鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソフトバンクグループのスプリント、月額22ドルでいつでも最新のiPhoneにアップグレード可能なリース契約を年内は15ドルにと発表

米Sprint、いつでも最新iPhoneにアップグレードできる新プランで攻勢 ~ iPhone Mania
ソフトバンク傘下の米Sprintが、ユーザーがいつでも好きなときにiPhoneの最新モデルにアップグレードできる新プラン「iPhone Forever」を発表しました。
■月額22ドルでiPhone6がリースできる
現在Sprintと契約していて、iPhone6/6 Plusを使用していないユーザーは、通常のプランの料金に加え月額22ドル(約2,700円)を支払うと、容量16GBのiPhone6へとアップグレードできます。Sprintは基本的に22ヶ月のリース契約のみで、ユーザーはiPhoneを同社から「リースする」という形態をとっています。

ソフトバンクグループの米スプリントは、月額22ドル(約2700円)でいつでも最新のiPhoneに
交換できる新プランを発表しました。

何時でも新iPhoneに交換できるなんてすごくお得・・・と思いますが、よく見ると私には美味しくは
見えません。この価格は16GBモデルの価格なので、64GBや128GBモデルは毎月の値段が
変わります。16GBモデルは下手をすると端末代が0円の上にキャッシュバックの実弾付き
のばらまき要因になっていたりします。

しかもリースですからあくまでも所有権はスプリントです。個人の持ち物にはなりません。
なのでJBも出来ません。最新の端末に何時でも交換できる反面、要らなくなったら売り飛ばして
換金する事も出来ません。その権利は全てスプリント側に有ります。

それと壊した場合にどうなるのでしょう?怖いのはそこです。
当然ながら格安の修理屋などに持ち込めませんし、部品だけ買って自分で修理とかも出来ません。
そう考えるとユーザー側はiPhoneの入手の格安を固定費化出来るようで、逆にリスクを背負う
事になるようにも思います。リースにするとノーリスクになると思いきや、全然そんな事が無いよ
という事を理解しておく必要が無いと思います。

勿論自分で端末を持つことも別のリスクを背負いますからリスクの取り方の違いと言っていいかも
知れません。しかしリースにすれば何でもかんでもお得と考えるのは違うよという事です。

関連記事
  1. 2015/08/18(火) 19:39:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<複数の機関や人がiPhone 6s/6 Plusの前年割れを予測、「Force Touchは売りにはならない」 | ホーム | A9は1.85GHz、16/64/128GBのラインナップで、発売日は2015年9月18日?更に来年は2016年9月23日になると予測してみた>>

コメント

リースの場合って、同一機種別個体にすることすら契約違反でしょ?
契約自体を「可能」に変更すればいいことだけど、
そうでないなら故障したらスプリント本体に許可を貰ってアップルストアに持ち込んだり、
スプリントに修理で持ち込んで断られるか(違約金払って泣き寝入り)の二択ってこと。
あっぱれな罠プランですね。
  1. URL |
  2. 2015/08/18(火) 20:18:51 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

我が家の光固定回線の終端装置等はリースですが、
壊れた時は無料修理または無償交換ですね。
アメリカのリース契約って、修理などの保証ってどういうのが一般的なんですかね?
  1. URL |
  2. 2015/08/18(火) 21:07:17 |
  3. こっそり #mQop/nM.
  4. [ 編集]

故障に関してはあまり心配する必要はないと思いますが、そこはソフトバンク。舞台がアメリカでも必ず罠を仕掛けているんだろうなと思いますけど(笑)
  1. URL |
  2. 2015/08/18(火) 21:52:20 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

>我が家の光固定回線の終端装置等はリースですが、

それ、おそらくリースじゃなくてレンタルです。
リース契約とレンタル契約は別物。
  1. URL |
  2. 2015/08/19(水) 08:12:04 |
  3. akihiko #-
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
契約約款がどうなっているかが問題であってリースだからどうということではないです。レンタルも同様。
(マイカーリースなどがいい例で、あれは契約者が改造しようがリビルト品で修理しようが問題ない場合が多いですね。状況によってはリースアップ時に売却差額で追い銭払う場合もありますが…)
細かいことを言ってしまえば現在の個品割賦でも残金の支払完了までは端末はキャリア(または割賦会社)の所有物になりますね。善管注意義務が発生するのはいずれも同じ、個人レベルでは期間後の扱いが異なるだけです。
(法人では損金扱いがどうとかいろいろ出てきますが)

で、きちんと原文を見ると「修理または保険の費用は契約者の負担」ってしっかり書いてありますね。
あとリース途中解約時は端末を返還するか「購入オプションの支払い(おそらくリース契約残額の一括払い)」とのことです。

その辺は普通のリース契約と同じなのですが、問題なのが
「Does not guarantee monthly payment amount, phone selection, or service plan rates.」
の一文。「月額料金や端末機種やサービス料金は保証しません」だそうです。
うがった見方をすればiPhone6の128GBモデルを契約して、アップグレードでは64GBモデルでも文句言えないことになりますね。
アメリカでそれやったら天晴れですけどね。
ついでに発売後すぐ入手できるとは限らないとかソフトバンクフォントで書かれていたり…さすがソフトバンクグループ(笑)
  1. URL |
  2. 2015/08/19(水) 11:04:05 |
  3. node #-
  4. [ 編集]

SBつながりで

ニケシュ アローラ氏の600億円
http://blog.livedoor.jp/fromvancouver/archives/52435180.html

なんとなく、Mr Sonが彼を選んだ理由が分かる気がします。
  1. URL |
  2. 2015/08/22(土) 05:53:35 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6163-c55417c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。