FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

スマホ世界出荷が3億台突破 4~6月期のアップルのシェアは11%に縮小

スマホ世界出荷が3億台突破 4~6月期、アップルのシェア11%に縮小 ~ SankeiBiz
米調査会社IDCは14日、4~6月期のスマートフォンの世界出荷台数(確定値)が前年同期比25・3%増の3億130万台となり、四半期として初めて3億台を超えたと発表した。中国やアジアの新興国などで低価格製品の販売が好調だったのが全体をけん引した。
基本ソフト(OS)別のシェアをみると、低価格製品の人気を追い風に米グーグルの「アンドロイド」が前年同期の79・6%から84・7%へ拡大。一方、米アップルの「iOS」は13・0%から11・7%へ縮小した。

最新のスマートトン世界出荷台数の米IDCにより発表されました。

4~6月期 対前年比較
Android 79.6% ⇒ 84.7%
iOS   13.0% ⇒ 11.7%

流れはよりiOSからAndroidへという状況が強まりました。
Android は84.7%で8割を優に超える比率に。

iOSはいよいよ2桁割れが現実に見えてきました。
AndroidはAndroid Oneによるローエンド端末やミドル層の端末がすごい勢いで強化されています。
またGalaxyシリーズもGalaxy Alphaのようにハイミドルもきちんとフォローされています。

Android勢はこの末端の選択肢の広さが強さに結びついていると思われます。
またそれを支えているGoogleの舵取りの上手さも有るでしょう。

iOSは株価的に収益性を下げる事は出来ませんから単価をよりあげる方向に振るしかありません。
そうなると販売数的に苦しくなり、販売実数も下がる可能性が高まり、シェア的には更に厳しく
なっていきます。

iPhone 5s/5cは無理に販売数を引っ張り上げてきた上に、もうドコモやチャイナモバイルのような
バブル要因は有りません。そこにどうブースターを作って来るのか、もう何も作れないのか
気になる所です。

どちらにしてももうiPhoneのシェアが上がっていく要素は見えてきません。
今後はどこまでiOS製品が粘るかだけという事になりそうです。
関連記事
  1. 2014/08/15(金) 21:14:01|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10
<<アルプス横断Trans Japan Alps Race(TJAR)、必須装備の携帯は防水処理をしたドコモかauのみでドコモ推奨 | ホーム | 4社でソフトバンク系一人負け、米スプリントの貧弱なネットワークが画像付きで晒される>>

コメント

思うに、

これはメーカー1社ごとのシェア率が徐々に一定になってきている兆しなのかなぁ。1社ごとでは今までやや高かったAppleのシェア率が他社とほぼ同等程度となってきた感じですかね。
まあ、当たり前のことでしょう。むしろ、そうならない方が怖いですよ。
  1. URL |
  2. 2014/08/15(金) 22:12:35 |
  3. I used Android before. #-
  4. [ 編集]

>I used Android before.さん
同じクラスのものを売っているなら間違いなくそうですね。
ただそれだけではなく、相対的にハイエンド価格帯寄りに押し出されている傾向が有るので、
その傾向がより顕著に出てしまっているのだと思います。
iPhone 6で更にそれが加速する可能性が高いなと思っていますが、それはiPhone 6を
どの価格レンジで出すかにもかかっているでしょうね。
  1. URL |
  2. 2014/08/15(金) 22:38:43 |
  3. 鈴 #GpEwlVdw
  4. [ 編集]

お言葉ですが、

>今後はどこまで〜
まさか、このままApple(iPhone?)は消えろとかおっしゃってます?確かにiOSがこのままシェア率を下げ続ければ、ご希望通り、稼働するスマートフォンのOSは徐々にほぼAndroid1色となっていくでしょうね。Amazon発売のFirePhoneのOSもFirefoxOSも新興OSとはいえ、土台部分はAndroidですし。でもそうなればどうなるか、大体予想は出来ると思いますが...w
  1. URL |
  2. 2014/08/15(金) 23:04:32 |
  3. ちょっと寄り道 #-
  4. [ 編集]

>鈴さん
おっしゃる通りiPhone6が勝負ですね。5s以上にハイエンド高価格帯となれば、やはり5sユーザの機種変は減るでしょうし、何より普段使いにはオーバースペックです。
Appleがこの1年、ローエンド低価格帯端末をどう見ていたか、来月当たりに発表されますね。気になりますw
  1. URL |
  2. 2014/08/15(金) 23:39:42 |
  3. I used Android before. #-
  4. [ 編集]

日本では「皆が使ってるから」とiPhoneがいまだに馬鹿売れ(!?)する。

あと、おたくに多そうな意見だと、「最初に出来たスマフォはiPhoneだから」との理由で使ってる人もいる。


最近、テレビで今の日本人は「品質」を重視するから中国製は買わないとの事。

中国製じゃなければ何処でもいいのか!?

スマフォなら、富士通とシャープとソニーがお勧め。

殆どの事が上回ってるから日本製を使ってほしい。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 01:41:48 |
  3. 市川 #w3AvyiBc
  4. [ 編集]

東芝はスライドREGZAphoneの、1日最低三回自動再起動(通話中でも発生)という親切設計が俺には合わなかったです。
富士通はARROWSの季節不問ホッカイロ機能(過熱により充電停止してそのままバッテリー切れ)が用途に合いませんでした。
ソニーはタイマー騒動以来、同社製品全てが選択肢から外れました。ちなみにしっかり巻き込まれました。見事に370日目で故障したときは修理する気すら起きず、当時持っていたソニー製品は故障次第廃棄処分でした。

国産メーカー品はどうも踏み外しが多い気がしますけど、一度離れた客を再び呼び寄せるのは至難の業です。
食わず嫌いではなく、アレルギー近い状態なのですから。
少なくとも、レビューや口コミで改善傾向が見られないなら、最初から検討の余地すらなく選びません。
同じ考えの人が増えた場合、大勢が様子見して、けど買う人が少ないためにレビューや口コミする母数が減ってますます売れなくなる悪循環へ陥るかもしれません。

今一度、モノ作りの本質を考えなおす時期に来ているのでしょうか。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 04:30:49 |
  3. 7743 #22s72cIM
  4. [ 編集]

iOSの比率低下は、ユーザーがapple信者に限られつつある為では無いかと思います(ただし日本は除く)。

appleの課題としては、守護神jobsの代わりが出てくるかどうか、でしょうね。jobsへの信仰が苦境期のappleの支え(かつてappleが倒産の危機に陥った時、jobsが経営に復帰して立て直したことがありました。jobsの経営手腕も評価されるべきでしょうが、それよりも信者の支持が大きかったと思います。)となってましたから、再び低迷期に入った(と思われた)時、apple信者が信仰を乗り換える可能性は否定できません。

いっそ日本に特化する、というのも将来の選択としてはアリかもしれません(笑)。(日本のマスコミや自称クリエイターの人達のappleに対する信仰心は極めて篤い上、メディアを通じて世論に働きかける力も強いですし。)
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 12:08:50 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

日本製

>スマフォなら、富士通とシャープとソニーがお勧め。

京セラもオススメです。

DIGNO Mはかなり良機です。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 17:26:12 |
  3. 不動 明 #K2Rmj1sE
  4. [ 編集]

>自称クリエイターの人達
パワーを必要としない人に限りますね。
某クリエイター集団は、デスクトップMacでないと作業効率が落ちる(操作性の違いやツールなど最適化の影響)ため、最新技術をデスクトップMacに搭載して欲しいと再三要望を出したけど、一向に応える様子が無い。
なので、次モデルでも改善が見られないなら、たとえ一時的に効率が落ちてもマシンパワーを確保できるWindowsに乗り換える。
と、もらしているインタビュー記事を見ました。

結局「売れている」ものに注力して、ユーザーの声と向かい合ってないことがよくわかります。
向かい合ってるのは「売り上げ」の数字であり、姿勢はあくまで「使わせてやっているんだ。ありがたく思え」というアップル節ということがわかります。
もちろん利益を上げて経営を維持するのは大事ですが、だからといってノート最優遇・デスクトップ冷遇は、こうしてユーザー離れを招きます。
そして二度と戻ってこない可能性を内包します。

現在iPhoneに力を入れてるアップルですが、一方iPodはもうやる気をなくしてるように思えます。
これでiPhoneの勢いが無くなったら、次は一体何を売るつもりでしょうか?

いつまで旧態依然としたアップル節が通用するか、生暖かい目で見守ることにします。
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 18:41:30 |
  3. 7743 #22s72cIM
  4. [ 編集]

> 7743さん

なるほど。PCの世界ではappleがユーザーのリクエストに応えられない状況も出てきているのですね。
appleにとっては今はiPhoneが最優先の商品でしょうから、PCの方はややおざなりになっているのかもしれません。

> 姿勢はあくまで「使わせてやっているんだ。ありがたく思え」というアップル節ということがわかります。

こういった姿勢は別に今に始まった訳ではないと思います。ただ、jobsというカリスマのシールドが、appleを守っていたに過ぎません。

jobsの氏の直後、あれほど「jobsとの絆」を強調していたMr.Sonが今や全く見向きもしないことが、appleの将来を暗示している気がします。(何せ氏は利にさといお方ですから。見限るのも早い。)

> いつまで旧態依然としたアップル節が通用するか、生暖かい目で見守ることにします。

これが信者では無い傍観者に出来る唯一のことでしょうね(笑)。

(米国の経営スタイル(今や西側の企業の経営スタイル)の主流は「選択と集中」であり、TOBに対してもドライな米国では、次の事業を自社で研究開発するよりも、将来有望な技術を持つ会社を買収する方が効率的、とされています。そしてappleは大金持ちですから、TOBをかける相手を正しく選択できれば、生き残るチャンスはあるでしょう。可能性は低そうですが。)
  1. URL |
  2. 2014/08/16(土) 19:29:36 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5078-720026e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。