鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

サムスンがインドでも2位陥落、1位はインド地元のMicromax

サムスンがインドでも2位陥落、1位はインド地元のMicromaxで強さを発揮しました。

サムスンの崩壊がヤバい…中国に続きインドでも首位転落 ~ iPhone Mania
ロイターによると、第3四半期の決算で、サムスンがインド市場で売上シェア第2位に転落してしまったことが明らかになりました。

インドではインド国内のMicromaxが非常に強い状況です。
サムスンは

Micromax Canvas Gold A300 (Black Gold) ~ shopping.indiatimes.com
以下のようなスペックの端末が4万でお釣りが来ますからね。
人気が出るのも無理は有りません。
ちなみにこれは売り切れで他のモデルしか今手に入らない状況のようです。

  ・20,310ルピー = 3.9万円

  ・PLATFORM
    Processor TypeOcta Core (2GHz)
    Operating System Android 4.4 (KitKat)
  ・MEMORY
    RAM 2GB
    ROM32GB
  ・DISPLAY
    Screen Size 5.5Inches
    Screen Resolution 1920 x 1080 Pixels
  ・CAMERA
    Primary Camera 16MP
    Secondary Camera 5 MP
    Video Recording 30fps

ちなみに他にも少し調べてみましたが、定価が7000円程度の端末でももうほぼAndroid 4.4化
されている模様です。24000円程度の端末でも恐らくCortex-A7コアだと思いますが、
オクタコア化されており、RAM 2GB / ROM 16GB/表示 1280x720Pixelsというミドル帯の
スペックです。Android Oneのおかげか、性能の底上げがなされていますね。

サムスンの端末がウォン高のおかげで値上がりする中、無理に国外端末を買う必要も
ありません。そんなわけでMicromaxやLava、Xolo等の国内メーカーがよく売れる事になります。

サムスン以外に中国メーカーが大量に入り込んでいるので、そのせいで競争が激しくなっている
という事も有ります。どちらにしても、ウォン安と日本人技術者を使い捨てにしていたサムスン
には今後のインド市場での展開は明るいとは言えない状況だと言えないと思います。

関連記事
  1. 2015/02/04(水) 23:29:43|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【Android Developers】やっとLollipopが1.6%登場、KitKatの時よりも普及スピードが段違いで速く、既に伸び率でトップ | ホーム | アップルがストリートビュー的なサービスの為に車を走らせている?>>

コメント

>展開は明るいとは言えない状況だと言えないと思います。

???
  1. URL |
  2. 2015/02/06(金) 12:31:26 |
  3. テストマン #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5647-a1a7a254
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。