FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソニー、韓国でXperia Z3 Compactを6万円で発売

韓国でXperia Z3 Compactが発売になりました。
その価格は約6万円とのこと。

韓国でSony Xperia Z3 Compactを発売、価格は約6万円に ~ blog of mobile
Sony KoreaはSony Mobile Communications製のスマートフォン「Sony Xperia Z3 Compact (D5833)」の販売を開始した。
韓国における価格は599000韓国ウォン(約61000円)に設定されている。

これだけの性能を詰め込んだ最新のハイエンド端末が6万円というのは嬉しい限りですが、
それもSnapdragon 805ではなくS801を選んだ事も影響しているのかも知れません。

以前私はソニーをこれでもかと叩きましたが、もしこの価格設定まで見越してS801を
選択したのでしたら全景を見渡さずに叩いてしまった側面も有ったかもと、
若干反省している所です。

Xperia Z3の価格設定次第という所も有りますが、どうもソニーは「ちょっと高い目の
ハイエンド」をという位置づけを降り、「ハイエンドの中では安め」のラインを狙い始めた
のかも知れないと感じました。ライン替えをしたのでZ1~Z2~Z3のスペックの足踏みが
発生する事になったのかも知れません。短期間に似た様な性能の端末の乱発を
行ったのは間違いない事ですけど。ただスペックだけを追っていても見えない部分は
存在します。

しかしながらZ3とZ3 Compactは性能を維持したまま筐体サイズを大胆に削ってきた
所が大いに評価できますし、そこがZ3シリーズの最大の魅力だと思います。
実際に握ってみてそれは感じました。未だに後生大事に同じ4.6インチのXperia GXを
使っている私が、両端末を左右の手で握り比べてみるとその差は歴然でした。
二台の端末を重ねてみると、液晶サイズは同じなのに快適性は握るとコンパクトな感触が
伝わってくるZ3 Compactの方が格段に上という矛盾が複雑な気持ちにさせてくれました。

「ここまでくればピーキーな性能はそこまで求めないから、もうちょっと小さくしておくれ」
という要望を見事に実現してくれた端末だと思っています。しかも画面サイズは維持した
ままですから魅力が高いんです。それでこの価格帯ですから売れるんじゃないかなという
気がします。今迄5インチクラスと4.3インチクラスの端末が続いていましたから、空白に
なっていた4.6インチクラスのユーザーはこれを待っていたんじゃないかなと思います。
売れそうな気配が握っていた手からプンプン伝わってきました。

最近色々な端末を触ってみた所、これ以上CPUやGPUを高速化しても大して恩恵が
有るわけでもなく、Cortex-A7 x 4 1~1.2GHz辺りの端末が、非常に快適に動作して
いるのです。CPUの速度よりもRAMの容量の方が大きく快適性に関わっていて、
そちらを充実させた端末が増えています。 

AQUOS CRYSTAL 305SHは私が実際触ってみて快適だなと感じました。
ギリギリのRAM容量で常に内部の整理をし続けなければいけない状態で動作し、
本来の以外の作業にCPUが頻繁に割かれることで、スペック通りの動きをして
こなかった今迄の端末とは全く次元の違う動作をCortex-A7 x 4 1.2GHzという
スペックが実現してくれています。

これは狭い机で作業、狭い台所で料理をしていればその効率の違いは身に沁みて
理解できると思います。

但しここで注意が必要なのは、AQUOS CRYSTAL 305SHのように、キャリアが
キャリア独自のサービスをある程度諦めている端末だから快適だということが
有るのかも知れません。

例えば同じ端末をドコモに持って行った場合、本当に同じ快適性が保証されて
いるのかまた余計なクソアプリのサービスやらが裏タスクで山のように動いていて
ものすごくまったりした動作を実現してくれる可能性は無いとは言えません。

ドコモやau等でクソアプリをてんこ盛りされる危険は晴れたのか、それとも
現在進行形なのかは分かりませんが、最近は大手に拘らないなら逃げ道が
用意されてきているのでそれなりに幸せな環境にはなってきています。

イオンスマホ LTEを全国のミニストップ2160店舗で販売開始 ~ blog of mobile
スマートフォンはHuizhou TCL Mobile Communication(恵州TCL移動通信)製のALCATEL ONETOUCH IDOL 2 Sである。
OSにAndroid 4.3 Jelly Bean Versionを採用したスマートフォンである。
チップセットはQualcomm Snapdragon 400 (MSM8926)である。
CPUはクアッドコアで動作周波数が1.2GHzとなる。

これもAQUOS CRYSTAL 305SHと全く同じMSM8926を搭載していますから、それ
なりに快適である事は間違いないでしょう。但しAndroid 4.3 Jelly Beanである事と、
搭載RAM 1GBであるので全く同等とはいかない事は理解しておく必要が有ります。







関連記事
  1. 2014/10/10(金) 19:14:38|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<タブレット市場でアップルのシェアが4割切り、去年は過半数維持 | ホーム | iPhone 6で通話中に毛が挟まる、MacOSXに17000台のマルウェアによるbotネットワークが構成済み、品質の低いアップル製品>>

コメント

鈴さん、こんばんは。Xperia Z3 Compactには買い替えるつもりはありますか。現行のままでいくのですか?
  1. URL |
  2. 2014/10/11(土) 19:01:27 |
  3. 全日本全自動洗濯機 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5250-818879f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。