鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ドコモとauのバンドの遷移マップ

面白い資料がTwitterで流れていました。



クリックで拡大
クリックで拡大

ドコモとauのバンド間遷移マップです。

バンド間をどんな風に優先順位などの条件で遷移するのかというものです。

まずドコモの左の接続状態での遷移ですが、青矢印での双方向遷移が綺麗に
張り巡らされています。

LTE Band 1(2GHz)/LTE Band 19(800MHz)
この2つのバンドは他の度のバンドとも双方向に行き来出来るように指定されており、
優遇されているバンドと言えます。

LTE Band 21(2GHz)/LTE Band 3(1.7MHz)
この二つのバンドはそれぞれの双方向と、上記のLTEのBand 1,19からのみ
遷移可能で、LTEのトラフィックのバイパス役だという事が分かると思います。

W-CDMA Band 1(2GHz)/W-CDMA Band 19(800MHz)
この二つは上記のバイパスバンドからは片方向で降りて来る事しか出来ません。
LTEへ復帰する時はメインのBand1,19へ戻る事しか出来ません。
Band1,19が受けられないという事はまずないと思いますので、理にかなっている
作りと言えますね。ただし1,19の電波が受けられない状況の時と輻輳気味の時は
21,3に空きが有ってもW-CDMAからLTEへの復帰が出来ない事になります。
なので1,19をどう開けるかが腕の見せ所になります。

次にドコモのIdle状態の時。
Idle時はLTE 21,3への遷移が出来なくなります。
この二つの電波だけが受けられる状態の時は待ち受けが出来なくなっています。
W-CDMA→LTEへは自身の4という優先順位よりも高い6の優先順位で遷移の指定が
されていますので、安定していれば必ずLTEで待ち受けするように設定されています。

逆にLTE→W-CDMAは自身の優先順位の4よりも低い2で遷移するようになっています
ので、LTEの電波状況が悪かったり混雑してこない限りはW-CDMAへ遷移する事は
ありません。

LTE21,3では待ち受けをする時はそのバンドで通信をしていて切断した時にそのまま
のバンドでIdleになった時のみで、電波状況が悪くなるとLTE 1,19へ優先して遷移し、
その二つへ遷移できないようならW-CDMA落ちするという設定です。

穴は有りますが、なかなか綺麗に設計されていると思います。


次にau。
左の接続時ではBand1,18,11という謎の三角関係が有ります。
Band41(TD-LTE)へ遷移するようにはなっていないのです。しかもBand41からは
Band18かCDMA BC0(800MHz),BC6(2HHz)へしか遷移できません。
つまりBand41で繋がっているとLTEを維持するにはBand18へしか脱出できず、
Band18の電波状況が悪いか輻輳している場合、必ず3G落ちするしかありません。

auはメインのバンドとしてBand18を使っているので届かない事はまずないという事
なのでしょう。しかしBand18が届いてないとBand41からは3G落ちするしかないという
リスクの高い設計とも言えます。

そこで右側のIdle状態を見ると、LTE Band 1,18,11の3つのバンドからは優先順位
が最高の7で待ち受け遷移するように設計されています。つまり待ち受けは電波が
届いている限りはとにかくBand41でするように作られているようです。

Band 41、つまりTD-LTE 2.5GHzで待ち受けしていて、Band 41の電波が悪い
場合でLTEを維持するにはBand 18が使える事が大前提となります。
auはBand 18が無ければ何もできない設計になっているようです。
一旦18に落ちれば後はLTEが維持できるようはなっています。

もう一つauでの問題点は一度BC0(800MHz)、BC6(2GHz)の3Gに落ちると通信中は
LTEへ復帰する事が出来ないということ。一度接続を切らないとLTEに復帰しない
仕様になっているようです。なんでこんな仕様になっているのか不明ですが、
これは改善して欲しい所ですよね。

例えばauのVoLTEは、3Gから戻れないという話が有ったと思いますが、その事は
ここからも分かりますね。auの遷移マップは正統派のドコモに比べてちょっと癖の
ある仕様かなと思います。

久しぶりに真面目に技術系の記事もいいかなと思って扱ってみました。

関連記事
  1. 2014/11/19(水) 21:14:31|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<スパコンの計算速度の世界一を発表するTOP500はトップが中国の天河2号で3京3862兆回、理化学研究所の京は1京510兆回で4位 | ホーム | Lollipopをまる4日間使ってみて見えてきた問題、もしかしてARTに不安定になるバグが有る?>>

コメント

アイドリング時の相互通行を絞ってるのは待ち受け時間対策かな。
ドコモがVoLTEを強く意識してたら、待ち受け時も相互通行ふやすんだろうけど。

節電アプリ使って通信復帰直後は大概3Gになってるね、ドコモは。電源オンの時はすかさずLTEなんだけど。
  1. URL |
  2. 2014/11/20(木) 22:00:14 |
  3. どこも族tab #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

KDDI

一応 TDLTEはUQの機材ですからねぇ…
その辺が柔軟な基地局間連携を取りにくいのかなぁ…

SBM+Y!モバ+WCPの3社連携バンド遷移マップも見てみたい気も…
  1. URL |
  2. 2014/11/20(木) 23:46:18 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

>どこも族tabさん
Idle時のは恐らく頻繁なハンドオーバーを避ける為の仕様かなという気がします。
最終的には待ち受けメインバンドへ流れるような設計は両社とも共通ですね。

>姫さん
やっぱりUQのバンドをメインの待ち受けに使うのはどうかなって気もしなくはないですね。
800MHzに待ち受けが集中して、災害などのいざという時に800MHzが輻輳しにくく
なるような負荷分散なのかもしれませんね。
  1. URL |
  2. 2014/11/22(土) 16:53:42 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5400-5806fbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。