FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

ソニーの4.0インチ系小型端末を希望、iPhoneを含む現在の端末大型化の流れが小型端末席の空白を生み、新たなチャンスが生まれる

Xperia Z3やZ3 Compactが発表になり注目を集めていますが、私なりに思う事を書いてみます。

過去機種とスペックで比較――「Xperia Z3/Z3 Compact」はココが進化した ~ IT Media mobile
Xperia Z3のディスプレイサイズはZ2と同じ5.2型ながら、幅はZ2の73.3ミリから72ミリにダウンし、ディスプレイのベゼルがさらに細くなった。さらに厚さもZ2の8.2ミリから7.3ミリに下がり、よりコンパクトで薄くなっている。
Xperia Z3 Compactは、ディスプレイサイズと解像度、メインメモリを除くと、Xperia Z3と同等のスペックを実現している。解像度がフルHDではなくHDなのが惜しいが、Z1 Compactと比べると、その進化はめざましい。幅64.9ミリをキープしながら画面サイズは4.3から4.6型にアップし(逆に4.3型をキープして幅を狭めてほしい気もするが)、バッテリー容量は2300mAhから2600mAhにアップしながら、重さは137グラムから129グラムへと軽くなっている。

Z3 Compactが4.3インチが4.6インチベースとなり、4.6インチベースに端末サイズを移行させていた
私的にはこんなに嬉しい事はないのですが、ちょっと思う所も有ります。

以前Xperia GXと兄弟機種のXperia SXという端末が有りました。
3.7インチ 960×540ピクセルqHD(298ppi)という端末で、コンピュータ部分が兄弟機のXperia GXと
同じSnapdragon S4 MSM8960 1.5GHzと、当時ではハイエンドの性能を、非常にコンパクトな
サイズに纏め上げたなかなかの意欲作でした。

熱問題やバッテリーの持ちの短さなど、欠点も有るには有りましたが、このサイズには根強い
ファンがいます。私の知り合いにもまだ現役で使っている人も居ます。

ソニーは以前、3インチのXperia ActiveやXepria miniというものすごく小さいモデルも出しており、
このサイズには熱狂的なファンが付いていました。

しかしこのサイズの設定のモデルはそれを最後に出ていません。
やはり小さすぎて売れなかったのでしょうか。

さすがに画面が小さい代表格のようなiPhoneよりも更に小さな画面なので、あまり一般的では
無かったのかも知れません。しかしクラウドが発達した今だったら、私も端末を着替えるような
感覚で、こういった端末を持ってもいいかなとか思う時も有ります。

さすがに3.0インチだと小さすぎるとは思いますが、しかし今の大画面化の流れを寂しく
思っている人が居るのも確かです。

Z1以降のXperiaシリーズの画面サイズはここがよく纏っています。
それによると、4.0インチは完全に廉価版端末として扱われているXperia E1だけしか有りません。
後継機のE3では4.5インチと大画面化されており、廉価版端末ですら4.0インチはなくなりました。

これで一番小さな端末はA2やZ1 Compactの4.3インチになってしまいました。
Z1 CompactはZ3 Compactに置き換えになりますから現役では有りませんし、A2は日本のZ1fの
売れ残った部品を再利用した再構成版と言っていいものです。なので中身は一世代古いもので、
2014ドコモ夏世代の端末から始まったVoLTEが供給されないという逆サプライズ端末です。

なので4.3インチも現役世代の物は実質無いようなものです。
という事は、最新の端末ベースで考えるとE3の4.5インチや、Z3 Compactの4.6インチが最小クラス
になっている状態です。小型端末を求めていた層からすると、かなり悲しい状態になってしまって
いるのではないでしょうか。


iPhone 6があと何時間かで発表される見込みですが、前世代のiPhone 5sまたは5cが最後の
4.0インチ端末になる見込みです。4.7インチと5.5インチがほぼ確定的になり、4.0インチの端末
の販売を終了すると、4.0インチのサイズの端末が選択できなくなります。国内でもあと一年は
手に入るでしょうが、その後は不明で中古端末しか選択肢が無くなるかも知れません。

そこで小型端末が好きな層にアピールするという意味で、ソニーは今敢えて4.0インチのXperiaを
出してもいいのではないかなと思います。恐らく国内では他のメーカーには負担が重いでしょう。
しかしソニーは海外の販路を持っているので、敢えて空席になった所に新しい端末を出す意味は
有るように思います。

4.0インチのサイズは今まではiPhoneが圧倒的に締めていましたが、それが空席になる意味は
とても大きい事だと思います。恐らくこの慣れたサイズを欲する人は一部にはいると思います。
それがiPhoneというパイだった事は大きなチャンス到来かなと。

しかもXperiaでは元々小型端末をやっていましたし、そもそもAndroid OSを搭載した初代の
X10だって4.0インチの懐かしいサイズです。


そこで今の4.0インチ事情を探ってみます。

4.0インチ1280×720のディスプレイのppiは、367ppiとなり、実は6.0インチ1920×1080(FHD)と
同じ367ppiになります。367ppiのパネルとなれば、2013年に流行った6.0インチFHDの端末で
色んな所が採用しているサイズやppiですから、どこかで生産している可能性は高いでしょう。
つまり新しプロセスを起こさずとも旧来のパネルの切り出し方を変えるだけで生産できるわけで、
ディスプレイメーカーとしても技術と製品の使い回しが利き、有り難い注文になると考えられます。
まだそこそこ高ppiでお値打ちですし、使い回し技術で値引き交渉もしやすいでしょうし。

今でも367ppiの表示と言えばそれ程は見劣りしませんし、小型端末とは言え十分ミドルハイには
属する部類になると考えてもらえるレベルです。720×1280ピクセルはZ3 Compactと同じ
解像度ですから、何かとOSのソフトウエア的な部分ではコンパチ度も高いでしょう。
同じ基盤からの再構成で作りやすいかも知れません。CPUのクロックを落としたり、
バッテリー容量の削るなどの細かい修正を書き集めただけで端末のリサイズが可能に
なれば、色んなコストが削減できる事にも繋がります。

ここしばらくの小型端末のサイズ一覧です。

iPhone 4s 3.5インチ 115.2 x 58.6 x 9.3mm [140g]
iPhone 5c 4.0インチ 124.4 x 59.2 x 8.97mm [132g]
iPhone 5s 4.0インチ 123.8 x 58.6 x 7.6mm [112g]
Xperia SX 3.7インチ 115 × 54 × 9.4 mm [95g]
Xperia E1 4.0インチ 118 x 62.4 x 12mm [122g]
Xperia Z1f 4.3インチ 127 x 65 x 9.4mm [140g]
Xperia Z1 Compact 4.3インチ 127 x 64.9 x 9.5mm [137g]
Xperia Z3 Compact 4.6インチ 127 x 64.9 x 8.6mm [129g]

Xperia Z3 Micro(?) 4.0インチ 120 x 58 x 9.5mm [120g] ←この位イケるんじゃないの?ソニーさん。
 ・Snapdragon 801 2.3GHz or Snapdragon 800 2.0GHz ←アンダークロックで熱&バッテリー消費対策
 ・RAM 2GB / FlashROM 16GB
 ・防水防塵 IP65/IP68
 ・バッテリー 2100mAh

今のソニーの狭額縁の技術も動員して4.0インチでiPhone 5s/5cのサイズのサイズレベルを
実現すれば喜ぶ人はいるように思うのですけど・・・。
オンスクリーンキーの端末はサイズを詰めていく時に絶対的に有利ですね。

4.3インチのXperia Z1 Compactと4.6インチのXperia Z3 Compactが厚み以外同じサイズを
実現出来ているのですから、多分4.0インチだと相当思い切った小型化が現在の技術では
可能な気がします。

上記の例では極端に薄さと軽さを求めなかったのは、このサイズだと尻ポケット湾曲
問題がどうしても発生しがちなので、尻ポケットに入れた時の強度を稼ぐ為です。
その分バッテリーに余裕を残したのと、防水防塵性能を稼ぐことがしやすいと思います。

同世代が厳しいのでしたら、例えば次は一世代遅れでSnapdragon 801を4.0インチ系の
端末に順送りするとか、そういった処理も考えられます。既に普段から仕入れている
部品を利用する事で、色々経費は下げられるでしょうし。

ソニーが小型端末をやめた背景にはそれなりの理由が有ったのでしょう。
だから無責任に絶対作って欲しいという言い方は出来ませんが、しかしここに書いてきた
理由である意味チャンスかも知れない事と、欲しがっている人は少しは確実にいると
いう事を何時かは記事にしたかったと思っていました。

4.3インチ以下が実質終りのようでしたので、いいタイミングだなと思います。
もし可能でしたらソニーさん、一考をお願いします。

関連記事
  1. 2014/09/09(火) 19:46:49|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9
<<Android "Lion"のスペックシートが流出、"Lion"は仮? Android Wearに大型アップデート単体での音楽再生とGPSの利用がサポート | ホーム | ドコモがパケットパックの翌月繰り越しを開始、しかし内容はソフトバンク級の劣化仕様で全く繰り越しの意味無し>>

コメント

手の小さい私からすると4.3インチまでが、
片手で操作出切る最大の大きさです。
出来ればこのサイズのも残して欲しいです
  1. URL |
  2. 2014/09/09(火) 20:55:09 |
  3. 雨男 #-
  4. [ 編集]

こんばんは。記事を読んでいて、かつて愛用していたOptimus it L-05Dを思い出しました。ドコモのゾンビアプリが鬱陶しく、今のHTCに乗り換えてしまいましたが。ぜひともLGで、今風のスペックにして出して欲しいです(ただし、カメラの画素数は据え置きで!)。
  1. URL |
  2. 2014/09/09(火) 21:34:54 |
  3. 全日本全自動洗濯機 #-
  4. [ 編集]

>雨男さん
>全日本全自動洗濯機さん
あー、やっぱり4.0インチクラスに反応される方いますね。
Optimus it L-05Dは予想外な突込みでしたが、記事に書いたSO-05Dと全く同期の2012夏端末ですね。
やはりその時代の端末にあったコンパクトサイズの魅力を忘れれない方っていますよね。
それと手の物理的サイズで端末を選ぶ人も少なくないですよね。
  1. URL |
  2. 2014/09/10(水) 01:34:47 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

SXはひかれました・・・というか、今でもちょっと未練あり。
悩んでるうちに在庫なくなってて、結局、SH-07Eにしちゃったので。

全部5インチオーバー、唯一4.5インチがゴツイTORQUEという、auの現ラインナップとか見てると、変な時代だなあ~、とは思います。
Androidの小型端末は数がさばけないようなので、メーカーとしても難しいのはわかるけど・・・
  1. URL |
  2. 2014/09/10(水) 02:14:14 |
  3. すいか #-
  4. [ 編集]

4インチの端末、ほしいですね。

>Z1以降のXperiaシリーズの画面サイズはここがよく纏っています。
「ここ」のリンク先が間違っていると思います。
  1. URL |
  2. 2014/09/10(水) 16:03:34 |
  3. 白ロムXperiaユーザー #-
  4. [ 編集]

Arcの世代だとほぼ同一性能でArc,Ray,Miniを展開し、その後の機種でもそういう方針だったみたいですけどいつの間にかなくなりましたね。
スライドキーボード搭載のMINI PROの系譜を復活してほしいなぁと願ってやまないんですけど、全然でなくて悲しいです。
小型モデルは低価格のXPERIA E系と市場がかち合っちゃうのか、小型機は低価格エントリーモデルばかりですよね。
  1. URL |
  2. 2014/09/12(金) 02:54:57 |
  3. XPERIA MINI PRO #-
  4. [ 編集]

Xperiaの3.3インチのは女性向きに作ったのに片手操作が好きな男性に売れたってね。

ジョブズは、3.5インチが良いと言ってたとの事だから、片手で使うなら3.3~4インチが良さそうだな。

16:9(QHD)の4インチで富士通みたいに画面が半分下がる端末が、片手操作ユーザーに最高なんじゃないだろうか。
  1. URL |
  2. 2014/09/13(土) 00:27:47 |
  3. 市川 #w3AvyiBc
  4. [ 編集]

小型端末といえばpreminiでしょう
mova無くなるので泣く泣く機種変しましたが、あれほど良い携帯は無いと思います
  1. URL |
  2. 2014/11/09(日) 22:43:42 |
  3. preminiに恋する者 #-
  4. [ 編集]

小さいといえばXminiも中々よかったです。ちょっともっさりでしたが。
  1. URL |
  2. 2014/11/09(日) 23:19:30 |
  3. にいくら #mQop/nM.
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5151-21b2f983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。