FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップル大本営「新型iPhoneは昨年を上回る勢い」、アナリスト「去年入ってなかった中国混ぜて何言ってる!しかも予約数出さないのかよ!!(怒)」

新型iPhone昨年上回る勢い、中国需要に明るさ ~ ロイター
米アップル(AAPL.O)は14日、新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6S」、「6Sプラス」の販売状況が、昨年の新機種販売後初の週末に記録した1000万台を超える勢いだと明らかにした。
事前予約の具体的な受付件数は公表していない。アナリストらは、最初の24時間に約450万件の事前予約があったと推計。昨年同期間は400万件だった。
ただ昨年の数字には中国が含まれておらず、「アップルにとりクリアすべきハードルを下げた」(BGCパートナーズのアナリスト、コリン・ギリス氏)との指摘も出ている。中国での「アイフォーン6」、「6プラス」の発売は当局の承認の関係で遅れた経緯がある。

アップルはiPhone 6s/6s Plusの新機種発売の数字を「1000万台を超える勢い」だと発表。
その割には事前予約の数字の発表は取りやめています。
アップルはAppleWatch以降、主だった機種の数字を発表しなくなりました。
羽振りにいい数字なら、誇らしげに発表するのですが、都合が悪くなると途端に数字の
発表をやめてしまいます。

発売直後の初めの週末の販売数なんて、出荷数に影響される事は過去の機種の記事で
何度も何度も指摘してきました。去年の6/6Plusではかなり初期の出荷数を増やしたなと
いう感想です。今年はもっと出していくのでしょうか。

そう言えば今年は飢餓感を煽る為の生産現場の不調のニュースが出てきませんね。
毎年何らかの生産現場のトラブルのニュースが直前に出て、発売初期に手に入れにくく
なるというような、飢餓感を煽り立てるニュースが出ていたのですけど・・・。

アップルのiPhone6SとiPhone6S Plusは売れているのか? 本来、iPhoneを買えない「背伸び」層まで、取り込みに行っている? ~ BLOGOS
アップルは去年iPhone6が販売されたときの実績を上回るペースになっていると発表しています。
ただ、これは額面通り受け取れない面があります。まず去年iPhone6が最初に売出されたときは、中国市場は含まれていませんでした。今年は初めから中国市場が含まれています。中国市場がiPhone販売の20%を占めることを考えると、今年、iPhone6Sが去年の実績を上回るのは当然のことなのです。
次にアナリストが不安を表明している点は、去年まではアップルは事前予約注文(pre-order)の数字を公表していました。しかし今年から事前予約注文数を公表しなくなったという点です。このことから(ひょっとすると去年の実績である400万台を割り込んだな)と考えるアナリストも一部に居ます。
実際の販売数は、販売開始時にどれだけのユニット数が店舗に出荷できるか? 言い換えれば生産が間に合っているかどうかに左右されるため、需要を測る尺度としては使えないという指摘もあります。だから事前予約注文の数字同士を比較した方が良いというわけです。今回、アップルがこの数字の公表を取りやめたことに対し、アナリスト達から残念だという声が上がったのは、そのためです。

そしてアナリストは一斉にアップルの数字や発表内容に疑問を呈しています。

400万台越えは本当だろうが、「中国を含めた数字でハードルを下げてクリアしただけ」とか
そんな風な意見も出ています。私的には毎年国やキャリアを増やして、出荷数で調整して
毎年作った数字を発表しているだけに過ぎないとの見方をしているので、こんな数字は
あまりあてにはならないという見解です。

どうせ買い替え需要でそれなりに予約分が並ぶでしょう。そこにどれだけ出荷するかで
数字は作れます。その原資となる予約をどう取るのか。満たせなさそうになったら
初期発売国を増やすというやり方だと見ています。

例えば5s/5cの時はドコモを追加しましたよね。その前はKDDIを追加しています。
日本だけでもこれだけの事が挙がります。毎回そんな風に何らかの策を打って数字を
作っていくのがアップルであり、中国が入ったどうのなんて今更の話です。
よーくよく見ていくと、アップルの小賢しい数字作りの秘策がちょこちょこと見られます。
それを鵜呑みにして持ち上げてきたアナリストの方々、今回の中国を含んだ数字が
まるで初めて「アテにならない数字」呼ばわりすのはやめてください。アップルは去年よりも
有利な数字が作れるように常に何らかの工夫をしているのですから。それを見極めて
発表しないと意味がないんですよ。アップルのやっている事はソフトバンクと変わりません。
つまり「アップルが発表した内容は元から信用できない」って事です。

信者が多いから隠れて見えないのでしょうが、ソフトバンクで同じ事を信者外の者から
見たらかなり滑稽でしょう。アップル信者が信じ込んでいることだって一般の人から
見たら同じ事なんですよ。


どっちにしても、アップルが一番看板商品の数字の発表を取りやめたことは事実であり、
仮に何らかの数字が出てきても中国を含めた数字だって事。逆に言えば、中国を含んだ
数字ですら発表できない状況であり、それが何を意味するのかを考えると、アップルは
サムスンを笑ってられない状況である事がよく理解できると思います。

少なくともiPhoneシリーズは、多くのユーザーが望んできた大画面化という大きなイベントが
終了してしまい、客をここまで引き付ける端末の変化はもう品切れ状態と言っていいでしょう。
6/6 Plusでそれを使い、多くの過去機種のユーザーやiPhoneの購入を睨んでいた方が
一斉に6/6 Plusに飛びつきました。

一世一代と言っていいような「売れるチャンス」が6/6 Plusのタイミングで起こったわけで、
その次の端末は必然とその反動で買い手の不足が起こりかねません。
本来は大画面化の2世代目で、メモリも増えていて余計なメモリ整理タスクが走らないので
バッテリーの持ちも良くなるはずです。それによって動作が重くなる可能性も下がりますし。

つまり6/6 Plusよりも熟成された良い端末のはずなのですが、客は皆"初物"の方へ飛び
ついてしまった上に、6s/6s Plusは6/6 Plusから変わり映えしないのでそこからの買い替えも
大して期待できません。おまけにボディーデザインも基本的には同じです。
よって販売に苦労するのは目に見えて言います。

そんな不利なターンでの数字未発表、勘ぐるなという方が無理です。
このブログでは沢山沢山勘ぐっていきたいと思います。
また勘繰りが大好きで、しかも的確な指摘をされる方が多いこのブログでは、アップルの
状況はかなり丸裸にされてしまうと思います。勿論良くない方向で。

関連記事
  1. 2015/09/16(水) 22:56:41|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<私のXperiaが壊れたのですが、色々やってたら直った上に高速化したでござる | ホーム | アップルA10プロセッサはTSMCのFinFETで生産されるとDigiTimesが報じるも、A9プロセッサとの採用プロセスとの情報の整合性に疑問符も>>

コメント

どこぞの胡椒君が1分で1000台完売と同じレベルですね。
どうせシェア発表で勢いがわかるのに。
  1. URL |
  2. 2015/09/17(木) 00:12:18 |
  3. 京 #Qi8cNrCA
  4. [ 編集]

(´-`).。oO(すでにiPad ProとiPhone6sPlusに生産上の不具合が出ておりまする……)
  1. URL |
  2. 2015/09/17(木) 01:53:24 |
  3. WLDX #-
  4. [ 編集]

>京さん
世間にはそういった"雑音"は聞こえないで、大本営発表を有り難く広めようとする勢力が有りますので、多分無問題ですw

>WLDXさん
あらま・・・今年も既にそうなっていましたか。
しかも見事にアップルが売りたい高額商品ばかりじゃないですか(笑)
  1. URL |
  2. 2015/09/17(木) 04:19:10 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6237-db0fbe95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。