FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

スプリントとT-Mobileが米周波数帯オークションに向け合弁会社設立を検討、アメリカでも周波数帯域を食い荒らす計画を立てている孫正義氏の様子が透けて見える

スプリントとT-モバイル、米周波数帯オークションに向け合弁会社設立を検討(WSJ報道) ~ WirelessWireNews
米携帯通信大手のスプリント(Sprint)とT-モバイル(T-Mobile USA)が、来年に実施される600MHz帯の周波数帯オークションに向け、合弁会社の設立を検討していると、WSJが米国時間15日付の記事で報じている。
同記事によると、この合弁会社は今年夏にも発表が予想されるスプリントとT-モバイルとの合併に対し、米規制当局からの承認が得られなかった場合に備えたもの。GigaOMによると、規制当局による買収合併計画の審査は1年以上の長期化も予想されているという。

孫正義氏が率いるスプリントと、スプリントが買収を目論んでいるT-Mobileが、アメリカの
600MHz帯の周波数オークションに向けて、合弁会社の設立を目論んでいるとの事。

T-MobileがBane12(699~716MHz/729~746MHz)のABCブロック中のAブロックを既に
獲得しているので、それに近い600MHz帯も取れば、アンテナ共用が出来るから取りたい
という事なのかもしれません。

逆に近い帯域は同一の端末で対応する事は非常に高い技術が必要なので、通信を
する上では不利になるという事も考えられます。その辺りはどう解決するのかは
分かりませんが、そういう技術的な事に対しては余り深く考えない孫正義氏の事なので、
帯域だけは取っておき、後は基地局や端末メーカーが頑張れという事なのかもしれません。
とにかく少しでも多くの帯域を取りに行きたいと考えているようです。

日本国以内でも、アメリカ国内でも基本的にやっている事は同じってことですね。
関連記事
  1. 2014/07/18(金) 01:24:56|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<BCNの調査でASUSが上半期国内タブレット売上でアップル越え | ホーム | アップルの上乗せ工作がついに限界へ、アップルがIBMに泣き付く事で販売数の上乗せを図る>>

コメント

グーグルにも露骨に擦り寄りましたね。
金で引抜きなんて、どっかの国みたい...
『グーグル最高事業責任者が退社、ソフトバンク幹部に就任へ』
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0FM33K20140717
  1. URL |
  2. 2014/07/18(金) 08:36:27 |
  3. die #-
  4. [ 編集]

話は逸れますが

Mr.Sonご自慢のロボットよりは賢いかもしれません。

Asimoがちょっと賢く、もっと末恐ろしく
http://www.excite.co.jp/News/it_g/20140718/Gizmodo_201407_asimo_8.html

22世紀末頃には、人類の紛争防止を目的としたsky-netが完成していたりして。
  1. URL |
  2. 2014/07/19(土) 13:47:43 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

> 帯域だけは取っておき、後は基地局や端末メーカーが頑張れという事なのかもしれません。

帯域を他社に渡すくらいなら、自社で飼い殺しにした方が良い、という考えよりはマシですね。(こっちの考えもありそうで怖い(笑))
  1. URL |
  2. 2014/07/19(土) 13:51:37 |
  3. 壱 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4987-2b605edc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。