鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Googleは香港のイベントでProject Araの開発ボードの写真を公開も、もうその存在意義は無くなってきたように私は思います

Googleは香港のイベントで、Project Araの開発ボードの写真を公開しました。

Google Project Ara 開発ボードの実物を公開【動画あり】 ~ リンゲルブルーメン
Googleは香港で開催したLinaro Connect 2015で、モジュール式スマートフォン「Project Ara」の開発ボードの写真を公開しました。

実は私はProject Araには期待する所が有りました。
色々モジュールを付け替えたり、最新プロセッサをどこよりも早く試せるチャンスが
Project Araによってもたらされるのだろうと思っていました。

しかしProject Araはお題目と試作ボードの写真ばかりで実物がなかなか出てこない。
今回Linaro Connect 2015でやっと出てきたわけですが、Tegra X1のモジュールが
用意されているとかそういう話題が有るわけでもなく、今まで何度も見たような
モジュール形式の基盤が実際に登場しただけ。

結局はプロジェクト自身はそう大きな進展が起こるほど積極的に進めているわけ
ではないものであり、小出しに発表を行う事でマニア層の気を引くための道具で
しかなかったなと私は判断しました。

Project Araは色んなモジュール、最新のモジュールがいち早く出てきてマニア層
を楽しませるものであり、その最大のメリットであるはずなのですので、今の
移り変わりの激しい時期を逃す手は有りません。

プロセッサの32bitから64bitへの移り変わりや2K、4Kという画面の移り変わり、
こういったものをマニアな方々が積極的に試していけるはずのプロットフォームに
なるはずだったのではと私は思っていました。

しかしモノはまだ全く具体的になっていない。
構想を形にしただけのモジュール基盤といくらかの申し訳程度のモジュールが
提示されているだけです。

あらゆる組み合わせを可能にする事で一番ややこしくなるファームウエア部分の
取り回しやその解決法がまだ出てこない。モジュール基盤側にドライバROMを
埋め込んで登場するのか、それともOS側に全部持たせるのか、PCのように
ドライバインストールも併用するのか。またはその全てを併用するのか。

モジュール基盤に持たせるとARMの32bitや64bit、インテル系の全部を持たせる
必要が有り、それ以外のアーキテクチャのプロセッサが出てきた時に対応でき
なくて困る事になる。他の方式も今までPCで経験してきたような問題点が有り、
それぞれに一長一短な事が分かっています。

もしかするとそれが分かっているから稼働端末としてなかなか出てこないだけ
かも知れません。この進捗の遅さからすると私はGoogleはProject Araは大して
やる気のないプロジェクトなのかなと思ってしまいました。


Android端末はGoogleが必死になって採用メーカーを増やしてきた事で、
最新プロセッサを搭載した端末がどこかしらからすぐに出る状況になりました。
勿論完璧な好みの仕様の端末が出て来るとは限りませんが、もうモジュール
単位で集めるよりは、完成品を待った方がいいような段階に突入していると
私は思っています。だって端末の価格帯の低下が始まっているんですよ。

ハイエンドは確かに部品代はかかりますからハイエンドなりの価格帯に収まり
続けると思います。しかし大容量のRAMやFlashROMの価格もこなれ始めています。
速度アップを続ける事でまだまだそれらも高価格帯を維持するものは有りますが、
LPDDR3クラスは今後はどんどん値下がりをしていきますし、LPDDR2クラスは
もう履いて捨てるような値段帯になってきています。そこそこの性能でいいと
割り切るなら、端末の価格帯はぐっと値段が下がります。

それらの今後のスマートホン環境を総合的に考えていきますと、Project Araの
一番面白かったであろう時期はもう過ぎてしまったのではないか、私はこう
考えています。

これからの高クロック化や転送バスの仕様の進化を考えてもモジュール別だと
問題のある所は多いと思います。プロセッサとRAM/FlashROMのコンピュータ部分は
同一モジュールに納めておかないといけないでしょうし、そうなるとOSの書き換え
時の様々な問題は必ず起こります。

モジュール化は相当の困難の上に山ほどの妥協を重ねないと無理っぽいでしょうね。
ここはその辺プロな方も結構見ておられるようなので、Project Ara自体が「無理ゲー」
と初めから思っておられた方もいらっしゃったかも。

私は流れを見て「もう無理ぽ」とさじを投げました。これからあちこちのメーカーから
出てくる端末を楽しみにしておいた方がよっぽど健全だなと思った状態です。

関連記事
  1. 2015/02/24(火) 19:43:36|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Android 5.1ではSIMカードによって電話帳アプリのテーマカラーの変更可能に??(←これってOSの機能なんですかね?) | ホーム | Xperia Z4 Dualのスクショが流出、Android 5.0.2を搭載>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5707-a9ab13b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。