鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzusuzu.dip.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Paranoid AndroidがOnePlus OneとOppo Find 7などのOppoデバイスを公式にサポートし、PA4.5のアルファビルドを配信開始。

Paranoid AndroidがOnePlus OneとOppo Find 7などのOppoデバイスを公式にサポートし、PA4.5のアルファビルドを配信開始。 ~ ANDROIDLOVER.NET
カスタムROMのParanoid AndroidがOnePlus OneとOppo Find 7などのOppoデバイスを公式にサポートすることを発表し、これらのデバイス向けに最新版であるParanoid Android4.5のアルファビルドを配信開始しました。

今回公式にサポートされたデバイスは以下の通りです。
・OnePlus One
・Oppo Find 7
・Oppo Find 5
・Oppo Find N1

ソースコードがオープンになっているAndroidの世界ならではの世界の話です。
カスタムROMのParanoid Androidが中華端末のOPPOの端末を公式でサポートするとの事。

AndroidのカスタムROMと言えばMIUIやCyanogenModやAOKP(Android Open Kang Project)等
多数存在します。私も以前はXpeira(SO-01B)で国産カスタムROMのThGoを使っていました。

カスタムROMを焼くメリットは、端末オリジナルのAndroidよりも、高速化や便利機能等
ノーマル状態以上の機能や性能を追い求める事が出来る事です。
選択肢が増えるのはいい事だと思います。

ただし性能に関してはCPUの処理速度やRAMの容量など、既に十分な状態であり、
それだけの為にROM焼きをする事はほぼ無くなってきていると思いますし、その必要性も
ないと思います。

ROM焼きをするとメーカーの保証も無くなりますし、そのデメリットがメリットを上回らなければ
意味が無いので最近では以前よりも焼くケースは減ってきたと思います。

ただしMIUIのように、小米が公式にメーカーが純正ROMとして採用しているケースも
有るので、カスタムROMの世界はまだまだこれからも続いていくと思います。
関連記事
  1. 2014/07/23(水) 19:14:30|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<アップル次世代A9プロセッサーの製造をSamsungが既に受注か | ホーム | iOSにアップル公式のバックドア、「エンドユーザーのデバイス上のデータに同社が確実にアクセスできるよう手段を講じている」>>

コメント

One Plus 5

さまざまな新期待がありますね
  1. URL |
  2. 2017/08/13(日) 22:58:52 |
  3. One Plus 5  #O5XQV5w2
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4998-28efc2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。