FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

IP携帯電話の実現

日本通信、IP携帯電話を実用化・世界初、7-9月期めど
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080421AT1D2001F20042008.html


日本通信株式会社 http://www.j-com.co.jp/
コネクトメール http://www.connectmail.jp/index.html

ドコモ回線のMVNOでIP携帯電話を実現とは「まさか」という気持ちです。
誰もが気にかけてなかった所にクサビを打ち込んできたって感じがします。

技術的には目新しい所は無いと思いますので、この営業が始まればここから先は
価格競争になっていくと思います。技術的には目新しくなくても話題的には十分
ネタは有ります。

まずはHSDPA/WCDMA端末で音声+ウェブ・メールのサービスで月いくらを提示
してくるのか。ソフトバンク、モバイル、WILLCOMを脅かす価格帯で出てきたとしたら
面白いことになります。

なにせバックボーンはドコモの回線なのですから、電波と回線容量の心配は無い
上で各社と争う事が出来るのですから。ビルの奥や山奥の電波状況の事も
何の苦労もなく圏内を手に入れた上で戦えるので非常に有利なスタートを切れます。

これは音声回線は借り受けず、パケットの帯域だけを借り受ける形で実現できるのが
一つのポイント。優先制御やらソフト的にはややこしいことを考慮する必要は出て
きますが、その分安く提供できます。

端末についてはHSDPA/WCDMAの技術に乗っかっているだけですので、
アンテナからなにまでベースはドコモの端末と共通なのですが、通話部分に
関してはIP層の更に上位に乗っかるのでドコモやソフトバンクのWCDMA端末と
全く違う実装になります。メールの処理と同じ階層に通話の処理も来るわけです。

なので端末の中身は全くの別物となり、同じWCDMA陣営の携帯会社であっても
SIMロックフリーでそのまま使えるようになるわけでも無いのです。

ただし通常の通話部を殺して使う前提なら今有る端末のファームアップデートだけ
で使えるように出来る可能性は大いに有ります。というか使えるように出来るでしょう。
古い機種でしたらファームウエアのプログラムを書き込める容量が足りない可能性は
有りますが、905/705以降辺りの機種でしたら恐らくIP電話のファームを書き込んで
そのままMVNO用の機種として使えるのでは無いかと推測します。

これについてはWCDMAの端末なら事情は同じでソフトバンクの920SHを大量に仕入れ
てきてSIMロック部を変更し、ファームだけ書き換えて使うなんて芸当も出来るはずです。
全くの予想ですが相当ファーム用のフラッシュROMをケチって無い限りは問題なく出来る
のではないかと思います。

7-9月期を目処という事ですからもう端末についてはほぼ決着は付いているはずなん
です。結構な短期間で詰を行ったように思うので端末をほぼ使いまわしが濃厚に
思えるのですがどうでしょう。

こういった部分の開発費さえ抑える事が出来れば相当思い切った価格設定が
出来そうに思います。使う側は端末の使い回しとか気にしてなくて、価格しか
見て無いのですから、こういったところは割り切ってハードは使いまわし調達で、
ソフト部分だけファーム書き換えでやってもらいたいなぁと思います。

勿論端末の機能は完全にドコモ色になってしまいますけど。
でも十分面白い試みと思えるんだけどな。

あとは一足お先に開始したコネクトメールとの接続。
これも自社でサーバを管理しなくてもいいからスパム対策という大きなリスクを
背負わなくていいのでこちらでもコストダウンの要素は有ります。

これらを見てみると自社開発はほぼゼロでも携帯キャリアが成立する時代なん
だなって思います。IP電話だとかバックボーンはドコモとか知らなければ全くの
新キャリアが出てきたようにしか見えないですよね。
関連記事
  1. 2008/04/21(月) 21:55:34|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インターネットマシン | ホーム | プレミアクラブの価値が上がる>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/55-286717e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。