鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

同性愛婚支持者よ、権利が欲しいなら責任を果たすという覚悟を示せ

パクリなどもよく有りますが(うちも朴られた上にリンクすらしてもらえないという事が何度か
有りましたが)、それでもまあ比較的納得いく内容の記事は書いているBuzzapですが、
ちょっと酷いなと思う内容が有ったのでかなり際どい所で触ってみます。

田母神俊雄、渋谷区の同性パートナー条例に「人類社会が続かなくなる」「国が壊れてゆく」とヘイトスピーチ全開で大炎上 ~ Buzzap
以前から差別発言を繰り返す前次世代の党副代表の田母神俊雄が昨日成立した渋谷区の同性カップルを結婚相当と認める条例に対してヘイトスピーチを行って大炎上となっています。詳細は以下から。

この記事田母神氏を叩いているわけですが、この内容の事を言っちゃうと田母神氏を
支持する私でも叩かれても仕方ないかなとは思ってしまいます。
しかしその叩き方の内容がこの記事は少しおかしいなと思います。

・田母神は条例の成立を受けて「これを認めては人類社会が続かなくなる」「これでは国が壊れていきます」などと珍説を展開。
・これまで同性婚や同性パートナーシップを認めて来た国が壊れた例もありませんし、人類社会の存亡が脅かされたいかなる証拠も存在しません。

Buzzapの記事の気になった部分を二つに分けてみました。
「珍説」としている部分ですが、別に珍説でも何でもないでしょう。
言うならば、「田母神氏の言っている事は分かる、しかしそこまで深刻になるほど
同性愛カップルはメジャー群ではない」「同性愛カップルを要因とする少子化よりも他の
要因による少子化の方が深刻であり、同性愛カップルを容認する事の実害が少ない」が
本当の所ではないでしょうか。

だから後半部の「これまで同性婚や同性パートナーシップを認めて来た国が壊れた例も
ありません」や「人類社会の存亡が脅かされたいかなる証拠も存在しない」というBuzzapの
当記事の主張が成り立つのであると私は考えます。


バイセクシャルではない方の同性愛カップルが日本の人口の8割、9割に達したとした場合、
それでも日本の人口の増加が保障できるのか?そんな事は有り得ませんが、基本的には
同性愛カップルが次世代を生まない事は小学生でも分かる事です。同性愛者が十分少数派で
あるからこそ成立し容認される事であり、異性愛者が十分存在して子供を生み出すからこそ
同性愛が容認されるという事を前提としています。

少数派であるからこそ同性愛者が弱い立場であったわけですが、無視できない位人数が
増えてきた(気付く人が増えていたを含む)からこそ権利を認めるべきだという議論になって
きたという事を忘れているのではないかなと思います。同性愛者が今の1万分の一の人数
ならこんな主張や議論すら起こらなかったでしょう。

だから異性愛者が増加傾向の同性愛者の勢いに対して危機感を覚える事は当然の事で、
その声をヘイトスピーチ呼ばわりするのは単細胞的思考に取りつかれているのではない
かなと思います。


この資料とかもう脱力ものです。



出生率に関しては十分無視できるレベルの同性愛者の割合、十分な割合の異性愛者の
割合を持った国で、きちんとした有効な少子化政策を取れているかどうかを評価対象と
するべきで、同性愛者への政策が出生率に影響するという発想はそもそもお門違いの
超ナンセンスです。

同性愛カップルを認めるぐらいアグレッシブに色んな法整備を進めている国の少子化対策
が当たっているだけの話ではないでしょうか。それをまるで同性愛を認めたから出生率が
増えたとか繋げてしまうのは脳みそが膿んでいるとしか思えない。同性カップルを認めると
出生率が増えるというのならば、仮定でもそのメカニズムを示してから主張するべきでしょう。

ぶっちゃけ出生率に関係しない程マイナーですね、だから同性愛者を寛容しましょうと
いう流れなのであり、例えば昔はクジラ漁やマグロ漁に目グジラを立てるような人はいな
かったようなものです。マイナーな内は寛容され出生率に影響が出ていなくても、そのうち
割合が増えて出生率に影響が出るような将来がやってきたら、その時に同性愛婚を問題に
すればいいというだけの話です。私はそう考えます。


田母神氏の意見は人権的な要素的に責められるべきであり、その他の要因に関しては
田母神氏の意見一つの意見として尊重されるべきだと
思います。これをヘイトと決めつけるような息苦しい世の中の方がどうかしていますよ。

異性愛者の女性が命がけで生み出す生命に対して、同性愛者は基本的には貢献しません。
女性同士の場合は、精子の供給を受けて産むことは可能ですが、それを選択する人が
必ずいるとは限りません。

なので同性愛者の同性婚は法整備で認める。
しかし孤児院等から孤児を引き受けて二人以上の孤児を養育する。
女性同士の場合は精子供給を受けて行った出産もその人数に含める。
そんな感じで子を持つことを推奨し、その条件を満たすまでは同性婚税を徴収すると
いう形をとり、その税収は託児所整備などを含めた少子化対策に生かす目的税という
事にすればいいでしょう。

同性愛者もウルトラマイノリティーから単なるマイノリティーに上り詰めたおかげで
世界中で法整備を進めて行く程力を付けたわけですから、力を持ってきたものは
それだけの責任を果たすべきです。

田母神氏の意見はそこを理解できていないと私は考えます。
通常の人の感覚として理解できる所はありますが。
さらにBuzzapの記事は単に弱い者をいじめるなと、力をつけてきた元弱い者が被る
殻そのものであり、前向きでもなんでもないゴミのような意見でしかありません。
それとも民主党のような単なる自民党叩きの素材を探しているだけ?
だったらとんでもなくチンケでしかありません。
対案を出さずに叩きしか出来ないゴミでしかない。

大事なのは力をつけてきた同性愛者が、その権利を認められるために同性愛を通す為に
捨てる「何か」を埋める為の貢献とその責任を、きちんと法整備という形で示す事です。
その覚悟も無く単に同性愛の権利を認めろでは動くものも動かないでしょう。
だから目先の市民税の税収欲しさに渋谷区のような事をする区が現れるだけの話。

同性愛者よ、きちんと少子化対策に対する答えを自ら出せ。
そうすればこの田母神氏の意見といい、もっと世間の風当たりは収まっていくと私は
考えています。上記に記したような同性婚税を少子化対策の目的税とすること等、
覚悟を決めれば田母神氏のような意見の方も説得できるはず。

今はまだその覚悟も示さずに「認めろ認めろ」とマイノリティーの殻をかぶって権利ばかり
を振りかざしてばかりではないかなと思います。

いいかげんその存在が目立つようになってきたのですから、そのぐらいの覚悟を示しても
いいでしょう。納得できない同性愛者やその支援者がいるのでしたら何時でもコメントや
メールをください。受けて立ちましょう。

マツコデラックスやミッツマングローブ辺りならこういった話を触ってくれれば話が速い
んですよね。彼女達はこの辺きっちり達観した意見を出してくれますから。

関連記事
  1. 2015/04/01(水) 21:41:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26
<<携帯キャリアのシェア、1位ドコモ・2位ソフトバンク・3位KDDIに、唯一シェアを下げ傾向のソフトバンクは売り方やCMを見ても焦りしか見えない | ホーム | Chrome OSにAndroid OSアプリを移植可能になり両OSの融合が進む>>

コメント

そもそも異性間で結婚してる人が必ずしも子供を産むとは限らないし、結婚してる人が全体として減少してきている。故に同性愛者が子供を産まないから制度を変えるべきでない、もしくは同性愛者のみが少子化の責任を負わなければいけないというのは間違い。
仰有る通り同性婚、異性婚関係なしに子供(養子)を持つ者にメリットが生まれるような仕組みを作るべき。だがそれは同性愛者だけの問題でなく、国民全体の問題。もし子供を持つことを推奨するなら、異性婚でも子供を持たない者にも養子を取らせたり出産等することも推奨すべきである。
その問題を同性愛者だけに押し付けるべきでないし、それはおかしな話だ。少子化問題に答えを出すべきなのは全国民の責任なはずである。

同性愛者はもともと子供を産めない(女性の場合は体外受精等もあるが)、今まで結婚はしてこなかった人が殆どだろう。そのような人が結婚したところで出生率には影響は生まれないし、バイセクもアメリカでの統計だが0.7%。この中で同性婚を選んだとしても誤差の程度でしかないし、そもそも現在社会や一般常識に流される人も多いだろうから更に少なくなる。

それに元々同性愛者は異性愛者が認められてきた権利を享受しようというだけで、そこに責任を取れなどと言うのは全く持っておかしな話だ。同性愛者を黒人に、異性愛者を白人に置き換えてみれば明確な話である。
  1. URL |
  2. 2015/04/01(水) 22:52:23 |
  3. あのに #-
  4. [ 編集]

田母神氏の昭和の時代的発言はともかく、バザップの記事は酷いものが多いですね。左翼思想の単細胞がITネタのサイトと見せかけて保守批判をしてるだけにしか思えません。バザップからバカップに名称変更した方がいいんじゃないの?って真面目に思います。
  1. URL |
  2. 2015/04/01(水) 23:51:31 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

バザップの記事は明らかに自民党を敵視していると思いますが、まぁそれはこのサイトも明らかに民主党を敵視しているので程度は同じように感じられます。それにしても田母神氏の言動はまるで自ら叩きのネタを提供しているように感じられます。
  1. URL |
  2. 2015/04/01(水) 23:53:08 |
  3. 通りすがりのスマホ #-
  4. [ 編集]

>あのにさん
大前提として私は同性愛は推奨していません。
しかし差別はしませんし嫌悪感も有りません。
だからと言って初めからフラットに扱うべきとは思っていません。
それは田母神氏が言っているようにそもそも種や国家の存続とは外れる行為であるという事からです。

なので同性愛は個の独自の主張の一環という事で、車を持つのと同レベル程度の負荷を要求するのは
別におかしな理屈ではないと考えています。異性間結婚なら後で子供を作るという選択に変更する
事も可能ですが、同性婚は基本的にそもそもその選択肢を捨てていると考える事が出来ますから。

肌の色と同性愛を同列に並べるのはちょっと違うと思います。
肌の色のように遺伝子に組み込まれていませんし、遺伝しません。
黒人や白人が100%でも種は存続できますし、国家も成り立ちます。
しかし同性婚100%の国が有ったとすればその国は近く滅びます。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 00:06:21 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>空耳さん
納得いく記事も有るので、私はそこまでは叩きませんが、でもそういう意見が出ても私は否定する気にはなりませんね。
空耳さんと同意見な部分も多いです。

>通りすがりのスマホさん
そうですね、ただBazzapは叩き方は今回のにしても叩き内容が稚拙すぎてどうも好きになれません。
さすがにうちは今回取り上げたBazzapの記事レベルの叩き方はしませんし。
どこを応援しているかというカラーよりも叩き方の問題だと思います。
それでうちとBazzapを同列とされるのでしたら心外です。
今回の田母神氏の意見の脇の甘さは気になる所ですね。
ネタ提供し過ぎ。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 00:12:46 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>鈴さん
・大前提として私は同性愛を推奨していません
->同性愛者は望んでそうなったわけではなく生理現象なので、推奨するしない関係なく、どうすることもできないんです…。

・種や国家の存続とは外れる行為
->種の存続からは確かに外れる行為でしょうが、国家の存続から外れるとまで言ってしまうのには疑問符がつきます。
種の存続という点以外では、同性愛者も社会人として経済活動を含む国の様々な活動を支えています。

・同性愛はこの独自の主張の一環
->やはり根本的に勘違いされているように思えて仕方ないのですが、同性愛は独自の主張などではありません。
主張であれば自身の考えの変化によって変えることができますが、同性愛者が異性愛者に変わることは生理的にできないんです。
これは、異性愛者が同性愛者に変わることができないと同じことです。

・異性愛結婚なら後で子供を作るという選択も可能ですが、同性婚は基本的にそもそもの選択肢を捨てていると考えることができる
->ここで引き合いに出すのは適切でないかもしれませんが、異性愛結婚でも身体の都合により子供を作ることはできない夫婦は、後で子供を作るという選択はできません。
鈴さんの主張ではこういう夫婦も何か相応の負担をすべきだと言っていることになりませんか?
また、同性婚(同性愛者)はそもそもの選択肢を捨てているのではなく、そういう選択肢がないので選べないんです。

同性愛者はそうなりなくてなったという人は殆どいません。
そこがどうしても世間一般に理解されていない(ただの性癖だと思われている)ような気がしてなりません。

最近はTVでマツコデラックスのように活躍している同性愛者がいますが、不思議とオネエの人ばかりです。
(男の)同性愛者にも色々あって、男だけど男として男が好きな人も相当数いますが(自分もそうです)、こういった人は全くと言っていいほどTVに出てきません。
あまりこんなことは言いたくないですが、おそらく見た目インパクトがあって面白くて一般ウケするからだと思います。
同性愛者である事を前面に出して(カミングアウトして)生きていける同性愛者は世間的にはほんの一握りの人だけで、ほとんどの人はそれをひた隠しにして生きている人がほとんどなんです。
これは自分の勝手な予想ですが、恐らく同性パートナー条例を使おうとするカップルはそう多くは現れないのではないかと思います。

長文失礼しました。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 01:14:36 |
  3. GT #6K9F758E
  4. [ 編集]

はじめまして。
いつも見させて頂いております。
幼少期から筋金入りのゲイなので、日頃のお礼も兼ねてコメントを残しておきたいと思います。

鈴さんのご意見、ごもっともです。
GTさんのご意見、ごもっともです。

確かに肩身は狭いですが、
ことさらに権利を主張する現状に全て同意出来ないのも事実です。

正直、どうするのが一番平和な着地点なのか、さっぱりわからないです。

あくまでも個人的な意見ですが、パートナーの死に目に会えれば僕はそれで十分です。

マイノリティはマイノリティらしく、ひっそりと生きていきたいのが本音です。マジョリティな方の邪魔はしたくないですし、理解される事を望んでいたら、キリがありません。

ただ一つだけ、家族として、パートナーを最後まで看取る事が出来たら良いな、って思うだけです。


鈴さんも色々とご多忙と思いますが、
これからもガジェット好きを唸らせる記事投稿、期待しています。頑張ってくださいね。(^^)
それでは失礼いたします。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 01:49:37 |
  3. ゲイです。 #-
  4. [ 編集]

本題とは外れるかもしれませんが、タバコを吸う人が仮にゼロへ落ち込んだとしても、肺がん発生率は増加する一方です。
なぜなら肺がんの原因は「自動車の排気ガス」だからです。
実験によると、タバコを一日10箱(10本にあらず)あけても、肺がん発生率は10%にも満たないことがわかっています。
ではなぜ肺がん発生の主原因が排除されないのか。それは自動車業界自体の全廃を意味するからです。
肺がん発生のマジョリティ(多数派)が排除されない以上、肺がん発生リスクのマイノリティ(少数派)を排除したところで何も変わりはしません。

高血圧のマジョリティは、個人差によるものであり、決して「高塩分」ではない。(第二次大戦の徴兵対策として、赤紙召集の当日朝に醤油ビン一気飲みによる高血圧で兵役基準超過による兵役免除が現代の高血圧対策のルーツといわれています)

政府の少子化対策?
チューリップが咲く事を期待しつつ、ひまわりの種をせっせと植えてきておきながら、ひまわりが咲いたら「ひまわりよ、チューリップになれ」とまじないをかけているようにしか見えません。
あるいは、ひまわりの終端を切り落として、チューリップの花を切り落としたひまわりの切り口にとってつけてるだけ。
まったく政治家というのは木を見て森を見ずな理論破綻者ばかりで失望するのみです。
いや、もう期待すらしてないから失望もしませんが。
政治への関心離れも同様です。期待されるようなことをしないから関心が無くなってるのに、期待されないことを何も変えることなく関心を持てというのは、根っこそのまま花の付け替えとどこが違うでしょうか?

私は3年前、同性愛者と向きあう機会がありました。
彼ら、彼女らは真剣そのものです。
もしかすると、異性間恋愛をする人たちよりも、よほど真剣に生きています。
そんな姿も知らずに同性愛者を排除しようだなんて、横暴にもほどがあります。
こんな人たちが国家単位で大勢を束ねてるのか、なんて思うと吐き気がします。
別に懐古主義ではありませんが、明治から昭和初期の政治家が現世に戻ってきて欲しいです。
それくらい、今の政治はばかげています。
物質が豊かになった代償として、心が貧しくなった象徴ということでしょう。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 05:53:37 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

関係ないけどさ

今家には2月に産まれた子を入れて四人目です!地元に帰ると友人の親とかから『十分に国民の勤めを果たしたな(笑)』と大抵言われますw

しかし、自分も同性愛は『あぁ、そうなん?』が本音で嫌悪とかそんなんは自分に関係ないのでないんですが、制度に関してはちょい考えていただきたいですね。

生まれでてくる子供をもっと見てほしいと親になると思います。差別とかじゃなくてね、じゃないと友人たちも子供産むの躊躇ってる人もやっぱ話してると聞きますからね、、、

そういう制度が整ってからにしていただきたい。

主旨ずれますが、単純な問題ではないのかもしれないけども、自分の国が大変なのに他国にホイホイ金出すなって言いたい
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 07:25:02 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

同性愛と少子化は関係無いと思います。

異性愛者にも該当しますが、性感染病の対策さえしっかりして貰えれば、

個人的には寧ろ歓迎ですね。性差別みたいな事は好きじゃない。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 09:21:30 |
  3. 小型スマートフォン #Dz3IqjWg
  4. [ 編集]

私は管理人さんの意見にほぼ全面的に同意です。

7PUXENさん
>異性間恋愛する人たちよりも、よほど真剣に生きています。

おっしゃる通り、少子化の原因を同性愛者のせいにされるのは腹立たしいですが、恋愛観に関しては上の通りではないと思います。
そういう表現は「マイノリティ様の選民思想」に受け取られかねないので。
例外はあれ、ストレートの方達と同様に真剣に生き、ふざけて生きています。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 10:11:16 |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

私の記事をたたき台に色んな議論への発展をして頂き有難うございます。

ゲイ方面の当事者さんからの賛成意見や控えめな立場を表明された意見、恐縮致します。
それらの意見から普段の生活の気苦労を感じ取りました。

ただ今回の田母神氏の件を人権問題からではなく、セクシャルマイノリティーへのヘイトと
するような攻撃するような言動は感心しません。何故ならばそれは自然な事だからです。
どんな種であれ生物は自身の種の保存を是とする得性が有るからです。
田母神氏の意見はその種の保存を源としています。なので田母神氏の意見のように
種の保存に反する行為を攻撃する機構が働く種は健全だという考えを私は持っています
ので彼の意見は異常では有りません。なので日本の法で定められた平等な人権という
方向からのみ責められるべきです。



しかし人類は今医療が発達し、本来生きられないDNAを持ったものまで生きられ、人類の
増加にブレーキをかける戦争も徐々に小規模化し、食べ物も足りなくなる位人類が増える
傾向が続いています。

なので私は同性愛婚も認められる位、技術的な部分を含め人類の繁栄能力は強大なものに
なったのではないかなと思います。生命力が弱くても長く生きられ、病気での間引きも乗り越え
られるDNAが増大し、個の生存年齢が伸びました。

上にガンの話が有りますが、弱いDNAが生き延びるわけですから同環境上でも異常DNAが
生き残る確率が高まる事によるガンも増えます。ガン化細胞の確率が上がるのは当然です。
それでも他の病気で死ぬ人が減り、ガンですら直してしまう医療技術向上でそれを乗り越えて
しまう時代が来ています。

だから今時の男子の生殖能力や生殖意欲が減少する草食化が進行し、少子化が進む方向で
自然な人口調整という機能が人類界に追加されたのでしょう。更には世界中で生殖する
可能性がなくなる同性愛婚を認めるという方向でも人口調整の機能が人類に追加されて
いると考えると自然なのではないでしょうか。私が同性婚を受け入れている理由の一つが
こういった考え方をしているからです。

人類が長生きしすぎるようになった結果、もう新たな病気を創り出しても人類が医療を進化させ
対抗してしまい、適度に人口抑制の機能をはたしてきた戦争も乗り越えつつあり、不安定なが
らも世界大戦はもう起こり得なくなってきています。

世界的な伝染病もガンも大きな効き目は無くなりつつあり、先日のエボラもなんだかんだと
大流行を回避しました。もうあらゆる人口抑制策が人類には働かなくなってしまったのかも
しれません。そこに根幹的な生殖の機会を一定割合奪ってしまえということで、同性愛や
同性婚は神が新しく考え出した人口増加抑制策としての決め手に近い手法なのかもしれません。
なんかオカルトチックな表現になり申し訳ないですが。

医療の進化は多くの人の命を救った結果、同時に強いDNAの精製を拒み、生物として
DNAレベルでの人類の弱体化へと舵を切り、出生時の生命の間引き機能すら無効にして
しまいました。


半分ネタ、半分本気でこんな事を考えつつ、同性愛婚の事を眺めています。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 17:59:48 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

>GTさん
私はあくまでも同性愛婚についてしか言及していません。
だからコストを求めるのも同性愛婚だけに絞っているのです。
異性愛婚に少子化のコストを負わせたいのでしたら、このコメ欄でもご自身のブログや
SNSでもいいですから、ターゲットの抽出基準や抽出法を提示して、かけるべきコスト等の
主張をしてみればいいと思いますよ。
私はその件には触れる気はないですが、意見される事には特に問題ないと考えて
いますのでご自由にしてください。

>最近はTVでマツコデラックスのように活躍している同性愛者がいますが、不思議とオネエの人ばかりです。
>(男の)同性愛者にも色々あって、男だけど男として男が好きな人も相当数いますが(自分もそうです)、こういった人は全くと言っていいほどTVに出てきません。
>あまりこんなことは言いたくないですが、おそらく見た目インパクトがあって面白くて一般ウケするからだと思います。
最後の一行が全てを表していると思いますよ。
例えば実際にはゲイではないですが、「レイザーラモンHG」のような例も有りました。
彼が本当にゲイだったとしたら、氏が出てこないと書いておられた分野の人になるのではないでしょうか。
今HGのような分野の人が出てきたらまた流行るかもしれませんよ。
しかしながら男男系のルックスはプロレスやK1、柔道界に既に居るわけで、ゲイであっても別に見た目的に
性差のギャップがないのでその部分でのインパクト的なアドバンテージが有りません。
実際にはお姉系の分野の人しか面白い人が居ないのと、性差のギャップでも有利なのは仕方ないでしょう。
HGが一時の流行で終わってしまったのはHG自身が勢い芸中心だったからで、マツコやミッツのように
言葉に重みや深さが無かったからです。
TVを初めとするメディアは面白いものや人気の続くものしか扱いませんし、
それはどんな分野から出るのかは誰も分かりません。
別に同性愛系が次の流行になるとかそんなのは分からないです。
次に流行るのは子供か犬か猫か女性か、そんなこと考えるだけ無駄だと思います。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 18:17:22 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

動物界でも同性愛はあるそうです。
ホルモンバランスがどっちつかずの場合、そのホルモンに混乱したオスメスが同性で生殖行動に走るそうで。
人間と違うのは、

差別という概念がない

こと。
同性同士だからといって指差すわけでもなく、陰口を叩くでもない。

ところで、女が男っぽく振舞っても違和感がないのに、なぜ男が女っぽく振舞うと違和感があるのか考えたことがありますか?
私はその答え・・・いや、模範解答を知っています。
シモの話になりますが、男女ともに体のベースは女なのです。それを意識せずともわかっているからです。
うそだと思うなら、自分の胸を見てください。
乳首がある。授乳するのは女であり、その器官である乳首は、男には必要のないものです。
なぜ?の答えが、男の体でも女がベースだからです。

男と女で違うのは、その発達具合の差です。
男は乳首を必要としないけど、途中までは性別が確定しない状態であるため、女をベースとしたつくりになります。
あと陰核も同時にできます。
そこで母体から浴びるホルモンの量によって性別が確定して、女は乳首が発達する準備を整え、陰核は発達しない。
男は乳首が発達せず、陰核が陰茎に発達する。
そうして出産を迎えて、母体から分離して性別が確定する。

両性具有が現実でいまだ確認できないのは、当たり前なのです。
通常一つだけである陰核(陰茎の未発達器官)が二つになり、さらにホルモンバランスが男女混合で交互にでも浴びない限り、両性具有はありえない。
性具が複数かつ、母体のホルモンバランスが不安定という状態でもない限り、ありえないのです。
両方の条件を同時に満たさない場合は一つ、または複数の同性具があるということになります。複数の性具有すら希少きわまるというのに、さらに母体のホルモンバランスが不安定という条件まで加われば、確率は天文学的な小数点分の1まで落ち込みます。(0.0・・・0が1万桁くらい?・・・1%というレベル)

しかし、体の性別と心の性別は皮肉なことにもともと逆なのです。なぜかはいまだにわかっていません。少なくとも現代の地球医学では。
逆になっているところを、さらに逆へ反転させて異性への興味を持ち、種の保存を成立させているといわれています。
目の網膜に映りこんだ映像を、脳で逆転させて正位置の視覚情報としているように、
鼻の神経が左右逆転して脳につながっているように、
生物の仕組みは左右逆転が基本設計になっているのは、意外と知られていません。

話がそれましたが、女が男っぽくしても違和感が少ないのは、女がベースだからです。
男は女がベースだけど、回帰という現象は退化ともいえるため、時代錯誤にすら見えて違和感を覚えるのでしょう。
これは決して越えられない壁です。

かといって男が、女が劣っている、優れているなどという狭い了見を振りかざすつもりはありません。
ネジ穴はネジがあってこそ「固定」という役割を果たすのであって、男女のどちらかが欠けては「生物」としてある種の完成に近づくことすらできないということです。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 20:30:02 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
人間以外を持ち出すと話がややこしくなるだけなので敢えて避けているのですけどね。
動物界では同性愛が有ったとして差別がない代わりにそういったものが群れる事の出来たり
擁護する意見を出す事が出来る環境も無いわけで、孤独にこっそりと誰にも相談できないまま
遺伝子を残せずに淘汰されていくだけです。勿論人権擁護のように法で守られる事も有りません。

一部海中の魚類だと性転換する生き物も有りますし、人間害を持ち出すととんでもなく説明が
しにくくなる事象が大量に有ります。まあよく有る討論番組等で、同性愛などの擁護派が、
不利になった時に負けないように話をまぜこぜにしてややこしくする為に持ち出す材料としての
定番なんですけどね。

両性具有は現実に居ますよ。
私はお付き合いした事有りますから。
ベッドに入るまでは女性と思っていましたがね。
見事に小さめながら男のものも持っていましてびっくりしました。
恐らく子供を生む能力は恐らく有ったのではと思いますので、その後も女性としての生活に、
その後に付き合う男性からも奇異の目で見られる事以外には問題はないだろうとは思いますが・・・。
その人は仮に陰茎部だけを手術で取り除けばそれ以外は完全に普通の女の子でした。

ちなみに両性具有は母体の問題よりも、当人の成長する過程でのホルモンバランスなどの方の
要因が強いと私は考えています。大人になってからでも、例えば男性に女性ホルモンを打てば
乳は出来ますし、陰茎は劣化していきます。これはお付き合いのあったニューハーフ本人の
体で確認しております。

ちなみに血流は子供と母体では別回路となっており、血が混じりあう事は有りません。
よってホルモンも子供は子供の血循環内の回路向けに放出され、母親の血やホルモンと
混じり合う事は有りません。胎盤を通じて換気と栄養のやり取りがあるのみです。

小児科に居る人間によると、指が6本とか奇形なんて別に珍しくも無いという話なんで、
おそらく両性具有も成長してみなければわからない事も有るでしょうが、準レベルを含めれば
極端に珍しい話でもないような気がします。私が遭遇するぐらいですから。

レス付けた私が言うのもなんですが、この手の派生の話は引っ張ると逸れ放題になるので
本来の話以外はそろそろ控えて欲しいのですけど。
  1. URL |
  2. 2015/04/02(木) 23:08:40 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

同性婚が禁止されている場合、
はたして同性愛者は異性婚して子供を作るでしょうか?
結婚しない、
異性と結婚しても子供を作らない、
子供が出来ても家庭不和により幸福に育たないなどの可能性の方が、
子供が出来て幸福に育つよりも、はるかにありそうな未来だと思います。

同性愛カップルでも養子や人工授精などの手段で子供を持って育てている人たちは居ます。
そして、同性婚を認めることにより社会的地位が安定すれば、
むしろ子供を持つ同性カップルは増えると思われます。

同性愛者も子育てすべきというのならば、
同性カップルでも安心して子育てできるように同性婚を認めるべきだと思われます。
  1. URL |
  2. 2015/04/03(金) 10:50:01 |
  3. タマノリ #w06aAMyI
  4. [ 編集]

タマノリさん

認めない場合と認めた場合の例えがあまりにも極端すぎやしませんか?
例え全国的に法律で認められたとしてだからといって同性婚を支持する人は多数ではないと思います、そんな中で子供が出来た、迎え入れたとして、その子供がどういう目で見られるかというのは考慮は無しでしょうか?

カップル同士はお互いを愛し合い問題ないと思いますが、子供はそうもいきません、制度や両親の愛云々の問題です。
必ず好奇の目にさらされますよ?

自分もひい祖父さんがイタリアの人なのもあったからか小さい頃は髪の色が結構赤褐色でそれだけでもそういう目で見られてたので嫌な記憶があります。今でこそそういう環境は薄れてるとは思いますが、ことさら同性婚という現状まだ極少数派、ましてやその中で子供となると更に減りますよね?

子供の事を真剣に考えてほしいです。子供の頃に受けた心の傷は大人になっても結構引きずるものが多いのですよ?


逸れたかもしれませんが、同性婚は認めようが気にしません、しかし子供となると話は別です、子供を作るなって事じゃなく「自分等が守る」とかで軽く考えないでほしいということですかね。本人たちは軽い気持ちじゃなくてもね、、、

芸能人が芸能人同士結婚してすぐ子供出来て離婚とか、芸人に限らずですが子供からしたら親の理由とか関係ないんですよ。マジで

幼少時代嫌な思い出多いので愚痴も込みで書きました。すみません
  1. URL |
  2. 2015/04/03(金) 17:30:44 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

ジャホさんへ

子供の将来を深く考えずに子供を得ようとする同性カップルがいるでしょうか?
〈ついうっかり〉〈本能のままに〉子供が出来てしまうことがある異性カップルとは違って、
同性カップルが軽い気持ちで子供を得ることはありません。
人工授精にしろ養子にしろ医者や元の保護者など第三者も関わる以上、
繰り返し意思確認を求められているだろうし、その過程で熟慮しているでしょう。
「将来子供が差別されるから~」というのは確かに一理ありますが、
そんなことは当然考慮の上で子供を得るか得ないか決めていると思われます。
そのような親としての意思決定は尊重されるべきでしょう。

 仮に「将来子供が不幸になりそうなカップルは子供を持つべきではない」のならば、
異性カップルも結婚を許可制にするべきかと思います。
許可制が望ましくないと思うのでしたら、おそらくその理由が、
「同性カップルが子供を得ることを禁止すべきではない」理由にもなるかと思いますよ。

あと「同性カップルの子供は将来不幸になるので、
 同性カップルは子供を持つべきでは無い」
と言う考えは鈴氏の
「同性カップルも子育ての義務を追うべきだ」
という鈴氏の意見とは相いれませんね。
その辺り鈴氏の話も聞いてみたいです。
  1. URL |
  2. 2015/04/03(金) 21:43:40 |
  3. タマノリ #w06aAMyI
  4. [ 編集]

タマノリさん

だから、そういう考えがおかしいと言ってるんです、確認が入りますじゃないんですって、、、
同性だろうが異性だろうが子供を作るときは基本は真剣ですよ?
ただ、結果授かった子供を見る周りの環境が厳しいんですよ。

「軽く」と言い方が悪くなりましたが、作る本人達の気持ちじゃない、産まれてきた子にふりかかるんです、そして同性婚は真剣で異性婚は真剣じゃないという考えも笑えるほどおかしいと思いますよ?
実際に産まれてきて生活して子育てに予想外に悩み離婚とか子供の育て方でスレ違いとか理由は様々です、産むときは同性異性関係なしに真剣だと本当に思います。中にはそういうのを軽視する人も居るでしょう、しかしそれは同性だからないのではなく事例がもともと特殊で少ないからだと思います。
同性婚も一般になり体外受精だろうが何だろうがそれも一般になれば「ねら作ろっか」な人も必ず出ますよ?必ずです。人間恐いのは『慣れ』ですから

同じようなことばかりですみませんが、『今』です、今現状同性婚を認めたってだけでニュースでワイワイ取り上げられてます、その中で子供が出来たとして考えて今のマスコミ達が配慮してくれると思いますか?
テレビに取り上げられてうれしいだけの人達なら大丈夫でしょう、でも皆がそうですか?テレビに晒され関係ない身内にも火の粉がかかりますよ?
そんな中で子供が迎える環境は自分は無理です。


そして、書いてて思ったんですが、世間が慣れてしまったんなら、自分もここまでは言わない立場だとは思いますけどね。無いと断言出来ますが、、、

逸れてしまうけど、なんていうか、子供って本当に大切なんですよね(´・ω・)
  1. URL |
  2. 2015/04/03(金) 23:35:23 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

問題は同性カップルの子供が将来不幸になる可能性が高いどうかではありません。
子供を得るか否かの自己決定権を問題にしているのです。
仮に子供が将来不幸になる可能性が高いとしても、
それを判断・決定するのは同性カップル本人であるべきで第三者ではありません。
第三者にできるのはせいぜいアドバイスするまでです。
異性カップルでもそうでしょう?
仮に将来不幸になることが目に見えてるようなDQNカップルに子供ができた場合でも
本人の同意なしに強制的に妊娠中絶なんて訳にはいきませんよね?

現実問題として、同性カップルの子供が将来不幸になることが目に見えてるような社会なら
多くの同性カップルは子供を得ませんよ。自己判断で。

「子供の将来をよく考えて子供を得るか否か判断すべき」
当たり前です。同性カップルだろうが異性カップルだろうが。
同性カップルだからといって特別な配慮を求められるというのはダブルスタンダードではないですか?
  1. URL |
  2. 2015/04/04(土) 06:30:53 |
  3. タマノリ #w06aAMyI
  4. [ 編集]

混乱してきたw

タマノリさん
>子供の将来を深く考えずに子供を得ようとする同性カップルがいるでしょうか?
〈ついうっかり〉〈本能のままに〉子供が出来てしまうことがある異性カップルとは違って、
同性カップルが軽い気持ちで子供を得ることはありません。

ここに「得ることはありません。」と断言してるのが考えがおかしいと思ってます。
というか、すみません、自分もいろいろと脱線しすぎて趣旨がよくわからなくなってしまってます(≒=;

ちょっとゆっくり読み直しますw
  1. URL |
  2. 2015/04/04(土) 09:16:09 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

多分「熟慮する」ないし「軽く考える」という物差しが
食い違っているのではないかと思います。
異性愛者でも同性愛者でも
子供のことをあまり考えない人からよく考える人まで色々いると思います。
けれども同性愛者の方が子供を得るプロセスが面倒くさいために、
必然的に「軽く子供を得る」最悪のラインは
同性愛カップルの方がマシなはずです。
その下限はジャホさんが求めるところの
「よく考える」には足りないかもしれませんが、
異性愛カップルは同性愛カップル以上に
考えが足りずにできた子供がいるはずです。
それを同性愛カップルのみを問題にするのは
ダブルスタンダードではないかと思うのです。

ジャホさんが心配する問題もよく分かりますし有意義だとは思いますが、
それはあくまでもアドバイスや啓蒙に留めるべきものであって、
制度にすべきではないでしょう。
同性愛にかぎらず一般化して
「被差別者の子供は差別されて不幸になる可能性が高いから、
被差別者は子供を作るべきではない」
と言いかえたら、そのヤバさが分かりますか?
  1. URL |
  2. 2015/04/04(土) 17:05:10 |
  3. タマノリ #w06aAMyI
  4. [ 編集]

ジャホさんにはこう言う方が良いのかな?
異性愛カップルでも不幸になることが予想される子供を作るバカ親は多くない。
同性愛カップルは更にバカ親は少ないから、心配するほどのことは無い。
同性愛にバカ親が少ないのは同性愛を美化しているからではなく、
同性愛の子作りは異性愛よりも手間が掛かり考えなしにはできないから。
  1. URL |
  2. 2015/04/04(土) 18:50:15 |
  3. タマノリ #w06aAMyI
  4. [ 編集]

何を考えるべきか。

お久しぶりです。
以前クック氏の件でもこういう話が出たので、今回も自分なりの考えを書いておきます。

さて、今回の田母神氏の件。これは出て当たり前の意見だと思っています。
私個人の意見としても同性愛者の結婚制度には反対です。鈴さんの意見に近いですが、どちらかと言えばやや田母神氏よりかな?

先ず、この問題には二つの事柄に対してどの様な概念なのかを考える必要があります。
一つは「同性愛者とはどの様な存在であるか」
一つは「結婚とはどの様なものであるか」
元記事やここのコメント欄などを見ていると上は話題になっているのですが、下はほとんど話題になっていない。
そんな片手落ちの議論でやれ差別だヘイトだと言った所で、ただの決めつけにしかならないと思いますよ。

・「同性愛者とはどの様な存在であるか」
クック氏の記事でも書きましたが、生物としての存在は“通常”であるが、生物の特性(機能)としては“異常”である。
これはここの人達を含め、だれも否定できない事実であると思います。

・「結婚とはどの様なものであるか」
歴史的、社会的に見れば結婚とは子孫を残す事を社会的に認めさせる為の制度と見る事が出来ます。
これは議論の余地があるでしょうが、間違ってはいないと思います。

本来、子孫を残す事を前提にしている制度とすれば、“元々”子孫を残せない同性愛者が結婚をしようというのは無理があると言えます。
また、この視点に立てば、それを認める事は社会制度の崩壊に繋がると言うのは理解できる話です。
無精症・卵子異常などで子供が出来ないのとは話が違います。それらは病気であったり、極特殊な例でしか無いからです。
また、社会制度を営むもの特に人間は、通常と違う異能・異常である者に対して恐怖・不安を覚えるように出来ています。田母神氏の様なある意味「社会主義者」と言えるような人物には特にそうでしょう。
ですから、田母神氏の様な発言が出てくるのは至極当たり前なのですよ。
そういった事に対して差別だヘイトだと言うのはただの価値観の押しつけに過ぎず、逆に差別・言葉狩りをしている事になります。

同性愛者が生物の特徴的に“異常”であると言う事は、身体・知能・精神が“異常”である人と同じであると考える事が出来ます。
つまり同性愛者は障害者であると言えます。実際、性同一性“障害”という名前の通りに。
障害者に健常者(この言い方は好きではありませんが)と全く同じ扱いが出来るでしょうか?
また、障害者が健常者用の制度を権利として要求する事は正しいでしょうか?
以上の2点により、私は同性愛者の結婚を認める事には反対です。
  1. URL |
  2. 2015/04/06(月) 04:14:34 |
  3. 故思我 #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

>我思故さん
同性愛者は「障害者」と言えるというのは、確かにそうかもと思います。
私自身が自分の同性愛に気付いた時、自分は異常なのではないかと思いましたし。

>障害者に健常者(この言い方は好きではありませんが)と全く同じ扱いが出来るのでしょうか。
>また、障害者が健常者用の制度を権利として要求するとこは正しいでしょうか。

さらっとすごいことをおっしゃっていますが、そうなると(セクシャルマイノリティを除く)障害者が結婚の権利を要求するのは正しくないということになるのでしょうか…。

また、同性愛者は性の対象が普通と異なる以外は「健常者」と変わりがないために、「障害者」に認められているような優遇制度はなく、「健常者」と同じ義務を負って生きているのですから、同性愛者が「健常者」の権利を主張することはそんなに責められる事なのか…と思ってしまいます。

が、それが現実なのかなとも思います…。

とまあ、こんなことを書いてはいますが、私自身は同性婚が認められても恐らくその制度を利用することはないでしょう。
同性婚をするとなると、少なからず社会に向けて同性愛をカミングアウトすることになります。
普通に社会生活をしていると、会話に同性愛関連の話が出てくることがありますが、悪気はないにせよやはりそういう会話の中での発言に偏見を感じることが多く、私にはそういった視線をうけながら奇異の目を受けながら社会で生きて行く勇気は残念ながら持ち合わせていないからです…。
  1. URL |
  2. 2015/04/07(火) 02:48:04 |
  3. GT #q9Ol4TQ.
  4. [ 編集]

物事を理解すること。

>GTさん
>そうなると(セクシャルマイノリティを除く)障害者が結婚の権利を要求するのは正しくないということになるのでしょうか…。

全く違います。
そういった誤解を生まないように「結婚とは何か」というものについてきちんと認識をし、必要であれば議論をしなければならないのです。
障害者にも色々あるのはお解かりだと思いますが、ただの身体・知能・同性愛以外の精神障害者は「子を成す」ということに於いて“障害者”ではありません。
何を以って「障害」というかはその環境・条件によって変わります。結婚という制度から見ればそれらの人は“通常”の人なのです。

私が言っている「障害者が健常者用の制度を権利として要求する」とは、
例えば身体障害者が通常の人と同じ職業選択の自由の権利があるからといって、体に負担がかかるような仕事(消防士など)につける様に要求したり、
知的障害のある人が教育の権利が在るからといって、通常の人と同じ授業を受けさせろと要求するようなことを指します。
そういう要求に対して果たしてそれが正しいことなのか疑問を持たざるをえないというのが私の考えです。

>同性愛者は性の対象が普通と異なる以外は「健常者」と変わりがないために、「障害者」に認められているような優遇制度はなく、
>「健常者」と同じ義務を負って生きているのですから、同性愛者が「健常者」の権利を主張することはそんなに責められる事なのか…と思ってしまいます。

障害者に認められるべき制度がないのは確かに制度の不備でしょう。その不条理さはよく理解できます。
ただ、これは同性愛に限らず精神障害者全般に言えることです。よほど重度でない限り同じような扱いを受けています。
ただし、義務に関しては果たせる能力があるから求められているのです。原則として果たせる能力のないところに義務は発生しません。
義務権利でいうなら、そうですね、「結婚とは異性を愛せるという義務を果たすことができる人が持てる権利」だと私は考えていると思っていただければ良いかも知れません。

結婚の概念については議論の余地があると書いたように、自分の考えを押し付ける気はありません。
私が言いたいのは「結婚とは何なのか」ということを真正面から考え、そしてその考えの上で「同性愛とは何なのか」を考えて欲しいということです。
そしてその議論がない限り権利権利と大きな声で言ったところで、何の意味もない喚きでしかないということです。

カミングアウトと世間の目の問題は非常に大きなジレンマを抱えた難しい問題ですね。
前のコメントに書いたように、人間というのは通常と違うものに対して非常に不安・恐怖を覚えるようにできている存在です。偏見というのはそういうものから発生します。
これはそのようにできているのですから、どうしようもない部分があります。
あなたも身体・知的障害者に対して全く偏見がないと言い切れるでしょうか?(言い切れるのならあなたは非常に稀有な存在です。)
ただし、不安・恐怖というものはすべからく「知らないもの・理解できないものに対して起こる感情」です。それらに対しては対処の仕方がわからないからです。

つまり、偏見をなくすにはそれらについて知ってもらうこと・理解してもらうことが最高にして唯一の方法なのです。
しかし、理解してもらうにはその立場にあるものが声を上げなければなりません。すなわち「少なからず社会に向けてカミングアウトすることになる」のです。
偏見をなくすには偏見を招く恐れのあるカミングアウトをしなければならない。これは非常に大きなジレンマです。
そのジレンマに対する答えは一つしかありません。「人身御供になる覚悟があるかないか」。

偏見に対しても同じことがいえます。偏見とは何なのかを理解すればそれについて対処しやすくなります。この文がその一助に成れれば良いのですが。
(実は「いじめ」についても同じことが言えたりします。)
  1. URL |
  2. 2015/04/09(木) 16:20:44 |
  3. 故思我 #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5816-efccbbf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。