FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アルプス横断Trans Japan Alps Race(TJAR)、必須装備の携帯は防水処理をしたドコモかauのみでドコモ推奨

私は去年、TJARというレースをNHKで放送しているのを見ました。

これは日本海側の早月川河口、集合場所では富山県魚津市のミラージュランドとなっております。
スタート地点。

ゴールは太平洋側の静岡市駿河区の大浜公園、北アルプス・中央アルプス・南アルプスと、
3000m級の山を本州の一番厚くて高い部分を横断して距離約415km、獲得標高27000m、
制限時間は8日間という有り得ない程困難な鉄人レースです。

Trans Japan Alps Race
◇選手の責任
◆このレ-スは、参加者自らが自立した登山者として起こり得る全ての悪条件を理解し、レース中に怪我や事故および遭難等のアクシデントが発生しても自らで対処すること。
◆一親等の成人親族の参加承諾書を提出すること。(一親等の成人親族がいない場合は、要相談)
◆「すべての責任は、自らに帰する」ことを誓約できる方のみ、エントリーが可能。(誓約書提出のこと)


このレースは2014/8/9(土)~2014/8/17(日)という日程で、目下開催中ですが、
既に今日のお昼に一位の人がゴールして三連覇を達成しました。

トップ選手は日本海から太平洋まで、こんな山岳地帯の横断を5日半でゴールしちゃうんですよね。
幾ら夏とは言え、3000m級の山は一つ間違うと命を失う場所です。

幸いにもTJARのレース中に亡くなった方はいませんが、TJARに向けた練習中に亡くなった方はいます。
それで参加資格がかなり厳しくなりました。上に引用した通り、一親等の方の承諾が無いと参加出来
ません。

「一歩間違うと死亡する事も有りますが、それでも宜しいですか?」という確認を取るそうです。
そういう認識が無くて普通に山登りをしているだけと思っていた配偶者の方も多かったようなので、
そういった確認法になったようです。


私がこのブログでTJARを採りあげたのは、単にトレランのレースを紹介したかったわけでは有りません。
大会から示される「必須装備リスト」にこんなものが有ったからです。

携帯電話もしくはスマートフォン(防水処理要、但しdocomo、auのみ。docomo推奨)
予備電池。


キャリアが「ドコモ・auのみ」と指定されている所が命を懸けた生々しさを示しているなと感じました。
アルプス地域では通じない場所も多い携帯電話ですが、それでも携行が義務付けられています。
無線よりは通じる範囲が広く取れるからでしょう。

どんなに「一番・一番」と宣伝しまくった所で、分かっている人はみな分かっています。
命がかかっていますから。

未だレースは続行中、最後の選手がどこかのCPを閉鎖18分前に通過したとの情報も有りました。
全員が無事ゴールして欲しいものです。

確か去年のNHKの番組では、誰も居ないゴールの海岸に到達した選手を映して番組が終わった
ように思います。ゴールが無くても到着したい、そんな魅力があるレースなんだと感じさせられました。

それを支えているのはドコモとauの携帯電話インフラであると、必須装備リストが物語っていました。
関連記事
  1. 2014/08/15(金) 21:46:37|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<ソフトバンクが2014年8月18日午前11時より仰々しく日米共用端末の発表会を開催 | ホーム | スマホ世界出荷が3億台突破 4~6月期のアップルのシェアは11%に縮小>>

コメント

すごい競技ですね。はじめて知りました。

競技ルールに下記の内容もありますね。
◇GPSトラッキングについて
◆このシステムではdocomoのネットワークを利用しており、位置情報取得エリアは「FOMAプラス」エリアであり、なおかつGPS電波を捕捉するため上空視界がとれている場所でのみ機能する。
  1. URL |
  2. 2014/08/15(金) 23:25:57 |
  3. mono #kpjYxc8I
  4. [ 編集]

私が携帯電話関係のホームページやブログを閲覧し始めたのは、2007年の初めに「携帯総合研究所」を見始めて、同時にその他数ヵ所の情報ブログをちらっと閲覧してた。

2007年の秋からauが不祥事や不祥事っぽい事を「まあまあ」、言い方を変えたら「定期的」に起こした為に「まあまあ嫌い」になった。

2009年位からは何故か携帯総合研究所しか見てなかったな。

最近(スマフォが普及し始めた頃から)の携帯総合研究所は興味の無いネタばかり扱うから、去年の7月頃に他に良い情報サイトはないかと探したら、「あんどろいど速報」と「NO!SoftBank」を知った。

それまで携帯総合研究所しか見てなかった時は、ソフトバンクの不祥事どころか通信障害も見た記憶が無かったのに、その2つを見たら普通に起きてた。

しかも、嫌いなauより少し多い印象。

更に、不祥事や通信障害を「隠したり」、「誤魔化してる」から一気にauを抜いて「かなり嫌い」な会社になった。



ソフトバンクはプラチナバンドを取得したばかりだから繋がらないのは仕方ないが、「繋がらない」は「繋がらない」だから大きな欠点に代わりない。

電波、電池持ち、機能、上りと下り速度、デザイン、料金、障害数、不祥事数等色々項目が有るが、ソフトバンクは1番重要じゃないデザインしか勝ってない。

しかも、勝ってると言ってもデザインはドコモも同じ位良いから「1位『タイ』」である。

服ならデザインは重要だが、ケータイはデザインで勝ってもほぼ無意味だからソフトバンクは絶対潰れた方がいいな。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 00:15:09 |
  3. 市川 #w3AvyiBc
  4. [ 編集]

>monoさん
あ、しまった!
それも書こうと思って忘れていました(笑)

>市川さん
なかなか納得のいくご意見ありがとうございます。
私も一時期auの心証がものすごい悪い時期が有りましたが、それでもやはり
ソフトバンクの悪事を知っていただけにそれを超える事は有りませんでした。
山の奥で日が暮れかけ、装備に不安が生じている時、携帯の電波が入る安心感は何物にも代えら難いです。
少なくともソフトバンクはその気概が極端に少ないキャリアだとこの競技を通じて再認識させられます。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 00:21:57 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

ちなみに、ずっとドコモを使ってるが、1番良いドコモでも「こんなもんか」って思ってる(色んな意味で)。

5年程前に簡単なものを含め10個位の要望をドコモに出したが、1個も叶えてくれてない。

はあ…。

「仕方なく」使ってるんだよ、ドコモよ。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 01:19:52 |
  3. 市川 #w3AvyiBc
  4. [ 編集]

>市川さん
仕方なく、ならいっそ解約して携帯なしの生活も検討に値すると思います。
ひところ、私は真剣に検討しました。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 04:15:26 |
  3. 7743 #22s72cIM
  4. [ 編集]

>市川さん
最近のdocomoは、エリア要望に関しては若干対応が良くなってきている感じですね。
その他の要望へは相変わらずの塩対応ですが...。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 11:08:22 |
  3. 通りすがり #-
  4. [ 編集]

ツィキャス配信主石川典行「ママチャリの旅2
埼玉-神戸 アルプス越え‥…
使用キャリアau docomo
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 17:25:48 |
  3. てなもん #-
  4. [ 編集]

つながり云々でドコモでもダメなら衛星電話にするしかないじゃないですかね(笑
ソフトバンクが提携しているスラーヤあたりだと、野辺山などの天文観測所の電波と干渉して
観測活動に支障を与えるため利用可能場所が制限されてますので要注意ですけど。

しっかし、凄いレースですねTJAR。
学生のころフルサスMTBで東京~直江津300km超を24時間切れなかった自分には無理だな(笑
日本アルプスの山奥だと、FOMAしか繋がらない場所が多いですからドコモ推奨も当然の話ですね。
  1. URL |
  2. 2014/08/17(日) 09:23:57 |
  3. みっく #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5079-80e1aa50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。