FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

使い安さ~基本機能の充実を

「iPhoneの魅力は使いやすさ」
これは使っている人は勿論、使っていない人も認める人は多いと思う。
独特の操作性で使いやすくて出来ることも多い。

「出来ることも多い?」

これには異論を唱える人もいると思う。
私はそうだ。

片や言い分は、(余計な物をつけないで)ワンセグは?
お財布は?
高性能カメラは?
などとなってくる。
3GSとなってもその辺りは解決されない。
ハードの限界はどこかに必ずある。
日本でもてはやされる機能の為だけにコストアップは許されない。

片やマルチタッチなどに代表される「出来ることが多い」はソフトにより実現されたもの。
決して優れたハードだと自慢しているのではない。
単一ハードで環境を整え、イメージ作りまでしっかりしたから優秀なアプリが沢山作られた。
早い話、技術者をかき集めることに成功した。
また新聞や投資、その他の世界でもアプリを作ろうという機運も作り出した。
これも含めた機能や操作性と言っていいのかもしれない。

ドメ携で一番成功してアプリ環境が自由なi-modeですら出したら出したでほったらかし、
アプリ製作環境も決していいとは言えないまま放置に近い形だ。

デスクトップやアイコンの延長線上ではなく、メニューからアプリをわざわざ立ち上げるという
懐かしいDOS Shellの時代の発想のままのドメ携のUIのままでは大きく操作感は変わらない。

来世代もハードの機能で引っ張り続けるのか、端末のUIから見直していくのか。
少なくともiPhone対抗の端末を出していくのならUIの新しい発想は必要になるだろう。
その内の一つはAndroidだし、それに続くドメ携端末が出てきてもいいと思う。

iPhoneは決してドメ携のように優秀な機能のハードを詰め込んだ端末じゃない。
ハードだけを見れば確実に劣る。画面だってHVGA(480x320)でFWVGAに比べたら貧弱なものだ。

iPhoneの魅力はそういったハード的なことは「必要十分」と感じさせるソフト的な作りこみの魅力、
「その手があったか」というアイデアをソフトとしてiPhoneOSに組み込んでいること。
さらにその魅力に釣られて技術者達がそのiPhone自体を”増築”し続けていること。

ドメ携の圧倒的なハードの魅力はメーカーが押し着せた機能から一切進化しないこと。
メーカーが押し着せた使い勝手が気に入らなくて許容されたカスタマイズの幅に満足できなけ
れば買い換えるしか満足を得る手段は存在しないこと。更に、買って実際に端末を使い出さ
なければその端末が自分に合って満足を得られるのかと知る手段がほぼ無いこと。
店頭のテスト機だけではきずかない事も多い。1時間も2時間も触って調べるわけにもいかないし。
圧倒的なハードの魅力を否定するような事が多い。


かつてのオールインワンのワープロ専用機が一家に一台の勢いで流行ったが、今では全て
パソコンに置き換わった。家庭用コピー機もパソコンに繋がる複合機に。

全てはパソコンに飲み込まれた形だ。
携帯端末でパソコンに近いといえばスマートホンだ。
AppleはiPod/iPhoneを完全にその延長線上で開発している。
世界単一ハード・大量生産だから非常にコストを安く作っている。
しかもモデルチェンジはドメ携のマイナーチェンジ程度の機能アップしかせず、
年に夏の一回だけだから部品の発注にも無駄が少ない。

コストの安いハードをとことん基本性能を突き詰めて使いやすくして売る。
ドメ携は次の端末には資産としては引き継がれない、その場限りの高額な部品代のかかる
機能で目を引くことばかりに力を入れ、次の端末にコストをかけず引き継がれる部分には
全く手をつけてこない。

その間にもiPhoneはどんどんとOSの改良を加えて魅力の積み重ねを加えていく。
そろそろスマホではないドメ携も内部構造のつくりやUIの発想の変更が必要ではないか。
その変更は全てAndroidにお任せでいいのだろうか。勿論それでも成り立つとは思う。

しかし国内メーカーの独自の発想はそこにはほとんど無い。
今のままではPCと同じく国内メーカーがDOS/V以降単なる互換機メーカーに成り下がり、
海外新興勢力の台頭に従って、採算が悪くなった順に撤退という憂き目を繰り返すだけの
ような気がしてならない。

確かに汎用PCのような肥大化はそれはそれで困る。
本来は携帯電話なんだから。

でもiPhoneでひとつのバランスが提示されてそれがある程度支持されてしまった以上、
国内端末メーカーも表面的なタッチの真似事だけではなく、そこから学んでユーザーに
示すべき方向があるのではないかと思うのだがどうだろうか。
関連記事
  1. 2009/09/23(水) 20:25:21|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ソフトバンクのドメ携 | ホーム | ドコモ・端末購入サポート終了>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/603-5762fb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。