FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

今の高速化の流行はMIMO

しばらく足踏みだった通信速度が最近一気に高速化される方向で動いている。
これはMIMOというものが実用化されてきているからだ。
採用が早かったところでは無線LAN。数年前から対応機が店に並んでいる。

MIMOは「一本の電波だけで通信をしていたのを複数で通信したら速いんじゃね?」という規格。
東京-大阪間を東名高速だけではなく、中央道や北陸道も使ったら沢山車が走れる
じゃねぇーかって分りやすい考え方です。(物理的遠回りは抜いて考えてください)

今までの高速化は道幅を増やす方向できていました。
アナログが対向2車線だとすると、PDCは片側2車線の4車線ぐらいでしょうか。
(W)CDMAで8車線として、HSDPA(14.4M)では375車線ぐらいでしょう。
HSPA+では1000車線を超える計算になります。
1車線3mとした場合、3km幅を余裕で越える道幅というとんでもない道路になります。
(あくまで差を分りやすくしているだけですので正確さの追求についてはご勘弁ください。)

これだけめちゃくちゃな数字を目の当たりにすると道幅を増やすのに限界が来たので
複数の道に振り向けると言うのは自然な流れだというのが良く分ります。

車道を通信経路に例えるなら高速通信をするユーザーは荷物運んで欲しい荷主に相当する
でしょうか。たとえばFOMAやSB3Gだと片道4車線で、VGAサイズの画像のやり取りには
問題ないスピードです。

トラックの数にすると20~30台ぐらい。片道4車線もあればそのぐらい楽勝で通れますね。
動画だとさすがにこの車線数だと不満が出てきます。
だとするとトラックは200台から大きな動画だと1000台を越えるでしょう。
もっと道幅が欲しいねっていうぐらいの台数です。

HSDPA3.6Mだと片側34車線相当です。
これを1000台を1車線に5秒に1台トラックを走らせると以下のようになります。
WCDMA 20分50秒(1250秒)
HSDPA 2分27秒(147秒)

この辺りは理論値だし、数字の羅列になってきたら無理に例えている必要もなくなるので
余り追求しませんが、なんとなく雰囲気は伝わったでしょうか。
数百車線もの道幅の道路自体に例えられる技術がどれだけ無茶なものかということが。

とりあえず14.4Mもあったらそれ以上は何に使うの?というのが今の普通の発想でしょう。
これ以上は対国内他キャリアとの競争、他国キャリアとの規格争いとユーザー主導という
よりは社間競争や国策のほうが大きいと思います。

いみじくも技術立国で成長してきた国であるだけに、ここで成長著しい他国に持っていかれる
わけにはいかないという事情にわれわれは付き合い続けていかなくてはいかないのです。

その為にも誰かこれだけ高速な通信容量を使い切るリッチコンテンツを考え出してくださいませ。
関連記事
  1. 2008/04/27(日) 21:45:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<LiMo、日本発携帯プラットフォーム | ホーム | フェムトセル水際の戦い>>

コメント

先日は回答ありがとうございます。
助かります!!鈴の音さんのブログはとても分かりやすくて...
もう1つ質問なのですが新800MHzに移行してもauはこれ以上電波が悪くなったりしませんよね?
これまでと同じ基地局が使えるのでしょうか?
お忙しいなか何度もすみません。
  1. URL |
  2. 2008/04/28(月) 16:57:49 |
  3. にっしぃ #V0sVL5lk
  4. [ 編集]

画板、トップから開いても
ERROR
と出るのですが・・・
  1. URL |
  2. 2008/04/28(月) 17:19:50 |
  3. 閲覧者 #JalddpaA
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/59-54f54b24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。