鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

タブレット市場の一番元気なボリュームゾーンは250ドル(2万円後半)クラス

タブレット市場の一番元気なボリュームゾーンは250ドルクラスとの事。

タブレット売り上げの牽引力は250ドルクラス ~ iPhone Mania
タブレットの販売価格が下落を続けるなか、市場の牽引力となっているのは250ドルクラスの低価格モデルのようです。
調査会社IDCの推測によると、2014年第3四半期のタブレット出荷台数は、前年同期比15%増の5,600万台でした。ただしタブレットの出荷台数は増えているものの、平均販売価格は同13%ダウンの294ドル(約3万4,000円)となっています。

日本円だと2万円後半クラスになりますが、確かにこのクラスの価格帯は手が出しやすく、
性能もそこそこだという印象。売れるのも分かります。

ハイエンドはスマートホンで求める人も、タブレットにはハイエンドを追わない人も多く、
ある程度の大きささえ手に入れば性能は必要十分でいいと考える人も多いです。
実は私もその一人。

私はスマホもハイエンドは追いませんが、タブレットにはもっと求めていません。
スマホに入れたくないものや、ちょっとした実験はタブレットでしてしまおうという事も
多いです。そこそこの性能のものをそこそこの価格で。それをうまく突いたメーカーが
シェアを伸ばすことになると思います。

先日のニュースを見れば、WhiteBox(ノーブランド)やLenovoがシェアを大きく伸ばして
いる辺りでそれがよく分かりますね。




関連記事
  1. 2014/11/16(日) 19:16:50|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Android 5.1と思われるLollipop MR1の存在が開発者会議でリークされる | ホーム | iOSへの攻撃に米国家機関が警告、Masque Attackが徐々に大事に>>

コメント

Nexus7(2012)やYogaTabletが選択肢に入る価格帯ですね。
実験機よりも、アップデート(マイナーバージョン程度最終までくらい)をしっかりしてくれるところを選びたいものです。
  1. URL |
  2. 2014/11/16(日) 21:08:59 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5390-1713ebf0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。