れないから生産ラインが閉鎖された
9月と10月の初旬は工場で最も忙しい時期でしたが、最近は明らかに暇で、特に募集を止めてからというもの、工場内の人員は日増しに減っていきました。離職自体は珍しいことではありませんでしたが、これまでは人の入れ替わりがあるのが普通で、以前には減り続けるという状況はなかったそうです。「みんなiPhone6sが売れないから、生産ラインが閉鎖されたって言っている」

iPhone 6sは売れない/売れていない・・・私がそう言ってきたのをあざ笑うかのように
アップルは発売週末3日間で1300万台売れたと発表し、それを日本中のメディアも持ち上げていた。
まあ例年程は大きなニュースにはならなかったが。
既に列の勢いの劣化で一般のマスコミはもうブームも終わりと感じているのでしょうか。

iPhone好きのメディアやブログでは、それでも大本営発表を信じ、iPhoneが勢いが有ると
思い込みを宣伝しようと必死のようですが、どうも今回の情報は旗色が悪いようです。
それを解いていきましょう。

記事中に「9月と10月の初旬は工場で最も忙しい時期でしたが、最近は明らかに暇」という
事が書かれています。これ、かなり重要です。

iPhone 6sの発売は9月25日、9月が忙しいのは主に発売に向けての製造が主な理由と
言ってもいいでしょう。9月25日以降~10月初旬で最も忙しいのが終わったという事は、
発売しての初期の需要を満たした後は、過剰生産に陥ったという事であり、そもそも
生産能力が需要を超えていたということになります。

iPhone 6の頃に比べて生産能力を更に高めていたのか、それとも同レベルの生産能力で
対応していたのか迄は私ごときにわかる所では有りませんが、明らかにアップルが期待
していたよりも生産能力に余剰が有った事がこの事から分かります。

発売日は9月25日です、そこから2週間ほどで大幅な解雇・・・ほぼ工場の解体に近い
事が記事として綴られているのですから、ちょっと普通では有りませんね。


記事中にも書かれているように、「辞めていく人がいるのは当たり前」ですから、工場の
従業員を雇い続けなければ工場は縮小している事になります。しかし募集は10月半ば
にはぱったり亡くなったとの事。これで縮小は間違い有りません。

それどころか、「iPhone6sを作っていた従業員は、(江蘇省の)崑山工場へ行くか、離職を迫られた」
という事ですから、この工場は閉鎖して崑山工場のやめていく人材の補強用にされる可能性が
濃厚だったと言えるでしょう。

iPhoneの販売に関しては何も知らない人には例年通り好調そうに見えていた事でしょう。

当ブログ記事

しかしこれらの記事やその他に書いた記事でもどの要素を取っても分かる程6sに需要の伸びは
感じられません。全ての要素に於いて、6sは勢いが盛り下がっている事が感じられます。

唯一、いや二つだけ前向きな要素を上げるとすれば、3日で1300万台、7~9月期のQ4でいい数字を
出したことだけです。その二つのiPhoneにとってはいい情報も、初期にどれだけの数を出荷したかや、
9月中にどれだけ出荷したかという、アップル自身で操れる数字でしかなく、中国への出荷を前倒し
して作っていた
このQ4の数字も、トップに掲げた記事や、私が書いた様々な記事の内容を見て
考えると、どう見てもアップルの作為が透けて見え、ガス欠は目前としか感じないです。


ただし注意してみないといけないのは、これが「部品発注を15%」減らした事による影響で、
15%の分に関連する部分の工場だけで起こっていうことと見るのか、それとも全体の流れの
一部を切り取ったものなのかで大いに表している事が変わります。

私は日本での販売状況がかなり思わしくなく、BCNの販売でもiPhone 6が相当なシェアを
取っている事が感じられ、国内のiPhone需要の1/3程は6が担っているような気がします。
そうなると6sの需要は減少し、こういったアップルの予測を裏切った事になる可能性が
増大します。

「6が売れているならそれでもいいじゃないか」という声が聞かれますが、アップルはイメージ
戦略の企業、簡易系操作で決して多機能とは言えないiPhone端末がこれだけ売れる背景
にはイメージを維持し続けてきたという側面が大いに有ります。その最新型端末が売れて
いないとなれば、大きくイメージに傷が付きます。

イメージに傷が付くのは存続の危機なのです。ユーザーに目を覚まされると困ってしまう。
だから売れ続けてくれていて、そう各種記事で宣伝してくれていないと困るのです。
ここ最近はアップルのリーク記事への食い付きも悪くなってきていますから、頼みの綱の
販売数の数字が渋いとなれば本当の危機到来です。

現在ティムクック氏がジョブズの代わりにちやほやされていますが、彼はジョブズのように
新しい感動は生み出せません。単純に数字を作ってジョブズの後光を引き継いだだけです。
だから数字が下がってしまうとジョブズの威光がすっと消え、単純に無能経営者のレッテルを
張られてしまうだけになります。

数字が続く間はティム氏はうまみを味わい続けられますが、作れなくなると「やっぱりジョブズ
でないと」とか「彼はジョブズとは違う」といった批判が噴出し、一気に手のひら返しの憂き目に
遭ってしまいます。

だってティム氏は新しいものを生み出していませんからね。
例え新しいものを生み出していたとしても「私はジョブズ氏ではない」と思い知ることでしょう。
だってジョブズなら宗教を開けていましたから、大したことがない機能でもユーザーが感動して
くれたのです。しかし全く同じものをティム氏がプレゼンしても「それで?」となること請け合いです。

つまりは「感動は信仰心とプレゼンで作られていたんだ」と分かる人から分かってしまうという、
悲しいお知らせがティム氏によって明らかにされるだけということです。

iPhoneの感動は、新しい機能でもなんでもなく、細かいこだわりの塊による感動を、新機能
やらに被せ続けてきただけの話です。しかし新機能ではなく細かいこだわりによる使い
やすさを生み出せる人はもう居ない。

それは新たに"i"の名を冠した新しい機能達が今きちんと流行っているのかどうか、それを
検証すれば明らかでしょう。ねえiBeacon・・・。

関連記事
  1. 2015/11/02(月) 19:55:44|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<IIJmio meetingではリンゴ病は無し | ホーム | 「ちゃんと冷やせば820は問題ない」とクアルコム中国法人、それって810でも冷やせば性能は発揮しますから同じ事ですよね>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6347-910306db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。