FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

Siriのメーカーであるニュアンスがサムスンと身売り交渉中、Siriがサムスンの手に落ちとアップルが窮地に追い込まれる可能性も

米音声認識ソフトのニュアンス、身売りでサムスンなどと協議=米紙 ~ ロイター
音声・画像認識ソフトメーカーの米ニュアンス・コミュニケーションズ(NUAN.O: 株価, 企業情報, レポート)は、身売りについて、韓国サムスン電子(005930.KS: 株価, 企業情報, レポート)などの候補先と協議した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が事情に詳しい関係者の話として報じた。
ニュアンスの音声認識機能「Siri(シリ)」は、米アップル(AAPL.O: 株価, 企業情報, レポート)のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」に搭載されている。WSJによると、ニュアンスは最近、サムスン電子のほか、複数の未公開株投資会社と協議したという。

iPhoneやiPadに搭載されているSiriのメーカーである米ニュアンス・コミュニケーションズの身売りを
サムスンと協議中だという。

もしサムスンに買収された場合、サムスンはアップルから高額なライセンス料を要求する可能性や、
SiriそのものをiOS機器に搭載させない等の強硬手段に出る可能性も有り、その影響は計り知れません。

サムスンは韓国企業だけに何をするのか分からない怖さが有り、米ニュアンス・コミュニケーションズの
身売り劇が思わぬ波紋を広げそうに思います。


勿論この件は協議の最中であり、必ずサムスンがSiriを手にすると決まったわけではありませんが…。
関連記事
  1. 2014/06/30(月) 20:58:29|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Androidアプリの暗号化キーに関する脆弱性をIBMが指摘、修正パッチはAndroid4.4にのみ配布 | ホーム | 【速度よりもエリアを!】2014年の富士山の各社のエリアカバー状況、私が見るとドコモとKDDIがいい感じ、ソフトバンクが論外>>

コメント

はて?

自然言語処理を用いた対話型音声システムであるSiriは、Siri社の開発でappleに買収されたはず。
用いられている音声認識エンジンの部分について、ニュアンス社製音声認識エンジンの提供を受けたというだけだったと思ったのですが、
この記事ではニュアンス社がsiriそのものを開発したように見えますね。

音声認識エンジンだけなら、最悪他に切り替えればいいだけの話では、と思ったのですが、
ニュアンス社はSiriの開発ライセンスをもっと高度な部分についてまで保有しているのでしょうか???
  1. URL |
  2. 2014/07/01(火) 08:45:07 |
  3. b #FUfi/TkY
  4. [ 編集]

クラウド型音声認識エンジンって、認識エンジンをサクッと入れ替えるのは大変じゃないですかね?
対応言語も多いようですし、音声認識に関する蓄積されたデータもニュアンスの技術に関連するので無償で流用することも出来ないでしょうし...
  1. URL |
  2. 2014/07/01(火) 13:19:50 |
  3. YASU #eAb5nx9M
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4925-b230df80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。