鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

MVNOを利用して起こったトラブルを、ドコモへ質問する人がいる問題

コメ欄の方で頂いたネタなんですが、起こるべくして起こり始めた問題です。
ドコモにMVNOの件で質問するという問題が起こり始めている模様です。

MVNO様のサービスをご利用される方へ ~ ドコモ公式ページ

ドコモ的には「うちは業者向け卸売しかしていないんだから、小売業者に聞け」と正論を唱えるしかありません。
認識していない人はドコモ回線だからとドコモに行ってしまう訳ですが、この辺りもっと小売り担当のMVNOを
提供している会社の方がもっと注意喚起をするしかないでしょうね。

これからもっとこの辺りの事情に鈍感な層の方々にMVNOは安いドコモ回線として広がっていくと思われます。
色々ややこしくなっていきそうですね。

関連記事
  1. 2014/11/05(水) 19:16:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<【Android Developers】全体の数字の動きが鈍り2か月で一か月分の動き、iPhone 6発売とLollipopの発表の影響? | ホーム | ソフトバンクが通期営業益予想を下方修正、スプリントのコスト増&2千人の人員削減でじり貧に>>

コメント

これだから初心者にMVNOを使って欲しくないんですよね。
確かにdocomoのSIMカードが送られてくるから、つい問い合わせ先をドコモにしてしまうのはわかる。
これはMNO、MVNO業者双方にある程度の責任はある。
SIMカードをdocomo仕様にしておく必要はあるとしても、SIMカードの全体をMVNO業者のロゴプリントにすべきだと思う。
SIMカード発行へ至るまで携帯キャリアにおんぶ&だっこじゃ、勘違いしてくださいといわんばかりです。
真っ白なノープリントSIMカードをMVNO業者に、MNOが提供する。それをプリントしないのはMVNO業者の責任。
SIMカードにはMVNO業者の識別コードとIMEI番号が刻印されているのみ。MNO業者の匂いはいっさいさせない。
この程度すらもやらないMNO事業者は、怠慢と断じます。怠慢に甘んじるなら、たとえお門違いでもフルサポートしなさいと言います。
MVNO側はいいですよね。MNO側が受け止めてくれるのですから。

車で言えば、車種はクリッパーだが、日産ロゴはフロントグリルのみ。(リアがなぜか三菱ってくらい紛らわしいレベル)
ハンドル含めてインテリアのロゴは三菱。エンジンフードを開けても中身のロゴは三菱のまま。
これじゃ三菱に問い合わせたくもなります。それくらいのことをMNO業者、MVNO業者が実施しているわけです。

ボールペンの提供元はコクヨ。
実際に作るメーカーは新日本ボールペン興業(架空の会社名)で、コクヨのロゴがボールペン本体にひとつも無く、
実際に作ったメーカーの名前だけがボールペンに刻印されていたとするなら、
何かを問い合わる際にいったいどこへ問い合わせるでしょう?
考えるまでもありません。
どのメーカーのを買ったか覚えている人ばかりじゃありません。認識が不足しているといわざるを得ません。

これを「よし」とする提供元メーカーにも責任はあります。
いっそのことロゴやメーカー名は無加工で提供しなければ、供給先が重い腰を上げるわけもありません。
供給先が何もしなければ、責任を取るのは供給先。それでいいじゃないですか。

商品で扱いを間違って事故が起きた場合、扱いを間違っても事故がおきにくい対策を打つのが真っ当なメーカーだと思います。
指を切ってしまわないよう刃先ガードをしたハサミやペーパーカッター。
過熱監視して自動的に動作を停止したりアラームで注意喚起するストーブやコンロ。
こういう積み重ねなく、単に説明書レベルの注意書きをとっさに思い出せる冷静な人ばかりじゃないという冷たい現実を、提供元がもっと認識しないとダメですね。
  1. URL |
  2. 2014/11/05(水) 20:00:23 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

ドコモがdocomoロゴの記載を強要しているのでしょ。
SIMも端末も俺のモノって。
  1. URL |
  2. 2014/11/05(水) 22:09:24 |
  3. こども #-
  4. [ 編集]

SIMのデザインをMVNO各社独自のものにするとその分のコストは当然MVNOが負担するので、もちろん価格に転嫁されるはずです。

安さが売りのMVNOは余計なコストは掛けられないのでドコモから卸されたSIMカードをそのまま使うのは致し方ないと思います。
問題の根本はドコモと同じエリアとかドコモと同じ速度とか、ドコモのサービスが同じように使えると勘違いしかねない宣伝にあるのでは?と感じます。
  1. URL |
  2. 2014/11/05(水) 23:36:34 |
  3. 空耳 #-
  4. [ 編集]

>7SUXENさん
理想はそうなんですが、MVNOなんて体力資本力もも大してない上に、手をかけない事でコストダウンしている
のですから、SIMカードにいちいちプリントしていたらドコモ側はその管理コストを請求する事になりますから
恐らく1000円台や1000円を切るようなサービスは無理になると思います。
それとプリントからドコモのマークが消えると、auやソフトバンクの端末にドコモ系MVNOのSIMを挿す問題が
新たに出てくるような気もしなくはないです。あちらを立てればこちらが立たず・・・ですかね。

>こどもさん
そもそもMVNOのSIM管理もドコモが発送・管理を行っており、契約時の送り主や解約時の送り先は
ドコモ関連の施設なんです。なのでMVNOに強要しているというよりは、ドコモ自身が(自己主張の為に?)やっている事です。

>空耳さん
あ、同じ事を書いてくれてる(笑)
エリアはドコモと同じと言ってもいいのでは?
SIMフリーの輸入端末を使ってエリアが狭い分は自身の責任だし。
それも確かにトラブルの元と言えば元にはなるけど・・・。
  1. URL |
  2. 2014/11/06(木) 01:11:13 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

あのー

どこかのサイトにも同じこと書きましたけど
mineoのSIMもauってプリントされてますよ。
自己主張でもなんでもなく、単なるコストの問題です。
  1. URL |
  2. 2014/11/06(木) 09:45:16 |
  3. 某サイトの通りすがりだった人 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コスト重視なら真っ白SIMを用意しておけば印刷不要でさらにコストダウンですね。
ナンバリングの型押しだけしてMVNOへ提供。
サポート側は「うちのSIMであることを証明できますか?」で終わり。話が早いじゃないですか。
それとも印刷したほうが安上りなのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2014/11/06(木) 20:10:40 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

このサイトは1年以上前iijmioの契約してた頃に見ていましたが、記憶では内容変わってません。
最近問い合わせが増えて作ったページでないと思うのです。
宣伝内容と周すべき知内容がリンクしてないとは感じますが。
  1. URL |
  2. 2014/11/06(木) 20:40:14 |
  3. 非関西 #-
  4. [ 編集]

Wayback Machineに残ってる最古のキャッシュは2010年10月ですね。
5項目め(ドコモのネットワークにおいて通信障害が発生した際のお知らせについては~)がない以外はぱっと見同じみたいです。
そんな昔からあったのかとちょっと驚きました。
  1. URL |
  2. 2014/11/06(木) 20:52:28 |
  3. えずら #-
  4. [ 編集]

docomo関連の記事

スレ違いですみません。

ドコモ、3位転落を招いた独善的利益重視と非常識 中核ユーザの他社流出が深刻化
http://biz-journal.jp/2014/11/post_6547.html
> 「新料金プラン導入開始直後から、販売現場では『データ通信中心のスマホ中核ユーザは説明を聞くとカウンターを離れ、他社へ流れてゆく』『スマホ中核ユーザを相手に新料金プランでは他社と戦えない』などの不満が渦巻いていた」と振り返る。

せめて他のキャリアも追随していれば状況は変わったのでしょうけれど… SBは、当初追随する感じでしたが、KDDIの発表を受けて急遽方針を転換。(11月末までと期限を切っているので、本当はdocomのようにしたかったのでしょうね。)

docomoが方針転換するのが早いのか、KDDIが追随するのが早いのか、我慢比べみたいな状況なのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/11/11(火) 02:02:00 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5344-977b4680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。