FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhone 6s Plusのレビュー記事に見る6/6 Plusの悲惨な状況、もろメモリ不足でババ遅な事実が克明に語られていてAndroidの数年遅れの状況が明らかに

iPhone6sの2週間試用レビュー、3D Touchとカメラの進化を特に評価 ~ iPhone Mania
9月25日の発売が近づいたiPhone6sをジャーナリストの松村太郎氏が2週間試用したレビューが公開されたのでご紹介します。iPhone6sの新機能3D Touchとカメラの進化を特に評価しており、実用レベルでの性能向上が印象的です。

今までは無かった事が今回、iPhone 6sでは起こっています。

iPhone 6の頃までは、私の知る限りでは製品が事前に誰かが使っていてそれをレビューしていた
なんて聞いた事が有りません。徹底した秘密主義を貫いていました。

しかし今回は実物がとっても投げ売り状態で巷に配られレビューが公開されています。
この転換は何?って感じずにはいられません。というかアップルの焦りしか感じられない状況。
それとも私が知らなかっただけでしょうか。


私的にはこの中ではカメラに関しては最高かどうかは置いておいて、iPhoneのカメラの画作り
には一定の評価をしています。細部を誤魔化して潰れるのは有るとしても、大きな破綻は無く
見やすい画作りをしていると思います。

また欲張らないセンサの画素数のおかげで受光面積が大きく取れ、色味やノイズ的には
Android端末のハイエンド機と比べるとかなり有利な条件が揃っています。スナップ写真には
最適なデバイスだと私は評価しています。

ただその他の部分はどうでしょうか。
例えばこの記事の以下の部分。

■処理速度が格段に向上、アプリ切り替えもスムーズに
iPhone6sは先代iPhone6からデザインこそ変更されていないものの、A9チップ搭載とメモリ容量の増大により処理速度が向上しており、多くのアプリを切り替えながら操作する際の時間が短縮されている、と日常利用での快適性アップを紹介しています。

「多くのアプリを操作する際の時間が短縮されている」って事は、iPhone 6の時点で短縮すべき
「無駄な待たされる時間」が有ったという事になります。

例えばXperia Z3/Z3C→Z4なんかだと色々有って逆に遅くなっているという評価ですし、Z4が
完璧な端末だったとしても、Z3/Z3Cと比べて何がよくなったの?って感じの評価にしかなりません。
それはZ3/Z3Cで既に無駄な時間がほぼ無く、とても快適だからという、極めてシンプルな理由からです。

しかしiPhone 6sで快適さを実感できるのでしたら、iPhone 6では快適でない部分が有った事になります。

しかも捨て置けないのは以下の部分。

毎日、ロック画面を解除する度に使うTouch IDが高性能化しており、認識にかかる時間が一回あたり数秒早くなっていることも高く評価しています。

これが真ならiPhone 6はTouch IDの認証時間が数秒もかかるほど遅かったって事ですよね。
私は1秒弱程度の認識時間だと思っていたのですが、それ以上の数秒を毎回認証にかけていたという
ことがiPhone 6ユーザー(松村氏はiPhone 6 Plusユーザー)により明らかにされた事になる。


さすがに私はこれには違和感を感じたので元の東洋経済の松村氏の記事の確認に行きました。
するとやはりTouch IDは1秒程度で認識し、数秒もかかっていないようです。
松村氏の記事の方でも機種名に書き間違いが有るようで、意訳すると恐らくiPhone 6/6 Plusで
Touch IDでの解除が1秒程かかっていたのが即解除すると取れる書き方をしていました。
さすがに6/6P世代で数秒はないですね。

しかしアプリの切り替えではiPhone Maniaの記事は正しい事を書いています。

新型iPhoneを2週間使い続けて体感したこと ~ 東洋経済ONLINE
日常のあらゆる作業が高速化する

[4ページ]
例えば、Evernoteを利用していて、とっさにカメラを撮影し、再びEvernoteに戻ると、初期起動と同じ画面が表示され、その間の数秒を待たなければならなかった。もちろん、編集途中のデータは残されているが、再びそのノートを探して開かなければならず、ここでもさらに数秒がかかる。おそらく、A8プロセッサのメモリ不足に起因する挙動だと考えられる。
しかしiPhone 6sで試すと、再起動を繰り返していたアプリ群は、そのまま切り替えができるようになった。起動待ちの数秒、編集していたデータを探す数秒が、毎回不用になるのである。A9プロセッサは高速化とともに、充分なメモリが搭載されたとみられ、その効果ははっきりと体験できる。

つまり私が以前から訴えていたメモリ不足はiOS 8.4.1になってもまともにはなっていなかったようです。
逆に言うとハイエンドクラスと言っていいぼったくり価格の端末が、Android 4.1~4.3世代レベルと
比べても下手をすると負けてしまうレベルの操作感だったという事がiPhoneをこよなく愛する層に
より明らかにされました。

ちなみにRAM 2GB搭載でXperia Z SO-02Eは2013年2月9日発売。
Xperia A SO-04Eは2013年5月17日で、共に発売後2年を経過しています。
共にSnapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHzでプロセッサにもさしたる不満は感じません。

iOS8はクソなのは認める所ですが、バージョンアップを繰り返し、8.4.1にまで上がった事で、
幾らなんでも1GBの端末のクソメモリ環境も多少はマシになったであろうと信じていたのですが、
やっぱり大画面化した端末に64bit環境で1GBはアンバランスな端末で有った事実は変わりは
無かったようです。メモリ不足でバランスが取れていないクソ端末はやはりクソ端末のままでした。
5.5インチクラスの1920x1080のディスプレイを搭載した端末には1GBは荷が重過ぎって事が、
iPhoneをこよなく愛する層から発せられたと言っていいと思います。

まあそれはiPhone 6/6Pが出た当時に散々書いた事ですが・・・その後のiOSのシェイプアップで
多少はマシになったかなと「一応好意的には見てあげていた」のですよ、アップルの最適化を信じて。


結果、3GBも搭載しているXperia Z3シリーズやその他Android端末とは比べるだけ馬鹿らし
いって事だと言っていいでしょう。2GBや3GBを搭載しているAndroid端末の快適性はもう言う
までも無いのですが、逆にiPhoneの悲惨さがここまで・・・って今更再確認させられました。

よくこんな端末に10万近くも払っていますね。
6sでまともになってよかったですね。
Android端末ではこんなのかなり前から少々のアプリの切り替え程度でメモリ不足による
プッシュアウトなんてまず無いですけどね。

まあiOSではインテント的なものがまだまだ未発達なので「お前らシングルタスク+αで使え」
というのがアップル教の教えなのかも知れませんが・・・。
新機種を触って喜ぶ声を聞き、改めて知る今までのiPhoneのウイークポイントです。


バッテリーに関しても悲惨なようです。

■バッテリーは目に見えて長持ち
筆者はこれまでも、iPhone 6sの使用期間も、Apple Watchを併用しながらiPhoneを利用している。期間が短く詳細なテストをしているわけではないが、これまで、平均的な仕事の日で、1日の終わりに10%ほどのバッテリー残量となっていたが、iPhone 6sでは20%を下回る日はなかった。
iPhone 6s Plusでは実に30%以上余る結果となり、とくにモバイルデータ通信を使いながら移動中にネットサーフィンをしたり動画を見たりする際の消費電力が抑えられている印象だった。

松村氏のiPhoneの使い方に関して私は知りませんので一概には言えませんが、
Android端末で特に私がXperiaアンバサダーでのプログラムでXpeira Z4をお借り
していた時の感触から言えば、一日の終わりで上記のバッテリー残はちょっと寂し
過ぎるのではないかなという気がします。

やはりiOS8の最終形態のバージョンですら、私が借りていた試作機のZ4にすら
及ばないという事になります。こんな端末が10万円近くもして飛ぶように売れて
いたってんだからちょろいもんですね。イメージさえ出来てしまえば後は勝手に
信者化してくれるのですから。

しかも「良くなったとレビューしている最新端末でもZ4の試作機と比べるとどうなのよ」って
程度のバッテリーの持ちですし。


そのバッテリーの持ちがよくなった要員の大きな理由の一つが「RAMが2GBになった」
事だと私は考えています。RAMが増えると通常消費電力は増えます。内容維持の為の
リフレッシュが必要ですからねDRAMは。

しかしタスクを切り替えたり色々すると、メモリ不足の状態では松村氏が「待たされる」
と書いている「ストレージとメインRAMとのスワップ」が行われます。これが遅くなって
待たされる最大の原因ですし、何よりも「大量のメモリコピー」が起こり非常に電力を
食います。この事に気付いていない、またはこんな事も知らないライター氏やメディアの
関係者は山のようにいます。マルチタスクOSの構造を全く理解していない人がそもそも
大量にいます。

なのでこの辺りのRAM容量と電力消費についての相関関係をきちんと説明できない
レベルの人が"多くの人が読んで影響力を発揮する記事"を書いているので、ぷーな
一般人が大量発生する原因となっています。それは海外ライターも含めて。

この辺りの真実をもっと早期に突っ込めるライターさんが居たらiPhone 6/6 Plusシリーズは
もっと悲惨な事になっていたかもしれませんね。知らないって強い。


私はこのiPhone 6s/6s Plusを褒め称える記事を読み、こんな自社製品を叩くような記事も
契約の内なの?とか思ってみたり、盛りに盛った提灯もある程度はお願いされたもの
なのかなとか穿った見方をしてしまいます。

とは言え、私が去年叩いていた内容を思い返すとRAM 1GBを徹底的に叩いていたわけで、
それが解消された6s世代は間違いなく名機でしょう。しかし操作感的にAndroidに追いついた
だけの名機なんで、既に「その快適性が普遍的に存在しているAndroid端末を含む」多くの
中からわざわざiPhoneを選ぶ理由にはなりませんけどね。どうしても好きな方は遅れて
やってきた名機を10万円近くも払って味わってください的な所ですかね。


いや・・・iPhoneを使うってこんなに大変だったのですね。
Android端末が数年前に卒業していた苦労を、2015年になってもまだ味わっていたとは
驚きました。6世代を買っちゃった方の多くはあと一年は辛抱ですかね。
5や5s世代の人はそろそろいいかも知れませんね。
私はそろそろAndroidの世界の常識の違いを覚えてもいい頃だとは思いますけど。

関連記事
  1. 2015/09/23(水) 23:44:40|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<アップルが2018年発売のiPhoneにフレキシブル有機ELの採用を真剣に検討?このニュース自体が単なるリトマス試験? | ホーム | アップルA10プロセッサは4~6コアの可能性?AプロセッサのCPUコアの性能アップに限界で、キャッシュやクロックアップでの性能引き揚げに傾倒していく模様>>

コメント

いやはや、ボロクソですね笑
Touch IDの反応速度について「ええっ?」と思ったのですが、そこはしっかり検証されていて納得です。
(ライターさんの表現が軽率)
OSの違いによる「必須メモリの違い」については過去よく言われましたけど、iOSもそろそろ2GBの時代ってことなんでしょう。
個人的にはiPhone6とiPad Air2を使っていて、どちらでもあまりメモリを意識したことはありませんでしたが、iOS9の3D Touchでさすがに必須になったか。
今の最新Android OSで1GB運用したらどうなることやらという気もしますが;^_^A そうならないようにしているからこそのAndroidの「パワー重視」方針なんでしょうね。
それは正解かなと思います。

  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 01:20:52 |
  3. WLDX #-
  4. [ 編集]

>WLDXさん
たまにはノーブレーキも面白いかなと思ってアクセルだけ踏んでみました(笑)
Touch IDの部分に関しては「それは無いんじゃない?」って思って元記事から検証し直しましたけど。
というか、6s/6s+を褒める為に6/6+をわざと落としているんじゃないかなって疑いました。
そういう事をきちんとやらないから「信者サイト」「信者目線」って言われちゃうのにね・・・。

AndroidはVMに関してはARTになりましたし、Dalvikのままでもものすごいデータ量を
多重ループループで演算を回したりしない限りはコストは十分無視できる範囲になりました。
メモリ容量的にもAndroidでは0.3~0.5GB分程度余分に食ってるかなというのが私のおおよその判断です。
なので、RAMが2GBや3GB以上の世界ではもう画面空間の広さの方がVMよりもインパクトが有ると私は判断しています。

2K画面以上だと、フレームバッファだけでなく、アプリ内などの画像用のテンポラリ等も全部大きくなるので、
マルチタスク環境だと倍々ゲームで恐ろしくメモリを食いますしね。
なので例えば4GB乗っていない4K端末は私はゴミと考えています。
そういう世界観なのでVMのコストはもうほぼ無視できるものと考えています。

それと今のAndroid OSのアプリ環境では1GBは明らかにメモリ不足です。
追い出しスワップが頻繁に起こりますし。
実際それは1GB端末を利用していて感じている事です。
しかし数世代重ねても最新端末が2GBや3GBからほとんど進化しないのは何故か。
現在のAndroid端末の動作を考えてみれば理解できると思います。

パワー重視なのは快適性を追い求めたから・・・というよりは、単にメーカー間競争の賜物かと。
例えばカメラのセンサなどは必要と思えるレベルを超えてどんどん微細化の一途を辿っていますし、
売れるにつながる実利の少ない無用な競争は、止めどもなく続くもんだと私は考えています。
基本S801やS805の32bitアーキテクチャ辺りが一番効率を考えたバランス的にいいと思っていますし。
今の16/14nm FinFETでこれ焼き直したら相当安く作れると思います。
ジョブズが居たらあんな早期にAプロセッサでの64bit化の無駄さ加減を許したかなとか考えてしまいます。
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 01:59:26 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

それより"違和感を感じた"と書くのに私は違和感を感じますね
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 02:01:01 |
  3. j #-
  4. [ 編集]

>jさん
ふむ、では「違和を感じて」いてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12102020797
http://oshiete.goo.ne.jp/watch/entry/84bf64af551d9373b4724ab0d6b50727/
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 02:18:05 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

たたき売り状態の6/6Plusを買おうとしていた友人に、6s/6s Plusこそ真打ちなので買うな、と待ったをかけています。
Appleがメモリ2GBに増量されたという大変重要なことをアピールしてくれないので、6/6Plusと6s/6s Plusが大して変わらないと信じているユーザーの多いこと。
中身がゴロッと変わっているので全くの別物になってるよ、と説明して6s/6s Plusまで待つよう念を押しておきました。

それにしてもメモリ2GB化を何でアピールしないんでしょうねぇ・・・
これを知ったら6/6 Plusからでも買い換えてくれる人が出そうなのに。

>今の16/14nm FinFETでこれ焼き直したら相当安く作れると思います。
これはちょっと難しいでしょうね。
SAMSUNG/GFとTSMCの16/14nm FinFETはダイサイズがあまり小さくならない上に製造コストが増大しています。
もしコストダウンできるんだったら、ロ~ミドルレンジも16/14nm FinFET化しますが、このレンジはコストが重要なので当分28nmで行きます。
しかしFinFET化すると電力効率を大きく上げられるので、技術的なメリットは十二分にあります。
16/14 FinFET化はチップ価格が高くなっても許されるハイエンドレンジの特権ですね。
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 07:09:34 |
  3. GMS #3XH2/Kw.
  4. [ 編集]

発売前レビューに関しては、単にあなたの記憶違いでは? 発売直前にWebメディアに使用レポートが載るは毎年恒例です。

“ASCII.jp:本邦初公開! これがiPhone 3Gだ(前編) (1/7)”
http://ascii.jp/elem/000/000/149/149341/
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 09:32:26 |
  3. あらん #-
  4. [ 編集]

Androidですが

OSの違い、メモリの使い方の違いとかあるかもですが、Androidは各社独自のものを組み込むからそれが駄目だったときに残念な結果になるってものありますからね。
Z3の修理でgalaxyS5を借りてましたがホームをしばらく離れて戻ると再描画みたいに待ちが発生するんですよね、カメラもそうだけど切り替えに高頻度で1秒も無いですが引っ掛かります、Z3でなかった分その僅かな引っ掛かりがストレスなんですよね。
お互いに5.0にしてたしNote3でもその引っ掛かりはなかったのでメモリの使い方なのか足りてないのか、、、

なんか纏まらなくなったので終わります(´Д`|||)
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 10:41:43 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

>GMSさん
メモリが不足気味の状態での追加と、メモリが充足している状態での追加では全く意味が違いますからね。
今のiPhoneでの1→2GBは2→3GBよりも相当大きなインパクトが有ると思います。
その方も6s/6s Plusを待てば6/6 Plusとは世界が変わるのでいいお勧めだと思います。
アップルもユーザー側には何の意味もないイメージだけの64bitはアピールしたのに、
重要な数字になるはずの2GBはアピールしないなんて勿体ないですね。

SAMSUNG/GFとTSMCの16/14nm FinFETではプロセスが微細化していけば過去の
プロセスルールと比べて微細化するという訳でもなかったのですね。成程、急に数字が
進んだ理由が理解できました。微細化で吸収できないなら安くならないのは仕方ないですね。
FinFETを神格化し過ぎていましたw

>あらんさん
情報有難うございました。
見ていて忘れていたのかも知れませんね。

>ジャホさん
登場した端末のRAM容量と画面サイズを挙げてみます。

・Xperia Z3     RAM 3GB FHD(1920×1080)
・Galaxy note 3  RAM 3GB FHD(1920×1080)
・Galaxy S5     RAM 2GB FHD(1920×1080)

その中でGalaxy S5だけが2GBなんですよね。
Android OSだとFHDでは2GBでは不足気味で3GB有った方が追い出しが起こりにくいという事でしょうね。
note 3は4.4.2で5.0では有りませんが、まあ大きくは必要容量は変わらないと見積もっている前提ですが。
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 15:08:19 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ふむ。Touch IDの認証時間が今迄1秒弱だったのに、さらに数秒早くなったと言う事は、押す前にロック解除出来ると言う事じゃないですか!!!
6s, 6s+ でタッチ認証する前にロック解除されたら、それは仕様という事ですね。
よく分かります。
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 15:26:08 |
  3. 生ぴーまん #bnistvpo
  4. [ 編集]

>生ぴーまんさん
実は指紋認証ではなく、6s/6s Plusは念力解除機能搭載で、
利用者が「これから解除するぞ」って念じたらタッチする前に解除される仕様です(笑)
  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 15:38:23 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

鈴さん

一覧ありがとうございます。ちなみにNote3も5.0になってるので比較は出来た次第です。
S5だけ何かソフト的におかしいのかなぁとか思ってたりしてました、他の手持ちに残ってるSH-06E,HTL22,Mate7とかには同じ様な引っ掛かりはないんですよね、まぁそいつらはメーカー自体違うんで何とも言えないところではありますが。


念じてロック解除、、、イノベーションですね?ヽ(・∀・)ノ(笑)
今のところ指紋認証でMate7を超える端末に出会ったことないので店頭に出てたら試してみたいですね。

Mate7は背面センサータイプですが、なぞる必要がないのと、どの方向からでも反応してくれるのが大きいですね、まぁ唯一の問題はメーカーがなぁってところでしょうか。

  1. URL |
  2. 2015/09/24(木) 15:50:55 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6252-5962e61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。