FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

NFCがクラウド化するHCE、海外端末でもFeliCaが使えるHCE-F、今までのNFCの常識が変わる

先日コメ欄でFelica非搭載の海外端末でFelicaを利用できるエミュレーションの話が出たので、
とりあえず記事で扱っておこうと思い、書くことにしました。

FeliCa非搭載の海外スマホでもおサイフが利用できる『HCE-F』とは? ~ 週アスPLUS
NFC(Near Field Communication)界隈でこのごろ最も話題のトピックに『HCE(Host Card Emulation)』がある。スマホにおけるNFCには“カードエミュレーション(CE)”、“リーダー/ライター(RW)”、“ピア・ツー・ピア(P2P)”の3つのモードがあり、近距離の非接触通信を利用したさまざまなサービスを実現している。

詳しいことは上記の記事で呼んで頂くとして、スマホをクレジットカードやポイントカード等の
カード類として使い、「おさいふケータイ」を実現するにはCE(カードエミュレーション)の
モードを利用しなければならないのですが、仕様が一般開放されておらず、端末メーカーが
独自に実装していたとの事。

CEを実現するにはSE(セキュリティーエレメント)を搭載する必要がありますが、これが今まで
はSE向けチップとして提供されていました。

SEは各種重要なデータ類が保存されるメモリを含むセキュアなエリアです。
そのSEの格納方法は3つのタイプが有ります。

HCEはこれに更にSEの格納場所をネットワークに持てるようにしようというものです。
つまり現在ハード的に3種類のSEの格納方法が有りますが、4種類目の方法が提示
されたと思えばいいと思います。

従来の3種類のSEの格納法は、上記でリンクした記事を読んで頂ければわかる通り、
NFC ControllerにアンテナとSEが直に配線されて繋がっており、CPUが介在する
必要は有りません。

逆にCPUが介在する事が出来ない事でセキュリティーを確保しています。
しかし4つ目のHCEはネットワークにSEを持つわけで、CPUが介在する事で、
OSを含むソフトウエアが書き換えられる危険性や、そもそもネットワークを
通過する事自体に大きなリスクが有ります。

しかしHCEはSEをネットワーク側に持つ事で大きなメリットも有ります。
『SE in the Cloud』と呼ばれる事も有るようで、SEのデータがネットワーク側に
有る事で、複数の端末や複数のSIMでSEの共用が可能になる事が考えられます。
SDやSIMにSEを持つ場合でもそれは可能ですが、しかし物理的な入れ替えが
発生し、複数のSIMでSEの使いまわしは不可能です。

しかしHCEだとあらかじめ登録されているSIMを挿入した端末ならばキャリアや
SIMの種類を問わず、SEにネットワークアクセスさえ可能ならば利用可能です。
セキュリティー的なでリスクがある反面、使い勝手で大きなメリットが有ります。

今までだと機種変ごとにSE領域の転送が問題になって様々な問題を起こしていました。
しかしSEがクラウド化される事で、それらの問題が一気に解決します。

ただしネットワーク側に持っている事で、通信が確保できている事が前提になる事や、
ネットワーク側に持つことによる遅延をどう解決するかという問題も有ります。


更にCEがソフトウエア化される事でもう一つメリットが出てきます。

ソニーがNFCの中で、Mifare等のISO/IEC 14443 (RFID) Type Aカードにしか対応しておらず、
FeliCaに対応していない端末でもFeliCaとして利用できるHCE-Fを発表しました。

中身的にはHCEの応用で、CEやSE部分にCPUが介在出来る事を逆手にとり、
FeliCaをエミュレーションしてしまおうというものです。
メリットは上記に示したHCEと全く同じである事に加え、NFCのみ搭載の海外端末でも
FeliCaが利用可能になる事。今までの懸念が一気に晴れる事になります。

しかしFeliCaは日本の特殊事情である自動改札を止まらず通化出来る事に特化した
速度チューニングがなされており、果たしてSEエミュレーション+通信回線によるアクセスが
介在した上でそれがその速度が出るのかどうかという問題が有ります。

恐らく私はHCEやHCE-Fは現実に利用されるようになると考えています。
その上で動作速度に関してはSEキャッシュを搭載する事で解決なんじゃないかなと。
高速道路でETCの利用信号が事前に有るように、駅に近づけばSEの事前アクセスを
してプリロードをしておき、利用後には10秒~60秒という間隔でネットワーク側に遅延
書き込みを行う事で速度に関しての問題も解決できると思います。
まあこの辺りは頭のいい方は多いと思いますので、専門家にお任せという事で。


今までのセキュリティーの概念では有り得ない、SEをネットワーク側に持つという事で
様々な問題が一気に解決する可能性が出てきており、恐らくNFCが一気に広がって
カードの概念が変わる可能性が有ります。

もう財布にカードが山盛りとか携帯端末に苦労しておさいふ機能を詰め込もうと苦労
する必要が無くなっていく可能性が有ります。

すぐに全部の問題が解決するわけではないとは思いますが、HCE(HCE-F)の今後に
期待したいと思います。

先日iPhoneにNFCという話が有りましたが、アンテナとNFC Controllerだけ搭載して、
後はHCEで処理をするという事なのかもしれませんね。
こう考えるとiPhoneがNFCを搭載するという話も無い事はないなという気がしてきました。
関連記事
  1. 2014/07/31(木) 19:45:09|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドコモ向けSony Xperia Z3 Compactのスペックと写真がリーク&ソフトバンク向けXperia Z3がFCCを追加 | ホーム | 【Kantar Worldpanel】アメリカと中国で、iPhoneからAndroidへとシェアの流れがさらに強く、iOSのシェアは前月よりも落ちる傾向>>

コメント

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/5022-45ccf9f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。