FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

iPhoneの品質の低さによる問題、iPhone 5の電力問題から考えてみる

恐らく先日の記事と同じ事故を扱った記事だと思いますが、別の角度から触れてみます。

Burning iPhone forces plane to make emergency evacuation ~ cultofmac
Google翻訳:緊急避難をするバーニングiPhoneの力プレーン
TSAはでスマートフォンを治療開始した潜在的な爆弾のように死んで電池が、一平面上にiPhoneの事故の後、おそらく彼らはあまりにもフル充電したすべてのiPhoneの方が心配であるべきであり、緊急避難を引き起こした。

パニックが全面バックメインターミナルへ排気することを引き起こして、この週末乗客の袋に入れてiPhone 5に火がついた後にプラハ行きのフライトで勃発した。

すぐに女の子のiPhone 5の後、煙に覆われた飛行機のキャビンは自発的に炎に乱入、幸い飛行はまだ離陸していなかった。 運航乗務員は煙の最初の兆候が見られた後に上陸するすべての人に尋ねたが、若い女の子は、iPhoneを放射する炎と煙を見つけるために彼女のバッグをチェックしになるまで、その原因はすぐに明らかではなかった。

火災が発生したときに飛行機に搭乗150人の乗客はいずれもけがをしなかった、と少女は5の背後にある彼女のiPhoneを残して持っていたが、徹底した再検査した後、飛行を最後に、クリアされました。

iPhoneの火事の原因は分かっていないが、それは私たちが見たのは初めてではないし、iPhoneやiPadが突然発火している。 iPadの空気がオーストラリアで爆発している間、キャンベラのボーダフォンストアに深刻な被害を引き起こして、昨年末に燃えるiPhone 5cは今年初めに火を女の子のパンツを設定します。

これ読者の方から送って頂いた記事です。
読んでいて思う所が有ったのでもう一度扱ってみます。

記事中にプラハ行きと書いてあるので、冒頭に書いたように先日の事故の事を書いた
記事と思われます。

この記事を見ていると過去の例を挙げてiPhoneの品質の低さを指摘しています。
私と同じ切り口だなと感じました。なのでもう一度取り上げようかなと思ったんです。
海外にも同じことを考えている方が居るなという事でちょっと嬉しかったり。

iPhoneには病的なマニアがいたりして、その愛情にあふれた記事を書く人を見かけ
ますが、売れているとか販売数が解か持ち上げる記事は有りますが、品質を問題に
する記事はあまり見かけませんからね。

私はiPhoneの品質は低いと思っていてそう書いていますが、例えばiPodの磨きの
品質とか、そういった「見かけ」の部分の品質にこだわっている所を採りあげ、
iPhoneは「こだわり」とかで品質が高いというイメージを製品全体の品質と勘違いし、
バッテリーや回路部分まですべての品質がいいと勘違いしている人が多過ぎると
私は思っています。

少なくとも私は電力部分の品質はいいとは思っていません。
それに関して丁度いいネタが出てきましたね。

一部のiPhone 5にバッテリーの不具合、アップルが無料交換プログラム実施 ~ マイナビニュース
米Appleは8月22日(現地時間)、一部のiPhone 5で、バッテリー残量が急に減少するトラブルが起こり得るバッテリーの不具合があったことを公表した。無償バッテリー交換プログラムを用意し、米国と中国で同日より交換手続きを開始。日本を含むその他の国では8月29日に交換手続きを始める。

iPhone 5のバッテリー問題。
バッテリーに不具合が有ったという。

この不具合はiPhone 5のバッテリーに問題が有り、いきなり残量が減るというものだそうです。
私はこの件でアップルは二つの間違いを犯していると思います。

多くの方が指摘している通り、iPhone 6の発表が見え始めたこの時期に交換プログラムを
発表し、アップルの負担を減らそうと図った事。

しかし私にはこの問題は別の理由じゃないかと思っています。
iOS7に書き換えをしてからこの問題が指摘され始めました。
逆に言うとiOS6では起こってなかった問題だったのではないでしょうか。

iOS7ではマルチタスクなど、電力をバカ食いするネタ満載で、iPhone 5の電力設計では、
ハード的に対応しきれない電力を食うようなOSの設計になっているのではと私は考えています。
これが二つ目の間違い。

バッテリーの取り出し可能電力が、iOS6では間に合っていても、iOS7では間に合わない。
iPhoneの製造数は単機種で考えると半端なく多いので、バッテリーは複数のサプライヤから
提供されています。

元からぎりぎりの設計だったバッテリーでもサプライヤ次第で品質の差が有ります。
サプライヤ内ですらばらつきがありますが、その中でも品質の低い側のバッテリーでは
より多くこの問題が発生すると考えられます。

なのでどのサプライヤのバッテリーでもこの問題は起こり得ますが、より問題が発生して
いるサプライヤのものだけを問題として解決を図っているのではないかと考えています。

iPhoneは搭載しているバッテリー容量が低い割には利用時間は長い方だと思っています。
というかそう思っていたのはiOS6迄ですけど。iOS7からは必ずそうとは言い切れなくなりました。

調子がいい時はそれなりに持ちますけど、一旦何かが起こるとAndroid端末よりもバッテリーを
食い始めます。更に裏でアプリが暴走し始めると端末が加熱し、数時間で…最悪だと30分
ぐらいで100%近くあったバッテリーを0%に吸い取ってしまう事も有るようです。

以上に燃費の良かったiOS6までと違い、iOS7は残念ながら電力を食う設計になってしまった
OSなんですよ。その事をもっと理解して色んな現象を見ていく必要があると思います。

だから私からするとこのiPhone 5のバッテリー問題は、ぎりぎりアウト品質だったバッテリーを
ぎりぎりセーフのバッテリーに交換すればOKなんて解決法では意味が無いと思っています。
OKとされている方のロットでも、アップルの要求に応えて納品させられているバッテリーメーカーは
歩留まりを上げる為に本来の品質以下のものまで収めざるを得ない状況に追い込まれていたり
するわけで、それがこのバッテリーの品質のばらつきを生む原因になっているのです。
なのでOK側のサプライヤでも、率は低くても同じ問題は発生しているはずです。

そういった事をアップルはきちんと発表して対策するべきなのですが、どうもそういう流れには
したくないようです。


アップルがiPhone 5s/5cを発売して、5は生産中止にした背景には電力周りの設計がiOS7では
耐えられないという事も含まれていたのではないかなと私は見ています。
iPhone 5cで同じA6プロセッサを使いながらもクロックが5の1.3 GHzから5cの1.25 GHzと、
わずかながら下げられている事もそれを裏付けているように思います。


どうせならiPhone 5でiOS7やiOS8を使う時は最高クロックを1.20MHz~1.25MHzに落とすように
変更すればこの問題は意外と落ち着くかもしれません。勿論それをするとiPhone 5で電力設計が
不足している事を認めたことになります。しかも黙ってそんな事をして、誰かが解析して見つかって
しまうとえらい騒ぎになるので絶対できないと思いますけど。
関連記事
  1. 2014/08/23(土) 19:50:47|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ドコモの月々サポート、9月1日から新料金プランが必須に | ホーム | トヨタが台湾でNexus 7ベースのToyota Intelligent System (TIS)を発表、情報システムをAndroidベースに移行か?>>

コメント

基本的には何を使おうが自由ですが

こんばんは。今回の件は周りの人に迷惑かけちゃってますからねえ。誰かが昔歌っていたように「林檎殺人事件」が起きないことを祈るばかりです。
  1. URL |
  2. 2014/08/24(日) 02:59:53 |
  3. 全日本全自動洗濯機 #-
  4. [ 編集]

ズレますが

パネルの解像度のネタがまた出てますが、本当なら5.5インチの対応やら生産やらまた色んなところで抜きそうな予感。

画素密度で焦りが出てたんですかねぇ、色々と皺寄せで首しめそうですが
  1. URL |
  2. 2014/08/24(日) 20:13:56 |
  3. ジャホ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5103-6c39e1fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。