FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

そろそろ5Gの話が盛り上がりを増す、ターゲットは2020東京オリンピック

そろそろ5Gの話が盛り上がりを増す、ターゲットは2020東京オリンピックです。

次世代「5G」普及へ技術開発着々 NECや三菱電機など五輪見据える ~ SankeiBiz
NECや三菱電機など通信機器ベンダーが次世代の「第5世代移動通信システム(5G)」の普及に向けて、技術開発を着々と進めている。
5Gは通信速度が毎秒10ギガビット超、容量も現行の4G高速無線通信サービス「LTE」の約1000倍とされる。NTTドコモが2020年の東京五輪の開催に合わせ、5Gのサービス開始を目指しており、国内の通信機器ベンダーも技術開発に力を入れている。

勿論これは日本の事情です。
しかし世界の通信の新技術を引っ張っている一員は日本です。
日本は一員どころか大いにかかわっています。

その日本が2020年をターゲットにして本気になって開発を進めているとなれば、
世界がついて来ない訳が有りません。

日本はドコモが3Gで痛い目に遭ったトラウマで、3.9G/4Gにはえらく腰が引けた
状態で進めていました。日本は基礎開発は進めてはいましたが、実際に
サービスの拡大には十分時間をかけて勧めていました。

しかし5Gは3.9G/4Gでほぼ問題点を出しつくし、3.9G/4Gの延長線上で作った
規格なので根本的な問題はもう起こらないだろうという事で、一気に本気
展開をしやすいと言えます。

5Gの展開の仕方は、既存のLTEのエリアに重ねて、超広帯域の高速エリアを
スポットで被せていきます。既存のLTEのエリアが将来も使い続けられるので
今のLTEのエリアの作り方は将来に向けて非常に重要です。

そこに人の集まる所や長時間滞在するような場所にエリアを重ねて展開させて
いくわけです。ドコモがLTEのエリア展開にじっくり時間をかけてきたのは
そのせいです。

どこかのキャリアのように適当なエリアをとりあえず電波が届けばいいの
ような感じで展開していると、今後20年先にまで影響しかねません。
今のLTEのエリアはそのぐらい大事なものです。
とりあえずその将来のスタートラインは2020年になりそうです。

関連記事
  1. 2015/04/19(日) 21:57:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<2014年度(2015年3月期)決算説明会 ライブ配信 | ホーム | やっぱりもう第3のスマホ向けOSはWindows、他の候補はどうなったでしょうか>>

コメント

現状のドコモLTEエリアはmova停波前のFOMA相当?

去年夏か秋辺りに基地局大幅増強宣言したドコモですが、その実「面」では大増強してません。

その証拠にクルマしか通らないような郡部は相変わらず大半3Gのままです。集落もLTE化あんまし進んでない。
紀伊半島出身なもんで、エリアマップ見てたら何となく判ります。マダマダですわ。

ちょっと前にQ信者かリアルアウヲタが別スレで妙ちきりんな事(W-CDMA陣営の方が巻き取り必要とかいう詭弁)抜かしてたが、
進化の途絶えたCDMA2000陣営が通話データを同時にこなせない仕様を延々と続けるわけないだろってことで理論破綻だよね。

個人的には、ドコモは勇気を持って早急にLTEを全域に張り巡らせ、2ギガ1波800メガ1波だけローミング用に残し、ガラケーを含めVoLTEオンリーにして巻き取るくらいの大ナタを振るってほしいのだが。
こりゃあLTE全国化5年くらいかかりそうだよ。(;´Д`)
  1. URL |
  2. 2015/04/22(水) 23:40:27 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5870-013230be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。