FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

世界へ向かう為の携帯端末

日本のドメスティックな端末が世界へ向かう為にはどうすればいいのか。
今の端末を世界に持っていくには無駄が多すぎる上に機能しない部分も多い。

中国で日本の端末がもてはやされているが、例えばドコモの端末を中国でSIMロックを外して
使っても、i-modeなんてないし当然e-mailも使えない。お財布のフェリカやワンセグなんて
もってのほかで、せいぜいカメラとスケジュール帳と通話に使える程度だろう。
ほとんどが他人に見られる為の見た目の所有欲の為に高額な日本の端末を使っているのだ。

この無駄が大きなヒントになる。

ややこしいのでドコモ用の端末を基本として話を進める。
まずはハードで共用できない部分といえばフェリカとワンセグ関連。
この二つが海外へ輸出しようとすると完全に無駄になる。
そのまま輸出すると多機能で武器になるどころか使えない余計な部品がついていて単純な
コスト高な端末になる。これを付加価値として生き返らせるには海外でも使えるものにする
必要がある。

フェリカは日本と他の一部の国では普及しているが、世界規模で考えるとフィリップスが開発した
Mifareのほうが遥かに普及している。この両方に後方互換性を持たせた新しい規格、NFCが
策定されている。
掛け声だけ以前からあり、まかなか製品ベースに乗ってこないNFCを早急に
製品化して携帯端末に載せることが重要だ。

フェリカやMifareに対して上位互換性を持っているNFCを携帯端末に乗せること。これで世界に
持って行く時の最低条件だろう。

次にワンセグ。
これはほぼ日本固有のものなので外せるように設計するしかない。
どうしても入れておきたのなら世界中の主要な規格の放送をデコードできるチップを開発し、
それを搭載して見られるようにすればいいのではないか。ラジオをも受信できればなお良いが。
輸出量が多いと思われる国を優先して規格を絞り込めればワンチップ化できないこともないかも
しれない。

アメリカではFLO TVが開始されているのでこれを取り込んでおくとアメリカでの需要は期待できる。
今後にモバイル向け放送が開始予定されているものも有ると思うのでそれに期待したい。


ハード的な部分はこれでほぼ問題がなくなるだろう。
これをLiMo標準ハードとして基盤を仕上げる。
モバイル向けTV放送は有り・無しで選べるとなおいいだろう。

ソフトに関してはLiMoやオペレーターパックの例を見て分かるように分業化が大いに進んでいる。
ケースの共用もシルク印刷を工夫すれば出来ないことはないので外側で共用できないのは
文字類が印刷されるキートップだけになる。タッチスクリーン機ではそれもなくなる。

大きな問題はi-modeのような環境が必要のない国の場合、強力なCPUが無用の長物にならない
ようにしなければいけないこと。需要のないパワーは単なる無駄なコスト高の要因でしかないので
何かしらのCPUパワーの需要を作り出す必要がある。

出来ればWEB関係とアプリが用意されるといいのだが。
その辺りの私なりの考えはこちらの記事を参考にしてもらいたい。


ハードの共用化さえ出来ていれば注入するファームウエアを変えればどの国仕様だって変更
できるし後から国の追加もできる。基本日本版のワンセグ等のTV放送対応のファームと
それ以外の国向けのファームの二種類でほぼカバーできるのではないだろうか。


例えば正規販売でないものでも言語対応がしっかり出来ていると多少機能しないところが有っても
結構利用されるもんだ。N-02Aが中国語圏でものすごい人気があるのは中国語表記だけでなく、
ピンイン対応のIMEを乗せているからだという。

非正規でローカライズされていない状態でこれなんだからきっちり作って正規ルートで販売すれば
とりあえず中国辺りでは人気が出るのではないだろうか。
しっかり共用ハードを作って世界中で売り出して欲しいと思う。

初めからその視点で開発していればドコモとソフトバンクは早い時期にほぼ全ての端末が
完全な統一ハード化出来ていたのではないかと思う。

こうして単一ハードを国内の複数のキャリア、後は世界に持っていけるようになり、量産効果が
期待できれば端末の価格ももっと下がるのではないだろうか。少なくとも部品の発注数の桁が
変わればそれだけで単純に値下げ効果があるはずだ。
関連記事
  1. 2009/10/08(木) 20:05:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<少しだけ昨日のTCAの記事の続きを | ホーム | TCA9月分出ました>>

コメント

携帯を構成する部品の分野においては日本はトップクラスで高性能なのに、完成品の日本向け仕様が全体としての日本企業の世界的な競争力をなくしているのだと感じます。
携帯の分野では三星がシェアを上げていますが、部品は日本製が大部分を占めていると聞いたことがあります
  1. URL |
  2. 2009/10/09(金) 17:18:47 |
  3. Lot #JalddpaA
  4. [ 編集]

>Lotさん
Lotさんの指摘したことは島国で周りの国を常に気にしなくてもいい日本の象徴的な部分ですよね。

目標を立てるのが下手で、こういう機能・性能を達成する部品という目標がはっきりすれば
とんでもない力を発揮するという器用貧乏なところがもったいないです。
私もかなりそういうところが有るので人の事は余りいえませんが・・・。
  1. URL |
  2. 2009/10/10(土) 00:49:47 |
  3. #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/620-f24ffbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。