鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

GoogleがWebViewに変わるCustom Tabsでアプリからの読み込みを高速化&セキュリティー強化(追加編集)

Android版「Chrome 45」、WebViewに代わる「Custom Tabs」でアプリからのページ読み込みが高速化 ~ IT Mediaニュース
米Googleは9月2日(現地時間)、同日リリースしたAndroid版「Chrome 45」安定版で、「Custom Tabs」の利用が有効になったと発表した。
Custom Tabsは、Googleが今年のGoogle I/Oで紹介した、Androidアプリ内でWebページをシームレスに開くブラウザをアプリに追加するための新機能。
Custom Tabsはアプリへの統合が容易なだけでなく、開くページのデザイン(ツールバーの色など)をアプリに合わせることもできるという。
また、リンク先をあらかじめ読み込んでおくため、リンク先をシームレスに高速に開ける。以下のアニメーションは、Chromeブラウザ、Custom Tabs、WebViewのリンク先読み込み速度比較だ。Custom TabsはChromeよりも速い。

Googleが今年のGoogle I/Oで発表していたCustom Tabsが読み込みが高速化するという事で
紹介されています。Custom TabsはChromeに内包されたレンダリングエンジンBlinkをAPIとして
外部からアクセスできるようにしたものと予想されます。

Android OSのWEBレンダリングエンジンと言えばWebViewですが、これはWebKitをベースとして
いたものです。それがKitKatからはWebKitから分離したBlinkがChromeのレンダリングエンジンと
して利用され、それを新WebViewして利用するようになりました。そのおかげでAndroid OS内の
WebViewとChrome内の二種類のBlinkレンダリングエンジンを持つことになっていました。

Chrome内のBlinkレンダリングエンジンを外部から利用できるようにしたのがCustom Tabsと
いうわけです。二つに分かれていたBlinkレンダリングエンジンを一つにまとめてしまう訳です。
Chrome内の機能を利用するので、Chromeの設定がそのまま引き継がれる事になります。
メールアドレスの自動入力機能など、色んな機能が利用可能となり、PCとの共有も出来る事になります。

紹介記事では高速化が売りのようですが、実はそれ以上の便利な効果が期待できます。

更に何よりも重要なのが、WebViewを利用しなくなるという事。
これはWebViewの持つ脆弱性を利用しなくなる事と直結します。

KitKat以降ではWebViewがアプリの形で提供されるようになったので、Android OSの
バージョンアップとは関係なく、Google自身が直接アックデートできるようになりましたが、
Googleはさらに一歩踏み出す形でセキュリティー問題を含む色んな問題を解決する
手を打ってきました。

今後は切り出されたWebViewアプリを更新するのではなく、Chromeのブラウザを更新
するだけで、Webレンダリングエンジン系の脆弱性はほぼ全て解決できることになります。
Google内でも似た様な二つのソースコードを修正していた事も、一つ直すだけで解決
出来ることになります。色々好都合です。


しかしこれには一つ条件が増える事になります。
Chromeに内包された機能を利用する訳ですから、恐らく今後はChromeをインストール
する事が必須になると思われます。そもそもChromeをインストールしていない人も
いると思いますし、Chromeはそこそこサイズの大きなアプリで廉価端末にはサイズ的
にちょっと重い存在でも有ります。

今後はアプリでWebViewを利用しないでCustom Tabsを利用する事で、セキュリティー
問題に迅速に対応できるようになるだけではなく、旧来のバージョンのAndroid OSに
Chromeをインストールするだけで、WebViewの脆弱性を解決できることになります。

まだまだ利用されている4.1~4.3のJB以降のバージョンでも最新のChromeが
インストールできるのですから、JB以降のAndroid OS端末ではCustom Tabsを
利用するアプリでWebView周りの脆弱性が一気に解決出来ることになります。

ちなみに4.0のICSではバージョン42が最新のChromeとしてダウンロードされるように
なっており、Custom Tabsを利用する事が出来ません。これは実際にICSの端末で
GooglePlayにアクセスして確認しました。しかしバージョン42のChromeの最終更新日が
バージョン46と同じ2015/10/15になっていたのは気になりました。
これはGooglePlayの表示の問題だけかも知れませんが。


Googleは今後もしかするとCustom TabsのAPIが公開され、Chrome以外のブラウザの
レンダリングエンジンも同APIを通して使えるようにする可能性もありますが、
今の所そういった情報は有りません。

現状どこまでの発展が期待できるのかは分かりませんが、かなり可能性を秘めた
状況になった事は間違いなさそうです。

OSの機能をバラバラにしていくAndroid OSと、OSに何でもかんでも入れてあるiOSで
今後大きな性格の違いが出てきそうです。


最近の他のAndroidでのセキュリティー問題と言えば二種類のStagefright問題ですが、
この解決にも同様の手法が用いられる可能性が有ります。そうなればキャリアの
アップデートの縛りからも逃れる事が出来ますね。

関連記事
  1. 2015/10/26(月) 21:09:27|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<いきなり在庫が揃い始めたiPhone 6s/6s Plus、10月中に予約残がほぼ解消?相変わらずのアップルの機械的な品薄商法の処理が見え隠れ | ホーム | Googleが一部Android 6.0端末でフルディスク暗号化機能のデフォルト化を規定>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6329-ec1609bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。