FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

真のオープンはgoogleから開く?

Google、独自の『Android』スマートフォン発売か?
http://japan.internet.com/allnet/20091021/12.html


Googleが携帯業界の真のオープンな世界を開く可能性が出てきた。
Android OSで武装したGoogle自身が売り出すGoogle Phoneが販売される噂が報じられた。

これは現在の携帯キャリアからではなく小売チャネルからの販売となり、完全なSIMフリーで
販売されるという話だ。これが実現すれば完全なSIMフリーの実績が出来ることになる。
ユーザーは大きな選択肢が出来ることになる。

Appleは携帯OSのオープン化を大きく広める役目を果たしたが、Googleはネットワークから
販売網までオープン化させる可能性が出てきた。

さてこれで困るのはキャリア自身だ。
課金システムの不備があらわになるところが有るからだ。
通信方式はW-CDMAになるだろうからKDDIは無関係として、ソフトバンクは機種を選ばない
課金がされるので問題なし、イーモバイルも周波数に対応されるのか分からないが課金に
問題は無い。王者ドコモだけが事実上外様機種を認めない課金方式になっている。

Googleも日本で発売するならこの事は重々知っているだろうからドコモに掛け合うだろう。
ドコモもSIMフリーへ向けてのロードマップは遅々としてだが他社よりは着実に進めてはきた。

後わざとまだ使わせない為に残してきたと思える課金システムのみ。
ここが納得のいく価格体系を打ち出してきたら一気にドコモのスマートホンが花開く可能性がある。
やはり国内での覇権を語るならドコモは外せない。

iPhoneは一見国内でも成功の道を歩み始めたようには見えるが、所詮第3位のキャリアからしか
出ていない。しかも会社として嫌っている人が多いキャリアからだ。

ここでGoogleがドコモを巻き込んで一大キャンペーンを打てばもしかするとiPhone以外では
初めて徹夜組みの列を作れる可能性がある。冬場の販売ならGoogleコスチュームで身を固めた
実働部隊が販売店に出来た長い列に熱い飲み物を配って回っている姿が報道されたりすれば
かなりの宣伝効果が期待できる。実現するだろうか?

これもiPhoneが道を切り開いてくれたからこそ起こりえる効果なのだが、今そこに有るものを
利用しない手は無い。

この販売の報道はまだアメリカでの話しだが、しかしこの話が事実だとしたら比較的日本に
注力しているGoogleが日本に上陸させるのは時間の問題。
エリアがろくに広がらないHSPA+等よりも遥かにホットなニュースなのです。

日本で発売されればあっという間にiPhone対抗となり、ユーザーの1~2割は旧iPhoneユーザーを
中心に乗り換えが起きると思います。一年立つ頃にはスマートホン内でのシェア的には対等ぐらい
になっているか逆転している可能性も有ります。全てはGoogleがドコモをどう利用するかに
かかっていますが。

でも・・・折角の話題性がある端末も、もっさりじゃダメよ。
キャリアの冬端末よりも話題性を感じた私は果たして奇特な人なのでしょうか。
関連記事
  1. 2009/10/22(木) 19:50:51|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソフトバンク公式、超迷惑メール | ホーム | ソフトバンクがJILに熱を入れる理由>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/633-d87940f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。