FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

2014年スマートフォン出荷台数は11億6700万台で、メーカーランキングでソニーは8位

2014年スマートフォン出荷台数は11億6700万台で、メーカーランキングでソニーは8位

2014年のスマートフォン出荷台数は11億6700万台、メーカー別トップ10も公開(TrendForce調査) ~ juggly.cn
市場調査会社 TrendForce が 1 月 20 日付で 2014 年のスマートフォン出荷台数とメーカー別シェアの調査結果を公開しました。
公開された調査結果によると、2014 年の総出荷台数は 2013 年よりも 25.9 ポイント増えた 11 億 6700 万台で、そのうち、4 億 5340 万台を中国メーカー製が占めていたそうです。中国メーカー製の割合が高まってきています。

2014年の世界のスマートホンランキングでソニーが世界第8位となりました。


TrendForce

世界市場が広がる中で、ミドル帯からローエンドに向けて販売しているメーカーが
全体的に強いことが分かります。

その中でローエンドの販売戦略に失敗したとは言え、ソニーは多少シェアを落とし
ただけでシングルの順位に居るという事は、まだまだそれなりの人気を保てて
いるからだと思います。

売り方を失敗したローエンドを整理して、撤退費用を計上して2015年にやり直すとの
事です。予測では2015年には3.1%までシェアを削り、10位まで落ちるとなっています。

しかしまだこれだけのシェアを持てているのでしたら、利益率を改善すれば、
きっちり黒字化を果たす事は十分可能でしょう。日本の他のメーカーに比べると、
販売数の多さに胡坐をかいた体制だったのではないかなと思います。

しっかりと利益を考え直していけば十分黒字を出せる体制を作れると思います。

ただソニーのガンと言えば、ドコモのように訳の解らないクソアプリ満載の仕様で
性能を悪化させ、チェック体制の複雑化とバッテリーを食うように仕向けること
でしょうか。ここがもっと簡略化されれば国内スマホメーカーの利益率ももっと
向上すると思われます。

関連記事
  1. 2015/01/24(土) 19:46:54|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<やはりiOS8の伸びが鈍ってきている、ユーザーはiOS8に不安を抱いている証拠 | ホーム | KDDIはauから発売されたFx0のソースコードやその他技術情報を公開中>>

コメント

キャリア主導の体制をなんとかしないと、日本ではせっかくの性能を落とす要因になる以外ありませんね。

そうそう。
こないだZultraのWiFiモデルを買いました。
スマートフォンのシェア向上には何の貢献もしてませんが、キャリア謹製クソアプリなしというのがいかに快適なものかを思い知りました。
ぜひとも今後はキャリア呪縛の無いモデルも出して欲しいものです。

しかし廉価帯はサムスン無双ですね。
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 21:54:50 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

今のスマートフォン市場の動向って、デジタルカメラ市場と同じように思います。低価格帯はスマートフォンに
駆逐されかかっていて、各メーカーは高画質・高性能・高価格機種へのシフトを進めていますが、その動きは
2年ぐらいでピークアウトするんじゃないかと思っています。ピークアウトの要因は写真の楽しみ方の変化に
よるもので、写真を撮る行為そのものを楽しむ人より、撮った写真で友人たちとどう楽しみを共有するかを
重視する人たちが増えていて、それが主流になるからだと考えます。

だからソニーは、ロー~ミドルエンドに再挑戦すべきだと思います。ソニーが新興国でも高いブランドイメージを
持たれているなら、実際に消費者にソニーに触れてもらい、良さを実感してもらい、将来的な顧客を増やす必要が
あると思うのです。かつてトヨタがカローラからスタートして最終的にクラウンに消費者を誘導したような、消費者の
ステップアップ戦略が必要で、そのためには大量生産によるコストダウンが不可欠。PanasonicがAndroid Oneに
参加したように、ソニーもAndroid Oneに参加できるように社内を見直す必要があったと思うのです。そこで得た
低コスト量産体制は、先進国市場でも価格競争力を発揮してシェア拡大が可能になると思います。
やっぱり松下幸之助翁の唱えた「水道哲学」は今でも有効だと考えます。

7SUXENさん
>キャリア主導の体制をなんとかしないと、日本ではせっかくの性能を落とす要因になる以外ありませんね。
それは日本に限らず、アメリカなんかでもアプリてんこ盛り状態ですよ。ことさら日本のキャリアだけを貶めるような話では
ないと思います。まあキャリア謹製アプリの品質の低さは、日本のIT産業全体でしょっちゅう起きる、発注する企業側の
ITスキルの問題と、ベンダーの開発力の低さの相乗効果なんだと思います。
それとキャリア(特にNTT系に多くみられる)パターナリズムの発露でもあるので、これはユーザーの知識の底上げが
必要ですから、あまりキャリアを責めるのもどうかな、とも思います。いらないアプリは好きに削除させろよ、というのは、
7SUXENさんは自分で理解し選択できるから、そのようなキャリア謹製アプリにネガティブな印象をもたれるのだと思います。
  1. URL |
  2. 2015/01/25(日) 00:36:35 |
  3. 普段はROM専門 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

本当にそうなる?

会員で無い為記事が全部読めませんので、以下の内容は見当外れかも知れません。

「機種変」優遇に活路 通信各社、MNP不振で
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82245470S5A120C1000000/
> スマホ普及率が5割に達し昨年春から端末販売が急激に冷え込むなか、番号乗り換え制(MNP)による転入者の奪い合いが限界に達したと判断。

機種変優遇は、シェアの大きなところほど優位に立てる施策なので、docomoがやるならわかりますが、業界全体としてこういうトレンドになるでしょうか。(特に3位転落が決まったKDDIは、まだまだMNP優遇を続けるような気がしますが…)
  1. URL |
  2. 2015/01/28(水) 20:50:52 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5610-e0cbdac1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。