鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

孫正義氏のおもちゃ、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルが合併

孫正義氏のおもちゃ、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、
ワイモバイルが合併する事を急きょ発表。

ソフトバンクモバイルとワイモバイルなど4社が合併へ ~ ケータイWatch
ソフトバンクは、子会社のソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルの4社を、4月1日付けで合併すると発表した。
4社の合併における存続会社はソフトバンクモバイル。既存サービスのブランド名は維持し、移動通信サービスについては「ソフトバンク」「Y!mobile」の2つで引き続き提供される見込み。店舗もそれぞれ、ソフトバンクショップ、ワイモバイルショップとして運営される。

ワイモバイルは用済み、ソフトバンクが吸収合併に踏み切る背景を考えてみた ~ buzzap
先ほど発表された、ソフトバンクモバイルによるワイモバイル・ソフトバンクBB・ソフトバンクテレコム吸収合併。

孫氏、日本回帰の前兆か ソフトバンクの4社合併 ~ 日本経済新聞
今回の合併による存続会社はソフトバンクモバイルとなる。昨年、イー・モバイルとウィルコムが合併して誕生したばかりのワイモバイルはあっさり消滅することとなった。「ワイモバイル」のブランドは当面継続するというが、誕生したばかりの会社で愛着を感じている社員やユーザーは少ないだろう。いずれはブランドも消滅し、ソフトバンクモバイルに統合されるのではないか。

ソフトバンク、ワイモバイルなど子会社4社を4月合併--国内通信強化ねらう ~ CNET Japan
ソフトバンクは1月23日、子会社であるソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム、ワイモバイルを合併することを発表した。合併期日は4月1日を予定。各社が持つ経営資源を集約し、国内通信事業の競争力の強化を狙う。

ソフトバンクが通信4社を合併、「Yモバイル」ブランドは存続へ ~ ロイター
ソフトバンク(9984.T: 株価, ニュース, レポート)は23日、携帯電話事業を手掛けるソフトバンクモバイルとブロードバンドサービスを展開するソフトバンクBB、固定通信事業のソフトバンクテレコム、「Yモバイル」ブランドで携帯電話事業を展開するワイモバイルの4社を4月1日付で合併させると発表した。

分かり易いのはこの辺でしょうか。


まー上記の電波の部分はソフトバンク系の基本として、決算直前のこの時期に合併
させるのはソフトバンク系のお約束という事でしょうか。ガンホーやら何たらかんたら、
この時期から道路を掘り返しまくったりするように、3月末に向けての”辻褄合わせ”を
行うのがソフトバンクのこの時期の毎年の風物詩だと思っています。
そう言えば、前回の決算や株主総会で何か約束してませんでしたっけ?
ソフトバンクへの興味が急速にしぼんできてただけに、何を約束していたのか、
余り思い出せないのですよ・・・。

連結決算だから連結に影響がなければ財務諸表の表面的な部分にはこの合併は余り
関係無いですが、少なくともSBMのユーザー数は一社での計算になりますよね。
つまりはSBMのユーザー数の水増しになりますし、都合の悪い数字は誤魔化せます。

SBM自体の数字がまずくなくてもワイモバイルの数字は例え純減していたとしても分から
なくなりますしね。WCPさえ合併しなければ、主要なMVNOの二重カウントは生きていますし。
だから逆に言うとWCPだけは触るに触れない。

数字を見せたり隠したり水増したり、まあ決算発表・株主総会辺りで今回の合併の
"秘密"が明らかになるでしょう。

もしかするとワイモバイルの1.7GHz帯のBand3を自社に纏めたかった事も有るとか?
会社名が違うと取り回しがややこしいですもんね。
他の要素も有るとは思いますが、Band3を巡ってはこの事は大いにあり得ると思います。


それとこれ。


ケータイWatch

はーーーい、ソフトバンクとソフトバンクモバイルの間の謎の二社のおさらいです。

BBモバイル

⇒ソフトバンクモバイルの株を全て所有している会社で、自社では事業を行っていない。
代表者・代表取締役社長 孫正義
⇒東京都港区東新橋一丁目9番1号東京汐留ビルディング

孫正義氏の隠れた株式配当で収益源でしょうね。
なにせSBMと親玉ソフトバンクの間に有る会社ですし、SBMの真上にいて100%株式を
持っているのですから抜きたい放題です。
そりゃ100億円寄付とかソフトバンクの役員報酬を・・・とか言うわけです。
ソフトバンクの報酬0円にしてしまってこちらからちゅーちゅーすれば誰にも
分からず配当をと役員報酬を手に出来ます。

ちなみに汐留ビルディング、ソフトバンクの本社ビルですね。
SBMも含めて全てそこに入っています。


モバイルテック

⇒モバイルテック株式会社は、ソフトバンクの完全子会社(中間持株会社)である。
⇒ソフトバンクモバイルの直接の親会社であるBBモバイルの全株を所有する会社である。
⇒自社での事業は行っていない。
代表者・代表取締役社長 宮川潤一
⇒東京都港区東新橋一丁目9番1号東京汐留ビルディング


ソフトバンクからの関係は以下の通り。

・ソフトバンク(親会社)
     ↓
     ↓
モバイルテック(子会社)  「ちゅーちゅー」 ←自社での事業は行っていない。
     ↓
     ↓
BBモバイル(孫会社)    「ちゅーちゅー」 ←自社での事業は行っていない。
     ↓
     ↓
・ソフトバンクモバイル(ひ孫会社)


非上場でIRにより財務諸表が公開されないBBモバイルの代表取締役社長 孫正義氏、
モバイルテックの代表取締役社長 宮川潤一氏により吸いたい放題です。

東日本大震災の時孫正義氏は100億円とソフトバンクの障害役員報酬を寄付すると
言いましたが、こうして「ソフトバンク以外からの役員報酬やソフトバンクの株式配当その他」
山ほど収入が有るわけです。

この二社は恐らく主に孫正義氏の収入の為の会社となっており、その存在を排除する
事は無いと思います。

>なお、2016年3月期の連結業績に与える影響は「軽微」としている。

連結の表面上はこういうことでしょう。
しかし上記の図のように、ソフトバンクモバイルの上にあった二社が、ソフトバンクモバイル
を通るようになります。勿論BBモバイルが100%だった分が75.81%へと持ち株比率が落ちて
しまいます。しかしその分ヤフーモバイルを初め、他の会社の収益もプラスされるので、
全体のパイは大きくなります。恐らく孫正義氏の"抜く分"は損しないようになっているでしょう。

各ブランドの営業は今のまま継続、財務諸表的には影響は軽微、表面上に理由は見当たら
ないのに何故か合併する。孫正義氏がわざわざ理由も無く子会社を振り回したりするでしょうか?
海外事業への展開の為にユーザー数という"数字"が必要になったのでしょうか?

今一つ理由が見えてこないのですが、とりあえずソフトバンクはゴミのような社債を
発行しまくっています。
ソフトバンク、個人向け劣後債4000億円 M&Aなどに充当 ~ 日本経済新聞
ソフトバンクは個人向けの劣後特約付き無担保社債4000億円を2月に発行する。期間は7年で、調達する資金はM&A(合併・買収)など長期の投資案件に充てる方針だ。個人向け劣後債を使うのは2014年12月に同額の7年債を発行して以来、2度目となる。
申込期間は1月27日~2月6日で、償還期限が22年2月9日の劣後債を出す。想定利回りは2.20~2.80%で今月26日に決める。前回は2.50%で発行していた。

円建ての起債総額は1兆5000億円で、ここにスプリントを買収した時のドル建ても
存在します。他にはユーロ建ても有ったような・・・借金だらけ。

何に使ったのでしょうかね。
何に使うのでしょうかね。。。


ちなみに、今回の合併を機に、正式にイーモバイル(イーアクセス)が消えてなくなる事になります。
ウィルコムは・・・命拾いしたようです。


参考・当ブログ記事
第32回定時株主総会、孫正義とThink differentな仲間達
ソフトバンクが「ドコモを抜く」為の努力
なんだ?この関係は・・・ソフトバンクモバイル
ソフトバンクが描く「ドコモを抜く」像(現場画像追加)

関連記事
  1. 2015/01/23(金) 22:42:14|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<KDDIはauから発売されたFx0のソースコードやその他技術情報を公開中 | ホーム | Android版Chrome 40.0.2214.89が正式リリース>>

コメント

資金繰りが苦しいのでしょうかね。個人向け劣後債なんてあまり聞かないし… そもそも劣後債って、金融機関が"自己資本比率規制を満たす為"に発行するのが一般的ですし、相手も機関投資家や国だったりします。
通常の無担保社債が発行できない(或いはしたくない)理由が知りたいところですね。

劣後特約付無担保社債とは、「劣後特約で定められた「劣後事由」が発生すると、一般無担保社債などの一般債務の支払いが劣後債よりも優先される。」 というものなので、当然格付けは低くなります。機関投資家には相手にされないレベルなのかもしれません。

それにしても、前回の発行から半年も経たずに第2弾とは… 前回発行時思いのほか好評だったので、評判の良いうちに発行しておけ、程度の事かも知れませんが。
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 07:05:10 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

>壱さん
恐らく一般の社債の売れが悪くなってきているのではないかなと思います。
アベノミクスが言われ出して以降、一般の投資家は株式の方へ資金を持って行きましたし、
分の悪くなった社債に資金を長期に拘束されるのも嫌だと。
そこで売る為には社債の利率を上げないといけない訳ですが、
一般社債の率を上げるとソフトバンクの社債が「ジャンク級」の判断を受けかねない。
だから劣後債にして利率を上げる言い訳が成り立つようにしたのではないかなと。

つまり「社債での資金集めにも限界が見え始めた」のではないかなと考えています。
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 11:16:02 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

その見解で行くと
・ソフトバンクはそろそろ体力の限界(一気に斜陽へ突入)
という気配がひしひしとしますね。

と、これを書いた後の「コメント投稿が完了しました。」画面にソフトバンクの広告が出てきました。
このコメントにあるキーワードに自動で反応したのでしょうかね・・・。
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 11:40:52 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

そのゴミのような劣後債を500億円増額して4500億円にしたそうです。
しかし政商は会長で、宮内氏が社長だとか。ますます海外を模索するような姿勢になりましたね。
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 11:57:10 |
  3. 京 #Qi8cNrCA
  4. [ 編集]

ソフトバンクの強さは、孫さん一人で持っているようなものですからねえ。
ここまで追い詰められた策を出してくるとは、孫さんは既に後継者のことを考えなくなっているのではないかと思います。
ソフトバンクアカデミアも実は表向きのポーズだけで、自分が退いたあとは野となれ山となれって感じで。
孫さんがいなくなったら、音を立てて崩れていくのではないでしょうか。
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 12:37:55 |
  3. きっさ #LCBe2Avc
  4. [ 編集]

恐らくこれも理由の一つかと↓
携帯電波割り当て、競争促進へ見直し決定 総務省  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1102B_R10C14A7EE8000/

> 総務省は電波を持つ会社どうしのM&A(合併・買収)も規制する方針だ。2015年にも電気通信事業法を改正し、M&Aを事前に審査したり差し止めたりできるようにする。割り当ての前後で規制し、有限な電波が特定の企業グループに囲い込まれるのを防ぐ。

来年になっちゃうと統合出来なくなっちゃうかもしれませんからね。

  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 13:17:10 |
  3. 潤 #-
  4. [ 編集]

> 鈴さん

ネットで色々検索してみたのですが、前回発行も含めSBの劣後債発行についてわかりやすく説明しているところは見つかりませんでした。従って記事内容からの推測になりますが、鈴さんの指摘の通り、普通社債発行による格付け低下を防ぎつつ資金調達するのが目的のようです。
利回りは良く、Mr.Sonにカリスマを感じている人も結構いるので、個人向けであれば捌ける、と踏んだのでしょう。
ただ、海外の格付け会社に格付けを依頼するほどの自信は無かったようです。格付けは日本企業に甘いと言われる国内の格付け会社に依頼してます。(機関投資家向けだとその金額は捌けない、と指摘しているところがありました。機関投資家には、海外の格付け会社のように「投資不適格」と観ているところも多いのでしょう。)

個人的には、こんな特殊なものを個人向けに売る、という姿勢には違和感を覚えます。人によっては利回りだけに惹かれて、虎の子の資金(退職金や老後の蓄え)を回してしまう人も居るかも知れません。劣後債は流動性が低いそうですから、大病を患い急なお金が必要、というような時にどうにもならなくなる人が出ないよう、証券会社の人達には、きちんとリスク説明をしてほしいものです。

> みっくさん

私も、SBが… という可能性は頭をよぎりました。金融機関からの借り入れも多いSBのこと、もしそうなったら米の国のL兄弟のケースの日本版、となるかも…

> きっささん

その点ではappleとjobsの関係に似ていますよね。ただ、appleには腐るほどの現金資産があるのに対し、SBには、投資不適格とみられるほどの借金があるところが大きな違いですが。

誰が後継者となっても、Mr.Son程のカリスマ性は期待薄でしょうね。今のところ健康不安説は出ていませんが、飛行機に乗る機会は多そうなので、ある日突然、という可能性はあります。(まだまだ実権を手放す気は無いでしょうから、後継者など育成されていないでしょうし、そうなった時は急激に…)
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 21:40:28 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

>ある日突然
先日黒箱が回収された某航空機のごとく海の藻屑・・・?
  1. URL |
  2. 2015/01/24(土) 22:03:35 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

鈴さん
>つまり「社債での資金集めにも限界が見え始めた」のではないかなと考えています。
個人投資家でも資金を株に全部振り分けるわけではないので、単純に「高利回りなら個人投資家が購入するから七面倒くさい機関投資家を相手にしなくて済む」と
考えてのことでしょう。財務上のメリットもありますし。

壱さん
>その点ではappleとjobsの関係に似ていますよね。ただ、appleには腐るほどの現金資産があるのに対し、SBには、投資不適格とみられるほどの借金があるところが大きな違いですが。
決定的な違いは自社独自開発商品の有無ではないでしょうか?所詮ソフトバンクは商社or投資会社にすぎませんから、
世界中から有望な「商材」なり「投資先」なりを発掘してこないと商売が回りません。
ただし財務については、財務テクニックならばGSやみずほが引き続き指南してくれるでしょうし。いざとなればアリババ株放出などで
キャッシュを蓄えることとも可能です。

それと、後継者が孫正義流の喧嘩商法と自社の性格をある程度理解していれば、発展は無理でも存続は難しくないかもしれません。
行政庁の顔色を常に窺わざるを得ず、戦略は全てNTT法縛りの範囲内でしか選択できないNTTだけを相手にすること徹すれば、
ガラの悪さと役人の鼻を明かすかく乱戦法を駆使して、国内に限っては多少暴れまわることができると思っています。KDDIもNTTが
力をつけるのが怖いだけのようですから、対NTTでソフトバンクと共闘もするでしょうし。
世界では、孫正義並みの「人たらしの才能(孫正義はジジ殺しの達人とも言われています)」が後継者にあれば、新興国相手に勢力を
維持できるかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2015/01/25(日) 00:03:24 |
  3. 普段はROM専門 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

中国政府、アリババのサイトで違法なビジネスが横行と批判
http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL4N0V72LT20150128

いまさらですが、中国政府がアリババのEコマースサイトにパクリ商品や粗悪品が大すぎだぞなんとかしろ!と注意したそうです。
注意だけでおしまいの気もしますが…

2chの海外通販系のスレだと、Aliexpressで買う場合はまともなものが来るほうが珍しいとおもっとけ、というのが常識になってますし(笑
アリババ大株主の政商は、この腐った現状をどうにかする気はないんでしょうかねぇ?
ないんでしょうねぇ(笑
  1. URL |
  2. 2015/01/28(水) 17:01:12 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5607-365e0d05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。