FC2ブログ

鈴の音情報局blog

携帯関連の将来や最新の技術情報や業界の行く末などを適当に綴るblogです。 内容の信憑性は?余り信じない方がいいと思います。
本家の鈴の音情報局はこちら→http://suzunone.0g0.jp:8800/
スマホ・携帯端末アクセス[ランキング][アクセスシェア(グラフ)] (毎年10/1にログをクリア)

アップル、iPhone 5の電源ボタンの不具合で「スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」、おおよその台数を計算してみた所、対象台数は全世界で約7000万台が該当

アイフォーン5で電源スイッチに一部欠陥、アップルが無料交換 ~ ロイター
米アップルはスマートフォン(多機能携帯電話、スマホ)「iPhone(アイフォーン)5」の一部で電源スイッチに欠陥があるとして、無料で交換に応じると明らかにした。

米アップルのiPhone5に不具合 対象機種をリコールへ ~ ガジェット速報
この不具合では、スリープボタン/解除ボタンが「断続的にしか機能しなくなる」といったもの。同社では「iPhone 5スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム」という名前でWEBで上で専用ページを設けており、リコール修理を呼びかけている。今回のリコールでは、不具合となるボタンのみの無償交換するものであり、本体丸ごとの交換とは異なる。

iPhone 5の電源ボタンに不具合が有った模様です。
一部欠損ということで対象機種アップルのページで判定可能との事。

とりあえず私の見解は最後に書くとして、まずは世間の声をご覧ください。





最近ツイッターの方から張り過ぎの過負荷でうちのブログがマークされていますので、
表に張るのは少しだけ・・・。













とりあえず対象の方はこんな所です。
現役機種ではないことからニュースも大して報道しないようで、余り広く知られてないのを
検索していて感じます。


また中には別の意味での被害者も・・・。


こういう意見を見ると・・・。



私がこの件の報道やアップルの態度を見て思ったのは「実は全機種対象なんじゃないの?」
本当の意味でのリコールを避けて、あくまでもアップルの善意で対象機種だけ交換にしたい
から該当機種のチェックってやってるんじゃない?って気がしています。

初めは「アップルが非を認めるなんて珍しいな、ジョブズが生きていたら死んでも認めなかった
だろうに・・・」なんて思いました。iPhone 4のホームボタンの不具合は完全に無視だったし、
4sのデスグリップは勢いの有る言葉で封じ込めましたしね。

でも勢いのあるカリスマはもういないし、iPhone 5s/5cはなんとなく終焉を見せ始めている。
頼りの綱はアップルの全世界の売り上げの9%を上げてくれているドル箱の日本だけ。
なんと、Android端末やフィーチャホンのユーザーからお金を絞り取り、iPhone 5s/5cに大量の
キャッシュバックを付けて中国にまで販促してくれていたという、アップルへ最高の忠誠心を
誓った属国ですから。



で、上で「全部」って書いた事に対して、当然「2013年3月以前に製造された」ってアップルは
言ってんじゃないかよ!って突込みが出ると思うのですが、意図的に「全部」じゃないように
する事も可能なわけでして、iPhone 5が旧機種になり、次世代機種の販売のフィーバーも落ち着き、
「iPhone全体に対するイメージに傷がつく」事が避けられるこのタイミング・・・しかもドル箱
日本がゴールデンウイークの話題で持ちきりで浮かれているタイミング・・・。

私がこの件に対して相当疑ってかかっているのは「かなり色々研究しているよね」と思える
タイミングで発信しているなと感じられる事が大きな理由として有ります。

つまりアップルは「2013年3月時点で既にこの不具合を知っていたんじゃないの?」と私は
考えています。しれっと直して長期間放置して、「全機種じゃなくなって、イメージ悪化を
避けられるタイミングを狙って無償交換プログラム」を行ってイメージアップを狙うという・・・。


私が今回の件でアップルに対して考える所はこんなものです。
アップルはユーザーの心理学的な見地に於いては相当に研究をしていますからね。
もしこの位やっていたとしても不思議ではないと私は考えています。


ではiPhone 5が3月末までにどの程度売れたのかを予想してみます。
とりあえず資料集めです。

2012年10-12月    2,691万
2012年9月21~23日 500万(アップル発表)
2012年9月28日    世界22ヶ国で発売
2012年10-12月    4,780万
2013年1- 3月     3,743万

ネタとしてはこの位でしょうか。

発売3日で500万台という事と、更に28日に22ヶ国で発売という事ですから2012年9月だけで
1000万台位出していてもおかしくないでしょう。本当は1200万台としたい所ですけど、
取りあえず控えめに9月だけで1000万台とします。

以降は内訳を測る尺度は有りません。2012年10-12月は4780万の内の2/3(66%)~3/4(75%)位を
iPhone 5と考えていいんじゃないかなと思っています。取りあえず新機種の発売直後
なので3/4を採用でとりあえず3585万台と仮定。

2013年1-3月は若干iPhone 5の販売が落ち着いたと仮定して3743万の内の2/3(66%)に比率に
下げて2495万台と仮定。もう少しiPhone 5の比率を下げてもいいですかね・・・。
その辺悩みましたが、9月分で若干控えたのでプラマイゼロという事にしておきます。

1000万台+3585万台+2495万台=7080万台のiPhone 5が2013年3月末までに販売されたと
私は予想しました。

全世界でとは言え、7000万台級の無償修理とは半端ない台数で、それをその場ではなく、
改修して本部で修理という事で、相当な吐き出しが予想されます。そのため、如何にその
台数を押さえるかと、悪いイメージの拡大を抑えるかがアップルの命題であり、先に
書いた通り、「このタイミングじゃないの?」って所で落ち着いたのではないかなと。
ただ新機種がいいとか故障等を理由に5s/5cに乗り換えた人もいるでしょうし、7000万台
がそのまま修理という訳でもなく幾らか目減りはしているでしょうが、そうだったと
しても6000万台は現動しているでしょう。


多分関係ないと思いますが、こんな話もついでに。
アップル、昨年の170億ドルと同規模の社債発行を計画 ~ WSJ
1年前に当時過去最大規模の170億ドル(現在のレートで約1兆7400億円)の社債を発行した米アップルは今年も「同様の」規模の起債を計画しており、優良企業の社債に対する旺盛な需要をうかがわせている。

まさか現金をそれなりに持っているはずのアップルが、この為に現金を準備するとは
思い難いですが、しかしドルを準備しています。恐らく企業の買収向けか、自社株買い
や配当辺りが目的だと思いますが、7000万台クラスという計算を考えると、全く無関係
とも思えない辺りがアレだったりします。



この電源ボタンの事で半年以上困っているという人が見ていた限りではぱらぱらいたので、
実際には以前から相当いたのだろうと思うのです。本当は3月時点と言わなくても、
去年には掴んでいた可能性は高いと思われます。

goto fail;は慌ててパッチを出した(事にしておいてあげるw)わけですが、この電源
ボタンの騒動は完全に今更感が高く、アップルの終焉をもっと多くの人に感じさせる
方向へ追い打ちをかけていた可能性も十分あったネタだけに細心の注意を払って扱って
いるなと思わせます。

それでもお金をかけてでも、販売数が下がってくるこの時期に、なんとか高印象へと
つなげようとする努力はさすがだなと思いました。
関連記事
  1. 2014/04/26(土) 19:52:17|
  2. 携帯
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Google、音声によるアプリ操作機能をAndroid向けに実験中、ホームボタン廃止も検討 | ホーム | ドコモの加藤社長のKDDIを腐した発言には少し不満を感じました>>

コメント

以前スリープボタンの効きが悪くなり交換してもらったことをコメントで書きましたが、交換前機種のシリアルを入れたら見事に引っ掛かりました。
その時やけにあっさり交換になった(症状の確認すらなし)のは、当時既に情報をつかんでいたんでしょうかね。
ちなみに交換後の機種は流石に対象外でした。
  1. URL |
  2. 2014/04/28(月) 12:31:24 |
  3. パンキー #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿(投稿時には必ず何らかの名前を付けてください)


管理者にだけ表示を許可する

(名前を入れないとクリックできません)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/tb.php/4707-e2431c03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

機能リンク

最近のコメント

カテゴリー

ブログ内検索

ブログリンク

RSSフィード

QRコード

QR

月別アーカイブ



メールフォーム

お問い合わせ・ご質問はこちらから。

名前:
メール:
件名:
本文:

suzunone.m(あっと)gmail.com に
直メでもOKです。