鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

シャープがお遊びで作った小型ロボット、しかし最終的にはこの形がペッパーを超えるかもという予感もします

ロボ電話RoBoHoNはこう動く。撮影→お辞儀でプロジェクター、シャープ携帯チーム謹製Android系ロボ ~ engadget
Engadget 日本版 YouTubeチャンネルより。シャープが発表したロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)を動画でお届けします。当初、本気か!? とその目を疑いましたが、目の付けどころアレなメーカーはいたって本気のようです。その姿勢は発表会でもコンセプトモデルではなく「新しいカテゴリの商品」と語っていることからもわかります。

シャープが何か面白いものを開発して出してきた。
Androidベースの小型の対話型のロボットです。

基本は会話をするというよりも、音声で各種機能をリモート操作するもののように思えます。
Androidのスマートホンをベースにしていますので、SIMが入っており、スマートホンとして
利用できるようです。


小型のAndroid端末が埋め込まれています。
画像は電話がかかってきた所。


動画で見ていると電話機としてはかなり優秀な形のようです。
初めは間抜けな様子になると思っていましたが、実際に使っている所を見ると収まりが良すぎてびっくり。


写真や動画はプロジェクター機能で地面に表示してくれます。
これもみんなで楽しむにはなかなかいい感じ。
宴会のネタにもってこいです。



ペッパーと違う所は、恐らく会話の内容には時間的な深度が無い所。
ペッパーは会話の内容からご主人様のプロファイリングを常に行っていますが、
ロボホンは恐らく単なる音声認識でコマンドとしてしか解釈していないように思われます。

しかし写真を撮って「写真を見せて」と言ったら、今撮った写真を見せてくれますし、
動画も同様。おそらく最新のものを表示しているだけだと思われますが、結構それっぽい
動作になっているのでこれで十分でしょう。

コントローラーとしては専用の小型Android端末が背中に収まっており、恐らく性能は
ミドルからローエンド寄りでしょう。音声認識も各種動作も少し間が有ってから動作します。

特に画像の表示のプロジェクターの起動が遅い。
他の解釈もワンラグ有るので、解析プログラムの最適化も必要ですが、内蔵スマホの
高性能化も必須だと思います。このままじゃ売ることを考えるとちょっと寂しいですね。
売るかどうかは分かりませんが。
ペッパーはダメでもこれなら手が届くという人も多いかも知れません。

ちなみに本日ソフトバンクの発表会で出てきたペッパーを見てみて驚いたのは、
音声解析の速度やプロンプトに戻る速度がかなり高速化していた事。
解析プログラムを相当最適化したのか、ハードウエアの改定が有ったのか。
どちらかは分かりませんが、かなり実用域のレスポンスに収まったように思います。

ロボホンも認識率や動作内容はともかく、最終的にはレスポンスは本日見た
ペッパー程度(認識や応答が松という意識をしなくなる程度)までは持っていかないと
市場では受け入れられないでしょうね。人間側がロボットを待つようなものがあちこちで
横行していますが、待たなくてもいいものが出てこないと話にならないと思っています。

私が思うに、もし家庭にロボット型のものが普及するなら、恐らくこのサイズ感の
ものになると思っています。ペッパーサイズは邪魔過ぎです。
ペッパーの応対プログラムの方向性がむかつき過ぎるという問題は置いておくとしても、
物理的にペッパーサイズが実用になるというイメージが描けません。

しかしロボホンサイズなら、人が持って家の中をうろうろできますし、子供同士が取り合って
遊ぶことも視野に入ります。また子供の数だけ買って、それぞれに育てる・共有情報の
相互リンクなど、色んな発展が考えられます。もちろんプライベート情報はご主人様
登録した人だけしか引き出せないとかそういう面もしっかりと行ってこそですが。

将来的にはペッパーが現在できる事の数倍上の事をこのサイズに収めるのが目標でしょうね。
スマートホンは決して置き換えませんが、タブレットを置き換えたり、タブレットと併用する
レベルのものになる可能性は十分感じさせます。
しかしそれ以上に入り込もうとすると恐らく失敗に終ると思いますね。

ロボホンがペッパーを上回ってると感じるのは、普段はあくまでもコマンド待ちで居てくれる事。
能動的に何かをしてくれるのがいいという用途も有るには有るでしょうが、基本は余り
ごちゃごちゃ余計な情報を与えない事が多くの場合で喜ばれます。

スマートホンでも適度に通知が来る分にはいいのですが、余計な通知が増える程に
だんだんとウザさを覚え出し、余りに多いと怒りに変わることすらありますしね。
それが板型の無機質な端末ならまだ許せるとしても、ヒューマノイド型の端末の形状に
なるだけで、擬人化した怒りがリアルに湧いてくる事になるような気がしなくもないです。

人間を模した形状にするだけでそれだけ色んなリスクが高まるわけですが、そこは
人工無能と言われてきたものをどこまで余計な情報の取捨選択の精度を上げていくかが
重要になると思います。とりあえずペッパーはウザすぎ。ロボホンは合格。

この二つは目指している事も内容も全く別物のロボットです。
しかし行き着く所は恐らく徐々に近づいていく事になると思います。



RoBoHoN(ロボホン)関連の動画を二本置いておきます。


関連記事
  1. 2015/10/08(木) 19:41:52|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Googleが将来に見るロボットの世界、ロボットでもGoogleが覇権を目指しているのか | ホーム | ソフトバンク新製品発表会2015-2016冬春>>

コメント

ガンバレ!ロボコン
の誤植かと思いました。。。
  1. URL |
  2. 2015/10/08(木) 23:53:55 |
  3. 英優 #qx6UTKxA
  4. [ 編集]

>英優さん
ろーぼこん、0点・・・
  1. URL |
  2. 2015/10/09(金) 12:35:05 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6292-376fcd01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。