FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

私が書いたクック氏がゲイのカミングアウトを商利用したと書いた記事がやたら荒れているので、私なりの見解を書いてみる

以下の記事のコメ欄が大騒ぎになっています。

アップルのティム・クック氏はゲイであることを公の場でカミングアウト

私がクック氏のゲイのカミングアウトに触れたからです。
・・・が、どうも書かれているコメを読んでいるとピンと来ない。
まるで私がクック氏を差別し、彼を罵倒しているような捉え方をした方々が暴れているようです。

私そんな事書いていますか?
冷静になって記事をよく読んで下さい。
びっくりするような解釈をされている方が多くて・・・もう。

今やマツコデラックス氏やミッツマングローブ氏を初めとして、トランスジェンダーな方々が
TVに登場していない日は有りません。それがもう何年も続いています。

私としてはようやくこういった日陰の世界で生きてきた人達が市民権を得たと思って喜んで
いるのですが・・・どうやら、世間では私が思っているほどこういった人達を受け入れてなかった
んだなと先の記事への反応を読んでガッカリしました。

私はこういったトランスジェンダー系な方々との親交はバブル時期ぐらいから有りまして、
今更特別な存在ではありません。当時の流行でニューハーフ系の方が知り合いに多かったです。
工事前から工事後の完成品まで。勿論ホルモン注射だけの中間の人もいます。
あ、念の為私はノン気ですよ。何度も何度もホテルに誘われましたが、行ったのは一度だけです。
でもさすがに何もさせませんでしたけど。

ハワイでGay Barで一人で飲んでたらモテる事モテる事・・・。
丁重にお断りして退散をして頂いております。
こういう世界って結構ルールを守る人が多いので、断ってもお互い悪い気分にはなりませんよ。

ロスのGay Barなんかだと、トイレの便器の一つ一つにコンドームの自販機が有ったりして、
かなり色々とリアルな感覚に捉われます。用を足しながら買えるとかそこまで便利過ぎって(;´∀`)
ちなみに、Gay Barにしか行ってない訳じゃなくて、普通のBarとかにも行っていますよちゃんと。

日本で知り合いと会ったら「はーいげんき~♪(にぎゅ)」のごあいさつの握り一発のお返しに、
「元気だよ~♪」の胸の握り返しとかその程度のお付き合いはしますね。
とにかくああいう世界の人達は明るいです。

しかし荒れているコメ欄を見て、なんとも籠った世界な視点でこういった世界の人達を見て
いるのだろうかとガッカリしました。

私の記事に対して批判的な事を書いていらっしゃった人達こそ、そういったトランスジェンダーや
同性愛者な世界の人を特別視し、心の中では本当に受け入れてはいない人達だと思います。
読んでいて強く強くそう感じました。

私が書いた事はあくまでも「インパクトのあるプライベートをiPhoneの売りの為に利用するな」です。
基本的にGayであろうがなんであろうが、そのネタの内容自体はどうでもいい事です。
最後に茶化して「ゲイホン」って書いたので爆発した人らもいたみたいですね。
私からすると「おげんこ~?(にぎゅ)」と同じ乗りですね。
というか、本人達が自分でGayって名乗っているのに、そう呼ぶ人が出るかも知れないねって
書いたら何が悪いのでしょうかね。

悪い例は以下のような場合だと思いますよ。
私の本意ではない、あくまで悪い例なので色で消しておきますから見たい人は選択して色を反転して見てください。
アップルのCEOがGayなんて気色悪い、あの見た目で性的好奇心が男なんて吐き気がするわ
  ↑こういうのが偏見を持った意見で悪い例です。
  |残念ながら、私は「おげんこ~?(にぎゅ)」な世界の人なので元より偏見はございません。

いいですか~、繰り返しますよ~~。
トランスジェンダーな方々や同性愛者は特別視されないで普通に見てもらいたいんですよ。
そこにいる事が当たり前で、特に気にされずに生きていたいんですよ。
私の意見を見て悲しむのか、それとも今回みたいにギャーギャー騒がれているのを見て
悲しむのか・・・腫れモノを触るみたいに扱われたくないのですよ、彼(女)達は。
今までの経験を経て私はそう思っています。


今回大騒ぎしている方、出来たらトランスジェンダーやGay・レズな方々を心底受け入れろと迄は
私は思いませんが、出来たら特別視せずに彼(女)達の存在を『普通』に思ってあげて下さい。
自分の事を腫れモノ扱いされて嬉しい人なんていませんよ。

関連記事
  1. 2014/10/31(金) 23:26:24|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24
<<【Kantar Worldpanel】日本でAndroid +14.5%、iOS -15.9%で先月に続きiPhoneが発売されても日本でAndroidが6割超の販売シェアを維持 | ホーム | ドコモ、携帯と光回線のセット割が来春からようやく登場の見込み-SankeiBiz報道>>

コメント

あっちのコメントにも書きましたが、キリスト教圏という同性愛者に対しては厳しい見方をする人が多い国で(アメリカという国が同性愛に寛容なら的外れですが)、同性愛者であることを会社のセールスにつかうと言うことに疑問を感じています。
話題作りが必要なのは確かでしょうが、話題の為に負うにはリスクが大きすぎるような気がするので。
自分の考えが旧いだけなのかもしれませんが......
  1. URL |
  2. 2014/10/31(金) 23:52:48 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

仏教の国は日本を含めて同性愛者には不寛容でしょう。だってトランスジェンダーな方々と同性愛者は違うし。

クックはホモだと告白したわけでしょ。真意は知らぬがビジネス的には、ねえ。(ホモと表現して何か悪いかな?)

関連記事 http://www.j-cast.com/2014/10/31219832.html?p=all

個人的には今のアップルCEOが男だろうがホモサピエンスだろうが何の影響もないんで、別に構わないが。 (自称バイセクシャルの♂とは仕事の同僚・同級生としてしゃべった事はある)
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 00:29:15 |
  3. どこも族 #c/PM1KLI
  4. [ 編集]

個人的な疑問ですが

同性愛者に対して今の世の中は甘過ぎると思います。

ペド、ロリコン、ショタコン、獣姦(ケモナー)に比べて、
同性愛は肯定的な意見が多めだと感じますね。

同性愛を認めるならば上記の人達、及び
一夫多妻と一妻多夫も同じ扱いで無ければおかしいと思います。

同性愛者を特別視して、優遇し過ぎてる感が否めない。
数ある性的嗜好の中でも同性愛は、子孫を残せ無い非建設的な分類なのだから、

ひっそりと扱われた方が、不妊治療で悩んでる人達を刺激する事も無く平和的だと思いますね。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 00:45:49 |
  3. 小型スマートフォン #rHwCRP1o
  4. [ 編集]

まあカミングアウトすることでゲイの人々から支持を集め人気と売上に繋がるのならありなんじゃないですかね。
向こうだと芸能人やスポーツ選手でもけっこうカミングアウトしている人がいますしね。
むしろオカマ的な芸風の人以外はカミングアウトしづらい雰囲気の日本のほうが差別視が強いんではないかと思ったり。

それはそうと、売るためならなんでもやるのは資本主義的に当然の企業のあり方とはいえ、
日本から中国への転売需要を維持させるようなアップルの売り方は(中国向けの端末にかける制限とか日本に比べて割高な中国の値段とか)
反感を買うんじゃないですかね、特に身内とも言える日本のアップルストアのスタッフから。
iPhone6が発売されてからずっとアップルストアで端末を買うのは中国人と乞食ばっかりになってしまってますので
彼らの目がどんどん死んできているとのもっぱらの評判です、
毎日のように店に行っている乞食達から見て(笑
「俺はこんな連中の相手をするためにアップルのスタッフになったんじゃない!もっとハイソでギークでリア充な人達と笑顔でハイタッチしたくてスタッフになったんだよ!」
てな憤懣やるかたない感情が彼らの中で渦巻いている悪寒(苦笑

なにしろ、
ハロウィンの仮装でiPhone6の着ぐるみ?をした人がアップルストアに行って「iPhone6ください!」というネタをやりにいったところ、
ウィットとユーモアのある返しが来ると思いきや、無表情でインカムで上役に
「どうしたらいいですかこれ」
的な問い合わせをするという反応をされた…
って話がネットに上がってたくらいですしねぇ(笑
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 00:52:43 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

ペド、ロリコン、ショタコン、獣姦も同性愛も非生産的なのは代わりありませんが、倫理的な観点で見ればより排除されやすいでしょうね。
未成熟な子供に対する性的欲望は同性愛以上に倫理的にアウトでしょうし、獣姦についても同様でしょう。獣姦と聞いたとき、18歳未満お断りな漫画/ゲームの題材によくある擬人化された獣相手の性行為を思い浮かべるか、四つ足のリアル獣相手の性行為を思い浮かべるかと言われれば、後者を思い浮かべる人が多いんじゃないかと。
まぁ昔を辿れば異種婚姻譚とか近親婚とかの寓話はありますし、所変われば云々というのもあるでしょうが。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 01:03:50 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

過去の事例を見ても企業の経営者がゲイであることを公表することが必ずしもポジティブな評価を得るわけではありません。Appleのトップがカムアウトすればそれは偽善だと捉える人もいるでしょうがLGBTの問題が世界的に取り上げられる中、そしてもっと利己的な政治活動をする経営者がいる中、当事者でありかつ発言力のある人間が社会問題について声を上げることが間違いだと私は思いません。
(言葉足らずな表現と了見が狭い内容だったと反省しました。以下削除しました。ただ性的倒錯と性的指向に関しては反論がありますが既に議論されていることなので割愛させていただきます。)
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 01:05:26 |
  3. mgmg #IUJSKJwk
  4. [ 編集]

脱線しますが

どこも族さん
>仏教の国は日本を含めて同性愛者には不寛容でしょう。だってトランスジェンダーな方々と同性愛者は違うし。
実は昔の日本はそのあたりとても寛容で、「衆道は戦国武将のたしなみ」とまで言う方もおられます。 戦国時代の
武将が家臣にあてたそういう内容の手紙もありますし、歌舞伎もそうですし、幕末に日本に来た外国人なんかも
そういった内容を報告する本を出版しています。本来の日本は性に奔放です。
念のため、私は男色家でも腐女子でもBL好きでもないので、この話題はここまで。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 01:42:44 |
  3. 普段はROM専門 #mQop/nM.
  4. [ 編集]

気になったので

いつも楽しみに拝見しております。
初めてコメントさせてもらいます。
今回の記事の本来の論点とは違うところでごめんなさい。
ただ、差別の扱いが気になり書かせてもらいます。
今回のクックCEOの告白が話題になること自体が既に差別社会だと思います。日本に限らず、これが話題になる国がです。
日本について言えば、普段はROM専門さんのおっしゃる通りだったようです。
おそらくそこに西洋の思想が入り、日本人の考え方が変わっていったのではないでしょうか。
性的差別もそうだし、他の差別もそうなんですが、差別されている人たちを過度に擁護する人たちも実は差別していることに気付いていない人が多いという事実は忘れてはいけないし、気づかなくてはいけないと思います。
わかりやすく言えば、障害者に対して、本人が求めないうちに、障害者だからという理由だけで、何でもかんでも手助けするような人。本人が困ってもいなさそうなのに、障害者を見て手助けしないことを批判する人。
おそらく、肉体的マイノリティに対しては、そういう面は減ってきているのかもしれません。でも、内面的マイノリティに対しては、肉体的に「一緒」だからこそ、いろんな差別は受けていると思うし、もっと酷い差別を受けているでしょう。でも、普通の人と同じように扱っていることに対し過剰に反応することも、障害者に対して過剰に手を出すこととなんら変わらないと思います。
ここで鈴の音さんが書いたことは、これが、マジョリティな相手にだったらこんなに批判的なコメントは出なかったでしょう。だって、「ハゲ」ネタだったらどうなんですか?みなさん、「ハゲ」についての批判しますか?
そこだと思います。
世の中には、いろんな人がいます。でも、いわゆるマイノリティの人が求めてることは、普通の生活じゃないでしょうか。だから、マイノリティの人がどうしても普通にできないことで、本人がそれを望んでる場合だけ手助けしてあげる。
同性愛だろうが、トランスジェンダーだろうが、どうでもいいんです。だって、その前に人間であることは一緒じゃないですか。

おそらく鈴の音さんが言いたいこととは違うのかもしれませんが、私は、鈴の音さんは、周りの人を普通にネタにするように、普通に扱っただけと思っていました。正確に言うと、普通に読み、なんとも思っていませんでしたが。
そこで記事の論点とは違う、鈴の音さんが書いたゲイをネタにした内容に噛み付くのは…。
もし、ゲイの人で本当に嫌だと思ったのなら、それは、ゲイの中にもそういうことを言われるのが嫌な人がいたんだということで、鈴の音さんがそういう人に配慮すればいいことで、ゲイでもなんでもない人が批判する部分ではないと思います。

初投稿で長々とすみませんでした。
一個人の考え方ですが、どうしても言いたくなってしまいました。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 05:41:23 |
  3. まきまき #/HoSuqFw
  4. [ 編集]

セクハラなどでもよくある話で、誤解してる人が結構多いんだけど、
差別の本当の問題は「どの様な言葉を使うか」ではなく、「どの様な意味で使うか」なんですよ。

例えば英語圏で「JAP(ジャップ)」といえば日本人に対する蔑称として有名ですが、
元々はJapaneseのただの短縮形です。それを第二次大戦中にアメリカなどで「日本のクソやろう」という意味に使い広まった為に蔑称になってしまった。
こういったもののせいでアメリカなどでは言葉というものの自由を奪ってしまい、言葉をその本来の意味で使えなくなってしまった。
「ブラック」や「ニグロ」(元々はニグロイド(黒色人種))もそうですね。

方や初めから侮蔑に使われる為に造られた(当てはめられた)言葉もあります。
中国語の「小日本」や朝鮮語の「豚足(チョッパリ)」ですね。
日本語で言えば「馬鹿」や「阿呆」と言った所でしょうか。
因みに「気違い」は差別的だという人がいますが、そういう人が「馬鹿」や「阿呆」に差別だというのを聞いたことが無いのは何故でしょうね。
「気違い」は「気が(通常と)違っている」状態を指す言葉であって、差別でも何でもないんですが。
同じ様に「めくら(盲)」に対して差別だという人は「めしい(盲)」に対して(以下略

で、今回の場合はどうでしょう。
>これで日本では「ゲイホン」と呼ばれるようになるのでしょうかね・・・。
>一部の人達の間だけかな?

何度も言いますが、問題は「どの様な意味で使うか」です。
「アイフォーン」を「ゲイホン」呼ばわりするからには何らかの意図を含んでいます。
鈴さんのようにただ茶化して言う人もいるでしょう。
ゲイを見下しiPhoneを貶める為に言う人もいるでしょう。
つまり、その人が差別しているかどうかは文章からは厳密には分かりません。
しかし、どちらかと言えばiPhoneを貶める人が割合としては多いわけで、
鈴さんの普段の言動からすればアップル嫌いであると捉えられ、そこから貶める為に「ゲイ」の表現を持ってきたと“誤解”されたとしても不思議ではないんです。

つまり、「受け入れてはいない人達」だから批判したのではなく、
鈴さんの普段の言動が誤解させてしまったのではないかと。あくまで誤解なので正せば済む話ですが。


>mgmgさん
いや、それは日本が遅れているんじゃなくてあなたが遅れているんです。
社会的に見れば性的指向と性的倒錯の違いなんてほとんどありませんし、生物学的に見ればどちらもバグ(ただし、当たり前に生じるバグ)です。
また、トランスジェンダー(性同一性障害)は性的指向でも性的倒錯でもありません。
実際あなたはその2つの違いを明確に説明できますか?何が異常かなんて時代や社会によって変わるのですよ?

日本語に於いて一般的にオカマと言えばゲイのことを指すのであり、レズはレズ、バイは両刀とか言います。
バイをオカマと誤解する人は居るかも知れませんが少なくともLTをオカマと言う人はほとんど居ませんよ。
それに日本のTVにも白人黒人黄色人種ガンガン出てますよ。
黒人でもパッと思いつくだけでもウィッキーさんに始まり、オスマン・サンコン、ゾマホン、ボブサップ、ボビー・オロゴン、ジェロ、クリス・ハートなど。
逆に日本の方が黒人やヒスパニックなどに対して差別感情はないです。
アメリカの南部などに比べたらよっぽどマシです。

そもそも、島国文化のの日本と大陸文化の欧米を比較すること自体ナンセンスですが。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 06:51:08 |
  3. 故思我 #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

米国では意図的に映画やドラマの出演者に様々な人々(人種や性etc)を登場させる必要があると聞いたことがあります。(Jeffery DeaverのTHE BONE COLLECTORが映画化されたとき、主役二人の人種が変わっていてびっくりしたことがありました。)

クック氏のカミングアウトについては、ネットのニュースでタイトルだけ見てスルーしてました。(発表の意図が分かりませんし、個人的にはどうでもよいニュースです。)
鈴さんが考えるような意図があったにせよ、日本ではあまり効果は無さそうですね。(日本では売れているから無問題、欧米市場のテコ入れが目的、なのかもしれませんが、効果があるでしょうか。)
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 06:57:44 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

ペド、ロリコン、ショタコン、獣姦(ケモナー)と同性愛者を
同じようなものだとしている人がいる事に驚きを隠せません
幼児、少女、少年は肉体的、精神的に成熟していない存在であり
性的な接触は多大な負担をかけるので許されていません
獣姦は非人間との性交渉であり
あくまで同じ人間に、性的な関係を求める同性愛よりも強く否定されるのは
当たり前でしょう
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 09:49:13 |
  3. よん #-
  4. [ 編集]

ちょっと違う視点からコメントします。
ただ「わざわざ報道機関を使って発信する内容とは思えない。報道機関を私物化するな」というスタンスは変わりません。
ここだけはほんと「追い詰められてるなぁ」と感じるだけです。

「何のために生きているのですか?」

「生命の本質」はなんでしょうか。
生物学から言えば生命の本質は「種の保存」です。
そこに立ち返ると、同性愛というのは生物学から言うと論外もいいところです。
同性愛では「種が保存できない」のですから。よほどの例外でも無い限り。

ただ本能をかぶせるように理性を身につけた人類はそう単純な話で済まないのが現状です。
愛情の向き方というのは時とともに変わっていくものです。
以下は趣味で心理学をやっている身としていいます。

人は生まれてから、親に愛情を注がれて育ちます。
愛というのは連鎖するものであり、愛ではない「憎悪」も連鎖します。
児童虐待がある家庭は、その虐待する親の親(祖父母)も虐待されていたといわれています。
連鎖しているわけです。本題は虐待ではないので愛へ話を戻します。

さて、愛の向き方が時間とともに変わるというのは以下です。
第一段階:自己愛
 ナルシシズムといわれていますね。自分を愛することから始まります。
 自分を認識して、自分自身をいたわる原動力です。
 自分を乱暴に扱うのは、ここで十分に自分を愛せなかった人に多いといわれています。
 幼稚園あたりで卒業します。卒業というのは「無くなるのではない」ことをお忘れなく。
第二段階:同性愛
 今回の件ですね。ただ恋愛対象かというと、そうとは限りません。
 愛と恋は別次元の問題です。およそ小学生あたりでここも卒業します。
第三段階:異性愛
 マジョリティとして確立されており、生物学的にも理にかなった姿です。
 ほぼ一生ここは卒業しないまま、第四段階と混在します。
第四段階:家族愛
 婚姻関係が成立し、子供が生まれるとこれが重要になってきます。
 わが子を虐待をするのは、ここに到達できないからです。

さて、同性愛についてですが、なぜそうなるのかというのはまだ明らかになっていませんが、
上記のとおりであれば、心の成長が止まってしまったからです。
しかしもうひとつの面があり、異性愛までたどり着いたとしても、心理学の世界では退行することがあるのです。

ある心理学者は、五歳児の大人という表現を使っています。
体は大人、心は子供という、どこかの推理漫画作品の主人公みたいなふれこみですけど、実は深刻な問題です。
安易かつ不動の基準であるため、身体年齢=心理年齢でひとくくりにされてしまうからです。
単純な身体年齢で、心理年齢まで決め込まれてしまう。
上記の愛においても同じことが言えます。
男だから女を、女だから男を好きならないのはおかしいというのは、生物学の話では合理的であり、心理学の世界では不合理な話です。
とても乱暴なわけ方です。

幸いにして私は男として女が好きであり、交際中の彼女もいる身ですが、愛情の向き方が何かのきっかけで針の向き変わってしまったら同性愛に戻る可能性すらあるわけです。

日本が性の話を禁忌としているのはキリスト教の影響です。
それこそ江戸時代など、キリスト教が蔓延する前は性に開放的な文化だったという話もあります。
※別にキリスト教を糾弾するつもりはありません。
性の話のどこが悪いのでしょうか?
種の保存(に反する同姓愛)について目くじらを立てるなら、(種の保存という本質である)性の話にも目くじらを立てるのはなぜでしょうか?
男女が一緒にいるのはよいが、セックスの話はダメ。これはとても滑稽に見えて仕方ありません。
もちろん性器を人前に出したり、行為に及んでるところを公衆の面前で見せて喜ぶ露出症の人を認めるわけではありません。
ですが、男女間の愛(種の保存)を重んじるなら、種の保存行為であるセックスの話をなぜ禁忌とするのか、理解に苦しみます。

無差別なセックスと、お粗末な後始末による不衛生から、HIVという生物兵器(?)が誕生してしまったのは事実ですが、だからと言って種の保存をやめるわけではないでしょう?
正しい知識を身につける機会を奪って、抑圧した結果が性病です。少なくともそう認識しています。
正しい知識を身につけさせて、そのうえでどうするかを考えない社会にはほとほとあきれ果てています。
そして本質を考えずに、マイノリティをただ隔離して、それでもマジョリティ達がする行為や正しい知識は水面下に沈める。
歪みの答えがHIVということでしょう。

認めてあげればいいのです。認めたうえで、これからどうするかを決めるのが筋です。
心理的成長をサポートしてこなかったツケが同性愛であり、ナルシストであり、虐待なのですから。
それもせず無条件に弾圧するのは傲慢甚だしいです。

かなり圧縮しているので、勘違いするかもしれませんが、興味を持ったなら各自で調べてみてください。

いずれにせよクック氏による報道機関の私物化はゾッとしません。
自分のブログや自分で主催する同性愛テーマのセミナーやパーティ会場で同席者に話す程度にとどめる弁えが無い人、という判断しか下せません。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 09:54:22 |
  3. 7SUXEN #22s72cIM
  4. [ 編集]

>どこも族さん
ティム・クックCEOは自らを「ゲイ」であると告白しています。「ホモ」ではありません。
他のニュース等を見ても「ゲイ」として記述されていますし、後者での呼び方は時として蔑称になることもあるので気をつけた方がよろしいかと。
LGBTという言葉もあることですし。

http://www.tokyorainbowweek.jp/?page_id=231
http://www.nhk.or.jp/heart-net/themes/lgbt/



>小型スマートフォンさん
>同性愛者に対して今の世の中は甘過ぎると思います。
具体的に、何から判断してそう思われたのでしょうか。
もっと厳しくすればそれで満足ですか?

>ペド、ロリコン、ショタコン、獣姦(ケモナー)に比べて、
>同性愛は肯定的な意見が多めだと感じますね。
なぜ突然出てきたそれらの単語とLGBTが同列で語られるのか、理解しかねますね。

>同性愛を認めるならば上記の人達、及び
>一夫多妻と一妻多夫も同じ扱いで無ければおかしいと思います。
上に同じ。LGBTの話から急に一夫多妻/一妻多夫が云々って…話が飛躍し過ぎです。

>同性愛者を特別視して、優遇し過ぎてる感が否めない。
最初にも言いましたが、何をもってそう判断されたのでしょうか。
世界は寛容な方向に向かいつつあるのかもしれませんが、依然として同姓愛には厳しい国が多いですよ。
日本はともかく、ロシアやアフリカなんかは言わずもがな。

>数ある性的嗜好の中でも同性愛は、子孫を残せ無い非建設的な分類なのだから、
このコメントが一番引っかかりますね。
子孫を残せない=非建設的 と。
では、ヘテロセクシュアルだけど生涯結婚しない男性や女性、結婚したけれども子供ができない夫婦、
結婚したけれどもそもそも子供を作る気がない夫婦、etc... といった方々は、性的嗜好ではないにしても全て「子孫を残せ無い非建設的な分類」になりますね。
これらの方々と、同じく子供を持たないLGBTとの違いはどこにありますか?

>ひっそりと扱われた方が、不妊治療で悩んでる人達を刺激する事も無く平和的だと思いますね。
鈴さんもおっしゃっていますが、「普通に」扱ってもらえればそれでいいんですよ。
スポットライトを当てて声高に「同性愛を認めろ!」って言う必要もないですし、
自分が理解できない/嫌悪している性的嗜好をここぞとばかりに叩いて陰に追いやる必要も同じくありません。
「普通に」接する、ただそれだけです。



自分の周りに何人かLGBTの友人を持っているもので、ちょっと熱くなってしまいました。申し訳ないです。
それにしても、ほんとになぜ…という感じですね。
ティム・クックがこのタイミングで発表しなければ、余計な混乱や憶測を生まずに済んだのになぁ、とは思います。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 10:00:03 |
  3. MK #F5Tx.MT2
  4. [ 編集]

LGBTについて、こういった意見を展開している方もいらっしゃいますのでご参考までに。


「ぼくのかんがえた、どうせいあいしゃをさべつしていいりゆう」への反論まとめ
http://d.hatena.ne.jp/miyakichi/20101011/p1

周回遅れ1:「同性愛は子供を作れない」

反論:異性愛者は子供がいなくても庇護されています。それに、同性愛者も子供を持てます。

異性カップルは子供がいなくても配偶者になれ、法的に庇護されるのに、同性カップルにだけ子作りを義務化するのはダブルスタンダードです。
また、そもそも同性愛者は子供を持てないという発想自体が間違いです。実際には異性と子をなす人もいれば、人工授精や代理母で子供をもうける人も、養子を迎える人もいます。
アメリカの2000年のセンサスでは、女性同士のカップルの3組に1組、男性同士のカップルの5組に1組が子供と暮らしていると報告しているし、英国のヒト受精・胚機構によると、
同国では12年間で5000人以上のレズビアンが体外受精/非配偶者間人工授精を受けているそうです。

子供の有無を錦の御旗にしてのゲイバッシングはおやめください。

もう少し具体的な話

以下、掲示板に以前みやきちが書いた文章に加筆して掲載します。

異性カップルはたとえ不妊症でも、無精子症でも、EDでも、子宮がんで子宮を摘出しても、重病で昏睡状態になり、子作りなど到底不可能な状態でも、
単に子供を作らない主義であっても、「配偶者」として認められます。

それなのに同性カップルだけ「子供ができない」ことを理由に法的なパートナーと認めないのはダブルスタンダードであり、とうてい容認できるものではありません。

また、異性同士のカップルなら、連れ子も養子も「家族」として認められます。死ねば遺産も残せるし、血がつながっていなくてもカップルの双方が法的な「親」として認められます。
それなのに同性カップルに対してだけ「同性同士で作った実子を持たなければならない」という血統主義を持ち出すのは、やはりダブルスタンダードであり、卑怯です。

そもそも、人工授精で子供を持つレズビアンもいれば、代理母に依頼して子供を作るゲイもいる世の中です。異性と結婚していたときに設けた子供を、
現在同性パートナーと育てている人も少なくありません。もちろん、養子を迎えるゲイやレズビアンもいます。

アメリカ合衆国の2000年のセンサスでは、女性の同性カップル世帯の33パーセント、男性の同性カップル世帯の22パーセントが、
18歳以下の子供が少なくともひとり家にいると報告しています。

またBBCニュースによると、英国のヒト受精・胚機構(Human Fertilisation and Embryology Authority、HFEA)の報告では、
同国で1996年から2008年の間に体外受精(IVF)を受けたレズビアンは728名、非配偶者間人工授精 (DI)を受けたレズビアンは5,211人いるそうです。

このような事実を無視し、想像だけで「同性愛者には子供がいない」ときめつける方々には、もううんざりです。

さらに以下、「結婚するつもりがある/既に婚姻関係にあると考えている同性愛カップルの家庭は、異性カップルの既婚家庭と大差なし」UCLA調査で - みやきち日記より引用。

Our Families are Like Your Families New Study Shows - Lez Get Real
米UCLAのシンクタンクによる調査で、

同性愛者カップル150000組のうち、4分の1がパートナーを「夫」「妻」としている
これらのカップルは、人口統計(年齢・性別・収入などを分析したデータ)的に見て異性愛者夫婦と大差ない
平均年齢は同性愛者カップルが52歳、異性愛者夫婦が50歳
年収は同性愛者カップルが91000ドル、異性愛者夫婦が95000ドル
子どもを育てている率は同性愛者カップルが31パーセント、異性愛者夫婦が43パーセント
子どもを育てている率の差は、主に育児費用と養子の迎えやすさの差によるもの
という結果が得られたというニュース。

以下、UCLAの人口統計学者で、この調査を指揮したGary Gates氏のことば。

「配偶者という語を使っている同性カップルが、育児のような要素でさえも異性同士の既婚カップルと似ているというのは非常に興味深いです。
伝統的結婚を支持する人は、同性カップルの結婚を認めたら結婚が生殖と切り離されてしまい、結婚の根本的な性質が変えられてしまうと言いたがります。
明らかに、同性カップルで結婚するつもりでいるか、自分たちを既婚同然であると考えている人たちについては、育児を結婚から切り離すことにはなりません」

“It’s intrinsically interesting that same-sex couples who use the term spouses look like opposite-sex married couples even
with a characteristic like children. Most proponents of traditional marriage will say that when you allow these couples to marry,
you are going to change the fundamental nature of marriage by decoupling it from procreation. Clearly, in the minds of same-sex couples
who are marrying or think of themselves as married, you are not decoupling child-rearing from marriage,”

Our Families are Like Your Families New Study Shows - Lez Get Real

「結婚するつもりがある/既に婚姻関係にあると考えている同性愛カップルの家庭は、異性カップルの既婚家庭と大差なし」UCLA調査で - みやきち日記

もうひとつ、「子どもをつくる能力は結婚が合法かどうかを判断する条件ではない」ハーバード大教授、米同性婚裁判で指摘 - みやきち日記から引用。

米国連邦裁でカリフォルニアの同性婚の違憲問題裁判がスタート - みやきち日記の続報です。米国の結婚史の専門家であるナンシー・コット米ハーバード大教授が、
12日にこの裁判に出廷し、「米国では子どもをつくる能力は結婚が合法かどうかを判断する条件ではない」と指摘したというニュース。以下、引用。

コット教授は、生殖能力を失った高齢者や不妊の女性も結婚していることが多いとした上で、無精子症だったとして知られる、米国の初代大統領のジョージ・ワシントン
(George Washington)も結婚していたと指摘。コット教授の発言は、前日に示された「結婚制度の主な目的は、安定した関係の中で、生殖を促進し、
生殖を前提とした男女間の自然な性行為を導くものだ」とした同性婚反対派の意見に反論したもの。

コット教授は、政府は歴史的に特定の結婚に制限を加えてきたと語った。教授によると、米国の州のうち少なくとも41州は、歴史のある一時点で、白人と黒人間、
白人とアジア人間の結婚を禁止していたことがあり、そうした法律を可決した議員たちは、「これらの法律は神の定めを実現するもの」で、
きわめて当然のことだと考えていたという。(c)AFP

専門家「生殖能力は結婚の条件ではない」、米同性婚裁判 国際ニュース : AFPBB News

「子どもをつくる能力は結婚が合法かどうかを判断する条件ではない」ハーバード大教授、米同性婚裁判で指摘 - みやきち日記
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 10:21:16 |
  3. MK #F5Tx.MT2
  4. [ 編集]

周回遅れ3:「同性愛は病気」「同性愛は治療すべき」

反論:国際精神医学会、WHO、米国心理学協会など、精神医学や心理学の専門家の意見は違います。

現在、国際精神医学会もWHO(世界保健機構)も、日本の厚生労働省も、同性愛を治療の対象とはみなしていません。
また米国心理学協会は、性的指向を変えようという試みが効果を上げる証拠はなく、そうした「治療」はかえって害をもたらすと警告しています。

似非精神医学・似非心理学を持ち出してのゲイバッシングはおやめください。

もう少し具体的な話

まず、国際精神医学会やWHO(世界保健機構)などの見解について。以下、同性愛者のイメージは作られています - すこたんソーシャルサービスより引用。

現在、国際精神医学会やWHO(世界保健機関)では、同性愛を「異常」「倒錯」「変態」とはみなさず、治療の対象からは外されています。
例えば、アメリカ精神医学会は1973年、世界に先駆けて同医学会が発行している精神障害診断基準であるDSM-2の第七版から同性愛についての記述を削除しました。
WHOも、「国際疾病分類」(ICD)の93年に発表された改訂第10版で、「同性愛はいかなる意味でも治療の対象とはならない」という宣言を行っています。
日本では、94年12月に厚生省がICDを公式基準として採用し、95年1月にやっと日本精神神経医学会が、ICDを尊重するという見解を出しました。

同性愛者のイメージは作られています

次に、同性愛の「治療」の効果の疑わしさと危険性について。以下、米国心理学協会、同性愛者を異性愛者に『治療』するセラピーに反対 - みやきち日記より引用。

「同性愛を『治療』しようとするな」~米国心理学協会が精神療法士らに苦言 - U.S. FrontLine:アメリカ・日本・世界の政治・社会・経済情報速報ニュースサイト
同性愛は心理療法によって「治療」したりできるような病気ではなく、「治療」して性的指向を変えようという試みはかえって害をもたらす――。米国心理学協会(APA)の
専門委員会は8月5日、「同性愛者の性的な指向は変えられる」と信じる一部の精神療法士らの回復療法(reparative therapy)は誤りであり危険だとする決議を行った。

1960年以降に性的指向の改変に関し英語で発表された83の研究内容を精査した専門委員会によると、それらの研究のほとんどに方法論的な不備があったという。
「しっかりした方法で行われた研究は極めて少ないですね」と、委員会を率いたジュディス・グラスゴールド医師は語り、「回復療法を支持する人々の主張とは異なり
、心理療法を行うことで性的な志向が変わり得ることを示す証拠は見つかりませんでした」と結論づけた。

U.S. FrontLine:アメリカ・日本・世界の政治・社会・経済情報速報ニュースサイト

Advocate.comによると、これは米国心理学協会が1997年に行った研究をアップデートするために行われた研究なんだそうですが、
今回も回復療法またはEx-gay(同性愛者を異性愛者に『治療』するというふれこみのセラピー)の有効性は認められなかった模様です。

米国心理学協会、同性愛者を異性愛者に『治療』するセラピーに反対 - みやきち日記
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 10:23:23 |
  3. MK #F5Tx.MT2
  4. [ 編集]

> >同性愛を認めるならば上記の人達、及び
> >一夫多妻と一妻多夫も同じ扱いで無ければおかしいと思います。
> 上に同じ。LGBTの話から急に一夫多妻/一妻多夫が云々って…話が飛躍し過ぎです。

(横からですが、一言言わせて下さい)
一夫多妻や一妻多夫(さらには多夫多婦?)は、一夫一婦制というキリスト教の影響が強い現在の先進国における社会の枠組みから外れる、という点では同性愛と同じようなものと思います。
そして、一夫多妻は、近代以前の日本、また、現在でもイスラム圏ではノーマル扱いです。古今東西を見渡せば、そんなに珍しいものでもありません。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 14:59:14 |
  3. うぐいすパン #0vpb1BBs
  4. [ 編集]

誤解は解けばいい。

先ず、LGBTの人達が社会に於いて奇異の目で見られるのは致し方のないことなんですよ。
何故ならその人達が“異常”だからです。
生物学的に見れば同性に関して性的感情を持ったり、肉体と精神の同一がはかられていないのはバグ(通常とは異なる)であるのは否定できない事実です。
そして人間というのは未知のもの、通常と異なるものに対しては、好奇の目で見るか恐れを抱き忌避しようとするものだからです。
人間にこの性質がある以上、これは避けられないものです。

ただし、ここで間違ってはならないのは、「その人達が誤って出てきたのではない」ということ。
そういったバグは出てきて当たり前なんです。そういう意味では身体障害者や知的障害者と同じです。
つまり、重要なのは社会や人々が「“異常”はあって当たり前」という認識を持つことであり、その“異常”を理解することなんです。

言葉に対して差別云々言う人は、その人が本当に貶める為に言っているのか、ただ認識を持っていないだけなのかを見極めて貰いたいと思いますね。


>よんさん
生物学的に見ればどちらもバグであることは変わりませんよ。
少女、少年は第二次性徴が発達していれば全く問題ありません。
幼児、獣姦、同性愛、少年少女どれを強く否定されるかは社会によって変わるということを覚えておいて下さい。

  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 16:06:13 |
  3. 故思我 #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

>MKさん
上にも書きましたが、「どんな言葉を使うか」ではなく、「どんな意味(意図)で使うか」が重要です。
「ホモ」は「ホモセクシャル(同性愛者)」のただの略語です。ただの略語に勝手な意図を当てはめ蔑称だというのはただの言葉狩りです。
もし違うというなら「ホモ」が何故蔑称だと言えるのか説明できますか?
因みにニュースなどでは所謂「放送禁止用語」という勝手な(誤った)自主規制を造っているだけです。
放送禁止用語=蔑称・差別用語ではないことを覚えておいて下さい。

あと、私は小型スマートフォンさんではありませんが、言っていることの一部は理解できるので書かせて下さい。(賛同かどうかは別)
ペド、ロリコン、ショタコン、獣姦という言葉が何故出てきたか。
恐らく性的障害という意味では同じだからでしょう。
あなたはペド、ロリコン、ショタコン、獣姦は病気で同性愛は障害だと言うかも知れませんが、ペド、ロリコン、ショタコン、獣姦が本当に病気だと言いきれるものではありませんよ。
そういう意味では出てきてもおかしくない話です。
因みに私は両方とも在って当然のバグだと思っているので差別しているつもりはありません。

同性愛者を優遇している感が否めないのは何故か。
例えば今回クック氏がゲイではなく、ロリコンであるとカミングアウトしたとしましょう。
ゲイ → おおー、よく告白した、勇気あるなー(^o^)//パチパチ
ロリ → ギャー、何この変態!タヒね(,,゚Д゚)ノシΣバンバン!!
となる可能性が高いのは想像に難くありません。
同じ性的障害でありながら扱いが違うわけですから、優遇されていると取られる事を否定できません。


ヘテロセクシュアルだけど子供ができない夫婦、そもそも子供を作る気がない夫婦、etc...
と、同じく子供を持たないLGBTとの違いはどこにあるか?
はい、社会的に見れば同じ様に 「子孫を残せ無い非建設的な分類」です。
しかし、生物学的に見ればどうでしょう。
男女のカップルは基本的には子孫を残せます。しかし、同性愛カップルは基本的に子孫を残せない。
つまり、「子孫を残せない非建設的(?)な分類」であることは逃れようのない事実なんです。
また、上で書いたように生物学的“異常”であるが故に、それを社会的に認めてしまうと社会的な崩壊を招く恐れを持ってしまうのです。
これは人として正常な反応です。

事実は事実として受け入れるべきです。が、重要なのはそれをどの様に捉えるか。
「“子孫を残せ無い非建設的(?)な分類”だけど、社会的に全く問題ないよ」
と言えばいいのではないかと思います。
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 17:35:15 |
  3. 故思我 #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

>故思我さん
おっしゃっていることは分かります。
そして、差別しているつもりはない、ということも承知いたしました。
ただ、いくつか気になった点を。


>生物学的に見ればどちらもバグであることは変わりませんよ。
>少女、少年は第二次性徴が発達していれば全く問題ありません。
>幼児、獣姦、同性愛、少年少女どれを強く否定されるかは社会によって変わるということを覚えておいて下さい。
いいえ。
第二次性徴は多くの人が16歳~18歳頃に終わるとされていますね。18歳未満への性的な呼びかけは条例などで処罰されます。
「第二次性徴が発達していれば」という条件つきとなっていますが、この前提がそもそもおかしいのでは?
「ペド、ロリの嗜好を持つ方々は18歳以上のみをその対象にしている」これはおかしいですね。
もっと低年齢を対象にしているケースがあってもおかしくないはずで、となると「問題ありません」とは言えなくなりますね。
それから、獣姦は場合によっては動物虐待などの罪で逮捕される場合があります。
ともすれば犯罪行為にもなりかねないそれらと、同性愛を一緒くたにして語るのはおかしいですよ。


>同性愛者を優遇している感が否めないのは何故か。
>例えば今回クック氏がゲイではなく、ロリコンであるとカミングアウトしたとしましょう。
>ゲイ → おおー、よく告白した、勇気あるなー(^o^)//パチパチ
>ロリ → ギャー、何この変態!タヒね(,,゚Д゚)ノシΣバンバン!!
>となる可能性が高いのは想像に難くありません。
>同じ性的障害でありながら扱いが違うわけですから、優遇されていると取られる事を否定できません。
うーん、なんだか説得力に欠けるような…
あなたの頭の中だけで展開されている仮定の話を基にして、「同性愛者を優遇している感が否めない」と言ってしまうのは違うと思いますよ?


>何故ならその人達が“異常”だからです。
>生物学的に見れば同性に関して性的感情を持ったり、肉体と精神の同一がはかられていないのはバグ(通常とは異なる)であるのは否定できない事実です。

>そういったバグは出てきて当たり前なんです。そういう意味では身体障害者や知的障害者と同じです。
>つまり、重要なのは社会や人々が「“異常”はあって当たり前」という認識を持つことであり、その“異常”を理解することなんです。

>しかし、生物学的に見ればどうでしょう。
>男女のカップルは基本的には子孫を残せます。しかし、同性愛カップルは基本的に子孫を残せない。
>つまり、「子孫を残せない非建設的(?)な分類」であることは逃れようのない事実なんです。
>また、上で書いたように生物学的“異常”であるが故に、それを社会的に認めてしまうと社会的な崩壊を招く恐れを持ってしまうのです。


同性愛=生物学的に異常、バグ、障害 ということですか。全く同意できませんね。

あなたは何度も「生物学的に~」とおっしゃっていますが、あなたのおっしゃる生物学とは何なのでしょうか?
生物関連の学者や研究者ならともかく、一般の方が「生物学」とやらを引っ張りだして同性愛が異常だ何だ言うのは見てて快くないですよ。
(もしそちらの関連の方でしたらこの限りではないですが)
LGBTの方々に対して「生物学的に異常」とは私は口が裂けても言えませんし、言うつもりもありません。
例えそれが差別や侮蔑の意味が全くないものだとしても。

生物学的に異常だ、バグだ、非建設的な分類だ。
いちいちそんな小難しい言葉を使って解釈してもらう必要はどこにもありません。
そういったあなたの何気ない一言が、誰かを傷つけているかもしれないんです。
「性や恋愛の対象がちょっと違うだけ」、それで良いじゃないですか。

鈴さんもおっしゃっているように、
「出来たら特別視せずに彼(女)達の存在を『普通』に思ってあげて下さい。」
これに尽きると思います。

やれ異常だ、バグだと言うのは、彼(女)達の存在を「普通に」思ってあげようとしているようにはとても見えません、私の目には。
それらが差別や侮蔑の意味が全くないものだとしても。


生物学的に不自然~ という話に対する反論について、ご参考までに。

http://d.hatena.ne.jp/miyakichi/20101011/p1#c02
http://d.hatena.ne.jp/miyakichi/20100421/p1

(以下、引用)
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
周回遅れ2:「動物には同性愛はない」「同性愛は生物学的に不自然」

反論:生物学者はそんなことを言っていません。それに、「自然なものは善い、不自然なものは悪い」というのは不合理です。

生物学者のBruce Bagemihlは、多数の動物に同性愛的行動がみられることを報告しています。
同じく生物学者のNathan BaileyとMarlene Zukは、動物の同性愛を一種の適応と説明しています。

また、仮に同性愛が「不自然」だったとしても、それをもってして差別を正当化できると考えるのは間違い。英国の哲学者ムーアは、
自然において存在するものから「善さ」(the good)などの倫理的な用語を定義しようとする試みは誤りであるとし、これを「自然主義的誤謬」と呼んでいます。

似非生物学や誤謬を持ち出してのゲイバッシングはおやめください。

もう少し具体的な話

まず、生物学と同性愛について。以下、同性愛が不自然だと言っているのは、生物学ではない。あなたでしょう? - みやきち日記より引用します。

実際に生物学者が同性愛についてどう言っているか、動物の多様な同性愛と「超個体」 | WIRED VISIONから引用してみましょう。

よく知られていることだが、動物界にはオス同士、メス同士の性的行動があふれている。ミバエにバンドウイルカ、そしてもちろん、ホモ・サピエンスもだ。

[Wikipediaによると、交尾に限られない、同性愛的行動が1500に近い動物種で観察されているという。ニホンザル、ボノボ、ゾウ、ライオンなど、多数の具体例が紹介されている]

しかし、同性愛の起源や進化の結果は多様であるにもかかわらず、生物学者はこの種の行動を単純に考える傾向がある。
カリフォルニア大学リバーサイド校の生物学者Nathan Bailey氏とMarlene Zuk氏は、16日(米国時間)に
『Trends in Ecology & Evolution』誌に掲載された同性愛についてのレビューでこう論じている。

Bailey氏とZuk氏によると、最近の研究は、単純な生物的なメカニズムによる説明(例えば、ミバエは互いを匂いで認識し、その能力も秀でているわけではない)を超えて、
「パラドックスとしての同性愛」に焦点を当てているという。そういった研究では、同性愛を一種の適応と解釈している。その目的は、社会的なつながりを強化したり、
性的な争いを減らしたり、求愛のテクニックに磨きをかけたりすることだ。

動物の多様な同性愛と「超個体」 | WIRED VISION

同性愛が不自然だと言っているのは、生物学ではない。あなたでしょう? - みやきち日記

次に、「自然主義的誤謬」について、哲学・倫理学用語集の、自然主義的誤謬より引用します。

ムーアが言い出して、 学界に大きな衝撃を与えた言葉。 要するに、 「快さ」や「望まれるもの」など、
自然において存在するものによって「善さ」を定義しようとする試みは、 すべて失敗するから誤りである、とする説。
彼自身は、「善さ」は定義できない、と主張し、 ただただ直観的に理解できるだけだ、と論じた。(04/20/99)

NATURALISTIC FALLACY

もうひとつ、「自然主義的誤謬」について。こちらはハーバード大学心理学教室教授のスティーブン・ピンカー氏の著書『人間の本性を考える[中] 
心は「空白の石版」か』(NHKブックス)p. 57.からの引用です。

自然主義的誤謬には、自然はよいという方向のほかに、不自然なものは悪いという方向もある。宗教右派および文化右派の解説者の多くは、
彼らが生物学的に非定型だと感じる行動、たとえばホモセクシュアリティ、自発的に子どもをもたないこと、伝統的に男性のものとされる役割を担っている女性あるいはその逆などを、
「不自然」だから非難されるべきだと考えている。(引用者中略)この種の道徳的論法は、生物学について何も知らない人からしかでてこない。
道徳的な人びとが絶賛する行動――配偶者に忠実であること、もう片方の頬を差しだすこと、すべての子どもをいとおしむこと、汝の隣人を汝自身のごとく愛すること――は、
ほかの生物の世界では「生物学的なあやまり」であって、まったく不自然なのである。

人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (中) (NHKブックス) 人間の本性を考える ~心は「空白の石版」か (中) (NHKブックス)
スティーブン・ピンカー 山下 篤子
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
(引用ここまで)
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 18:36:28 |
  3. MK #F5Tx.MT2
  4. [ 編集]

とりあえず

みなさん、色々思う所があるようで…

あたしは、LGBTに関しては、「趣味趣向や自意識に対する個人差の範囲」という認識です
まぁ、利き手の右利き、左利きとかと同じです、
左利きの人は右利きの人よりは少ないですが、普通にいるし、それでどうこうするわけじゃないですよね
それとおなじです

なのでLGBTに関して話題になるあたり、まだまだだなぁって思う方です…
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 20:46:26 |
  3. 姫 #Qgp/yXvw
  4. [ 編集]

結局違いというものに対する認識なんだと思いますよ。

>MKさん
先ずバグだ異常だとキツイ言い方をしてしまって気に障ったのならお許し下さい。
ただ、説明にはどうしても必要な言葉であると思ったから使っています。

生物学的に云々という話ですが、生物の最大の目的は何でしょう。
それは「自らの子孫を残すこと」です。
これは高校の生物レベルの話で、専門家であるかどうかというものではありません。
で、子孫を残すことが最大の目的である以上、雄と雌が交尾をして受精するのが“通常”である。
これはMKさんも否定しませんよね?

では、同性愛者の場合はどうでしょう。
雄と雄、雌と雌ですから、当然受精は出来ず、子孫を残せません。
生物の目的を果たせない組み合わせですから、通“常”とは“異”なる。つまり“異常”(バグ)な訳です。
即ち同性愛は「生物学的に異常」と言えます。

ただし、何度も書いているように、それが出現することは異常ではありません。
生物学的なシステム上では“通常”の出来事なんです。そういう意味では同性愛は「生物学的に通(正)常」と言えます。
それがあなたが引用した文の主旨です。

つまり、個体の特性としては「生物学的に異常」ですが、存在としては「生物学的に通(正)常」なんです。
そういう意味では身体障害者や知的障害者と同じと言えます。
この違いを認識してくれると有り難いです。
ですから私はそういう人達の存在を「普通に」思っていますよ。

「違ってますが、何か問題でも?」
  1. URL |
  2. 2014/11/01(土) 21:22:43 |
  3. 故思我 #HSDP1/G.
  4. [ 編集]

>>MKさん

>>同性愛を認めろ!と言う必要は無く、同性愛を否定する必要性も無いと言う部分は分かりますが…

同性愛が世界中で広まって行き、近い将来に利権屋の手によって特権化し、
新たな利権が生まれるのでは無いかと危惧しています。
人権団体とか動物愛護団体が、利権化し腐敗した現状が有るので
  1. URL |
  2. 2014/11/02(日) 02:14:08 |
  3. 小型スマートフォン #rHwCRP1o
  4. [ 編集]

>人権団体とか動物愛護団体が、利権化し腐敗した現状が有るので

声のデカい一部の団体(大体感情論がまかり通る類)の更に一部がそうなったからといって問題に関わる全ての団体がそうだと言い切るのはどうかと思いますが。

思い込みと感情論で物事を断ずるのは、小型スマートフォンさんが危惧する輩と大差ありませんよ?
  1. URL |
  2. 2014/11/02(日) 05:45:11 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

筆者はもう何もコメントしない方がいいですよ

今さらもう手遅れですし感情的になって余計に荒が目立ってきちゃってます。誠に残念です。
  1. URL |
  2. 2014/11/19(水) 09:02:32 |
  3. セロ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5334-205795d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。