鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhoneは今後フラグメント化が進んでいく

Android OSのデメリットは多くのバージョンが長期に渡り使用され続け、
それがフラングメント化を起こしている事だと言われています。

また色んなメーカーが色んな画面サイズを採用し、それもまた表示システムでも
更なるフラグメント化を進めているとされています。

iPhoneではそんな事は起こらない。
一社が独占して生産しているのだから当然でした。
少なくともiPhone 5sまでは画面も同じサイズを守っており、一度の解像度変更と、
一度の画面サイズの変更だけで何とかやり過ごしてきました。

しかしiPhone 6/6Plusではそうも言ってられなくなってきました。
Androidの自由な画面の解像度やサイズの選択は市場側に選択権が有り、
それがiPhone勢には大きなプレッシャーを与える事になりました。
その解決を見込んで投入したのが4.7インチと5.5インチという選択。

結局iPhoneには以下のような画面モードが生まれる事になりました。

480×320px(163ppi)   iPhone 3G (iOS54) / iPhone 3GS (iOS6)
960×640px(326ppi)   iPhone 4 (iOS7) / iPhone 4s (iOS8)
1136 x 640px(326ppi)  iPhone 5 / iPhone 5c / iPhone 5s (全てiOS8)
1334 x 750px(326ppi)  iPhone 6 (iOS8)
1920 x 1080px(401ppi) iPhone 6 Plus (iOS8)

以上を見ても分かるようにアプリが対応OSをiOS8に限ったとしても、4つの画面モードが
存在し、そのすべてに対応する必要が出てきます。iPadを無視する前提だとしても。
iPadまで考えると、画面モードだけでもかなり嫌な感じになってしまいます。

アプリストアをちょこっとだけ眺めてみると、iOS5~iOS6以降に対応しているアプリが
多いかなという私の勝手な印象ですが、それだけでも5つ全ての画面モードに対応する
必要が出てきます。

まあ日本向けのアプリならばもう480x320もモードはいい加減忘れてもいいかも知れませんが。
ただ960x640のモードはまだ悩むところだろうと思います。

恐らく日本のアプリ市場でも1334x750のモードがメインになったと考えているアプリ製作者は
居ないだろうと思います。iPhone 6シリーズが出て2カ月以上たった今でも、iPhoneの画面
モードは1136x640だとほとんどのアプリ作成者は言うと思います。

また1136x640のモードが早急に消えてなくなるかという質問を投げかけても、恐らく長期に
渡り、サポートが必要な解像度だと考える作成者が多いのではないでしょうか。
少なくとも私は1136x640の解像度は今後のiPhoneのスタンダードな解像度であり続け、
何かにつけて、iPhoneに長期に渡って影響力を持ち続ける解像度になると思っています。

端末に関してもそうでしょう。
iPhone 6Plusは歩留まりがろくに上がらない状況で何とも言えませんが、iPhone 6は
それなりに売れていると思います。が、発売2ヶ月を過ぎても見かけるのは5や5s、時として
5cの方が見かける事が多い状況です。6や6Plusを持っている人を見かけても、それをもって
いる人が多数派になる環境というのは私の周辺では未だに起こった事が有りません。
そのぐらいiPhone 5世代(5/5s/5c)というのは強烈に売れた端末と言えるでしょう。

その5世代は先ほどの1136x640の解像度の端末で、長期に影響力を与え続けるという
事にも繋がると思ってます。

また5sのみでは有りますが、1136x640に対応した端末でA7プロセッサを搭載し、64bitにも
対応しており、更には5シリーズ中では恐らく一番売れている端末です。当然iOS8にも対応
しており、64bitプロセッサにも対応している事から、長期に最新OSのサポートに着いて
いける端末になるだろうと私は考えています。なので現役世代としての1136x640の解像度は
息が長くなる可能性が高いと思われます。

ならばサポート外になった端末やiOSバージョンはどうか。
iPhone 3GS辺りまでの端末はもう使っている人はかなり少なくなっていくでしょう。
iPhone 4も微妙な所では有りますが、しかしながら世界レベルで考えるとまだまだ現役端末です。

4sになると白ロム端末の価格はぐっと上がり、まだ存在する新品だと2~4万円ぐらいします。
やはり最新のiOS8がサポートされているという強みなのでしょうか。
しかしiOS8を入れると使い物にならないという人もいるのですが。
私は我慢して使えば使えなくないとは思いますけど。
その辺は人それぞれの感覚でしょう。


iPhone 4で満足とはいかなくても納得できる人、そしてiPhone 4sで納得できる人。
iPhone 5で納得できる人。
色々いると思います。

例えばそれぞれの端末が納得できるレベルだとして、常に最新OSでなければいけないと
考える人の割合がどれだけいるのか。セキュリティーが重要だとは言いますが、言われている
程は気にしない人も意外と多いのではないでしょうか。

その証拠に未だにiOS7を使っている人は多いです。
セキュリティーが心配なら様子見などをしないでリリースされたらすぐに最新OSに書き換える
べきでしょうし、そうすると思います。がiOSでは様子見する人が増えている状態。
勿論バグが多過ぎるからですが、セキュリティーよりもバグの方が心配な人が世の中に
急激に増えているようですよ。

鈴の音情報局ブログ・携帯端末アクセスランキング (2014/11/28 20:30現在)
iOS2.x-4.x系 0.37% ←水増しスパムアクセス有り
iOS5.x系 0.25%
iOS6.x系 7.26% ←水増しスパムアクセス有り
iOS7.x系 15.12% ←水増しスパムアクセス有り
iOS8.x系 21.48% ←水増しスパムアクセス有り

iOS7.x系やiOS8.x系に強い水増しスパムが有った上で、iOS6.x系がまだ7.26%を維持している
ことを考えると、旧OSを維持している人が意外と多いことが分かります。
去年はしばらくするとiOS5.x系が5%位に落ちていたように思うので、去年よりもその傾向が
強まっていると思われます。iOS6はiPhone 3GS~5まで有り得ますから、基本性能がそれなりに
有る端末である可能性も有り得るので、それを考えるとこのバージョン以降の端末が意外と
長く残っていく可能背も考えられます。

それはアップルが意図せぬフラグメンテーションを招いてしまうのではないでしょうか。
Android端末よりも分断化は起こりにくいとはいえ、本来はフラグメント化しない事が売りの
端末でそんな事になってしまうのですから、とても困った事になってしまいます。

例えば画面のサイズや解像度に関してはそれを吸収する機能はAndroidよりも貧弱です。
Androidは初めから多様性を認めているだけに、その吸収に関しても完全に近い作りをしています。
一方iOSはジョブズが「これでいいんだ」といったハードで統一する習わしで有る以上、ハードの
仕様の違いの吸収をOS側でする努力はAndroid程はなされていません。
というわけで、フラグメントの影響はiOSの方が強く表れます。

そろそろスマートホンが売れなくなってきている理由に「端末を買い替えない人が増えている」と
いう事が挙げられます。私だって結局Xperia Z3 Compactが欲しいと言いながらも、もうしばらくは
GXでやり過ごそうと「一回休み」を選んだのも、現状の端末でなんとかなる事が背景の理由と
して存在します。

同じく「今の端末でもうちょっとやり過ごそう」と考える人は増えてきていると思います。
ここ最近のスマートホンの販売が落ちてきているのも、最近の端末が結構使えるようになって
きているので、最新の端末やOSに拘らなければまだしばらく今の端末のままやっていけると
感じている人が多いからではないでしょうか。

その上でiPhoneでは最新端末の不具合連発・・・。
「もうしばらく今のままでいよう」という人が増えても仕方ないと思います。
新しい端末はそれでも売れてはいますが、旧端末がそれなりに使えてしまう以上、そのまま
残り続ける人もどんどんと増えていくと思います。

昨今の端末の値引き合戦、キャッシュバック合戦の終焉を受けて、よりそういった傾向が
強まっていくと思います。

「得にならないなら無理して買わなくても、今まで使ってきた端末を使っていればいいや」
って思う人が増やす大きな理由にもなっていると思います。
余計な事をした影響は今後に悪い影響として響きそうな予感がします。

iPhoneはOSのバグは多い、鉄壁だったと売りのセキュリティーも完璧ではない。
起きないはずだったフラグメントが徐々に進行していくとなれば、今までの自慢のポイントが
ことごとく崩れていく事になります。

私はiPhoneの将来は、こんな方向へ進んでいくと考えていますがどうでしょう。

関連記事
  1. 2014/11/28(金) 21:11:17|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2015年1月よりユニバーサルサービス料が2円、誰がどんな風に決めているの? | ホーム | iPhone 6/6 Plusの大画面化でiPadの利用率が低下との報道>>

コメント

アップルと画面解像度

今のiOS機の状況…
ジョブズ復帰前のMac、
それもWin95登場以後でiMacより前のMacによく似ていているんです

Macに対するWin95的位置づけを
iOS機にてらしあわせたとき、そこにあるのはandroid…

昔、MacはCRTモニタのサイズと画面解像度はリンクしていました、
同じDPIを守り、同じように使える事を重視していたからです
(どのサイズのモニタが使われているかMac側が認識して合わせる様になっていました)

一方WindowsはDPIは標準値があるもの、モニタのサイズは自由で
解像度はモニタの受信回路や、グラフィックボードのスペックで決まり、
必ず特定のDPIになるような構造にはなっていませんでした
なので、Win95が出る頃には、マルチシンクディスプレイという、複数解像度に対応したCRTモニタが主流になっていました

当然、Macにもマルチシンクディスプレイをという声が上がります
初めはMacのモニタサイズ認識をごまかすアダプタが売られていましたが
そのうち、アップル自身が、複数解像度に対応するようになりました…
そう、MacがWinに影響されて「Macに出来ないWinで出来る事」を追加しはじめたんです
その最後が「Mac互換機」…

iphone6+の解像度やモニタサイズがandroidのスマホと同じとか
機能やスペック偏重の売り込み方とか
あの頃とそっくりです

でもジョブズなき今、二度目の「iMac」はありません…
さて、どうするんでしょうね…

そのうちiOSも 「OS9」でとまったりして?
  1. URL |
  2. 2014/12/01(月) 16:47:06 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

>姫さん
その内(゚д゚)うーまーっくすとか互換機が登場したり、
拡張危機(笑)とか標準ものを使うようになったり・・・。
Lightning→USB(あれっ?(笑))

>そのうちiOSも 「OS9」でとまったりして?
いいすねぇ~、その視点は有りませんでした。
哀TALK9とか名前が付いたりして・・・。
  1. URL |
  2. 2014/12/02(火) 02:10:26 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5424-63c3a838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。