鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモ関西支社が南海トラフ巨大地震に備えた災害対策が完了

南海トラフ巨大地震に備えた災害対策が完了 ~ ドコモ関西支社公式
~基地局の基盤を強化して、想定被災エリアの通信を確保~

株式会社NTTドコモ関西支社(以下、ドコモ関西支社)は、南海トラフ巨大地震での津波による想定被災エリア注意1において、基地局の基盤を強化して有事の際も通信を確保する災害対策を2015年3月20日(金曜)に完了しました。
南海トラフ巨大地震が発生すると、沿岸部などでは津波による浸水被害などが想定されます。その津波により基地局の伝送路が断線、電力供給が途絶え通信が確保できないなどの被害を受ける可能性がありますが、直接的な被害注意2を受けないと想定される合計35局(大阪府5局、兵庫県16局、和歌山県14局)の基地局の基盤を強化することで、有事の際も想定被災エリアでご利用いただいている約96%注意3のお客様の通信を確保することが可能となりました。

NTTドコモ関西支社は南海トラフ巨大地震での津波被害により被害が起きた際に
通信を維持できるようにするための基盤強化を発表しました。

ただし地図を見ても分かるようにドコモ関西支社だけです。
大いに関係あると思われるNTTドコモ東海支社とNTTドコモ四国支社については
調べてみた範囲では関連した発表は有りません。
こういうことって支社単位で動いているものなんですかね?

関西支社だけでもこういった対応をする事はとても重要ですし、いい事だと思いますが、
こういった広域レベルで一気にすべきことはまとまったやるべきだと思うのですが
なかなか難しいのだろうなとは思います。

その辺り、支社単位で動かさずにドコモ本体が音頭を取るべきだと思うのですがどうでしょうか。





対策内容の方を見ると、基地局単位での被害を受けた後でも生存率をアップさせる
為の3大要素に対策が入っています。東日本大震災で生き残った基地局が止まった
一番最大の原因は「電池切れ」でした。私も東北でその現実を目の当たりにしました。
そこに3日間も持つ燃料電池の投入は心強い限りです。

伝送路の多重化と遠隔からのエリアコントロールは生き残った後に重要になるものです。
お金はかかりますが、こういった対策がきちんとできる所がドコモの強い所ですね。

またこれはMVNOでも同様に影響を受ける部分です。なのでドコモ以外のMVNOを利用
するよりはドコモのMVNOの方が使える確率は上がります。しかし実際に災害が起こると
MVNOは優先順位を下げられる可能性が有る事、MVNO間でもドコモとの契約内容次第で
優先順位の差が有る事などが考えられます。その辺り、MVNOの売り文句として反映
出来る余地はある部分ではないかなと思います。

関連記事
  1. 2015/03/23(月) 22:50:22|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<Biglobeは4月からMVNOのサービスでの容量を繰り越し可能に・・・しかし3日360MB縛りで大きなメリットは無い | ホーム | ドコモが225MbpsのLTE-Advanced、PREMIUM 4Gの対応エリアを発表>>

コメント

東海地方については、
--------------
 NTTドコモ東海支社(名古屋市)は、東日本大震災を受けて進めていた基地局の停電対策や、より広範囲をカバーする大ゾーン基地局の設置を終えたとした上で「今後、沿岸部の津波対策を見直しも含め検討していく」と説明。
http://www.at-s.com/news/detail/397741817.html
--------------
ということで、津波対策は2012年時点でこれからっていう感じみたいですね。

四国は大ゾーン基地局の設置を進めている関連の記事を2011年あたりで見かけましたが、津波対策は分かかりませんでした。
たぶんまだこれからなんでしょうね。
  1. URL |
  2. 2015/03/24(火) 02:11:50 |
  3. b #FUfi/TkY
  4. [ 編集]

四国は存在を無視されて四国涙目
  1. URL |
  2. 2015/03/24(火) 05:41:20 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

予算

多分、
災害対策費が設備投資費(基地局整備・保守)にふくまれている
と思われ…

基地局整備は各エリア支社の担当ですから、災害対策の実働も各支社の担当…
本社(というか地域によらない幹部部門)は
音頭をとったり、メーカーと協力して災害に強い機材を開発したり…というレベルではないかと…
  1. URL |
  2. 2015/03/24(火) 06:10:01 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5789-c0db976e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。