鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

高速な20倍速ブラウザの開発を目指してGoogle、Apple、マイクロソフト、Mozillaが協力

高速な20倍速ブラウザの開発を目指してGoogle、Apple、マイクロソフト、Mozillaが協力している事が報じられました。

『より速いブラウザ』開発目指しグーグル、アップル、MS、Mozillaが協力。20倍速も ~ リンゲルブルーメン
The Next Webは、Google、Apple、マイクロソフト、Mozillaが、より高速なブラウザの開発を目指し協力していることがわかりました。

現在の主なウェブブラウザを作っているGoogle、Apple、マイクロソフト、Mozillaが協力して、
高速動作をするブラウザを作る事で協力をしていると報じられました。

現在のブラウザは、速度よりも機械の都合を優先した所から発展してきた経緯が有りました。
機能の少ない所に色んな機能をバラバラに後付けしてきた関係上、将来的なプロセッサの
発展などを考慮しておらず、その時その時の思い付きで積み上げてきました。

なのでいざ高速化をしようとしても、色んな制限が有り、思ったように高速化出来ないといった
問題が有ります。

例えばWEB関連で一番高速化の足を引っ張っているのがJavaScript。
これは簡単で便利な反面、よほど組む側が気を付けて組まないと、シングルスレッドでの動作に
なってしまい、動作速度の面では不利に働きました。また解釈や実行もJIT等で工夫されてはいる
のですが、その柔軟性が速度優先の実行を妨げてきた地いう事も有ります。

そこで各社が協力をしてバイトコード化をして高速化しようという流れが出来てきました。

The Web is getting its bytecode: WebAssembly ~ arstechnica
WebAssembly
The next step in the evolution of JavaScript and asm.js is to do away with both of them.

こちらの記事やそこからリンクされている記事をざっと眺めると分かると思いますが、
この高速化はWebAssemblyからの流れと言えます。

同じような発想でバラバラで進んでいた事が、協力し合ってより良い一つのものを作ろうと
いう事なのかも知れません。

WEBの表記自体が変わる事はないようです。
あくまでのブラウザなどの実行側での努力で高速化を目指そうという考え方です。
「ネイティブと同等の速度」という表記は有りますが、恐らくそれはほんの一部の重い処理での
事でしょう。周辺処理ではなかなかそううまくいかない事は過去の似た様な事例が証明しています。

しかし重い部分が効率的に高速化すると考えられ、この取り組みは有意義な事だと思っています。
どのぐらいで登場するかは不明ですが、年内位には出るのでしょうか。
期待して待ちたいと思います。

関連記事
  1. 2015/06/22(月) 19:37:25|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<GalaxyシリーズのMicroUSBコネクタは壊れやすいかも?その不具合の報告 | ホーム | MVNOの速度テストってどのぐらい意味が有るのだろうか>>

コメント

この記事

自分もすごく気になってます。
どっかがアホ言い出さなければ出始めに躓くことはあるかもしれませんが良いものになるのを凄く期待してます。

途中のでも良いから流出って形でも良いから出てくるの楽しみだw
  1. URL |
  2. 2015/06/23(火) 12:04:41 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/6029-97cce83e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。